PONYの映画缶詰

ご無沙汰です。豪華客船で世界一周を夢見てお金ためてます。2014.11.24

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1



男たちの大和/YAMATO(2005)/ドラマ/戦争:製作国/日本


死ニ方用意



監督:佐藤純彌/ 『人間の証明 (1977)』  『敦煌 (1988)』        
         
イメージ 2

出演:松山ケンイチ/仲代達矢(神尾克己) 鈴木京香(内田真貴子)反町隆史(森脇庄八)中村獅童(内田守)蒼井優(野崎妙子)


長渕 剛 CLOSE YOUR EYES

音楽停止ボタン搭載

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

昭和20年4月、3000余命の乗組員とともに東シナ海に散った戦艦大和の壮絶な運命を描く。およそ6億円をかけて大和の原寸大のセットが組まれ、大きな話題に。
2005年4月、鹿児島県枕崎の漁港。老漁師の神尾のもとを内田真貴子と名乗る女性が訪ね、60年前に沈んだ戦艦大和が眠る場所まで船を出してほしいと懇願する。彼女が大和の乗組員・内田二兵曹の娘と知り驚いた神尾は、小さな漁船を目的の場所へと走らせる。
イメージ 6


海底に沈没した戦艦大和の映像から沈没地点に向かうジャン・レノそっくりな仲代達矢と鈴木京香、そして60年前の出来事に移る。どこかで見たぞこの感じ!ガガ〜ン!この映画見てたわ(汗)
これ完全に流れは『タイタニック』と同じパターンですね。

若手、中堅、大物といろんな俳優が登場しますが、主役は松山ケンイチと言っていいでしょう
彼の60年後を仲代達矢が演じます。2005年映画ですが、松山ケンイチと蒼井優がまだとても初々しい!

これに上官でコックの反町隆史が冷静な兄貴分,反対に勝気な中村獅童が絡みます。だがあくまで主となるのは大和と運命を共にした松山ケンイチら10代の乗り組み員たちとその家族を描く。

これが僕が生まれるわずか10数年前の出来事であることに驚く。それを思うと泣けてくる
自分が子供だった昭和30年代にはすでに戦争の面影げすら感じませんでしたから。

大和の最後からもう65年ですか、日本はずっと平和です。つくづくこの時期に生きてきて良かったと思う
映画は極力偏った思想感や、お国の為に俺たちは無駄死にするのか!と言った後世の戦争を知らない人間が作る反戦論を抑え気味に、ひらすら昭和20年に生きそして死んでいった男たちを描く。

死の意味がちっぽけな時代。良く作られた映画で見ごたえあります

最後の航海で沖縄へ向かう大和の甲板、黒板にチョークで書かれた死に方用意
「死ニ方用意」の文字が辛すぎる。

❤TOPページで最近観た12本紹介しています❤ 
TOPページを見る



イメージ 7

イメージ 6


☆87点☆

この記事に

閉じる コメント(14)

顔アイコン

私の実家は戦艦大和を作って出航した広島県呉市です。
昭和20年7月1日に呉は大空襲に遭い、4歳目前の母は
すぐ上の姉と共に、臨月の婆さまに連れられて逃げました。
あちこちの防空壕に行き、入れて貰おうとしたら満員だから
と断られ、近くの山に登り落ち着いて降りてきたら、防空壕
は焼夷弾の熱で蒸し焼きになり、避難した人達は全滅してた
そうです。
母は焼夷弾が燃えるのを山から見て、恐ろしかったのを覚え
ていました。
この話は、私は子供の頃から母によく聞かされました。
あの時防空壕に入っていたら、私も今ここには居ないので、
人間の「運」についてよく考えます。

2011/10/29(土) 午後 5:13 Gena 返信する

Genaさん★この映画でも呉の空襲シーンがありました
そうだったんですね、実際に体験された場所でしたらなおさら
聞かされる話にも耳を傾けますよね。うちは聞いた話では父はまだ当時満州におり戦後日本に引き揚げてきたらしく(多くを語らない)どうも異国の話のようで子供心にえ?満州って?なんやろ?とずっと疑問でした。

