ソリッドのブログ

趣味系です。模型、玩具、銃、ジッポー、車、工作、映画、アニメ、などをネタの中心にランダム気ままにダラダラと。





イメージ 2





さすらいの旅路で徳島に寄った際にtoricoさんからいただいたガンダムヘッドG3カラー、



バラしてリペイントです。





イメージ 3








GIF画像↓

やけに小さいので拡大してね♪

イメージ 4



.                お手数かけます。。。









イメージ 5


RX-78-2、フツーのアニメカラーにしました。






イメージ 6


メットも缶スプレーのピュアホワイトを5〜6回重ねてツヤっツヤ〜





で、







こすりました♪

イメージ 7



こすって銀sunの実力90%発揮。

よほど高価で特殊な塗装や、本当にメッキを施すかしなけりゃ到達不可能なメッキ調鏡面シルバー。





ようするにクローバーカラーってことで。








そして、






イメージ 8


キノのパースエイダー・カノン水鉄砲。やっとこさ到着。


買ったのはクリヤーブラック。



イメージ 1



早速モデルガンのコルト1851ネイビー(上)との比較。

うむ! これは良く出来ていますよ。



しかも これはっ!



1851ネイビーではなく、 まごうことなきパースエイダー! カノン!




そもそもキノのパースエイダー・カノンはコルト1851ネイビー(以下 51ネイビー)とほぼ同じ外観。
明らかな違いがあるとすれば、実在の51ネイビーが.36口径なのに対しカノンは.44口径という架空の設定。

なので51ネイビーを脳内補完で.44口径のカノンと思い込めばそれで済むハナシなんですよね。


ところが、

この水鉄砲、、、

イメージ 9


シリンダーサイズがデカい!


試作品から市販テストショットになった段階でシリンダーが長くなっていたのは気付いていたが、直径も太くなっていたんだよ!

.36口径である51ネイビーのモデルガンのシリンダー直径39.5ミリに対し、.44口径であるカノン水鉄砲ではシリンダー直径41.5ミリ。ノギスで測ってみたよ。

“気のせい”とか “たまたま”とかじゃないですよ。
だってパッケージには

「.44口径だから51ネイビーよりシリンダー太くしたよ」

「測ってみれば分かるけどね」


っていうようなコトがハッキリ書いてありますよ。



さすがですね!




とまあ、、、キョーミ無いヒトにはどーでもイイ情報w






そして、、、





先日カムロさんが3Dプリンタで出力してくれたリアルサイズの.77マグナム弾を仕上げてみました。

イメージ 10



手前にあるのは単三電池、奥の豆鉄砲みたいのは.44マグナム弾ですw



開く コメント(27)





