学とみ子のブログ

病気と心を語り合いたいです。

全体表示

[ リスト ]

狸氏は科学者だと書いたが、むしろ生物学の業界では名前の知られた有名な学者ではないか?と思う。
何か、故あって狸に変身しているのだろう。
だから、学とみ子もそこを尊重しなければならない。
これからも、狸のままで示唆に富む授業を大衆にして欲しいと思う。

“シュレディンガーの猫”はまじめな言葉で、ウキペデアに解説が載っていた。
およそ、学とみ子には高尚すぎる話であるため、読んで理解するのを止めた。

一般人がSTAPについて学ぼうとしても、適当な教科書というのは無い。
STAPに興味を感じた一般人はまず、イラスト入りの日経サイエンスなどに行き、そこであらかじめテクニカルタームを覚えるだろう。それからSTAP関連のブログに行くかもしれない。
まあ、先に、ブログを読んでSTAP関連に興味を持つ人もいると思う。
それから、桂調査委員会に進むのが常套手段と思う。

その学びの経過の中で、狸氏の講義をいつ受けるか(いつ読むか?)の判断は案外、難しい。なぜなら、狸氏のブログには、狸氏本心で書かれていない目くらましの講義が混ざっているからである。
目くらましを一生懸命に読んで、狸氏がアンチ小保方だと思うようでは、このブログの理解が足りない。
狸氏のブログをSTAP教科書と読むべきである。

記事の中では、「あの日」の大事なポイントについての解説がある。
今回の紹介は、狸氏の教科書的解説の一部を載せる。

もちろん、オリジナルの下記のサイトに行って勉強してほしいと思う。
「あの日」の読み方論が親切に解説されて載っているからである。

読者は、ここが「あの日」の大事なポイントか?と感慨を込めて読んで欲しい。
だから、机の上には、「あの日」も置いて、狸教科書にでてくる「あの日」の頁部分を開くことが必要だ。

小保方さんの「検証実験でSTAP現象は確認された」という主張の根拠2点の要約を、狸ブログに下記のように記している。

(1)STAP現象によって初期化された細胞(STAP細胞)が有する「多能性」は既存の多能性細胞が有する多能性の定義の範疇には収まらない。
(2)STAP細胞は「多能性」を有するが、増殖性が低いため、既存の多能性細胞から作られるようなテラトーマやキメラマウスは作ることができない。
である。

狸氏ご推薦の「あの日」記載をしっかり読み込めた読者はどの位、いらっしゃるだろうか?
そうした方は、本当に小保方氏が「あの日」で書きたかったことを良く理解していると思う。

狸氏による「あの日」解説ブログからわかるが、狸氏は小保方氏の主張を理解している人なのである。

狸先生へ、
丁寧で示唆に富む解説を本当にありがとう。
おんぶにだっこのように、先生の文章をここへ書いてしまった学とみ子をお許しください。
先生の文章を青字にします。
なお、下記の文章で“私”とあるのは、狸氏自身のことである。

以上で、学とみ子の文章は終わります。

2016-10-08 「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの戦略
理研が発表した「小保方研究ユニットリーダーが参加する『STAP現象の検証計画』の進め方」によれば、小保方さんはテラトーマ実験もやるはずであった(ただし「不正を犯した人物」を明確にすることは検証実験の目的からはずされた)。・・・・・・
数は少ないが、Oct4陽性細胞が出現している(最低のレベルでの多能性は評価された)のであるから、その次のレベルでの評価もなされるべきではないだろうか。
小保方さんはSTAP HOPE PAGEにおいてテラトーマはできたと主張している。
・・・
私(小保方氏)、バカンティ研でSTAP like cells(注)から作りましたから」という趣旨のことを言っている。・・・しかし、である。何と『あの日』では、はっきりとSTAP細胞は「テラトーマを形成することはなかった」と述べられているのである。
スフェア細胞はES細胞と異なり、生体内での増殖性が低く、ただ注入するだけではテラトーマを形成することはなかった。しかし、研究室が得意としていた組織工学の技術を使ってテラトーマに似た組織を作ることができた。
『あの日』p.55(強調は引用者、以下同じ)

