学とみ子のブログ

病気と心を語り合いたいです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

学とみ子はいつでも自然体です。

そこへいくと、ため息さんは、いつもごてごて感のあるカモフラージュの言葉に満ちています。
ご自身では気づかないから、書いてしまうのでしょう。

女性から見ると、男性の吐く謙遜の言葉は、しばしば本音でないと感じます。

以前に、狸さんが、中島敦氏の山月記を紹介されましが、彼の文章は、いかにも男性が書く文章と思いました。

以下の部分ですね。
”なぜこんな運命になったか・・・・我が臆病な自尊心と、尊大な羞恥心との所為である”
男性は、自らを自慢したい、しかし、同時に、その自慢をカモフラージュしたいと思うらしいです。
男性は、自慢や自尊心を、冷静に見つめている自身自身を演出したいようです。

この後、中島敦氏について書かれた新聞記事がありましたが、中島氏は、漢学者の家系で中学時代に四書五経を読破したとあります。もちろん、秀才ではありますが、親が知識人であればかなり有利です。
その後は、彼の作品が有名になるのは、33歳でなくなった彼の死後とのことでした。
彼の病気は喘息とあり、結核については書かれていませんが、当時、日本人ほぼ全体が結核に感染していたことを思うと、彼もそうした状態があったと思います。
この世代の人の重苦しい気持ちは、今の結核を知らない世代には理解しがたいでしょう。
生あるうちに、何かを成し遂げたいとの強い思いです。

女性はある程度に知識を得た時、その知識を求められれば、求める相手に知識を披露しますが、その時、本心とうらはらの過剰なる謙遜はしません。
「私は、ほら、こんな知識があります」と素直に言います。

学とみ子は傲慢とか批判されるようですが、私があまり謙遜をしないでストレートな文章を書く癖があるからと思います。
女性は、得た知識を知識として他人に与える時に、とても素直なのだと思います。
小保方氏が、STAP論文発表の場で、将来の老化予防にまで踏み込んでしまったことも、女性の素直さの表れだと思います。

ところが、男性にとって、女性が大きな話や専門知識を披露することは、とてもハナにつくようです。

つまり、男性は、女性に対して、「お前は、そんなことが言える立場かよ!」と怒りを感じるようです。

女性は、男性のような過剰なる謙遜は言いません。女性は自然体です。
ため息ブログに書き込む女性は皆自然体で、それぞれの知識(しばしば自慢)を披露しあっています。
女性たちは、書き込み行為をやりたい!と思い、それで満足できる!の自分自身の感情に素直なのです。なんらかの満足感が、女性がコメントを書き込む時のモチベーションのようです。
自画自賛発露の子宮思考というと、又、お叱りをうけそうですが、要は女性は自然体なのです。

しかし、男性は違いますね。
例えば、今回のため息氏ですが、過剰なる(心にもない)謙遜を披露しています。青字
ため息氏はご自身が科学者であることに大きな自尊心やエリート意識を持っています。
でも、口ではこんなことを言っています。
・・・・科学分野の隅っこに座らせてもらっている者としては、・・・・

学とみ子にとって、こうした言葉にはため息です。なんでわざわざ白々しいナと感じます。
こうした本音と建て前が違うため息さんは、立場のある科学者たちの肩をもつために、新人かつ女性の小保方氏をESねつ造者として切り捨てようと努力しています。

                 
サラリーマン生活29年さん
・・・・・・・当方はそのような意識を元にSTAP事件を取り上げたわけではありません。科学分野の隅っこに座らせてもらっている者としては、




開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(0)

あくまでHideさんの事は書いてないと主張するため息さんです。
こうしたブログ主の言訳を聞けば、普通のブログ読者なら、離れていく人はいるのでしょう。
あそこにとどまる方は、やはり同じ目的意識を持つ特殊な集団だからでしょう。


sigh より: 青字
改訂前の最初に書いた文を表示し、Hideさんが作成したとは書いてないことを示したのに、学とみ子は書いてあったと主張するのです。当方はそのようなことを書いてないと言っているし、それこそ魚拓もコピーがない(あるわけがない)から、その学とみ子の主張は学とみ子が誤読したとしか言えないのです。

誤読なんてするわけないでしょう。
サトさんがそちらに何かを書くたびに、学とみ子は落ち込みます。
これからも、そうした状態が続きます。
学とみ子は、サトさんに「どうか書かないで!」と、お願いするしか手段がありません。
学とみ子にとって、そっとそっとしていたい方です。
そんな恐れ多いサトさんに関係するコメントを書くなど、学とみ子は思いも及びません。
ため息さん、なんで、サトさんの話題にすりかえるのですか?