イメージ 2











イメージ 1







Завершенный МиГ-31・・・おっといけねっ、ロシア語だ、

MiG―31 完成しました。




HMAガレージ製の1/144 ファイヤーフォックス、初のプラキット。



定価はサンキュッパ、アマで送込みニーキュッパ。

イメージ 3



生産数が少なめなのか取り扱い不可やプレ値になったりもしてますけど、定期的にひょっこり復活するので気長に待つのが吉です。



キットは少なめのパーツ点数、ちょちょっとスリ合わせをした程度で素組み。


そして塗装。


パールライトブルーとクリヤーブラックの缶スプレーを使ってます。



イメージ 4



下地はシルバーに近いパールライトブルー。

パネルを部分的にマスキングしてからクリヤーブラック吹いて、、、


イメージ 5




テープを剥がすと、


イメージ 6



とりあえずはこんな感じ。

全部は剥がさずこの上からまたクリヤーブラック吹きますけど、

うーむ、、、


センス無いな。。。w



そもそもファイヤーフォックスの色や細部ディテールって良く分からない。

なので本編画像で研究。



イメージ 7


格納庫で動き出すシーン




イメージ 8


このシーンはたぶん1/1スケール原寸大のファイヤーフォックスですね。

撮影用プロップは大小9種類のサイズが作られ、原寸大の長さは約20メートルだそうです。




イメージ 9


機体表面のパネル分割ラインが見てとれるアングル。
模型的には明暗の塗り分けで表現ですかね、


やらないけどw






イメージ 10


飛行シーン


ファイヤーフォックスはCGではなく、ミニチュアを背景と合成してます。



イメージ 11


かなり細かいパネル分割ライン。

アップて鮮明に映るカットって少ないんですよ。




イメージ 12







イメージ 13


主翼後端。





イメージ 14


貴重な機体下面カット。

ブレちゃっててよくワカランw






イメージ 15


雪上シーン。




イメージ 16


逆光気味だし薄暗いので細部は不鮮明。

機体全面ほぼ黒一色。






機体側面のパネル・パターン。

イメージ 17




イメージ 18




イメージ 19






エンジンカバー、尾翼周り

イメージ 20






う〜ん、結局よく分からないのでテキトーでオッケーw




で、塗装のつづき



イメージ 21


ここから更にマスキングテープを残してクリヤーブラックをスプレー、





イメージ 22


塗りすぎた━━っw



残ったテープを全て剥がして、、、

イメージ 23




このあともう一回クリヤーブラック。



そしてここで銀sun登場、

部分的に色褪せた感じに指でボカしてグラデーションしたり。

で、

トップコートをサッと軽めに吹いて銀sun保護、それからデカール貼って最後に仕上げのツヤ消しトップコートしたら、



イメージ 24


塗装完了!





イメージ 25


キャノピーは枠塗って裏から銀sunでミラーキャノピー。

コックピットとかパイロットとか、、、


作りたくない、



作ったら負け!w





そして完成




イメージ 26





飛行機は飛んでる姿が好きなので脚は付けません。





イメージ 27


リヤノズルはガンメタにクリヤーオレンジうっすら吹いて仕上げに銀sun。


とにかくスキあらば銀sunを使う。






イメージ 28






長さは16センチくらい。

撮影用の原寸大ファイヤーフォックスが約20メートルなので、1/144よりちょいと大きくて1/120スケールくらいですかね。





イメージ 29







では、


 ダ ス ビ ダ ー ニ ャ
до свидания







開く コメント(26)






イメージ 2



見えるかな?

ガンプラ何処かに

隠れてる




背景を ランダムにしたら 良いかもね










イメージ 3



イイねコレ みんな大好き クローバー










イメージ 4


バシイイイ━━━━ン

重心移動が感じられるポージング、動きの一瞬を切り取ったように見えるのが素晴らしい〜

ガンダムってこういう印象に強く残るシーンやカットが多いなぁ。







イメージ 5


−共鳴−

やはり名シーン再現は刺さりますね。



ラ ラ

ラ ラ

ラ ラ



イメージ 6



ラ ラ










イメージ 7


なぜか気になるターンAガンダム、


ミード展 行ってなければ 撮ってない?




イメージ 8










イメージ 9


テカテカなズゴック


実物は写真よりもっと色に深みがあってテッカテカに輝いてました。


イメージ 10













イメージ 11



ほとんどの モビルアーマー 勢揃い

アッザムと ブラウブロは いないみたい




イメージ 12



昔作ったことがあるキットをあらためて今できる限りキレイにカッチリ作りたい、というコンセプト。


イメージ 13


台座まで抜かりなし。






イメージ 14


エルメスもピッカピカ〜




イメージ 15


実は宙に浮いてクルクル回ってるのでブレちゃった。後ろからビットが。





イメージ 16


ザクレロも色々手ぇ入って 手ぇ生えてます。



イメージ 17



どれも合金玩具みたいな重量感もあって画になりますね〜







最後はこの作品、


イメージ 18


天人(テンレン)さんの旧キット 1/100ガンダム。

フルアーマーの中の人を徹底改修。



イメージ 19


コアフアイターはムキ出し、


常識だ!


コアフアイターは旧ガンキャノン用をベースに別物になってましたよ。










イメージ 1



展示会の冊子をもらいました。



イメージ 20



コアラちゃん ビミョーな位置に 波動キャノン





前回の参加作品が全て載ってます。

イメージ 21



イメージ 22



イメージ 23










イメージ 24



裏表紙






レポートは 以上をもって オワリです


モビルアーマーとRX-78ばかりだったような、、、ファーストガンダム推しなのであしからず。







物足りない?



