全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

今年度最終回となる、第70回乙女高原星空観望会が行われました。

乙女高原星空観望会の詳細はこちらを>>クリック

山梨市牧丘町柳平で行われている乙女高原星空観望会。冬の12月から2月を除く、年に9回から10回行われている星空観望会です。最近は山梨市の協力で、山荘と道を挟んで反対側にある休校中の小学校分校の教室を利用して、反射望遠鏡の研磨教室が行われるようになりました。このような星空観望会は他に類を見ないこともあり、
山梨テレビや雑誌『星ナビなどからのメディアの取材も入るようになりました。
今回は11月25日金曜日から11月27日日曜日まで開催された乙女高原星空観望会ですが、これまでも何度か乙女高原星空観望会に参加してくれている、私の親しい友人でもある自動車ジャーナリストのマリオ高野氏が、星空観望と取材を兼ねて今回の観望会にいらっしゃいました。
乙女高原星空観望会と絡めた取材ということで、カメラマンの
ダン・アオキさん、SUBARUが参戦しているGT選手権のレースクイーン・霧島聖子さんもご一緒でした。
取材も兼ねて望遠鏡を覗きに来たということでしたので、星や宇宙の話をさせていただいて、それから説明した天体、星雲星団、
金星を見たり、実際の星空で冬の星座を幾つかご案内しました。

霧島さんはもともと星に興味をお持ちで、双眼鏡や望遠鏡を使うのが初めてにもかかわらず、望遠鏡で二重星団やアンドロメダ銀河を見た後に、双眼鏡ですぐにそれらを視界に捉えて周囲を驚かせていました。
とても勘が良い方なのだなと思いました。

また皆が寒い寒いを連発しているにも関わらず、我々より薄着で氷点下5度の中を長時間に渡り一言も寒いという言葉を発する事なく、周囲を気遣いながら撮影されていたのには驚きました。厳しい選抜を経て、トップチームの一角であるスバルのレースクイーンというものが、単に容姿だけでなく、そうした周りに対する気遣いまで至るところは厳しい審査をくぐり抜けて来た人なのだなと感じた次第です。

もう何から何までびっくりでした!


左から霧島聖子さん、大沼(本人)、金峰山荘の水上オーナー、マリオ高野さん。
イメージ 6


富士重工(スバル)がディーラーを通じて販売するスバル純正の天体望遠鏡『メローペ80A』。
イメージ 7

サービス精神旺盛な自動車ジャーナリストのマリオ高野さん(^^)
土曜日の夕食は、水上オーナーのぶどう畑を荒らしていたイノシシをくくり罠で仕留めた「しし鍋」でした!
イメージ 8


今年の乙女高原星空観望会は、地球規模の気候変動の影響をもろに受け、例年になく星空が雲や雨に遮られることも多かったのですが、この金曜日はほぼ一晩中晴天に恵まれ素晴らしい星空を満喫できました。

取材の撮影も順調に進んだようで、誌面が楽しみなところです。発行されましたらまたこのブログでご紹介するので楽しみにお待ち下さい。

名前の通り、これまで観望が主体の乙女高原星空観望会でしたが、最近は天体写真を始める参加者もいます。モザイク合成を始めた方もいらっしゃいます。

それではまず今回の乙女高原星空観望会で撮影された写真をいくつか見てみましょう。今回は夜が更けるほど透明度が高くなり、大変美しい写真が沢山撮れたようです。


スバル星団 青山さん撮影
イメージ 1


オリオン星雲 青山さん撮影
イメージ 2


馬頭星雲 青山さん撮影
イメージ 3


西空に傾いた天の川〜中央左側にアンドロメダ銀河が小さい写っています。天の川に浮かぶ二重星団も! 田中さん撮影。
イメージ 4


オリオン座三つ星周辺のガス星雲の広がり。見事ですね。 長瀬さん撮影
イメージ 5

2016年度の乙女高原星空観望会もとうとう終わりましたが、来年は3月下旬から始まります。今年も沢山の新規参加者もあり、回によっては満員御礼となってしまい参加できない人もいらっしゃいました。来年も沢山の新規参加者があるよう運営一同さまざまな企画をこの冬に考えたいと考えております。


(株)スコープテック 代表取締役社長 大沼 崇

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 第59回乙女高原星空観望会 8/21〜23 が行われました。今回は山梨市民の皆さんを招いての乙女高原星空観望会になりました。20数名の山梨市の皆さんが参加されました。

 当日はあいにくの空模様でしたが、観望時間になると雲は切れ、土星や月や星の輝きを見る事ができました。牧丘小学校の分校の校舎を利用しての星空のレクチャーも行われました。


イメージ 1

イメージ 2



 また、現在乙女高原星空観望会で行っている反射望遠鏡の鏡面研磨教室を見学と研磨作業の体験もして頂くことができました。二枚の厚いガラスの間に泥水に見える研磨砂をスプーンで撒いて、一生懸命こすり合わせると、ガラスが削れ真ん中が凹んできて、最終的に反射式天体望遠鏡の集光ミラーになるという説明に本当に?と納得出来ないようすでしたが、自分でガラスを擦り合わせてゴリゴリとガラスを削る感触が分かると、大人も子供も関係なく楽しんでいらっしゃいました。