ため息ブログに書かれていたのは、まぎれもなくHideさんに関することです。
”Hideさんは、学とみ子の言い分を否定したから、(学とみ子がさわっていないとの事実は)否定されました。”
との意味の文章を、ため息さんは書いていたのです。
しかし、Hideさんをかばうために、誰が作成したのかはわからないと、ため息さんはその後に見解を変えたのです。
Hideさんを守るためなら、学とみ子は誤解した!でたらめを言っている!と、非難することが平気なため息さんです。

くりかえしになりますが、なぜ、学とみ子は以下のコメントを書いているのですか?
>作成した方が否定しましたので否定されました。

一部の人の言い分は認められ、一部の人の言い分は認められない。
そうした判断がまかり通るのが、ES派の基準、ため息基準と言ってよいでしょう。
学とみ子は嘘つき!Hideさんは嘘つきでない!
 ・・・・。
削除 2019/7/6(土) 午前 6:33 学とみ子                                                                            
ため息さん
学とみ子曰く:「一部の人の言い分は認められ、一部の人の言い分は認められない。」
つまり、誰かの証言を証言によって任意に認める・認めないのはけしからんというのが学とみ子のクレームでした。

そんな全体の話ではありません。Hideさんは、2月9日にブログにリンクがあったと言っています。そのHideさんの言い分は正しく、学とみ子は間違っていると決めつけていることへの抗議です。

ため息さん曰く
>繰り返しますが、魚拓を誰が採取したのかは、この議論では問題ではなく、魚拓があることが重要なわけです。

そんな事は今、議論の対象外だ。

ため息さん曰く
>サトさんが学とみ子のYahooブログの管理者パスワードを知らないという証言の信憑性を問題にしているわけです。

だれが信憑性を問題にしているんだ?誰もそんなところを話題にしていないでしょう。
サトさんご本人がそう言っているのだから、正しいにきまってるです。
何の矛盾もありません。
誰もが皆、なるほど!と思っているに決まっているでしょう。
なんで、そんなばかばかしいことを言って、ごまかそうとするの?

ため息さん曰く
>魚拓を採取した方が誰なのかは問題ではないことが理解できないのでしょうか?
 今の議論はそんなことは関係ない。

ため息さん、Hideさんについてあなたが一旦、書いたことを、なぜ、すりかえるの?
すりかえたあげく、学とみ子の方が間違った!などと言うのは、どういう性格なの?

開く コメント(73)[NEW]

開く トラックバック(0)

本物の魚拓だから問題になってます。

sigh より: 青字

魚拓は誰が採取したのか知りません。誰が採取したかは問題ではないと以前から言っているところです。Hideさんなのかもしれないし、ほかの方が採取したことをHideさんが知ったのかもしれません。繰り返しますが誰が魚拓を採取したのかは問題ではありません。魚拓にあるようなページが、この場合2月9日にあったということだけが問題なのです。


ため息さんは、最初に書いた文章(青字)では、Hideさんが否定したから否定されたと書かれていました。
>”作成した方”が否定しましたので否定されました。
上記の青字のため息氏の文章ですが、”作成した方”は、最初はHideさんでした。
Hideさんは、(学とみ子の言い分を)否定したとの意味でした。

ところが、その文章部分がみつかりません。
そして、本日になって、作成した人はHideさんではなくても良いとため息氏はかいてきました。

ため息さん、Hideさんが”作成した方”になるのはまずいのですか?
”作成した方”はHideさんだったのに、いつの間にか、”作成した方”は、クリニックのページを作成した方変わってしまっていますね。2019年7月5日 9:21 PM


