ここから本文です
印染のいろは|水野染工場
染の「いろは」をご紹介します。染知識、染商品などの情報を随時更新します。

書庫全体表示

身近にある印染

身近にある印染
--------------------------------------------------------------------------------------------
 「印染」という言葉を耳にしても、具体的な物がなかなか浮かばない方が
多いと思います。
じつは意外と身近な場所で印染に出会うことが出来ます。
街中でふと目にした店先の暖簾、歴史ある神社の幟、日常使いの小物など、暮らしの
中の様々な場面で見かける印染。

そんな「印染のある風景」を「印染豆知識」とともにご紹介します。



【①紺地に白文字の旗が「1色物」の不思議】

イメージ 1

印染は、白い生地を染めるため、白は色に数えません。なので、防染糊で文字を入れ
紺地に染め抜いただけの旗は1色物となります。




【②1間間口の暖簾は5巾】

イメージ 2

小巾生地で染めた暖簾は、5巾でおおよそ1間になります。
広巾の生地が主流の最近では、2巾でも、4巾でもできるのですが、2巾では
広すぎて出入りが不自由、4巾だと縁起がよくないと相変わらず5巾で仕上げ
られているようです。「○巾」を「○」の「○枚ハギ」という地方もあります。




【③「五七の桐紋」は日本国政府の紋】

イメージ 3

皇室や昔の朝廷の副紋として多用されてきた「五七の桐紋」は、江戸時代
幕府が発行した貨幣にも刻印されていました。
明治政府では、大礼服に「五七の桐紋」が刺繍されており、現代では
ビザやパスポートなどの書類、硬貨などに使われています。



【④吉原つなぎ】

イメージ 4

江戸・吉原の「引き手茶屋」の暖簾に使われていた柄で、そこからこの
名前が付いたと言われています。吉原は遊郭であったこともあり、
「郭(くるわ)つなぎ」と呼ばれることもあります。
郭は、囲い・囲まれた場所という意味があり、鎖のように繋がっている
柄は、これを表しているのかもしれません。

==== 豆知識 =======

イメージ 5

--------------------------------------------------------------------------------------------
▶次回は【日本の印染Ⅱ】より「染物屋の風景」です。お楽しみに!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事