Vintage Audio 〜70-80's Sound〜

☆古き良き時代のより良き音を日々追求しています☆

Vintage Audio

[ リスト | 詳細 ]

70-80's Olde Rock & Blues

☆基本的に当時のシステムです。ビンテージは味があります☆
記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

日本橋まで爆走

日本橋までチャリンコぶっ飛ばして行ってきました。暇だったので笑
それにしても、祝日は人が多いですね。

特に用もありませんが、電子パーツ屋を二三物色し、
フェライトコアを見つけたので購入。
イメージ 2
TDK フェライトコア \210×2

安いね〜〜〜☆

そして、Joshin DISKPIERに行き、
CDを購入。
イメージ 1
Eric Clapton  "BLUES"  \2,500

ちなみにこのCD、SHM-CDです。。。

家に帰り、まったりと "BLUES" を聴きながら、
フェライトコアを取り付けた。

ん〜〜〜まったり。

取り付けたのは
自作PCの電源ケーブルとディスプレイの電源ケーブル。
PC・ディスプレイからのノイズがアナログ系統(特にFM)に乗ってくるからだ。

試しにFMを聴きながら、PCの電源を入れてみたが、
確かにノイズは減った。
でも、あくまで "減少" で、消えてはいない・・・><
ま、そもそもPC起動しながらFM聴くのが間違いかな笑

TRIO LS-300

このSP、とっても暖かい音するんです☆
柔らかく、そしてボーカルの熱い歌声が聞こえてきます。
当時TRIOブランドの2派の一つ、ヨーロピアンスピーカーです。
下にLS-200、上にLS-400、最上級にLS-700があります。
ちなみにもう1派はLS-100やLS-800などです。最上級機は名機LS-1000です☆

エンクロージャー、コーン紙、ボイスコイル、配線、いたるところ厳選されたパーツが使われ、

濃厚なサウンドが楽しめます。
久しぶりにサランネットを外し、じっくり聴いてみました。
イメージ 1
イメージ 2
思わず聴き入ってしまいます。暖かく、音楽の世界へ溶け込めます☆笑
とはいえもう37歳・・・、状態は経年変化を含めまずまず・・・
来年あたり、引っ越しついでにオーバーホールに出そうと思っています。

あと2年追加でここに住むことになりました^^

そんなSPなんですが、

年末にSPの清掃・メンテをしていたときに、シンナー(トルエン)をこぼしてしまい、
取り外していたLS-300のツィーターに付着・・・汗
そして色が剥げてしまった。。。
ボイスコイルやツィーター自身は無傷のため、再生に支障ないのだが、
塗るか取り替えるかしないと・・・
と思いつつほったらかしになっている・・・汗

ツィーターバッフルだけなので、オークションで手に入れて交換するか、自分で塗るかですなぁ・・・

ピュアオーディオは非常に奥が深いと思います。
まぁこれに限ったことでもないのですが。

オーディオ趣味にしていてよく思うことを書いてみようと思います☆


よくある、高額すぎる配線、アンプやプレーヤーのラック、制振チップなど、

色々なアクセサリがありますが、
僕はどれも物理的な意味での効果はまったくないと思います。

それは実際交換しても、人間の聴覚で聞き取れる差など存在しないと思うのです。


だけど、オーディオってインテリアでもありますよね??


見た目がボロボロの高級アンプと新品の低級アンプと、どちらが良い音がすると直感しますか?