『あの日』では、テラトーマについて多くは語られていない。その数少ない記述の中に次のような記述がある。
『あの日』p.210
しかしこの記述は、おそらく小保方さんが若山さんの発言を誤解したことから生まれたものであろう。小保方さんは若山さんにキメラ実験をお願いする際に「30分以上にわたり、これまで進めてきた研究の説明」(『あの日』p.63)をした。その説明の中には、当然テラトーマ実験の説明もあったはずである。そして「私からの説明が終わると(中略)若山先生が『やってみましょう』と言ってくれた」(『あの日』p.64)。すなわち若山さんは、初めて小保方さんにあった時点で、既に「キメラの実験をする気になった」のである。だから若山さんをその気にさせたテラトーマ実験とは小保方さんが(若山研ではなく)バカンティ研で行ったものであると解釈するのが自然である。
ただ、小保方さんが、その実験をどのように説明したのかは不明である。正直にSTAP細胞は「ただ注入するだけではテラトーマを形成することはなかった」と説明したのか、それとも「組織工学の技術を使って」作られた「テラトーマに似た組織」の写真を見せて、それが、STAP細胞を「注入するだけで」形成されたテラトーマそのものだと偽りの説明をしたのか。
そこで、ひとつ疑問となる点がある。小保方さんは、なぜ『あの日』で「テラトーマを形成することはなかった」と馬鹿正直に告白したのか、である。
・・・
小保方さんが本当に主張したかったのは、STAP細胞は「ES細胞と異なり、生体内での増殖性が低いだけでなく、胚の中でも増殖性は低いということではないだろうか(胚も生体の一種である)。そうすることによってSTAP細胞は多能性を持っているにもかかわらず、それを胚に「ただ注入するだけでは」(ES細胞から作られるような)キメラは作ることはできないのだ、ということを示唆すること、それが、あえて「テラトーマを形成することはなかった」と正直に告白した真意ではないかと私は推測した。

そのように推測する根拠は、STAP細胞からは「テラトーマに似た組織」だけでなく、(見た目ではキメラには見えないが)キメラに似た胎児まで作製されていることにある。
キメラマウスの胎児を顕微鏡下で細胞が観察できるほど薄く切り、その中にGFP陽性の組織があるかを観察する組織学的解析を試みると、GFP陽性の細胞はキメラマウスに存在していたが、組織を形成しているというよりも、組織内に散在しているという表現のほうが正しいと思われた。キメラマウスの遺伝子を解析すると、割合は少ないがスフェア由来の遺伝子が存在するマウスも確認された。2種類の遺伝子情報が1匹のマウスの中に存在するというキメラマウスの定義を満たしているものの、既存の多能性細胞からできてくるキメラマウスとは見た目の特徴が大きく異なっていた。多能性という既存の定義に当てはめて、このスフェア細胞を見ていいものなのかは大きな疑問であり、新たな解釈が必要であると考えられた。
『あの日』p67
最後の一文で、小保方さんは、STAP細胞が持っている「多能性」は、現時点における多能性の定義には当てはまらない、新たに解釈されるべき「多能性」である、言外にそう言っているのである。
・・・・
この小保方さんの主張に対して、ただOct4陽性だから多能性を獲得したとは言えない、キメラができてはじめて、多能性を獲得したと言えるという批判がある。この批判に対する小保方さんの反論は、増殖性の低いSTAP細胞から作製されるキメラは、ES細胞のように増殖性の高い細胞から作製されるキメラとは異なる、というものである。だからSTAP細胞から作られたキメラについて遺伝子解析を提案する。

キメラマウスは初期胚に注入した細胞が作る組織の割合が低いと、見た目には判断がつかないことがある。検証チームのキメラ実験の担当者に「キメラの解析は見た目の判断だけではなく、遺伝子を解析してSTAP細胞の遺伝子がキメラマウスにいるかどうかを確かめることも行ったほうがいいのではないか」と提案したが、「若山先生が作ったキメラと同等なものができないと世間は納得しないよ」と言って受け入れてはもらえなかった。
『あの日』p219

