ここから本文です

ご近所散策

皆さん こんにちは。

先日購入したブラックバーンのフレームバッグですが、どうにもボトルケージとの
相性が悪く、普段使いではオーバースペックだということが判明したので、
(買う前にちゃんと下調べしとけって話ですが)
今回もう少し小ぶりなフレームバッグを新たに購入しました。

イメージ 1

名古屋のサイクルショップ、サークルズのコンセプトブランドRALの
フレームバッグ、EM LOADERです。
両サイドからバッグにアクセス出来、フレームへの収まりも良く
なによりも普段使いにベストなサイズです。
これならボトルの出し入れも問題ないでしょう。

ただ、物自体は大変気に入ったんですが、どう考えても色の選択を間違えた。

イメージ 2

フレームとバッグの色が壊滅的に合っていませんね〜。
もともとオリーブカラーが欲しかったのですがお店になく、
無難なカモフラージュカラーにしようと思ったのですが
なぜか派手派手なイエローを選んでしまいました。
お店で選んでるときはフレームに合うんじゃないかと思ったんですが
気のせいだったようです。思いっきり悪目立ちしています。
しばらく使ってれば慣れるのかな…。

さて、先週末ですが土曜日は半日仕事、日曜日は船の釣りの予約を入れて
しまったため、あまり自転車に乗る時間が取れませんでした。
そのため、あまり遠出をするのは避け、土曜日の午後に近所をrove stで
ポタリングしてきました。

私が住んでいるところはドが付くほどの田舎ですが、最近はどこもかしこも
舗装されてしまい、未舗装の道はあまり見かけることがなくなってしまいました。

イメージ 3

それでも、ちょっと山の方に向かうとところどころにダートが散見されますね。
今日はこの道を探ってみたいと思います。

イメージ 4

走っていて思い出しましたが、大昔に沢蟹を取りにきたのがここだったような?
残念ながら途中から自転車では通れないほど道幅が狭くなってしまったため
行けるところまで行って戻ってきました。
あちこち出かけるのもいいけれど、近所の穴場を探ってみるのも楽しいかも。
もちろん立ち入り禁止のところへは入らない等ルールを守った上で、ですけどね。

イメージ 5

ちなみに日曜日の釣りですがまったくアタリなくて船で沖に出たのにもかかわらず
カサゴを3匹釣っただけで終わってしまいました…。
天気も良く風もそんなに吹いてなかったので自転車乗ればよかったなあ。

皆さんこんにちは。

今週末、当初はrove stで浜名湖一周、通称ハマイチを行ったら
どのくらい時間がかかるかをテストしようと考えていたのですが、
(カーボンロードと比べて遅いからね…)
「せっかくグラベルロードを買ったのだから未舗装路を走ってみたい」
と考え今回ハマイチはやめときました。

幸い?田舎住まいなので比較的山間部へのアクセスは容易です。
どこを走ろうか悩みましたが、以前MTBで走行可能なトレイルを探していた際、
森町にMTBのコースがあるのを見つけたことを思い出しました。
コースマップはこちら

その時は結局行かなかったのですが、コースとして設定されているのなら
迷うことも少ないだろうし、安全面でもそれほど問題はないでしょう。
どのルートを走るか悩みましたが、Bコースは途中からシングルトラックに
なりそうだったために、グラベルロードでも走行できそうなCコースを選択。
準備をして朝8時に自宅を出発、森町方面へ向かいます。

イメージ 1

45分ほどでアクティ森に到着しました。
ちょっと早いですが寒いので自販機でコーヒーを購入し一回目の休憩をします。
以前来た時にはこのようなサイクルラックはなかったように記憶していますが、
いろいろと便利になっていますね!ありがたやありがたや。

10分ほど休憩した後に走り出します。
県道399号線を道なりに少し走ったところにコース分岐の標識がありました。

イメージ 2

丁寧ででありがたいのですが、あやうく見落とすところでした。
標識に沿って左折、渓流沿いにダブルトラックの道を進みます。
どうやらここは林道曲尾線というらしい。

イメージ 3

林道に入ってからすぐに斜度のきつい道が続くので、ちゃんとコースを
走れているか不安になりますが、案内表示を信じて進みます。
サイクルツーリングのパンフレットには
「ほとんど未舗装の林道を進むと〜」という表記がされていますが、
実際走ってみた印象として登りのうち未舗装は4割くらいですかね。
比較的新しいと思われる舗装もあったので、パンフレットが書かれてから
舗装化が進んだのかもしれません。

イメージ 4

いいねいいね〜冬の渓流大好きです。
釣り人のサガで思わず水面をのぞき込んでしまうのですが、この寒さでは
魚を見つけることはできませんでした。

イメージ 5

未舗装部分は良く踏みしめられていて走りやすく、今回は
ぬかるんでいる箇所もほとんどありませんでした。
ただずっと杉林の中を走るので景観はあまり良くないですね。
それと杉の花粉症の方はこれからの季節きついかも。

無理をするつもりはまったくないので、ちょっとでも斜度がきつくなると
躊躇せず自転車から降りて押して歩きます。
もともと上りは苦手ですしね。
そんなこんなでのんびり進んでいくと、右手に水場が見えてきました。

イメージ 6

曲尾の湧き水というらしい。飲料可能らしいので手ですくって飲んでみます。
手が痺れるほどの冷たさを予想しましたが、それに反してそれほど冷たくはなく、
口に含んでちょうどよい温度です。
味は変な癖がなく、まろやかで美味しい。
この水を持って帰って沸かしてコーヒーを飲むのも良さそうですね。

