PONYの映画缶詰

ご無沙汰です。豪華客船で世界一周を夢見てお金ためてます。2014.11.24

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1




LITTLE WOMEN(1949)/ドラマ:製作国/アメリカ

金髪のリズはいかが?輝く17歳



監督:マーヴィン・ルロイ/ 『哀愁 (1940)』 『ミスタア・ロバーツ (1955)』               
イメージ 2

出演:ジューン・アリソン(次女ジョー)ジャネット・リー(長女メグ)エリザベス・テイラー(三女エイミー )マーガレット・オブライエン(四女ベス)ピーター・ローフォード(ローリー)
イメージ 3
 
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

様々な試練に立ち向かいながら力強く生きていく4人姉妹の成長を描いた、ルイザ・メイ・オルコットの名作小説の映画化。
イメージ 6


幾度も映画化されてる名作『若草物語』、今回はエリザベス・テイラー追悼と言うことで
1949年版を見ました。49年なのでモノクロだろうと思っていたら美しいカラー映像でした。
33年版キャサリン・ヘプバーンとの違いは、三女ベスが今回は四女の設定になっています。

長女メグに『サイコ』でウギァ〜〜!と殺されるジャネット・リー
主役の次女ジョーに『グレン・ミラー物語』でジェームズ・スチュワートの優しい妻を後に演じるジューン・アリソンが全く違う性格の女性役です。
そして三女エイミーが、エリザベス・テイラー、天才子役マーガレット・オブライエン(四女ベス)

このメンバーだけでも見る価値ありですが、何故本タイトルが6度も映画化されるほどに愛されるのか
ひとつには、登場人物に一人も悪人がいない愛に満ち溢れた映画、4姉妹の慈善の心を支える母親の
さらなる愛情、こうしたベタな少女漫画みたいになりそうなところに、幼い末っ子ベスの死や恋愛、挫折、仕事への向上心などを性格の違う4姉妹を使い見事に描いてる点ではないでしょうか

また、マーチ家だけで6人、恋人になる男たち3人、隣人2人と主要人物だけでも11人
バラついた映画になるとろを主役の次女ジョーの軸がしっかりしているのでまとまった映画になっています。

さて、ここでのエリザベス・テイラー主役でこそないものの、すでにドル箱スターに駆け上がる頃で
本作の役どころも一番奔放でお気楽な位置、大人びた顔つきの少女と言った感じビジュアルで魅せます
父は画商、母は女優でハリウッドの人脈にも強力なコネがあった裕福な家庭の娘リズ、彼女の魅力は
そんなトントン拍子でスターになったお気楽な素の演技が、他の下積みで苦労を重ね演技してます!と言う女優と一線を画す魅力です。

泣けるシーン1:富豪の隣人じじいに四女ベスが手作りのプレゼント、お返しにピアノを贈られ
お礼に一人でじじいに会いに行きキスする場面(内気なベスだけにここは泣ける)

泣けるシーン2:戦地からマーチ家の父親が帰ってくる場面(ドアが開いた瞬間!あっ!おとんや!となる)

家族愛、恋愛、慈善、挫折、友情、すべてが描かれおり
現実離れしてない点でも大いに見るものの共感を呼ぶ名作映画であります。

❤TOPページで最近観た12本紹介しています❤ 
TOPページを見る




イメージ 7

イメージ 6



☆86点☆

この記事に

閉じる コメント(22)

mEさん★ハウス名作劇場でやってたのはこれの続編だよねー
僕はこの4姉妹だと好きなタイプは長女メグかな〜無難な線で・・
おかんでもいいけど(笑)

2011/5/17(火) 午後 6:34 pony 返信する

湛さん★マーガレット・オブライエン可愛かったですね〜
この人は来日して美空ひばりと共演しましたね
子役で終わった人です。その点リズは子役でもスター、大人でもスターな数少ない成功者です。

2011/5/17(火) 午後 6:40 pony 返信する

顔アイコン

「少女時代」に原作を読みました。
大好きな作品です。家族の成長物語、
姉妹たちを身近に感じながら原作を読み、映画も見ました。

先週図書館ホールで本作の上映会がありましたので
行こうと思っていたのですが、すっかり忘れていました。
レンタルしてみようと思っています。
リズはこの映画では金髪だったのですね!忘れていました〜

2011/5/17(火) 午後 7:44 alf's mom 返信する

alfmomさん★は永遠の少女です。
この映画軽過ぎない地に着いた内容で素晴らしいですねー
リズは金髪に染めての出演でした。今見ても色褪せない名作

2011/5/17(火) 午後 8:13 pony 返信する

アバター

これ、子どもの頃(←まず強調)リバイバルで(←更に強調(笑))母に連れられて劇場で観ました。母は若い頃リアルで観ていたのかなと思いますが、とにかくジューン・アリスンのジョーはピッタリでしたね〜それにリズの美しい事!鼻を洗濯ばさみでつまむシーンの可愛いことったら(笑)。
原作と違いエイミーが三女になっていますが、とにかく「続若草物語」まで描いてあって見応えもバッチリでした。
末っ子ベスのマーガレット・オブライエンも可愛かったですね〜
その後TVで何度か観ていますが、また観たいわ〜