ため息さんがHideさんが(学とみ子の言い分を)否定したとの文章を書いたからこそ、学とみ子は以下の様に書いたのです。茶字

>作成した方が否定しましたので否定されました。

一部の人の言い分は認められ、一部の人の言い分は認められない。
そうした判断がまかり通るのが、ES派の基準、ため息基準と言ってよいでしょう。
学とみ子は嘘つき!Hideさんは嘘つきでない!
小保方氏は嘘つき!、それ以外の関係者の言っている事は正しい!
・・・・。
削除
2019/7/6(土) 午前 6:33 学とみ子


以下の下線部分が、作成した方が否定しましたので否定されました。
ですが、”作成した方”がクリニックのページを作成した方へと変更されています。
最後に、訂正削除したと書かれています。
sigh より:    
・・・・・・・
ここから魚拓の件です。学とみ子宛です。
1)偽魚拓説
魚拓の件は、偽ではなく本物の魚拓です。・・・・
・・・・
3)学とみ子がのっとられた
ID、パスワードが盗まれたわけではないというのは学とみ子さんの証言ですよね。
昔、Yahooブログではない学とみ子クリニックのページを作成した方がパスワードを知っていた可能性は、作成した方が否定しましたので否定されました。

一部、訂正削除しました。




参考までに、Hide事件が起きた時2019年2月に、ため息氏はこのように書いています。青字

2)2019年2月9日にこのプロフィールの魚拓が採取されました。この時点でプロフィールにリンク先があったのは間違いないです。魚拓の取得日付を変更できるのは魚拓サイトの管理人で、ユーザができるものではないし、管理人といえども取得日付を変更することはありえません。魚拓を取得した日時は魚拓の最も重要な項目の一つでこれが任意に変更されたら魚拓の存在意義はなくなるからです。
3)2019年2月16日学とみ子ブログのプロフィールページの、もはや有効ではない”もどきクリニック”へのリンクが非公開になっているのが確認された。
学とみ子は2018年10月にリンクは削除したといっていますが、2019年2月9日には残っており、このあと15日までの間に、学とみ子のブログのプロフィールの書き換えは御本人しかできないと御本人がいっていますので、ご自身が非公開に設定したとしか考えられません。嘘を強弁しているか、つい数日前に更新したことを忘れちゃったのかのどちらかでしょう。

ついでに、最近の記事も載せておきます。学とみ子嘘つきの印象操作です。しかし、Hideさんはご自身で作ったと言ってらしたと記憶してますがーー。

7月8日5:52のため息さんの記事です。
>「作成した方が否定しましたので否定されました。」はHideさんのことだと学とみ子はいっていますが当方が最初に書いたのは、Hideさんではなく学とみ子のページ作成を行った方です。学とみ子が理解できていません)

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)


STAP細胞は、人が予期できない現象が目の前で起き、後からその理由が解明されるといったタイプの学問です。
笹井先生は、仮説にもどったとおっしゃいました。
それは無いということではなく、又最初から現象を検証していこうという意味です。

サラリーマン生活29年のコメントです。  2019年7月4日 6:42 PM 
サラリーマン生活29年さんがとても、まじめに疑問を書いてくれました。
彼が提示してくれた疑問の中から、学とみ子が書きやすい課題を選び、以下に記事を書いています。
サラリーマン生活29年さんのコメントは青字で書きます。

>STAP関連各ブログをこれまで閲覧してくれている、私の知人達が(私も含め)一様に首を傾げているのは、学さんがことあるごとに繰り返す「誰それは、STAPの新規性を理解出来ない」という部分です。

>「新規の現象を見いだした」「既存の学問の体系を超えた」才能ある人と見なしている訳ですよね?
小保方氏はラッキーな方で、特に酸浴の場合は、試薬をまちがったという事実があるみたいです。
ただ、そうした現象を発見できたのは、普段から細胞に興味を持って、穴が空くほど観察していたからだと思います。

STAP細胞研究は、必ずしもキメラや幹細胞へ行かない方向性もありました。
バカンティ研でやられたように、直接、STAP細胞を患者に入れるという治療の方向性があったと思います。人の細胞はその人のものでないと受け入れないので、その人(患者)の細胞を酸浴させて体内に戻せば治療につながります。
だめになった臓器を再度、作らせるのです。
もし、うまく生着しなかったら、その細胞は自然消滅します。
何度でも繰り返せます。拒絶反応も起きません。
STAP細胞の臨床応用には、こうした方向性があったのです。
キメラや幹細胞が全てのES派の人には、思いが及ばないでしょう。
このタイプの研究者たちに、STAPはつぶされてしまいました。

