PONYの映画缶詰

ご無沙汰です。豪華客船で世界一周を夢見てお金ためてます。2014.11.24

全体表示

[ リスト ]

『ひまわり』(1970)

イメージ 1

監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
イメージ 2

出演:リュドミラ・サベリーエワ
イメージ 3

ソフィア・ローレン
イメージ 7

マルチェロ・マストロヤンニ
イメージ 8

「あんなに真近に人の死を見ると人は変わる。僕は死んで別人に・・・彼女の中に小さな平和を見つけ・・・戦争は残酷だ、何もかもがこんな風に・・・酷すぎる」
イメージ 4

イメージ 5

ナポリの女性ジョヴァンナは、ソ連の戦線に送られて以来、戦後も行方不明になった夫を探すことを決心する。だが、探し当てた夫は、シベリアの娘と幸せな結婚をしていた……。戦争によって引き裂かれた夫婦の悲劇を描いたメロドラマ。H・マンシーニのメロディが涙を誘う。
イメージ 5


名作中の名作、名曲中の名曲 お馴染みのカルテット(ソフィア・ローレン&マルチェロ・マストロヤンニ&ヴィットリオ・デ・シーカ&カルロ・ポンティ)です。

喜怒哀楽がはっきりしてるナポリ娘はこんな悲恋ものでも前半は結構笑わせてくれる
典型的なカカア天下とダメ男 このコンビはほんと仲がいい

兵隊に行くまでのわずかな時間を惜しんで愛し合う二人浜辺でイチャつく
しかしイヤリングを飲み込んでしまうマストロヤンニ(なにしとんねん)

手料理を作るマストロヤンニがいる オムレツなんですが使用する卵24個(おいおい王将かよ)
食べきれず残したオムレツを窓から捨てようとするソフィア・ローレン
他にもホウキ&チリトリなんかも窓から捨ててました(どんな育ちやねん)

楽しい日々はあっと言う間でした。せこく狂ったフリして兵役逃れを試みるもバレて
ついにソ連戦線へと旅立つマストロヤンニ


この映画では、ミラノとモスクワふたつの『駅』が重要な舞台
そしてウクライナに咲く『ひまわり』が名曲にのせてなんと物悲しいことでしょう

後半の筋は割愛しますが

結局だれひとり【悪人】はいないのに何故?なぜこんな運命になるのでしょう
そうですすべては【戦争】何もかも引き裂き変えてしまってのですね・・

ラスト近くソフィア・ローレンの赤ちゃんが出てきますが、あれは実の息子なんです(カルロ・ポンティJr)

ミラノ駅で列車でソ連へ去るアントニオを万感の想いで見送るジョヴァンニ
もう再び会うことはないであろう......





イメージ 6





9点

I Girasoli (Sunflower−ひまわり)

閉じる コメント(34)

顔アイコン

このカップルはイタリア映画史上最高の二人でしょう。デ・シーカはこういう叙情的なメロドラマを作らせたら上手いですね。反戦映画としても優れた映画でした。

2010/3/2(火) 午前 7:04 ヒッチさん

名作ですよねえ。。
子どもながら、最初に見たとき号泣でしたもん。
ウクライナのヒマワリ畑、というのを教えて貰い、ずっとヒマワリを見るたび、この映画を思い出しております。

2010/3/2(火) 午前 8:06 恋

アバター

これは大好きな作品です!
そうそう、悪い人なんて一人も出てこないのに
なんでこんなに悲しく辛いんだろうって思いました。
音楽も素晴らしいですよね☆

2010/3/2(火) 午前 8:10 garcia

名作なのにいまだ見ていません。こんな悲しい映画だったんですね。音楽がさらに切ない。

2010/3/2(火) 午後 1:12 [ - ]

