ここから本文です
strange world
記事の多くは荒唐無稽に論じています。

書庫全体表示

最近は巨人に関する記事を記す機会が多いのですが、特に探しているわけではなく、海外のサイトでよく目にするので拾っているだけで、それでもこう何か巨大な人類は過去に存在した、そういう事実があった、いろんなサイトを閲覧していますとそんなふうに感じるわけです。

イメージ 1

▲1856年ニューヨークタイムズ記事

オハイオのブドウ園の地下で人間(巨人)の骨を発見した。それは約11フィート(3メートル半)にのぼる骨格の大きさでした!巨人の顎と歯は馬とほぼ同じ大きさである。

イメージ 2

▲1868年ニューヨークタイムズ記事

ミシシッピ 川沿いの水力発電ダム建設のための発掘調査の作業中、労働者が巨大な花崗岩の岩の中に埋め込まれた人間の骨格の遺跡を発掘してきた。

「墓は、約6フィート、長4フィート、幅3フィートの深さだった。巨大な人間の遺体は完全に石化しています。頭囲はなんと78インチを測定しますが、その額は非常に低く傾いています。神秘的な個々の全体の高さは約3メートル40センチに等しい。」

イメージ 3

▲1871年9月8日、ニューヨークタイムズは、バージニア州ピーターズバーグで掘削作業中に巨大な人の大腿骨が出土、3メートルはあるだろう巨人としています。

イメージ 4

▲1880年ニューヨークタイムズ記事

こちらは巨大な頭蓋骨が発見され、その大きさは3フィート半もあると報告されています。

イメージ 5

▲1882年ニューヨークタイムズは、ミネソタ州セントポールで巨大な人間の骨を発見したというニュースを報告。

イメージ 6

▲1897年ニューヨークタイムズ記事

巨人の最初の発見は、ウィスコンシン州メープルクリークの近くだと報告します。巨大な男の骨格は3つの墓からその神秘的な内容を明らかにし、開いていたそのうちの1つを発見しました。人間の身長は、ほぼ3メートルで完璧な保存状態だったとされます。

イメージ 7

▲1902年ニューヨークタイムズ記事
では、メキシコで巨人の骨が発見されたと報告。

イメージ 8


ニューヨークタイムズ記事引用:http://apocalisselaica.net/jaより


恐竜の化石は発見されるもの、と今は常識ですが、思えばですね、化石は現在進行形で化学変化を起こしていると言われますので、化石を舐めるとしょっぱく感じるそうです。
で、恐竜が絶滅したとされる年代から逆算すると、化石とはいえ、億年単位の長い年月の間に残らないのではないか?ともされます。
土泥にできたとされる足跡化石やツンドラの永久凍土から発見される氷づけマンモスなら話は別でしょうが。

恐竜が絶滅したのはもっと最近、数千年前の出来事だったりするかもしれません。
となりますと、巨人もつい最近まで存在した種族のだったのかもしれません。
少なくとも、普通サイズの人間と巨人は共存していた、と共に、普通サイズの人間と、それよりも小さな小さな小人も共存していた、なんて思います。


シリアの北西(だと思います)に位置するアインダラ神殿の入口には巨人の存在を証すかのように、巨大な足跡を象ったものが意図的に残されているようです。
この足跡が意味するものは何でしょうか?

イメージ 9

イメージ 10

画像:http://www.messagetoeagle.com/giantfootprintsaindaratemple.phpより

問題は、発見された物証が何処に存在するのか?
あるのかないのか?
また、意図的に隠されているのか?
海外のサイトでは、巨人の骨など何かの陰謀論かもしれない、なんてことも記されていますが、過去に巨人が存在したとすると、考古学のどんでん返しが起きる可能性があるように思っています。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事