全体表示

[ リスト ]

8月9日から11日に掛けての乙女高原星空観望会、雲がやや多い天候でしたが、天の川や極大日を控えたペルセウス座流星群の流星も見る事が出来ました。今回は夏休み中という事もあり、普段より多くのこども達も参加し、多いに盛り上がった星空観望会となりました。
二日とも夜半までは曇りで夜半ごろから雲が切れて星空が見えようになりましたが、やや雲が多く星空の写真を写そうとカメラを準備していたみなさんはヤキモキしていたようです。

下の写真は夕方まだ明るいうちにK氏が大型の双眼鏡の視野内にうしかい座の一等星アークトゥールスを入れ、みんなでなんでそんな事が出来るのと驚きながら盛り上がっているようすです。
自動導入装置やステラナビゲーターのようなパソコン星図の助けも借りずあっという間に青空の中の惑星や明るい恒星を入れてしまうK氏の神業は、本当にいつもびっくりしてしまいますね。
イメージ 1

期間中、甲府盆地内は39度から40度を超えるような気温でまさにうだるような暑さでしたが、ここ乙女高原は昼の最高気温は30度どまり、湿度も低く過し易い別世界。朝方の最低気温は15度程、長袖を忘れた私は、やせ我慢していましたが、半袖でではちょっと寒い位でした。

イメージ 2

今回もSZ氏が綿あめマシンをこども達のために持込み、夕食後の一時、こども達は多いに盛り上がっていました。

イメージ 3


着替え用のポップアップテントを望遠鏡カバーに利用し、昼間の急な雨に備えているのはYMさんのアイディアですが、これはとても便利ですね!

イメージ 4

SZ氏撮影の夏の天の川と流星。晴れた時の乙女高原の星空はやはり綺麗で、初めて天の川を見た人が多かった今回の乙女高原星空観望会では、星座解説にも力が入りましたね。
イメージ 5

今回は星空の写真をカメラに納めたいという方も多く、雲がやや多い星空でしたが会場の二三箇所でミニ天体写真教室も行なわれていました。
イメージ 6

9月の乙女高原星空観望会はただいま申し込み受付中です。こちらからどうぞ。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事