だから小保方さんの検証実験の評価は次のようになる。
検証実験においてはキメラマウス作製以外の方法での細胞の多能性の確認実験は一切行われなかった。そのため「STAP現象が再現されなかった」のではなく、「目視で測定できるようなキメラマウスができなかった」が実際に行われた検証実験の結果の説明だと私は考えている。
『あの日』p238
目視では確認できないが、遺伝子解析をすればSTAP細胞がキメラに寄与していることは確認できたはずである、というのが小保方さんの主張である。
 
小保方さんの「検証実験でSTAP現象は確認された」という主張の根拠は次の2点に要約される。
(1)STAP現象によって初期化された細胞(STAP細胞)が有する「多能性」は既存の多能性細胞が有する多能性の定義の範疇には収まらない。
(2)STAP細胞は「多能性」を有するが、増殖性が低いため、既存の多能性細胞から作られるようなテラトーマやキメラマウスは作ることができない。

ただ、このように簡潔に定式化すると、STAP細胞の「多能性」の定義を明確にしろ、とか、STAP細胞が仮に「多能性」をもっていたとしても、それが増殖しないなら、何の役にも立たないじゃんなど、色々とツッコミを入れられるので、『あの日』では非常に回りくどい言い方をしているのである。それが「STAP細胞はあります」を正当化する小保方さんの戦略である。
 
【注】この記事は『あの日』の記述がすべて真実であるとの前提で書かれています。

閉じる コメント(42)

顔アイコン

私は、Stap問題の様々な事案の
細部を詳細に考察していく中で
視野がどんどん狭くなってしまう
傾向に対し

パートナによく指摘されました。

stap問題は
「一研究所に於ける事案」と
捉えてしまいがちな私に

Stap研究は、未来の人々に広く貢献
できる可能性を秘めた
世界的、人類的、10年単位の科学歴史的な重大事案であった。

という視点を
外さないよう。この視野を柱として
細部を詰めていく作業が大切、と

文科省ガイド、各機関規程の調査遵守は
当然、この世界的事案の重大性に
鑑み、
調査サンプルの真正性の手続きは
特別に厳格であるべきとの視点を
外し、「一研究所問題」に矮小してしまわないよう。にと 削除

2018/4/22(日) 午後 6:00 [ Ooboe ] 返信する

顔アイコン

学さん

>培養6、7日の画像を要求できるのですか?

入手した画像は7日目のものです。
入手してから、専門家に見てもらい
閲覧会でも、専門家らしき方も
確認されていたそうです。

いずれUp出来ると思います。
小保方ホームページ画像が示していた
通うりの
緑で蛍光し、赤で蛍光してしない画像
があります。 削除

2018/4/22(日) 午後 6:21 [ Ooboe ] 返信する

顔アイコン

小保方ホームページの
緑、赤分離画像は
小保方さんが研究者個人として
保有していた画像の中から
もっとも、解りやすい、
典型的画像をUpされたもの
と思います。
小保方Stap否定論者達は
あの画像も、処理された画像だ、なんて
何だかんだと、難癖つけたそうですが

パートナ資料は、紙資粗い再生紙に
コピーされた理研からいただいた、
そのままの画像ですから
小保方ホームページ画像の
真正性は証明されることになるでしょう 削除

2018/4/22(日) 午後 10:29 [ Ooboe ] 返信する

顔アイコン

画像加工うんぬん話はだいたいが否定派の言いがかりですね。

早くから問題になっていたTCR再構成の電気泳動写真も、テラトーマの使い回しと言われた画像も、捏造だ、偽造だというほどの問題はなかったですから。

2018/4/23(月) 午前 7:35 [ gen**ron ] 返信する

> Ooboeさん
7日目の緑色の画像が入手できて良かったですね。理研には小保方氏の支持者がいるんですね。

桂報告書に目一杯の小保方未熟説を書き込むことで、逆に、この委員会の質を暴露した面があります。小保方擁護派は、ES説支持者たちの行き過ぎをあえて報告書で明らかにさせて、事件の質を世間に問いたかったのかな?