もちろん新品の低級アンプだと思います。

人間は、目、耳、鼻をはじめとする体各部の”センサー”で情報を得て、

最終的には脳で判断したり認識したりします。

高級配線のブラインドテストで”面白い結果”になるのは、当然のことです。

それで当たり前なのです☆

つまり、自分にとって良い音とは、

何も耳だけで聴く必要はないのです☆

目で見て、触れて、聴いて、それで自分が良い音だと思えば、良いのだと思います。


そういう意味でそういった「オカルト」的なアクセサリは意味をなすと思います。

少なくとも僕は、そういった意味合いをかねてアクセサリを導入しています。

なんか、言葉で言い表すのは非常に難しいですが、

皆さんどう思われるでしょうか・・・

FMチューナー調整

ふと、
こんなにKiss FM神戸の受信感度悪かったっけ・・・
確か2年くらい前、別のチューナーの時はもっと受信感度よかったような・・・
と思い、素人ながらチューナーのフロントエンドの調整を行った。
イメージ 1

まず適当な受信感度の良い局にセットし、
テストピン5と6の直流電圧を計り、L9の可変抵抗を調整して0V(50mV以下)に合わす。
それから、受信感度の悪い局に変えて、画像右に見える緑の可変抵抗を調整し、
感度が一番よくなる位置にする。
Kiss FM KOBE、今までどんなに良くても3本だった電波が4本になった!!
イメージ 2

歪率調整やステレオ切り分けの調整もあるが、あまりいじると面倒なのでこの辺で終了。
イメージ 3

天板を開けたついでにフロントパネルも外し、接点清掃。
たまに局切り替えスイッチの効きが悪いときがあるので・・・
そんなときは、
イメージ 4

これに限る。KURE CRC クイックドライクリーナー
こいつは狭い間に入りこんで汚れやカーボンを落とす。
速乾性なので、便利。。。
接点復活剤もあるが、もっと分解する必要があるので却下した。
イメージ 5

軽くテストしてみると、雑音(ノイズ)がだいぶ減った。
スイッチ類も良好!!
いやぁ〜まだまだ使えるなぁ〜
だけど上級機もほしい〜〜〜〜汗
僕の住む東大阪にレコードショップを発見しました。
チャリで10分の距離!!
30分かかる日本橋の1/3の距離です☆
何より安いです・・・
日本橋よりずっと安いです☆
そして一枚一枚、盤質だけでなく、コメントのようにそのレコードの説明が書いてあります。
これは非常にありがたいです。。。
なんかいいのあるかなぁ〜って探してても、
この説明があるのとないのとなら、興味心が違います・・・笑
ちなみにこの店、ZAPPAという店です
近くの方はぜひ行ってみてください・・・(既に皆知ってるか汗)
ネットでも購入できます☆

で、買っちゃいました↑↑

EARTH WIND & FIRE・・・・・苦笑

76年のSPIRITと77年の名作”ALL'N'ALL

イメージ 1

どっちのアルバムもやばい〜〜
名曲がちりばめられてます☆
ゆっくりレコードに針を下ろす瞬間がたまんないッス☆
だけどSPIRITの方が僕としては好みですね☆
ALL'N'ALLはワイルド感が薄らいでいるというか、
全体的なベクトルは明確になっていますが、
EARTH WIND & FIREらしくないというか・・・
なんか腹ん中がムズムズします。。。苦笑

イメージ 2
このアートワークはこのサイズだからちょうどいいですね☆
CDには真似できない・・・
レコードにはポスターの役目もあるんです笑
にしてもEARTH WIND & FIREのアルバムデザインは最高です!!
中の曲がいい曲でなくとも、欲しくなります・・・
(もちろんいい曲ばかりなんですが。)
これもEARTH WIND & FIREの策略(営業戦略?)でしょうか・・・笑

僕は生まれてないんで知りませんが、

昔はもっと時間がゆっくり流れてたんでしょうね・・・
レコードに針を下ろし、みんなこうやって音楽を聴いてた時代があったんです・・・
今みたいにせかせかとしてなかったんでしょう・・・
今はなんでもかんでもデジタルで、そこら中ネットが張り巡らされ、
一瞬にして地球の裏側の情報まで手に入る時代になりました・・・
気長に手紙待ってるような人はいないんでしょうね〜〜
でも、
気長に手紙待つ方が暖かいと思いませんか??
僕は暖かいと思います・・・
まぁ、使い分け・・・が大事でしょうね・・・
あんまりアナログにかぶれると、今度は世の中について行けなくなる気がします汗
いいとこ取りしないと・・・笑

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事