Coffee Winds 店主のブログ

埼玉県の東のはずれ、松伏町で小さな珈琲屋をやっております

全体表示

[ リスト ]

今日は定休日でした。
お客様おふたりと、となり町の「越谷市」にある「音楽カフェBlossom」さんに出かけてきました。

何度か伺っておりますが、今回伺うのは理由があります。
ブロッサムさんのサイトにも記されていますが、
オーナーさんが新しいアンプを設置されたとのこと・・・
なんとそのアンプは、幻の「TELEFUNKEN EL-156」をプッシュプルで使ったアンプです。

開店が2時30分からですので、それに合わせて3時30分頃到着しました。
イメージ 1

表にあるブロッサムさんの看板です。
イメージ 2
ライブの予約が満席とあります。人気があるんですね。

重厚なドアを開けて、いざ中へ・・・(^_^)
イメージ 3
いつもと同じ・・・いや。違います。
メインアンプが設置されています場所に、いつも見ない小ぶりのアンプがあります。
イメージ 4


席に着き、私は、チーズケーキとブレンドコーヒーを注文しました。
イメージ 5
奥様手作りのチーズケーキです。
コーヒーは、飲みやすい飲み口でブラックでいただきました。
チーズケーキもとても美味しくいただき、コーヒーもぐっと飲んでしまいました。
なぜなら、早くその新しいアンプを見てみたいからです。
近寄って見てみました。オーナーさんにお話し写真を撮らせていただきました。
ちゃんと「Blossom EL−156pp AMP」と記されています。
イメージ 6

全体は、こんな感じです。でも、どこかで見たようなフォルムです・・・。
そうです。弊店で活躍しています「LUX−A3600」とよく似ています。
イメージ 7

こちらが、A3600です。
イメージ 8
出力トランスの位置が違います。
イメージ 9
奥行きも少し大きそうです。
横から、見てみますとヒーターが赤く灯って綺麗です。(画像がボケているのはNGですね)
イメージ 10

松並さんのサイトにこの真空管のことが次のように記されていました。
「WE300Bが直熱管の王様なら、テレフォンケンのEL-156はビーム管の帝王と呼ばれていました。真空管製造の極致と言える美しいバルブで信頼性の高い球です。此の球は当時はカッティングマシンのドライブに採用されていました。」
こんな貴重な真空管が4本並んでいる様子は、なかなか見られません。
よく見ると、「ハカマ」も特徴的です。

マスターにお話を伺うと、「LUXのキットを使ってEL−156用に改造してある。」とのことです。
後ろを見てみますと、端子類も最近の物になっています。
イメージ 11


すぐ隣に以前からお使いの「845」のアンプがあります。
これもカバーの中で赤くヒーターが灯っています。
イメージ 12

マスターが「聞き比べてみますか?」と
「EL−156」と「845」を聞き比べさせていただけることになりました。
お客様がお持ちになった「デューク・エリントンとレイ・ブラウン」のデュオ盤をかけていただきました。
イメージ 13
ブロッサムさんのスピーカーは「タンノイ・オートグラフ」です。
1曲目の「Do Nothin' Till You Hear From Me」が流れます。
最初に「156」・・・レイ・ブラウンのベースが店内に響きます。エリントンのピアノも追いかけて響きます。
広がりのある、温かな音色です。
少し聴いて、今度は「845」に切り替えて下さいました。
「うぅん。少し違います。」こちらの方が、音が立っている感じです。クリアーと言った方がいいでしょうか?
何回か切り替えて聴かせていただきました。
お客さまの感想は「156の方が柔らかい音のようですね。」とありました。

その後何枚かレコードを聴かせていただきました。
あっという間に時間が経ちました。
もう少し聴かせていただきたいところですが、失礼することにしました。

しかし、すぐお隣の町に、
めったにお目にかかれない貴重な真空管の音を聞かせていただけるお店があるのは嬉しいですね(*^。^*)

今日の定休日もまた、とても充実した一日でした。

ブロッサムのマスター、ありがとうございました。


音楽カフェ Blosom

住所:越谷市東大沢5−15−3
営業時間:午後2時30分〜9時30分
定休日:火曜日・水曜日

この記事に

閉じる コメント(29)

顔アイコン

たっちん さん
おはようございます♪
たっちん さんは以前ブロッサムさんに行かれたような・・・
また興味のある組み合わせが増えましたね(^_^)v
でもお宝が普通に聴くことができるのは最高ですね。

2010/1/15(金) 午前 10:35 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

くま さん
おはようございます♪
このお店のオートグラフは、近代物で昔のものとは違うそうです。
845は、Triさんの物のようです。
印象は、クリアな感じで響きの良い感じでした。156との組み合わせとは少し違った印象でした。
どちらも手が出ませんが・・・いつでも伺えば聴かせていただけるのは、嬉しいですね。

2010/1/15(金) 午前 10:40 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

こんにちは♪

>中国製のEL156
ペアで13,650円で売ってますね ^^
品質はどうか分かりませんが、この位なら作ってみたい気が・・・ 削除

2010/1/15(金) 午後 3:04 [ ちゃこ ] 返信する

顔アイコン

ちゃこ さん
こんにちは♪
中国製のEL156がペアで13650円ということはPPで3万円弱ですね。それで6V6シングル用のトランスを買いたいような・・・PPはA3600がありますので・・・

2010/1/15(金) 午後 3:53 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

こんにちわ♪

30日にツアーする予定ですのでこれは真にタイムリーなレポートです(笑)

オートグラフのClassicはイメージがありますけど、Jazzってどんなんですかね〜♪

待ち遠しいな〜♪

昨年秋ごろだったか、たっちんさんがブロッサムさんに行かれた時の記事がありましたからTBされてはいかが?