2018/4/24(火) 午前 7:45 学とみ子 返信する

ところで、狸氏ブログで、狸創作品の、[小保方氏が震えながらESを若山氏に渡した]との文章はどのあたりですか?どなたが知っている方がいたら教えてください。

2018/4/24(火) 午前 8:02 学とみ子 返信する

顔アイコン

2016-02-20
『あの日』の小保方晴子さんのもうひとつの「真実」
より、抜粋


そして、その日がやって来た。晴子はルビコン川を渡ることにした。「先生、STAP細胞です」という晴子の声は震えていた。若山は、晴子の異様な様子にまったく反応せず、細胞を受け取り、手際よく胚に注入した。それからというもの、晴子は「私は悪くない」と自分に言い聞かせた。もしキメラ実験が失敗に終われば、まだ後戻りはできる。実験の失敗を祈りつつ10日が過ぎた。そして若山からキメラができたと連絡を受けた晴子は覚悟を決めた、もう「あの日」には戻れないのだ、と。

2018/4/24(火) 午前 8:51 [ har*78d*n ] 返信する

顔アイコン

さらに若山からは、STAP細胞を特殊な培養液(ACTH + LIF)で培養すると、増殖することも知らされた。しかし真実を知っている晴子はまったく驚かなかった。さらに若山は次のように指示した。「念のため、ES細胞の増殖に必要な培養液(2i + LIF)でSTAP細胞を培養してくれないか。その培養液ではSTAP細胞が死滅することを確認するためにね」そして若山は、こう念を押した。「いいか、間違えるなよ。培養するのはSTAP細胞だよ」

この言葉で晴子は確信した、若山は真実に気付いている、と。

2018/4/24(火) 午前 8:52 [ har*78d*n ] 返信する

顔アイコン

> ところで、狸氏ブログで、狸創作品の、[小保方氏が震えながらESを若山氏に渡した]との文章はどのあたりですか?

これは狸先生の妄想(創作)だと思いますよ。

> だが、これは歪められた真実である。小保方さんは事前に実験方法の変更を知らされていた。

これも同様です。何の根拠もない妄想(創作)ですね。
この「シュレディンガーの狸」、妄想を撒き散らすという点で、非常に問題のあるサイトと思いますよ(怒りすら覚えます)。

> もうひとつの「真実」を、またまた小説風に再現してみよう。

「もうひとつの「真実」」とは、「「もう一つの事実」(Alternative facts、代替的事実)」を思わせる言い回しですが(笑)、要するに「もう一つの事実とは事実ではない」ということですね。

2018/4/24(火) 午前 9:06 [ gen**ron ] 返信する

顔アイコン

> har*78d*nさん
情報をありがとうございました。確認できました。
このストリーは、狸氏がどのような意図で書いたと考えますか?

学とみ子の考えでは、”小保方より若山の責任が重いぞ!”位のノリではないかと思うのですが・・・。
小保方氏の声はふるえているわけで、罪の意識十分ですね。一方、若山氏は難しい胚注入作業でさえ、指がふるえることなく、いつものようにこなせています。

2018/4/24(火) 午後 7:00 学とみ子 返信する

顔アイコン

> gen**ronさん
>この「シュレディンガーの狸」、妄想を撒き散らすという点で、非常に問題のあるサイトと思いますよ(怒りすら覚えます)。

心の弱った状態であれば大変つらいでしょう。ESをわたすというストリーですからね。しかし、心が弱った状態であるからこそ、心の弱った人にとって都合の良いように解釈を変えていくという心の切り替え方はありと思います。

このストリーは、若山氏の罪を強調するために書かれた!と。

2018/4/24(火) 午後 9:49 学とみ子 返信する

顔アイコン

>心が弱った状態であるからこそ、心の弱った人にとって都合の良いように解釈を変えていくという心の切り替え方はありと思います。
>このストリーは、若山氏の罪を強調するために書かれた!と。

やっぱり学さんは、若山さんに罪をなすりつけたいだけなのね。がっかり… 削除

2018/4/24(火) 午後 10:12 [ 匿名 ] 返信する

> 匿名さん
おこがましい限りですが、学とみ子 メンタル教室やってしまいました。 お粗末でした…

酷な言葉を浴びせられた時、浴びせ られた側の人は、その言葉を都合よ く解釈せよ!!の薦めです。あなたも 四面楚歌になることがあると思いま すが、強いあなたは、自然体で乗り 越えているだろう…と想像します。

匿名さんは、ESねつ造は正しいとの スタンスでしたか?それとも、ESね つ造とは無関係に、擁護派自体に批 判的でしたっけ?あるいは、若山擁護派か?