小保方氏自身には、既存の学問を変えたという気持ちは無いと思います。
彼女は、生物細胞に興味を持ったという事だと思います。
生きようとする細胞動態に純粋に魅せられたという事かと思います。
女性は、命を作る性と関係すると思いますよ。
そして、男は命を生む女性を大事にするでしょう。
笹井氏も、若山氏も、小保方氏を大事にしたと思います。
だからこそ、大変なジェラシーが周りの人たちに沸き上がったのではないでしょうか?

とにかく、STAP細胞は有ったと考えるのが極めて自然なのです。
小保方氏や笹井氏の記者会見を見ても、研究者たちの話に不自然なものはありません。
「あの日」を読んでも、科学者として自然な感じの部分が多いです。
小保方氏は、あえて、「あの日」に書かないようにしたと感じた部分もありましたが、それは他者への配慮と思います。

STAP事件関係者たちの言動において、自然な感じというのが、とても大事です。
Lさんの解説も自然な感じがしました。
129/GFPESをしっかり調べるべきとの示唆も自然な感じがします。
ため息さんの説明は、自然ではないと思います。
世の中の人達皆を、ため息さんはESで説明しようと必死になってますね。
セイヤさんが、何か隠しているのかもと言ったのもうなずけます。


ES混ぜてでたらめな結果を出そうと発想する研究者が本当にいたら、極めて異常です。
こんなに複雑な実験を繰り返していて、ESを混ぜて結果をつくりあげるというのは無理です。
若い女性で、もてもて小保方氏がES混ぜる理由がないです。
こうした原則論(普通はやらない!)はとても大事と思いますよ。

私は、実験現場にいた人ではありませんが、実験結果を出すまでの苦労というのは想像できます。実験に協力する周りの人たちも、それぞれの仕事に目一杯のプライドを感じています。
皆で協力して出した結果を、主要実験者が都合よく変えたら、補助した実験者はだまっていません。
レター論文には、ESとSTAPを比較した結果が多く載っています。

しかし、実験ミスの場合は、違います。
実験している人は、ミスに気づかず、大発見と勘違いが起きます。
例えば、特殊な動態のES細胞が実験毎に混入し、主要実験者はそれが新規の細胞と間違えてしまったとかの可能性はあると思います。
これはねつ造ではありません。

その道の専門家が撤回された論文にお墨付きを与えているのでもない状態な訳です。
ES派の学者たちは、その道の専門家ではありません。
そうした人たちが、多くの誤解をしたと思います。
他の研究層の誤解を若山氏は打破する立場にいたと思いますが、その若山氏の仕事が全世界的に否定されてしまったのです。印象操作ですよ。
新人小保方氏が全部、実験をやったことにされてしまったのです。
だからこそ、ES画策者は、全面的に若山研究室の仕事を否定できたのです。


>専門知識があるのかどうか定かでない各種ブロガーの方々が集い、考察だ、新知見だといいあっている状況に過ぎない訳ですよ、

擁護派と言われる人たちの科学知識はいろいろです。
それぞれが、大事な事と思う事も違っています。
それも自然な事と思います。

擁護派の誰がどの位の知識をもっていそうなのか?はだいたいわかります。
分子生物の専門家でなくても、論文はそれぞれの人たちで理解しています。
細かい実験内容はわからなくてかまいませんし、論文に書かれている事は皆さん理解できています。

医者の間で、「STAPはやっぱりあったようだね。」などという会話は普通に行きかいます。


>笹井氏、丹羽氏といった世界に冠たる研究者が成果を認めた、というのは根拠になりません。それが通じるのは、甘くみても2014年前半までの話です。
>世界に名だたる研究者が揃って騙される訳がない、というのも同様。

STAP細胞は石器ねつ造とかとは根幹で違います。
それは何故かわかりますか?
STAP事件では、扱うものが生物だからです。
命は、人間がコントロールできないし、人間の予想を超える現象です。

