全体表示

[ リスト ]

 福岡県にある九州国立博物館での国宝阿修羅展が29日まで開催ということで、家内と出かけましたが、JR経由で乗り換え駅の西鉄二日市に着くと、看板に「現在、入場3時間待ち」との表示…(';')行って見なければわからないと太宰府駅に着き、博物館に近づくと、多くの人の話し声が聞こえてきました。階段を上りつめ、入り口に着くと係員が「ただ今、4時間待ちとなっております」との掛け声…(';')

イメージ 1

 そんなにはかからないだろう、並んでみようと最後尾まで歩きましたが、半端じゃない長蛇の列…。ふたつあるエスカレーターを降り、やっと最後尾の看板が見えたと思ったら、そこは有名な太宰府天満宮の敷地内でした。駅から博物館へのルートはふたつあり、天満宮からもトンネル通路を抜けて入れるようになっています。

 しかも今日は真夏並みの強い日差しが、並んでいる行列にも容赦なく照りつけてきます。私が東京に住んでいた頃だって、こんな長蛇の列に並んだことはありません。家内は進学で奈良にいましたし、何度も阿修羅を見ていますから、「あなただけ、別の日に来たら ? 」と私に言ったのであきらめることにし、太宰府観光に切り替えました。

太宰府天満宮。左端の紺の帽子をかぶっているのが、家内です

イメージ 2

 阿修羅展があっているせいで、天満宮も大勢の人がお参りに来ていました。ご存知のように、太宰府天満宮は学問の神様、菅原道真公を祀っている神社として全国に知られています。

 本殿に行くと、ちょうど神前結婚式が終わったところでした。仏式もそうですが、神前結婚式も、なかなか見ることができませんから写真に収めました。
イメージ 3

巫女さんの衣装に梅の紋(梅紋)がついているのは、ある伝説からです

イメージ 4


 菅原道真公が藤原時平らの陰謀によって、遠い太宰府の地に左遷されることが決まり、いよいよ京を去ろうとするとき、名残惜しい思いに梅の花を見て「東風(こち)吹かばにおいおこせよ梅の花あるじなしとて春なわすれそ」という有名な歌を詠んだところ、その後、梅の木が主人の後を追って飛び、太宰府の地に生えたとされる「飛び梅伝説」があり、、今もここに飛んできたとされる飛梅があります。残念ながら猛暑の上、人が多くてあちこちと移動できず、写真は撮りませんでした(+_+)

日本的な美人の巫女さん♪(^o^)しばし暑さを忘れました(#^.^#)v

イメージ 5

ここは参拝者が多いため、たくさんの巫女さんがいます

イメージ 6

境内には樹齢1,000年以上の大楠がありました

イメージ 7


次に天満宮から西に1kmあまり行くと、観世音寺(かんぜおんじ)があります

イメージ 8

 天平時代の746年に完成した古いお寺で、弘法大師空海が遣唐使で中国に渡り、その後、帰国した折、朝廷から上洛せず、留まるようにとの命を受けて滞在したのが、この観世音寺です。一時は南大門、五重塔、金堂、講堂など七堂伽藍を誇る西日本随一の名刹でしたが、度重なる火災のために多くの建物が焼失し、現在は再建された講堂(本堂)と金堂、そして国宝の梵鐘などがあり、往時をしのばせてくれます。

イメージ 9

 講堂のそばには、焼失をまぬがれた仏像を展示するために建てられた宝蔵がありました。5mを超える高さの巨大な仏像(重要文化財)も見ることができ、圧倒されました。宝蔵に入る頃は、私たちふたりとも炎天下を歩き続けたために、暑気に当てられフラフラ(゜゜)〜。建物の写真を撮る余裕すらありませんでした。悪しからず、ご了承ください。

境内には萩の花が咲いていて、暑気当たりの私たちに涼しさをくれました♪〜

イメージ 10

 今回、本命の阿修羅は見れませんでしたが、国立博物館に入るため長蛇の列に並ぶのも、周辺の観光地を炎天下で歩き回るのも超ハードという「修羅場」は見てきた1日でした(+_+)

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

まさに修羅場だったのですねw
でも、いろいろ見せていただいて
私としては楽しませていただきました^^
阿修羅はすごい人気ですものね^〜東京でも長蛇の列だったとか。
ずっと昔に観たことあったな〜と思い出してましたけど、
やっぱり不思議な魅力のある像ですものね^^
萩の花、素敵☆なんとも風情があります^^
そして、写真サイズがなぜかとっても大きい巫女さんも素敵w

ぽち!

2009/9/18(金) 午前 8:37 leoma 返信する

アバター

leomaさん、こんばんは
本当に修羅場でした(+_+)
夏休みは多いと思い9月にしたのに、反対に暇がたっぷりあるお年寄りが押しかけての大混雑(';')
全国の博物館で展示してくれたら、こんなに待たなくてもいいのにですね。
私は京都は何度も行きましたけど、なぜか奈良だけは行かなかったので、ぜひ見たいと出かけたのですがね…。期間中に見れたらいいなと思っています。
阿修羅は学校で習った頃から大ファンでした♪魅力の尽きない仏像ですよね。
萩の花は風情があって、お寺によくマッチします(^.^)
巫女さんの写真は、最初の結婚式の写真をトリミングして拡大していったものです<
訪問していただいた男性の方には♪サービスカットになるかなと思いましたからね(#^.^#)

ポチいつもありがとうございます!(^^)!

2009/9/18(金) 午後 8:55 songokwu 返信する

顔アイコン

東京上野の阿修羅展もみなさん並んでいました。

私は、3年ほど前、奈良で 開門時
ほとんど誰もいないときに
観ることができました。ラッキーでした(^o^)/
一途な思い詰めたようなあの顔は、魅力的ですね!

けれども・・太宰府天満宮・・きれいな萩の花・・・も
・素晴らしいです!
ぽち。

2009/9/19(土) 午前 7:30 otori (オトリ) 返信する

アバター

otoriさん、こんばんは
そちらのサイトでも、阿修羅展の記事を書いておられましたね♪
東京上野の次に、福岡の国立博物館での開催になったそうです。
otoriさんは、3年ほど前、ほとんど誰もいないときに阿修羅を見れたんですね !? うらやましいです(^.^)
あの思い詰めたような真剣な顔…、それでいて気高さと神々しさを感じさせる不思議な魅力がありますよね。

太宰府天満宮と萩の花〜楽しんでいただけたなら♪うれしいです(^.^)
ポチありがとうございます!(^^)!

2009/9/19(土) 午後 8:17 songokwu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事