2018/4/25(水) 午前 6:50 学とみ子 返信する

顔アイコン

> このストリーは、狸氏がどのような意図で書いたと考えますか?
> 学とみ子の考えでは、”小保方より若山の責任が重いぞ!”位のノリではないかと思うのですが・・・。


まず、関連する次の2記事を読まねば、「木を見て森を見ず」による歪んだ考えになるだろう。

2016-02-04 「あの日」の小保方晴子さん
2016-02-10 真実を歪めたのは若山だ!

ポイントは、初めてキメラマウスが光った日について、
「小保方さんと一緒に研究室でマウスのお腹を見て、緑色に光った時、小保方さんは涙を浮かべて喜んでいた。」 という若山氏の逸話が当時のニュース等にあったのに対して、
「あの日」では、
「ある日いつも通りスフェアを渡すと、「これまではスフェアをバラバラの細胞にしてから初期胚に注入していたが、今日からはマイクロナイフで切って小さくした細胞塊を初期胚に注入してキメラマウスを作ることにした」とおっしゃった。それから10日後、若山先生からキメラマウスができたと連絡を受けた。(p91) 」とあり、

どちらかが真実を歪めているという問題提起をしたのが02-04の

2018/4/25(水) 午前 9:16 [ har*78d*n ] 返信する

顔アイコン

問題提起をしたのが02-04の記事である。

それを受けて、小保方氏が「あの日」で主張しているのは「真実を歪めたのは若山だ! 」ということであり、それが「真実」とした場合の想像ストーリーを挙げているのが02-10の記事である。
ここでは、「若山先生からキメラができたと連絡を受けた」というあの日の記述一点を真実としたわけだが、狸氏の考えでは、若山氏が事実を歪めたというよりは、「その時マウスは緑色に光った!」という真実をより感動的に伝えるために、自分一人が見たのではなく小保方さんと一緒に見て感涙を流したという脚色をしたと言う方が妥当だったのだろうというものだ。

一方、若山氏の逸話が事実であった場合の「真実を歪めたのは小保方氏だ」という前提のストーリーは敢えて提示せず、小保方さんにとって「不都合な真実」があるのか邪心をもって『あの日』を読んでみるのも一興として読者に委ねている。

(恐らく、敢えてストーリーを提示しなかった狸氏の考えは、「真実を歪めたのは小保方氏だ」という疑惑が大きいと思われるが、これはあくまで私個人の邪推であると言っておこう。)

2018/4/25(水) 午前 9:17 [ har*78d*n ] 返信する

顔アイコン

さて、前置きが長くなったが、前2記事を読んだ上で、問題の3番目の記事

2016-02-20 『あの日』の小保方晴子さんのもうひとつの「真実」

を読めば、、

まあ単純に、前の記事では「小保方さん、若山さんのいずれか一方が真実を歪めている」という前提で話を進めたが、もしかすると両者が真実を歪めている可能性もあるので、その場合の想像ストーリーをお遊び気分で書いてみた、というところではなかろうか。

今風に言えば、小保方氏が若山氏の意向を「忖度」して、ES混入を行った、というストーリーである。



なお余談だが、狸氏は記事内で明確に 『もうひとつの「真実」(=私の妄想)』と記載している。

にもかかわらず、これは妄想(創作)だと思うと言って、怒りさえ覚えるとか気色ばんでる、「木を見て森を見ずどころか、葉っぱ一枚しか見ていない」ようなアホは、見ていて滑稽だ。
妄想だと明記した上で想像ストーリーを書いている個人ブログよりも、妄想とは書かずに記事や書籍で妄想を撒き散らしている木星通信や渋谷二郎の方が遥かに問題があるだろう。

