ここから本文です
印染のいろは|水野染工場
染の「いろは」をご紹介します。染知識、染商品などの情報を随時更新します。

書庫全体表示

〈張り手と伸子〉

イメージ 1

引き染めに重要な道具、「刷毛」については以前ご紹介しましたが、今回は
布をしわのない様に均一に張る道具「張り手」と「伸子」についてご紹介
します。


【張り手】
張り手の内側には針が打ちこんであり、この針を生地に刺して(挟んで)
使用します。
生地巾に合わせて、様々な種類のものが販売されています。

イメージ 2


【伸子】
両端に針の付いた細い棒で竹製のものやプラスチック製のものがあります。
生地の巾を一定にしたり、シワになるのを防ぐ役割があります。
こちらも生地巾や生地の種類に合わせて様々なものが市販されています。

イメージ 3


引染は、宙に浮いた状態で糊置きや染めの作業を行います。
糊置きの糊が乾く際に生地がシワシワにならないため、ムラなく染めるため、必要な道具なのです。

生地の端と端をピン!と張る事が美しく仕上げるための下準備と言えるでしょう。


▶次回は「日本の印染Ⅱ」から、硫化染についてです。お楽しみに!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事