イメージ 5



イメージ 4





イメージ 3


 このイベントは終始テレビ局の取材が入り、私たちの乙女高原星空観望会の星空観望会のようすをテレビカメラに収めていました。来月もメディアの取材が入りそうで、乙女高原星空観望会のそのユニークな存在が注目を浴びつつあるようです。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

第55回乙女高原星空観望会は、2015年5月15日(金)夜から5月17日(日)の日程で行われました。

期間中は、やっと乙女高原にも本格的な春が訪れ桜が咲きこぼれ、朝晩は冷え込みますが、とても快適な気候でした。
期間中は雲が多く星を見るにはイマイチな天候でしたが、それでも二日目の夜には一時的に雲も切れて、夏の天の川や星座たちを楽しむことができました。

イメージ 1
北天の日周運動 青山さん撮影
イメージ 2
夏の大三角と天の川 撮影 青山さん

お世話になっている金峰山荘周辺は、たくさんの花が咲き乱れ、マクロレンズを持ち込んだ参加者は昼の間お花や昆虫の撮影に明け暮れていました。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

宿のご主人が、山から採取したたくさんの山菜が1日目の夕食の食卓を飾りました。ほろ苦い春の味覚に参加者一同舌鼓を打ちました。
イメージ 8

参加者の機材はラプトル50から40センチドブソニアンまでとても幅広く、夜はそれぞれの機材の得意とする天体をみんなで観察して回る事もでき、これはとても楽しい体験となります。小さい望遠鏡の方がよく見える対象物もたくさんある事も分かります。
下の望遠鏡は、ビクセンED81Sの鏡筒二本で組み上げられた双眼望遠鏡です。弊社で吟味した鏡筒を萩谷さんに双眼望遠鏡として組み上げて頂いたものです。
イメージ 9

二日の夕食のようすです。今回の参加者は1日と2日目合わせて延べ35名を超える参加となりました。下は9歳から上は6?歳までのワイドレンジ。これも乙女高原星空観望会の特筆すべき特徴と言えるでしょう。

イメージ 12

今年二年目を迎えた、鏡面研磨講習会!参加者は9名!だんだん規模が大きくなってまいりました。地元山梨市からの参加者も募集中です!ぜひ!現在地元優先枠で1名空きがございます。左端が乙女高原星空観望会の会長であり、鏡面研磨講習会の講師の助野先生です。

イメージ 10

今回からあらたに昼間のアクティビティとして、レーシングカートも始まりました。参加者には女性も居て男子顔負けのラップタイムで周回を重ねて居りました。
イメージ 11

次回観望会は、第56回 2015年6/19(金)〜21日の予定です。一泊だけの参加も可能です。初心者、望遠鏡を持たない方の参加も大歓迎。美しい星空や乙女高原周辺の美しい自然を満喫したい方ぜひ奮ってご参加くださいね。

申し込みや、詳しい情報はこちらになります。

乙女高原星空観望会ホームページ>こちらをクリック

奮ってご参加くださいね!

(株)スコープテック 

代表取締役社長 大沼 崇




この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2015乙女高原星空観望会日程(暫定)


52回 3/20-22 

53回 4/4-5 皆既月食特別観望会

54回 4月17日から19日

55回 5/15~17 

56回 6/19-21

58回 7/17-19

59回 8/21-23

60回 9/11-13

61回 10/16-18

62回 11/13-15

となります。

正式な日程が決まり次第またお知らせいたします。

イメージ 1




株式会社スコープテック

大沼 崇
 


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

去る10月24日(金)から26日(日)に行われた乙女高原星空観望会は、ついに開催第50回の節目を迎える事が出来ました。今回は、川崎天文同好会との合同観測会となり、いつにも増して大変賑やかな顔ぶれとなりました。

イメージ 1
会場周辺(山梨市牧丘町柳平)周辺は紅葉のピーク。平地や低山地とは違う鮮やかな紅葉が見られました。今年は例年より紅葉のピークが遅かったのですが、気温降下が急だったため例年よりさらに見事に色づいたとのことでした。

イメージ 2
今回も天候に恵まれ、二日間とも見事な星空を見る事が出来ました。天の川を初めて見る初心者の方も居たので、本当に良かった!

今回は親しくしているペンションのオーナーさんご夫妻も久しぶりに参加されました。

イメージ 3

会場上空の星空はよ夜更けには完全に冬の星座達が主役を務めていました。

イメージ 4

次回の乙女高原星空観望会は、第51回 11月21日(金)から11月23日(日)の2泊3日の日程で行われます。参加ご希望の方はこちらをごらんください

クリック→乙女高原星空観望会のホームページ

株式会社 スコープテック
代表取締役社長 大沼崇

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事