笹井氏は、酸浴細胞のOctが弱く光る細胞も見ていて、その細胞はまた、別の機能を持つ細胞となっていくのかもしれないことを見ています。
Octが弱い、強いというような現象は、人間がコントロールできるものではないです。
こうした反応は、あらかじめ人が予想することのできない現象です。
STAP論文には、それまで、人が予想できなかった生物学的現象の記載にあふれています。


一方、サラリーマン生活さんが、比較例としてお出しになった石器捏造ですが、これは、人がそれまでに築き上げた知識によって正誤を判定するタイプの学問です。
人が予期できない現象が目の前で起き、後からその理由が解明されるといったタイプの学問ではありません。


>「ES混入では説明がつかない」「TCR云々」と疑問をなげかけるなら、専門家に照会するなりして、公式見解の反証への証拠化すべきだが、それもしていない。それがなされないで、確定した反証のようないい振りを続けるべきではない。

現時点では、日本の専門家は、STAP類似の実験をやりたがらないです。
恐らく国から研究費などは下りないと思います。
理研の笹井研究室にいた実験者たちは、悲しく苦しい思いで散って行ったと思います。
しかし、何かひょんなことから、事態は変わるという事はあると思います。



開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

STAP細胞実験は、若山氏にとって本来の仕事ではなく、小保方氏らの依頼によって、手伝っただけなどと言う人がいるが、決してそうしたものではない。
STAP論文の中には、若山研究室の技術の粋があるのではないか?

以下の論文は、若山研究室で、核移植技術により分化細胞を多能性へと転換させた細胞において、遺伝子メチル化の変化についての研究成果が論文化されている。①②

卵細胞を融合させて2N細胞をつくり、父親由来細胞遺伝子インプリンテングの無いparthenogenetic embryos なるものを作製する。
父親由来の遺伝子の影響は、胚発生にどのような影響を与えるかの研究である。

父親由来のインプリント遺伝子の影響がないと、胎盤の形成異常がおこり胎児死亡となる。
核移植の胚においての胎児は腸管ヘルニアと、大きな胎盤形成となる。

核移植により胎児発育を延長させることは可能だが、核移植を繰り替えてしても(核移植を9回まで実験)、改善効果には限界があり胎児死亡はおきるとしている。
キメラの状態では満期まで発育することがある。

Development. 2010 Sep 1;137(17):2841-7. doi: 10.1242/dev.051375. Epub 2010 Jul 21.
Functional full-term placentas formed from parthenogenetic embryos using serial nuclear transfer.
Takafusa Hikichi, Hiroshi Ohta, Sayaka Wakayama, Teruhiko Wakayama

Stem Cells. 2008 Mar;26(3):783-8. doi: 10.1634/stemcells.2007-0907. Epub 2008 Jan 10.
Nuclear transfer alters the DNA methylation status of specific genes in fertilized and parthenogenetically activated mouse embryonic stem cells.

興味のある方は、それぞれ読んでみるとよいが、ここでメチル化実験の図がでてくる。
これは基礎の研究者の行うタイプの実験ではないのか?小保方氏は、バカンティ研でそうした実験をしたわけではないだろう。

メチル化の実験は、①②の論文で行われており、若山研究室では、こうした実験はお手の物であるだろう。
STAP細胞を用いて小保方氏がメチル化実験をした時には、若山研究室員と一緒に実験したと思われる。
つまり、若山研究室でスタッフの協力を得て実験をしたと思われ、その成果は研究室で共有されていたはずだ。
メチル化実験の結果は、研究室内での議論でも使われてたはずだ。
そして若山氏のメチル化実験OKがでていたから、サイエンス、セルの論文にも使われたであろう。

都合が悪いことがあればすべて小保方氏の実験ミスにして、それぞれの実験の責任体制は明らかにされなかった。
こうした事実は、もっと検討されてしかるべきことだったのではないか?

②の論文でおこなわれているメチル化実験である。




イメージ 1


インプリント遺伝子とは?
父親由来または,母親由来の対立遺伝子(アリル)のみを発現する遺伝子.親個体の精子や卵子の形成過程において,DNAメチル化などエピジェネティックな標識がゲノムに刷り込まれ,この標識にしたがって次世代の個体で転写調節が行われることで,アリルによる遺伝子転写の違いが生じる.
実験医学増刊 Vol.28 No.15

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事