ヒッチさん★このコンビの映画は見だすと全部見たくなります。主題歌がマッチしまくりで何度もかかるので最高でした♪

2010/3/2(火) 午後 6:37 pony

恋さん★70年アメリカでは殺伐としたニューシネマが台頭してる年にこのイタリア映画はダイレクトに男女の恋を描いていました
今こそ見る映画かもでした

2010/3/2(火) 午後 6:41 pony

ガルさん★雪の戦地で死にかけた自分を救ってくれた
恩が愛情に変わってもおかしくはないですし
哀しいけれどあれでお互いその後の人生を歩んでいけるのかなー
なんて思いました。

2010/3/2(火) 午後 6:45 pony

たこさん★これはいい映画ですから
是非機会あればご覧ください。

2010/3/2(火) 午後 7:13 pony

この曲の物悲しさったらないですね〜。また泣けてきてしまいます。
ほんと、仲の良かった夫婦だったのに、なぜこんなことに。
切なさが胸に染みる名作でした。TBさせてくださいね。

2010/5/5(水) 午前 2:15 pu-ko

pu-koさん★音楽聞いただけで泣けて来ます
これはもう物語&音楽が最強のコラボです。こんなにせつない
ひまわり見たことないです TBあざすー

2010/5/5(水) 午後 2:30 pony

顔アイコン

前半の二人を見ていると、結構、割り切った関係と言いますか、
これほど真剣な思いな二人とは思えないほど軽く見えますよね。
イタリア人気質なんでしょうけど、日本人からすると真剣さが足りない気がしないわけではありません。
しかしながら、後半は音楽とあいまって、すばらしい効果を出している作品だと思います。
「カルテット」は、すごいですね。
TBさせてください。

2011/1/9(日) 午後 10:32 ■Doobie■

Doobieさん★フランス人と違って元来陽気すぎるくらいなのがイタリア人で出だしは軽っ!この二人と思いますが、後半特にロシアの彼女が美しくてアントニオにミラノに行ってきなさい。このへんから泣けますね〜 TBあざ〜す

2011/1/9(日) 午後 10:56 pony

顔アイコン

ひまわりがあまりに美しすぎます。ずるいですね、ヘンリー・マンシーニのメロディも。赤ちゃんはJrだったんですね。TBさせてくださいね。

2011/1/19(水) 午後 8:05 シーラカンス

シーラカンスさん★せつない系映画の代表ですね
ひまわり娘っていましたが、このひまわりの黄色はほんと
悲しいです。TBあざ〜す

2011/1/20(木) 午後 1:21 pony

顔アイコン

あー、あのお坊ちゃん実の息子さんなんですか、知りませんでした。
イタリア女性の芯の強さがよく描かれていたと思います。
それにしても切ない作品ですよね、音楽聴くだけで泣けます。
TBありがとうございました^^

2011/1/21(金) 午前 9:49 M

Mさん★イタリア、汽車、ロシア、駅、戦争
これを繋ぐひまわりとすべてが素晴らしい演出効果で
永遠の名作ですね〜いつの時代に見ても泣けます

2011/1/21(金) 午後 3:13 pony

おぉ、さすがの9点でしたね〜!
これ、何度観ても切ない作品で、大人になればなるほどその意味がわかってくるというか。
この曲が「ある愛の詩」にオスカーで負けたとは。。うーむ。。
トラバさせて下さいませ。

2011/2/8(火) 午後 10:08 恋

恋さん★アカデミーがアメリカの賞なのでしかたないかもしれません。今「ある愛の詩」と「ひまわり」見比べれば内容、音楽すべてにおいて「ひまわり」なんですどね〜
TBあざ〜す

2011/2/10(木) 午後 4:17 pony

顔アイコン

大人の悲恋ものの名作です。
夫を元妻のもとへ旅立たせるマーシャもえらい! ジョバンナの華やかさと対比されるような清楚さでした。
TBさせてください。

2011/11/16(水) 午後 11:30 [ あきりん ]

あきりん★夫を元妻のもとへ旅立たせるマーシャ
普通はできませんよね〜しかも遥か彼方の土地にね
そのまま帰ってこない可能性もあるのに・・これはほんと誰もがせりない映画でした。TBあざ〜す

2011/11/17(木) 午後 5:53 pony

開く トラックバック(9)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事