学とみ子のブログ

病気と心を語り合いたいです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

STAP細胞実験は、若山氏にとって本来の仕事ではなく、小保方氏らの依頼によって、手伝っただけなどと言う人がいるが、決してそうしたものではない。
STAP論文の中には、若山研究室の技術の粋があるのではないか?

以下の論文は、若山研究室で、核移植技術により分化細胞を多能性へと転換させた細胞において、遺伝子メチル化の変化についての研究成果が論文化されている。①②

卵細胞を融合させて2N細胞をつくり、父親由来細胞遺伝子インプリンテングの無いparthenogenetic embryos なるものを作製する。
父親由来の遺伝子の影響は、胚発生にどのような影響を与えるかの研究である。

父親由来のインプリント遺伝子の影響がないと、胎盤の形成異常がおこり胎児死亡となる。
核移植の胚においての胎児は腸管ヘルニアと、大きな胎盤形成となる。

核移植により胎児発育を延長させることは可能だが、核移植を繰り替えてしても(核移植を9回まで実験)、改善効果には限界があり胎児死亡はおきるとしている。
キメラの状態では満期まで発育することがある。

Development. 2010 Sep 1;137(17):2841-7. doi: 10.1242/dev.051375. Epub 2010 Jul 21.
Functional full-term placentas formed from parthenogenetic embryos using serial nuclear transfer.
Takafusa Hikichi, Hiroshi Ohta, Sayaka Wakayama, Teruhiko Wakayama

Stem Cells. 2008 Mar;26(3):783-8. doi: 10.1634/stemcells.2007-0907. Epub 2008 Jan 10.
Nuclear transfer alters the DNA methylation status of specific genes in fertilized and parthenogenetically activated mouse embryonic stem cells.

興味のある方は、それぞれ読んでみるとよいが、ここでメチル化実験の図がでてくる。
これは基礎の研究者の行うタイプの実験ではないのか?小保方氏は、バカンティ研でそうした実験をしたわけではないだろう。

メチル化の実験は、①②の論文で行われており、若山研究室では、こうした実験はお手の物であるだろう。
STAP細胞を用いて小保方氏がメチル化実験をした時には、若山研究室員と一緒に実験したと思われる。
つまり、若山研究室でスタッフの協力を得て実験をしたと思われ、その成果は研究室で共有されていたはずだ。
メチル化実験の結果は、研究室内での議論でも使われてたはずだ。
そして若山氏のメチル化実験OKがでていたから、サイエンス、セルの論文にも使われたであろう。

都合が悪いことがあればすべて小保方氏の実験ミスにして、それぞれの実験の責任体制は明らかにされなかった。
こうした事実は、もっと検討されてしかるべきことだったのではないか?

②の論文でおこなわれているメチル化実験である。




イメージ 1


インプリント遺伝子とは?
父親由来または,母親由来の対立遺伝子(アリル)のみを発現する遺伝子.親個体の精子や卵子の形成過程において,DNAメチル化などエピジェネティックな標識がゲノムに刷り込まれ,この標識にしたがって次世代の個体で転写調節が行われることで,アリルによる遺伝子転写の違いが生じる.
実験医学増刊 Vol.28 No.15

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

まず、この言葉は、女性蔑視の様相であると、学とみ子は最初に宣言しておきます!

その上での議論です。

女性が男性より優位にたつものは、疑いもなく、女性は子供を生める性であることでしょう。

つまり、子宮で考えるとしたコンセプトは、ここからきているわけです。
では、その意味を考えると、[子宮でものを考える]は、女性の自画自賛の精神であろうと思います。

この自画自賛の精神が、男性側から見ると滑稽であろうと言うことなのでしょう。

つまり、男性は、女性は特有の思い込みで我を通す行動をとると感じているのです。つまり、女性は自身の考え方や価値観を押し通す行動パターンをとっていると、男性に思わせてしまうのです。

そうした女性の思考過程が、ため息ブログで発見できて興味深いのです。個々については、徐々にアップしていきたいと思います。


>はな
2019年7月2日 8:08 AM
図らずもここに「ため息ブログの女性達」と目される者達が連続して書込みですね。


典型例の書き込み、ありがとうございます。
はなさんは、職業上で、男性から警戒心を持たれた経験はありますか?同僚とかではなく、ご自身よりキャリアアップされた上司から、警戒心を持たれた経験をはなさんは持ちますかね?

たくさんあるなら、その一部を披露してもらえませんか?

次なるは、体内時計の珠玉の作品です。
2019年7月1日 5:42 PM

>私はこれまで、男性から「馬鹿だと思われている」と感じたことはありません。思われた事はあるかも知れませんけど、仕事でもプライベートでも、自分なりに満足できる評価をいただいているので、どう思われていても構いません。(引用終わり)


体内さんがどう思われても良いなら、他人から言われた言葉に反応する必要はありません。体内さんは、学とみ子を否定し、最大級の侮辱的言葉[軽蔑する!]を使いました。

ネット上で長く意見交換をした結果、学とみ子は体内さんの意見に満足しません。

ですから、これからの体内さんのコメントは、以下になります。

仕事でもプライベートでも、自分なりに満足できる評価をいただいていましたが、ネット議論に置いては、学とみ子氏から満足できるとの評価はもらえませんでした。

開く コメント(82)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事