それくらいが




ちょうどいいw








開く コメント(24)






イメージ 1





ユーカリで

模型の展示

してきたよ





参加レポート、まずは自ブース





イメージ 2



らいとにんぐさん、オーシャンさん、カムロさん、私、計4名/1卓での参加です。
申し込み満杯でしたがキャンセルが出たため何とか1卓確保できました。

前回は1人/1卓だったのでこれでもかと過去作を並べましたが もはやネタ切れ、むしろ1卓で助かったw


そんなわけで1人3〜4品ほど持ち寄ってちょうどいい密度感。
ジャンル無法地帯と化した雑多ブースへようこそ。


ではでは、まずはらいとにんぐさんのマガフ7

イメージ 3


まだ未完成、これから汚しを入れるそう。



マシーネンから

イメージ 4


ルナダイバー




イメージ 5


オーシャンさんのフンメル

だっけ?



イメージ 6


1/32くらいのVW





イメージ 7


カムロさんのムフ

そして、



イメージ 8


新作 ギャン子改 グフレディ





イメージ 9


私は初展示の旧作ラムダと、





イメージ 10


令和最初の完成品 ファイヤーフォックスのプラモ。




自ブース紹介はこんなもんでオシマイ。


あとは例によって個人的に気になった & 気に入った作品をいくつかご紹介。














イメージ 11


気になったぜ!







イメージ 12


ご存知、太陽系戦隊ガルダンシリーズからみんな大好き電磁戦士マグ






イメージ 13


気に入った!








イメージ 14


イマイのマッハバロンも気になるぜ!

マッハバロンはブロ友さんとこで名前はお見かけしていた天人(テンレン)さんの作品。



イメージ 15


素組みとのこと。顔立ちも良いではないですか。









そしてプロペラ機も気になる!

イメージ 16


コトブキ飛行隊にも出てきた震電。

コレはオリジナルなカラー


イメージ 17










イメージ 18


三式戦 飛燕




イメージ 19


同 迷彩カラー





イメージ 27


キリエの隼もありました。







イメージ 20


VF-4 ライトニングIII









イメージ 21


高さ50センチはあろうかというゴジラ。







イメージ 22


ダンバインのジオラマ。








イメージ 23


フレーム・アームズ・ガールズ?

なんだかやけに迫力があった。

イメージ 24










イメージ 25


この作品も気にならざるを得ない!




イメージ 26


スゴイよ、塗装が。







ユーカリ模型展示会は千葉県佐倉市のイオンタウンユーカリが丘店内で年2回くらいのペースで開催されており参加費も1卓500円とリーズナブル。次回は11月の開催予定。

出展作品の8割がたはガンプラですが新しめのはよく知りませんので、〈レポその2〉では気になった作品をちょっとだけ紹介する予定、お楽しみに。






開く コメント(22)

ウォーターガンブーム到来!


数日前のアクセス解析──

イメージ 2







水鉄砲 大好きかよっ




そんな貴方に朗報!


イメージ 3



コスモガンの水鉄砲も予約が開始されてます。



イメージ 4



これまで立体化にあまり恵まれなかったヤマトのコスモガン。

コスモナンブ、2114年式 または 14年式コスモガン

呼び名は色々あれど、西暦2114年に地球防衛軍に正式採用され旧作ヤマトにおいては2200年頃まで85年余りの長きに渡り鎮座。

そんな古い銃が使い物になるのかよと思いきや、実世界でもM1911ことコルト・ガバメントなんてその名の通り1911年にアメリカ軍に正式採用され80年代にその座をベレッタに譲るも今尚現役。

映画やアニメなどで有名な人気のある拳銃だってだいたい何十年も前からあるものばかりですよ。



イメージ 1




水鉄砲としてモデルアップされるコスモガンはアニメ版ではなく松本零士氏によるコミカライズ版のようです。


イメージ 5





コミック表紙のコスモガン、アニメ版とは細部のディテールなど若干違います。

ウワサによるとこの表紙のコスモガン、新谷かおる氏が描いているとか。





イメージ 6



コスモドラグーンの水鉄砲もメーテル・バージョン予約開始。


イメージ 7




イメージ 8




造形的にはイマイチ感があるものの、銀ピカになるとなかなかイイ感じ。






そしてちょいと残念なお知らせ。


イメージ 9



5月に発売予定だったキノのパースエイダーこと1851ネイビーの水鉄砲、

6月に発売延期になりました〜



イメージ 10









京商からはサーキットの狼の1/64ヤタベ・スペシャルヨーロッパ・スペシャルも予約受付中、

イメージ 11






まだまだ休ませてくれないぜ。





開く コメント(26)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事