ここから本文です
strange world
記事の多くは荒唐無稽に論じています。

書庫不思議とか奇妙とかの謎

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

過去記事で、ニュージーランドに奇妙な浮遊物体が飛行機の窓から撮影されたことを紹介しましたが、あれは結局何だったのでしょうか?

イメージ 5

http://blogs.yahoo.co.jp/somin753_0210/20064253.html

明らかにUFOとは違う物体が空中に浮遊、または飛んでいる姿が撮影されたり目撃されたりしていますが、それらは人工物でなく未知の生物にも思えることがあります。


5月15日、イギリスで奇妙な浮遊物体が
撮影されました。

イメージ 6

http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/bizarre-ufo-spotted-hovering-above-7981834

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


記事によりますと、この浮遊物体は3〜4分くらいゆっくりと回転し、薄く掛かった雲に消えるように見えなくなったそうです。
https://youtu.be/0d1-wz4Q4B8
ドローンでしょうか?
個人的には、手足のある生物に見えてしまいます。


開くトラックバック(0)

昨夜22時頃に最大震度6弱の地震が長野県北部で発生しました。

発生時刻:11月22日 22時8分
震源地:長野県北部 M6.7
最大震度:6弱

イメージ 8



余震としては、22日に7回、本日11時現在までで29回発生しています。
気象庁は、今後1週間以内に震度5の余震があるかもしれないとして注意を呼び掛けています。
気になるのは、フォッサマグナのエリア内で大きな揺れが観測された地域が多いことですが。

イメージ 9




さて本題ですが、以前、ロシアのヤマルの地域で謎の穴が出現したというニュースがありましたが、そのヤマルホールでは本格的な調査が始まったようです。

シベリアンタイムスによりますと

Exclusive new pictures INSIDE Siberian crater
By Anna Liesowska 12 November 2014
http://siberiantimes.com/science/casestudy/news/n0018-exclusive-new-pictures-inside-mystery-siberian-crater/
《全文はこちら》

イメージ 1



記事によりますと、北部シベリアのヤマル半島に形成されたクレーターがどのように形成されたのか、その仕組みについて新たな発見が期待されているとのこと。

専門家は、ガスハイドレートによる地下爆発を引き起こしたという理論に取り組んでいるようで、この理論ありきの調査という感じです。
つまり、隕石落下説や人工に開けられたものなどの説は却下です。
実際は調査段階にあり、原因は特定されていませんが、科学者は理論に基づく発見を穴で見付けたようでもあります。

穴の表面は凍結、そして、少なくとも10.5メートルの底にある湖まで科学者が降り調査して判明したのは、穴の底には9.6%のメタン濃度が存在した、とのことです。


※上手く再生できないときはコチラから



イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



このヤマルホールはメタンガスによる爆発で形成された、というのはいいとして、では、ヤマル半島以外で多発しているシンクホールは何故出現するのでしょうか?
それと、ロシアでは陸でも空でも不可思議(超自然的?)な現象が多発しているかのようにも思えます。
また気になるのが、北磁極はスピードを上げて移動しているという情報です。
米・スミソニアン学術協会によりますと

2005年時点でカナダのエルズミーア島の西方の地点だった北磁極は北西へ動いており、50年後にはシベリアになる


ヤマルホールに関しては、新しい情報を待ちたいと思います。

では、また。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

開くトラックバック(0)

先日、佐渡島で謎のドンという音と揺れがあった、ということを記事にしましたが、同じ頃、佐渡島でダイオウイカが捕獲されていたようです。

で、今回はそれとは全く関係ない記事で、私の勤務する建物と霊について少し記したいと思います。

勤務する建物は、新館と旧館の二棟ありまして、旧館の方は6年前に購入した中古物件、で、少しだけリフォームをした建物です。

それでなんですが、この旧館では度々奇妙な現象が起きているようです。
私が体験したのは、誰もいないはずの場所から足音が聞こえたり、トイレのドアを開けようとしたら押し戻されたり、というものですが、他の職員から聞いた話では、トイレ前の洗面所に知らない男の人が立っていたとか、誰も居ない奥の部屋から、女性の泣き声が聞こえたとか、階段に女性が座っていたとか、何処と無く薄気味悪い感じはあったりします。