2011/10/29(土) 午後 5:35 pony 返信する

顔アイコン

「死ニ方用意」つらい言葉ですね。
自分の命が自分のものでなかった時代…
私たちが子ども時代を過ごした平和な昭和30年代は、
その戦争からわずか10年しか経っていなかったこと、
最近になってその時期と終戦との時間的な近さを思うようになりました。
「自分が子供だった昭和30年代にはすでに戦争の面影すら感じませんでしたから。」
大人たちの暮らし方や町の雰囲気に、戦争の影など全く感じられませんでしたよね。

ただ、本作ですが、マツケンがちょっと苦手ですので、多分見ないと思います…

2011/10/29(土) 午後 8:11 alf's mom 返信する

alfmomさん★松山ケンイチ苦手なのですか?
本作ではデスノートのような癖もなく純真な素晴らしい少年を演じています。戦後10年での敗戦からの復興は驚異的ですね、僕が幼稚園の
時でもすでに何事もなかったかのような日本でした。

2011/10/29(土) 午後 8:37 pony 返信する

「宇宙戦艦ヤマト」といい、この映画とい、
日本人には戦艦大和に特別な思い入れがあるようです。
でも、中国や朝鮮などのアジアの人々にとっては、
侵略の道具にしか見えない。
という視点も、忘れてほしくないです。

2011/10/30(日) 午前 3:25 猫 返信する

猫さん★ならどうあがいても敵に殺されるならどうします?
戦争中に兵隊として選択の余地なしで大和に乗ってたら?
そう言う映画でした。単に戦艦大和としてなら僕も多いにプラモで遊びました

2011/10/30(日) 午前 6:48 pony 返信する

アバター

この映画の主役は間違いなく松山君ですね。
反町さんや中村獅童さんもとても上手かったですが。
戦争映画はホントは苦手だけど、これはDVDとテレビで3回観ました( ̄ーÅ)ホロリ凸

2011/10/30(日) 午前 11:07 休止 返信する

りかちゃん★見てても見てしまうよね〜
いかんと仕方ないもんね戦争なんだし隠れてるわけにいかんし
ぼろい船よりどうせなら大和に僕も乗って散りたいです。
出来れば主砲係がいいな

2011/10/30(日) 午後 5:43 pony 返信する

結構な豪華俳優陣でしたが、見てみたら松山ケンイチが主役って感じで、びっくりしました!
DVD見た感じじゃ、いかにも反町とかっぽいのに^^;
この映画でも、あの「プライベート・ライアン」を思わせる戦闘シーなんかがありましたね。
やっぱりあの映画は、近年の戦争映画に多大な影響を与えています。

2011/10/30(日) 午後 7:31 WANTED222 返信する

WANTEDさん★反町くんもいい役してましたけどね
戦闘シーン空からの攻撃には逃げ場なく飛び散る若者の様子が痛いです。見ごたえありました蒼井優の弾けそうな笑顔がいいです

2011/10/30(日) 午後 7:57 pony 返信する

この映画。映画館で観て感動したんですが、ラストあたりから「なにか違う綺麗過ぎる。」と思っちゃいました。子供の頃観た『連合艦隊』『二百三高地』らの時と違う意識がありました。大和の船体が綺麗過ぎる。中代さん早く着きすぎる。戦死した若者たちはなんのために死んだんやろ

2011/10/31(月) 午前 7:15 純 返信する

顔アイコン

私は、この映画を劇場で見させて頂き、
涙し、当時が伝える真底の意味やとりまく、儚い幸せ!淡い想いも持って行って
しまった戦争(言い尽くせない)2文字を!
恨みました。また、映画を作ってくれて
観せて頂ける世情に感謝しました。
どっか?違ってませんか?現在の日本!
チェリノブイリ原発事故もそう!人命を奪う訳です。から……… 削除

2011/11/29(火) 午後 2:59 [ ぶんた ] 返信する

純さん★ほんとうは『二百三高地』のような描き方がもちろんずしりと来るんですが、あまりにもう戦争が遠い出来事になった今ではこんな作りになるのでしょうね。
>戦死した若者たちはなんのために死んだんやろ
考える余地のない勢いでしょね・・

2011/11/29(火) 午後 3:08 pony 返信する

ぶんたさん★ほんと短く儚い幸せだけで散っていった多くの
若者たち。僕はやはりこういう映画は必要だと思います。
奇跡的にその後、戦争のない日本になったことが、彼らの死も無駄ではなかったかと思います。

2011/11/29(火) 午後 3:13 pony 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事