2010/1/15(金) 午後 3:57 あなろぐふぁん 返信する

顔アイコン

あなろぐふぁん さん
こんにちは♪
30日のツアーお待ちしております。
ブロッサムさんは、その夜ライブで午後5時までが通常営業だそうです。ツアーの件もお話しておきました。
あなろぐふぁん さんが以前練馬で聞かれた物とは中身も違っているそうです。近代版でしょうか?
TBはやり方がわかりません。たっちんさんのレポートは詳細に記されていましたね。
何はともあれ、近所にこんな素敵な場所があるのはニコニコ(*^_^*)です。

2010/1/15(金) 午後 4:45 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

こんばんは
見たことがあるなと思ったら、ケースはLUXキットなのですね。
でも、心臓は、テレフンケンEL−156。
ここしばらくアナログ収集から遠ざかっています。
真空管遊びもご無沙汰です(¨;)。
eBayオークションでも、”テレフンケンEL−156”の
良品はあまり見ませんね。
それだけ聴きたい音です(。。。ヨダレが)

2010/1/15(金) 午後 8:07 [ Decipher ] 返信する

顔アイコン

Coffee Windsさんをお尋ねしてみたいです。

2月にプリウスが納車されたらなんとしてもお尋ねしようと計画中です。

2010/1/15(金) 午後 9:53 [ さくどう親父 ] 返信する

顔アイコン

Decipher さん
こんばんは♪
コメントありがとうございます。
そうなんです。LUXKITそのままのケースで驚きました。
貴重なEL−156がコンパクトに納まっています。
ケースの外からですが、見た感じとてもコンディションの良いもののようです。845よりも柔らかな音に私の耳には聴こえました。
とても気さくなマスターですのでお話も楽しく出来ますよ(^^♪

2010/1/15(金) 午後 10:32 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

sak*dou** さん
こんばんは♪
弊店は埼玉県の東の外れですから、車でないと足は難しいんです(~_~;)
石川遼くんで有名になりましたが、何も無い町ですよ。
プリウスの納車待ち遠しいですね(^^♪

2010/1/15(金) 午後 10:37 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

オークションに未使用品4本 35000円で出てると思ったら、1本のお値段でした。

2010/1/15(金) 午後 11:03 min*43*2 返信する

顔アイコン

EL156は使ったことは無いですが東芝の6GB8はあります。
ビーム管の割には柔らかくて重厚なドッシリした音だったことを覚えています。
多分、似たような感じではないかと勝手に想像していますが。
KT88が高価な時代でしたので6GB8を使いましたが、今では逆転してしまいました。
手持ちのA3700も改造すればどちらも使えますが、ちょっと手が出し難いですね。

2010/1/15(金) 午後 11:05 woodbell_136 返信する

顔アイコン

mini4312 さん
おはようございます♪
オークションで1本35000円ですか。4本で14万円ですね。
確かに「幻」ですね。

2010/1/16(土) 午前 9:54 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

woodbell 136 さん
おはようございます♪
弊店のお客様でも昔6GB8を使っておられた方が「ゲインが大きい球」で高出力が得られるとおっしゃっておられました。
今は、見つからない球になってしまったようですね。国産にいい球がたくさんあったんですね(^_^)v
A3700をお持ちですか。トランスがしっかりしていれば楽しみですね。

2010/1/16(土) 午前 10:00 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。

6GB8は以前はかなり使用していました・・・全て新古品でしたが(笑)
っで、PPも作って人に預けて鳴き合わせをして頂きました・・・
結構な評価を頂いて・・・満足して、以来PPは作っていませんが
集めると固定バイアス方式(自己バイアスだとアンバランスが吸収出来ない)で
安心して真空管が使えるのは自己バイアスですが(笑)
何とか出来る本数(バラバラですが6本)はまだ持っていますので・・・
作ろうかな!?でも、昔に比べてトランスが値上がりしているし(^_-)-☆

2010/1/16(土) 午前 10:35 [ altum ] 返信する

顔アイコン

altum さん
おはようございます♪
6GB8は、いい球だったんですね。使ったことも見たこともありません。PP用のクワッドは今では揃わないんでしょうね。
しかし、トランスがずい分と高くなったので、手持ちの球が日の目を見ないのかもしれませんね(~_~)
私も5台目のアンプ製作計画が進みません。

2010/1/16(土) 午前 11:14 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

A3700ですが、6CA7,KT88バージョンもあるんですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/mini4312/57320745.html

2010/1/16(土) 午前 11:41 min*43*2 返信する

顔アイコン

mini4312 さん
こんにちは♪
見せていただきました。ありがとうございます。
本当にいろいろと対応しているんですね。
8045G−ppがメインなんでしょうか?
当時のLUXの意気込みが感じられますね。
またこんなの出ると楽しいのですが・・・でも高くなりそうですね

2010/1/16(土) 午前 11:52 [ Coffee Winds ] 返信する

顔アイコン

845が聴けるなんて幸せですね。
反応のいいスピーカーで聴くと随分違うとおもいます。
オートグラフは個性の塊ですので、アンプの違いはそれほど
わからないとは思います。
ただ、その個性を生かすアンプ選びが大変なんですよね

いってみたいですね♪

2010/1/16(土) 午後 1:32 SEED 返信する

顔アイコン

SEED さん
こんにちは♪
845はすごく大きな真空管でした。
それをモノラルアンプでドライブしています。
156とは、違う音でした。
試聴に聞かせていただいた「レイ・ブラウンとエリントン」のデュオのアルバムはオートグラフでアンプの違いが分かって面白かったです。
本当に近くにこんなお店があるのは嬉しいですね(*^_^*)

2010/1/16(土) 午後 2:06 [ Coffee Winds ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事