また、私が朝出勤すると謎の集合写真が玄関ドアに貼り付けてあったりと、これが二度ありました。

イメージ 3


▲その二枚の写真

ちなみに、二枚の写真には同じ人物が写っていません。

6年の間にいろんな現象が報告されています。
その6年前に購入した旧館ですが、この旧館の正面玄関内側には、前のオーナーが取り付けたと思われる物が残されていました。

イメージ 1


イメージ 2


▲伊佐須美神社の八方除

イメージ 4


▲旧館玄関内側()の二ヵ所

私はこの八方除のことを他の職員に話してみましたが、この八方除の存在を知るのは私だけで、後の職員は誰も知らなかったようです。
私自身、そんなには気にしていませんでしたが、案外気付かないものなんですね。

で、本日久しぶりに八方除の御守りを磨き、定位置に戻しました。

この八方除は旧館で起きる霊現象(?)と関係あるのでしょうか・・・

では。








開くトラックバック(0)

3日夜、西日本各地の上空で光る物体の目撃情報が相次ぎましたが、 正体は「火球」ということで落ち着いたようです。

しかし、上空ではたまに正体不明の物体が目撃されていることもあります。
それは流れ星かもしれませんし、某国の秘密兵器かもしれませんし、またはUFO、自然界のプラズマかもしれません。
まあ、何にしてもですね、不可思議な現象は私たちの頭上、すぐ上で起きています。

2014年9月18日、奇妙な現象がシカゴ上空に現れたようです。

イメージ 2


イメージ 3



カメラマンは、シカゴでいくつかの写真を撮影していたら、上空の異常に気づいたとされます。

イメージ 1



拡大した画像、またはYouTubeでも確認できますが、隕石が大気圏に突入した際にはこのような現象が見られたりしますが、シカゴで撮影された写真はそれとは違うようにも思えます。
また、他の情報があるか検索してみましたがヒットしませんでした。
なので情報としてはこれだけで、正体は不明のままです。

まるで天使みたいですね。


※上手く再生できないときはコチラから



にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村

開くトラックバック(0)

ちょっと気になるので記します。
以前、当ブログの記事で
☆『予知夢』か?1週間後に御嶽山が噴火 !正夢を見た女性 2014/10/18(土) 午前 8:03
http://m.blogs.yahoo.co.jp/somin753_0210/19477555.html
ということで、『りんごあめ』さんという女性の予知夢を紹介しました。

"「りんごあめ」さんはですね、

「昨日、観た夢。【御嶽山噴火】って大きく書かれた紙だけが夢の中に出てきました」

と先月の21日『予知夢掲示板』に投稿し、その1週間後の噴火をズバリ的中させているんです。
これは正夢、予知夢だったのかもしれません。"


また、数字が出た夢。[113]
というのがありまして、私も何気に気になっていたわけです。

で、りんごあめさんが数字113についてブログを更新しました。

新りんごあめ☆不思議日記

☆113とスマホ事件と小人の絵
テーマ:感じたまま
http://s.ameblo.jp/yukiusagi-ringo/entry-11946134487.html?frm=theme
引用 :
現在帰宅途中ですが、今、ふっと感じたので書きこんでいます。帰宅途中113がふっと気になり、日にちも近いからかな?っと思ったんですが、突然 、頭の中で《道》って浮かんだんですが・・・。そういえば予知夢掲示板で、113の解釈で郵便番号、国道って教えくれた方を思いだし、国道、県道113とか、道に関連してるものかな?っと・・・ 家に帰ったら調べときます。後、本当お返事や気になった事たくさん、あり過ぎて・・・ いろいろ調べてくださり有り難うございます。では、又、後程・・・
: 引用終了

突然 、頭の中で《道》って浮かんだんですが・・・。そういえば予知夢掲示板で、113の解釈で郵便番号、国道って教えくれた方を思いだし、国道、県道113とか、道に関連してるものかな?

とありますが、もし113が道と関係するなら・・・私は新潟県出身で、新潟市から山形県を経由して福島県まで、国道113号があります。
その途中にあるのが蔵王山。
正確には少し離れていますが。

ちょっと気になったので記しました。

では。

開くトラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事