2018/4/25(水) 午前 9:22 [ har*78d*n ] 返信する

顔アイコン

更に余談だが、狸氏が3番目の記事で伝えたかったのは、お遊びの想像ストーリーよりも、それにかこつけて参考で示した、関由行氏のSTAP幹細胞の培地に関する重要情報であったのかも知れない。

なお学さんには何度言われても理解できないかもしれないが、狸氏の3記事で想像ストーリーの原点にある認識は、「キメラマウスはES細胞の混入によるもの」という理研報告書の結論を正しいとしている。
狸氏に限らず、およそ理研報告書の内容を理解できる程度の科学的知識のある人間は、この結論を支持している。


なお、言うまでもないことだが、上記の私のコメントは、あくまで私の個人的な想像である。
いずれにせよ、狸氏の意図、真意については本人に確認するのが一番であることを明記しておく。

2018/4/25(水) 午前 9:29 [ har*78d*n ] 返信する

顔アイコン

> har*78d*nさん
解説をありがとう。
梶原 しげる氏のインタビューは本物でしょうか?私は本物と思いますが。他の報道人も同席していたのですか?

キメラができた時、小保方氏は喜んだけど、その事実を「あの日」に書かなかったと言うことですね。書いてしまうと、(小保方氏が)隠したいことまで書かなければならなくなるからでしょうかね?

>理研報告書の内容を理解できる程度の科学的知識のある人間は、この結論を支持している。

桂報告書は最後まで責任をもって論文を説明していないのです。途中で解説を止めています。

科学者でなくても、高等教育を受けた人なら、誰でも報告書と論文を読み込んで、矛盾点がわかると思います。科学者でなければわからないとは思いません。

2018/4/25(水) 午後 9:07 学とみ子 返信する

顔アイコン

> キメラができた時、小保方氏は喜んだけど、その事実を「あの日」に書かなかったと言うことですね。書いてしまうと、(小保方氏が)隠したいことまで書かなければならなくなるからでしょうかね?


多くの方の指摘通り、読解力に問題がある。
重要点は、「小保方さんと一緒に研究室でマウスの蛍光を見た」に対して、「若山先生からキメラができたと連絡を受けた」と一緒にいなかったかのような記載になっている矛盾点だ。

真実を歪めているのはどちらか?

そもそも、「あの日」は擁護者・信者がいうような真実の書ではなく、著者が自分に都合の良いことばかり書いている弁明ための「真実を歪めた書」というのが一般的な認識だ。
執筆に際しては出版社側から「STAP事件」については著者よりも詳しいという人物もサポートに入っていたことが日記で明かされている。
擁護者・信者の大好物の一つである「初めてキメラマウスができた時は若山氏がSTAP細胞塊を切り刻む方法に切り替えた時であり、小保方氏は知り得なかった」という話があり、これに餌を与える目的で、真実ゆがめた記載にしたという邪推が成り立つ。

2018/4/26(木) 午前 9:18 [ har*78d*n ] 返信する

顔アイコン

>科学者でなくても、高等教育を受けた人なら、誰でも報告書と論文を読み込んで、矛盾点がわかると思います。科学者でなければわからないとは思いません。


これまた酷い読解力だ。

「狸氏に限らず、およそ理研報告書の内容を理解できる程度の科学的知識のある人間は、この結論を支持している。」

どこにも「科学者」等とは書いていない。むしろ、「科学者でなくても、高等教育を受けた人なら」の意を含んでいる。
もっとも、高校生物レベルの知識だけでは、ES細胞樹立時・培養時に生じる欠損など親マウスにない特徴が一致したことを根拠とする報告書の結論を理解するのは難しいかもしれないが。


>桂報告書は最後まで責任をもって論文を説明していないのです。途中で解説を止めています。

根本的に認識が間違っている。不正調査報告書は論文のために書かれたのではなく、挙げられた研究不正の疑義について調査した結果を記載したものである。

2018/4/26(木) 午前 9:26 [ har*78d*n ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事