2011/5/17(火) 午後 10:10 choro 返信する

choroさん★1949映画ですからね、そこんとこ強調大事です(笑)エイミーが洗濯バサミは、始めいびき防止?と思ったら
鼻高くしてたんですね(笑) 誰が見ても愛すべき名作♪

2011/5/17(火) 午後 10:50 pony 返信する

顔アイコン

往年のハリウッド女優が・・・個人的にはジャネット・リーが好きです☆
リズも亡くなって、児玉清さんも亡くなりました(関係ないけど)
きっとマイケルと天国で再会してるんでしょうね^^

2011/5/18(水) 午前 9:54 [ Luna ] 返信する

顔アイコン

エリザベス・テイラーの作品は、なぜか一つも観ていない私です
なので、皆さんの記事を読んで検討中です、どの作品を最初に観るべきなのか〜(笑)

2011/5/18(水) 午前 10:56 [ - ] 返信する

タイトルだけは知ってます♪
そんなに何度も映画化されてるんですね^^
面白そう!!
観たいなぁ(*^▽^*)
けどいつになるやら…。

2011/5/18(水) 午後 0:43 れじみ 返信する

るなさん★ジャネット・リーおしとやかないい感じの役でしたね〜♪たぶんリズはマイケルと天国でイチャついてるかもです
児玉清さんは天国でもきっとパネルクイズ始めますよね♪アタック!25

2011/5/18(水) 午後 10:10 pony 返信する

マカロンさん★ずばり!リズ見るなら代表作は『陽のあたる場所』
これがお勧めです。モンティも見れるしね♪

2011/5/18(水) 午後 10:13 pony 返信する

れじみさん★これならきっとすんなり見れると思います。
新しい方がいいのでしたら、ウィノナ・ライダーの1994年版あたり
お勧めです

2011/5/18(水) 午後 10:18 pony 返信する

顔アイコン

若草物語〜すきだ〜
この年の作品は母が好きでなんどもみてますよ〜

TBおねがいします

2011/5/23(月) 午後 8:55 る〜 返信する

る〜さん★色褪せないのがいいよね〜今見ても♪
これは間違いない名作です。TBあざ〜す

2011/5/24(火) 午後 0:23 pony 返信する

顔アイコン

「トントン拍子でスターになったお気楽な素の演技が、他の下積みで苦労を重ね演技してます!
と言う女優と一線を画す」、正にその通り。
上手いのか下手なのか時々分からなくなる時もありますが、そこが彼女らしさであり、魅力です。

私が泣けたのは、死期を悟った4女が2女に「お母さんには自分が“知っていること”を言わないで」と頼んだ場面でした…

私の記事に頂いた、とても嬉しい「共感」のコメントとコンパクトにまとめられたこちらの記事、
「傑作!」です〜☆

2012/1/4(水) 午後 11:44 alf's mom 返信する

alfmomさん★上手いのか下手なのか・・・
少なくともうまくはないでしょう(笑)ウリは演技力以外ですもんね♪女優はオーラだけでスターになれる時代でした。
その場面も泣けましたね〜いい映画だと思います。

2012/1/5(木) 午後 2:46 pony 返信する

顔アイコン

ポニーさんの鑑賞量の凄さに感心しました。
でも、私が見ていてもポニーさんが見ていないものもありますね。
映画作品の多さにも驚きます。
リズの新鮮さもいいが、ジューン・アリスンの笑顔は格別いいです。
TBしました。

2012/2/29(水) 午後 10:18 ギャラさん 返信する

ギャラさん★まだまだ見逃してる名作もたくさんありますし
タイトルから触手の動かないものもあります。いい映画あったらまた
教えてくださいね♪ジューン・アリスンいかにもアメリカの女性らしい輝きでいいですよね〜 TBあざ〜す

2012/3/2(金) 午後 3:53 pony 返信する

これもずっと以前に観た映画です。ジューン・アリソンのジョーとローリーではなくて中年のロッサノ・ブラッツィがくっつくラストが気に入らなくて文句を言った記憶がありますが、今ピーター・ローフォードの写真を見ると絶句しました。絶対ミスキャストです、これは!お隣の素敵な幼馴染みと言うより、金持ちのアホボンにしか見えません。リズとのギャップありすぎ。

2012/3/30(金) 午後 8:19 [ Farida ] 返信する

Faridaさん★ピーター・ローフォードそのものが金持ちのアホボンですしね(笑)シナトラのパシリです。演技なのか学芸会なのか微妙なリズが憎めないのです♪

2012/3/31(土) 午前 0:08 pony 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事