ここから本文です
印染のいろは|水野染工場
染の「いろは」をご紹介します。染知識、染商品などの情報を随時更新します。

書庫全体表示

反応捺染による手捺染

イメージ 1
〈半纏の染色工程〉
--------------------------------------------------------------------------------------------
1.下絵の作成
 デザインを作成し、デザイン図に従って原寸大版下を作ります。

イメージ 2


2.型紙の作成
 カッティングプロッターで版下図を描き、その後型紙をカットします。
不要な部分を抜き取ります。


イメージ 3

イメージ 4


3.型紙の貼り付け
 版下図の通りに、型紙を紗張りした型枠に貼り付けます。


イメージ 5



4.染め
 捺染台に晒し生地を貼り付けます。型枠に染料を流します。型枠の上を
スキージ(ヘラ)を使い染めていきます。

 
イメージ 6


5.乾燥
 染めた反物は1反ごとに作業室内で干して乾燥します。乾燥した反物は
縫い繋ぎし、1本の長い反物にします。


イメージ 7

イメージ 8


6.色の固着
 縫い繋いだ反物は、連続式スチーマに入れ、色固着のため蒸します。


イメージ 9


7.水洗
 蒸しの終わった反物は、余分な染料を洗い流すため水洗機で洗います。
洗い終わった反物は自動的にロールに巻かれます。

イメージ 10

8.縫製
 1枚ずつ裁断し、ミシンで仕立てます。仕上がった商品はアイロンを
かけ、畳んで丁寧に梱包していきます。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


---------------------------------------------------------------------------------------------
全染研「日本の印染Ⅱ」より


夏祭りのシーズンがいよいよ近づいてきましたね。

捺染部屋では、お祭りに纏う半纏を染めていました。

この素敵な半纏を着て、お客様がお祭りでご活躍することを願いながら、

スタッフ一同、心を込めて製作しております。


▶次回は【日本の印染Ⅱ】より「顔料捺染」のいろはです。お楽しみに!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事