ここから本文です
strange world
記事の多くは荒唐無稽に論じています。

書庫全体表示

アメリカという国は、本当にフリーメーソン国家なのでしょうか?

イメージ 10


ワシントンD.Cの天井にある画は、何処と無くピラミッドアイにも見えます。

何と言いますか、世界中にはピラミッドアイの象徴とも言うべきものがごろごろしていると思うのですが、それがイコール、フリーメーソンという象徴なら、世界中はフリーメーソンだらけと言っても過言ではないように思えます。


1980年代、エクアドルのジャングルに覆われた山、ラ・マナの地下トンネルで、金探鉱者のグループによって発見された謎の磁気石器があります。

イメージ 1



石器に刻まれているのはピラミッドと13段のステップ。
そして、ピラミッドの頂点に配置された象眼細工の目。

イメージ 2


▲磁気石器、それはピラミッド石器がブラックライト(紫外線)で光を発するからです。

この石器に刻まれたピラミッドと目、ほとんどの方は見覚えあるものかと思います。
あれですね、アメリカ1ドル札のピラミッドアイ=フリーメーソン。
しかも、ピラミッドアイに13段のステップですから。

13に関してですが、例えば、米国国旗のストライプは13本ありますし、1ドル札のANNUITCOEPTISは13文字 。
また、1ドル札及び米国国璽に記された文字 E PLURIBUS UNUMは13文字。

1ドル札の鷲の上にある星の数は13個 。

鷲の前にある盾のストライプは13本 。

鷲がつかんでいるオリーブの枝の葉 は13枚。

13個の果実と、13本の矢。

ピラミッドの段は13ステップ。

こじつけ、とも思われるかもしれませんが、この世界、遥か昔から聖書やフリーメーソンの象徴が世界の至る場所に見受けられ、それが発掘発見されるのですから何か重要な象徴なのでしょう。

イメージ 4


▲国連のシンボルマークにはオリーブが。

イメージ 5


▲WHOのシンボルマークにもオリーブ、さらに杖に巻き付く蛇。

国連、WHOのシンボルマークは33に区切られています。
フリーメーソンも33階級。

で、オリーブは聖書と関係しますが、日本にもオリーブが誰の目にも止まる物に象徴としてあります。
それは10円玉。

イメージ 6



話を戻しますが

イメージ 3


Wikipediaによりますと、この光る石器のことを、ピラミッド・アイ・タブレットと言うらしいです。

高さ27センチメートルで、表面は3辺からなる三角形状になっており、頂点部分に一つの目が象嵌されている。また、目の下部には13の水平な段が刻まれている。底面には黄金の埋め込み細工で、オリオン座の配置が描かれている。また、その下方には絵文字が刻まれている。クルト・シルトマン教授の解読によると、先サンスクリット文字で「創造主の息子がやってくる」と書かれているとされるらしいです。

クルト・シルトマン教授の解読、とありますが、実はこの石器の底面には文字が刻まれていまして、それはサンスクリットよりも古い6000年以上前のものではないか、との見解があるようです。

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9



クルト・シルトマン教授とは、世界で最も熟練した言語学者の1人、ドイツ言語協会の会長でした。
そのシルトマン教授は、サンスクリット語よりも以前のものであろう「プリサンスクリット語」である可能性を示唆していまして、Wikipediaでは『創造主の息子がやってくる』という解読文がと記されていますが、シルトマン教授の解読原文を見てみますと

"The son of the creator comes from here..."

"創造主の息子はここから来ている... "


となるようです。

どちらでも良いのでしょうが、この『やってくる』『来ている』とされる場所は宇宙であり、オリオンに関係するのではないか、とのことです。
この辺り、エジプトの三大ピラミッドもオリオン座3つ星に関係する説がありますので興味深く感じます。
と言いますか、ピラミッドアイとは何でしょうか?
これはきっと奥義なんだろう、と思っていまして、奥義を隠すのにもってこいの手法とは、見付からないよう隠すのではなく、当たり前のように出しながら、それが当たり前すぎて気付かないように隠すことかと思っています。
なので、ピラミッドアイを理解するために他の何かを探して見付からないようにも感じます。

[https://philosophy.blogmura.com/ranking_pv.html" target="_blank にほんブログ村 哲学・思想ブログ]

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事