ここから本文です
strange world
記事の多くは荒唐無稽に論じています。

書庫全体表示

イメージ 5


ストーンヘンジ
この巨石建造物を、いつ誰がどのようにして造ったのでしょうか。
また目的は何だったのでしょ。
天文学に利用されたとか、儀式に利用されたとか、いくつか説は絞られてきているようですが。
しかし、謎はまた謎を生むようです。
ストーンヘンジ周辺の地中を4年の歳月をかけて調査、すると目に見えない地中には謎の構造物が埋っていることがわかりました。

イメージ 6


イメージ 7


▲17ある構造物地点と地中構造物

ストーンヘンジに限らず、古代の人々の巨石文化は、凄いというか素晴らしいですね。
やはり儀式とか、太陽や星の運行などを知る、示すための天文学的知識に利用されたと私は考えていますが、中には宇宙人と交信するためのものとかもあります。


世界中にあるストーンサークル全般に見られるのは、太陽や星の運行や暦を知る、示すためとも言われていますが、それを知ることを覚えた人類も凄いですが、その根本の宇宙世界はさらに凄いです。
そして、人類と太陽や星の関係は重要だったのでしょう。
特異な星の位置や動き、そこから影響される現象に儀式が加わったのかもしれません。
そして、古代天文学から暦が作成され、その暦の中には星の運行に伴い儀式や祭が組み込まれてもいます。
天のしるしとも言うべき何かが存在するかのように。


●皆既月食2014年10月8日|国立天文台(NAOJ)
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2014/lunar-eclipse.html
一部引用 :

2014年10月8日の皆既月食について

イメージ 1



日本全国で皆既食を見ることができます。石垣島以西の地域では月がわずかに欠けた状態で昇ってきますが(月出帯食)、それ以外の地域では部分食を始めから見ることができます。


月食とは

イメージ 2



地球と月は太陽の光を反射して輝く天体です。地球(月)にも太陽の光による影があり、太陽とは反対の方向に伸びています。この地球の影の中を月が通過することによって、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が「月食」です。
月食は、太陽-地球-月が一直線に並ぶとき、つまり、満月のときだけに起こります。ただし、星空の中での太陽の通り道(黄道)に対して月の通り道(白道)が傾いているため、ふだんの満月は、地球の影の北側や南側にそれた位置になります。満月のたびに月食が起こるというわけではありません。
地球の影には「本影(太陽光がほぼさえぎられた濃い影)」と「半影(本影を取り囲む薄い影)」の2種類があり、月がどちらの影に入り込むかによって、月食の呼び方が変わります。

イメージ 3


: 引用終了

2014年10月8日は皆既月食で赤い月が見られます。
この時、イスラエルではティシュリの月『仮庵祭』に当たります。
仮庵祭については特に記しませんので調べていただきたいのですが、興味深く思うのは、日食と月食が今年から来年まで6回もあり、それに合わせるかのようにイスラエルでは祭日が重なります。

イメージ 4



そして、このような現象は1948年と1967年にもありました。
両方ともイスラエルにとっては歴史的な年だったわけで 、1948年はイスラエル共和国独立の年、1967年は、イスラエルがエルサレムを奪還した奇跡的な「6日戦争」の年でした。

で、10月8日は皆既月食にして仮庵祭、これはティシュリの月にあたりまして、ティシュリとは『収穫祭』のことを言います。
聖書レビ記から、仮庵祭は7日間行われ、8日目に犠牲を捧げるとされています。
今年の仮庵祭は10月9日からですが、祭は前日の日が沈んでから始まるので8日の夕刻からになります。

日本にも儀式としての収穫祭があり、これを神嘗祭(かんなめさい)と言います。
イスラエルで仮庵祭が終った(8日目に)のを確認するかのように、今度は神嘗祭が始まります。
仮庵祭は最後は神への犠牲、で、神嘗祭の『神嘗』を見てみますと、「神嘗」は「神の饗(あえ)」が変化したと言われるとされ、「饗え」は食べ物でもてなす意味であるとのこと。
また、饗は新殻を意味する贄(にえ)が転じたとする説もあるとされます。

神嘗は神の饗えで、饗は『贄』が転じた意味かもしれない、らしいのですが、贄は『にえ』の他に『し』とも読みます。
そして、贄は『犠牲』という意味もあります。

聖書による仮庵祭はティシュリの月で収穫祭と神への犠牲の象徴があります。

天皇の儀式である神嘗祭は収穫祭であり、神嘗には神への犠牲という象徴があります。

[https://philosophy.blogmura.com/ranking_pv.html" target="_blank にほんブログ村 哲学・思想ブログ]

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事