それから更に奥に進み、尾根道へ出ました。
ここで林道曲尾線は終了、案内標識にしたがって大河内集落方面へ向かいます。

イメージ 7

道自体の舗装状況は良いのですが、ところどころで落石や木の枝が見られるため
普通のロードバイクで走行した場合はなかなか神経を使いそうです。

イメージ 8

途中にあるBコースとの分岐地点。こちらのダートを進むと
菰張山(こもはりやま)方面へ出るらしい。
ちょっと心惹かれましたが今回はパスしました。

底からはずっと下り…かと思われましたが、時々緩やかな上りがあるのが
ちょっといやらしい。道はやや暗く、コーナーが連続しているために
スピードを抑えて安全第一で進むと、ようやく見覚えのある場所に出ました。

イメージ 9

県道58線に合流しました。森町〜春野にかけての周回コースで
地元のローディには良く知られている道です。

ここまで下りてきて気づきましたが西から吹く強風が凄まじい!
山の中では木々に囲まれて遮られていましたが、こんなに強烈だとは。
当初はこのあと小國神社によってうどんでも食べて帰るつもりでしたが、
この風ではせっかくうどんで温まった体もすぐに冷めてしまいそうだったので
とっとと自宅に帰ることにします。

正直ここから自宅までの区間が今回のサイクリングで一番きつかったかも…。
凄まじい爆風の向かい風でぜんぜん自転車が進みません。
心拍数上がりまくりでヒーヒー言いながらなんとか帰ってきました。

イメージ 10

今回の走行距離はこんな感じ。山道だけあって距離の割に時間がかかってますな〜。

今回走ったコースは眺望こそいまいちでしたが、ダートありダウンヒルありで
なかなか走りごたえがありました。次がもう少し風のない日に行きたいですね〜。







こんにちは。
先日購入したROVE STですが、今はこんな姿になっています。

イメージ 1

イメージ 2

ブラックバーンのフレームバック(Mサイズ)を導入したのですが、
ボトルゲージに干渉してボトルが取れない…。
いちおう事前に情報収集してそのことは知っていたので、同じく
ブラックバーン社製のサイドローラーという横からボトルが取れる
ボトルゲージを購入して取り付けたのですが、これはそういう以前の問題ですね。
通常の長さのボトルだとバッグに当たって取り付けすら出来ません。
ボトルゲージの位置が高すぎるのかな?
やろうと思えばキングケージのUSB等、ダボ穴を追加するアイテムを使って
位置を下げることも出来ますが、そこまでするのもなー。
応急処置的にこちらには短めのツールボトルを装着しました。

イメージ 3

ウォーターボトルはこちら。
ダートを走る際に思いっきり泥がボトルの飲み口に付く気がしますね…。
本当はこちらにツールボトルを付けたいのですが。
まあその辺はおいおい考えるとして、フレームバッグを装着する場合は
しばらくこの構成でやってみたいと思います。

今のところサイクルコンピューターはつけていません。
この自転車に関しては、あまりスピードを気にしないで走りたいと考えているのと、
どうしても速度が知りたいとなれば、最近常用しているガーミンの
スマートウォッチ、vivoactive HRで走行ログが取れるからです。

イメージ 4

気軽に心拍なども計れて便利ですよー。ただ普段使いにはいいんですが、
サイクルコンピューターモードにすると電池の減りが早いのが難点ですね。
最長で4時間くらいしか持たないと思います。
最近はあまり遠くへ行ってないので問題ないんですが。

さて、今回はテストも兼ねてラーメンライドに行ってきました。
ラーメンライドとは、自転車で目的地まで走りインスタントラーメン
を食べて帰ってくるサイクリングのことです(笑)
最初は遠出する予定だったのですが、寝坊したのと強烈な西風が
吹きすさんでいたのに萎えて近場で妥協しました。

イメージ 5

ゆっくり1時間くらいかけて浜北森林公園へ。
この日は寒さもさることながら、とにかく風が強い!
遠回りしたせいもありますが、到着までに1時間くらいかかってしまいました。
車体自体が重いのと、荷物をそこそこ積んでいるので登りはやっぱり
時間がかかりますね。写真くらいのところならまだ大丈夫ですが、
斜度のきつい坂は躊躇せず降りて押して歩きました

イメージ 6

そんなこんなで目的地の公園に到着。人気もなく中央に東屋もあって
ラーメンを作るにはもってこいの場所ではないでしょうか。

イメージ 7

強風を想定してコンパクトに畳める風防も用意してあったのですが、
風が強すぎて風防自体が風に煽られ安定しません。
結局お湯が沸きあがるまでずっと手で押さえていました。
ラーメンは定番のサッポロ一番塩味です。
具は家で下茹でしてきた野菜と肉、それと前日の夕飯の残りの
ゆで卵を放り込みました。

イメージ 8

見た目はアレですが完成しました!さっそくいただきます。
インスタントですがこの寒空の下だと温かい食べ物がとてもおいしく感じます。
汗をかいた体にサッポロ一番の塩分が染み渡る〜。

イメージ 9

残ったお湯でコーヒーを飲んで一休み…。と思いましたが
寒すぎてあまり長居できません。片付けを済ませてとっとと撤収することにします。
ごちそうさまでした。

正味2時間ほどのサイクリングでしたが、プチキャンプ気分を味わえて
なかなか新鮮でしたよ!
次はもう少し暖かくなったら再チャレンジしてみたいですね。


KONA ROVE ST 2018

どうもお久しぶりです。

ずっとブログの更新をさぼってましたが、このたび新しい自転車を購入したので
久し振りに記事をアップしたいと思います。
今回新規導入した自転車はこちら!

イメージ 1

カナダのMTBブランド、KONAのグラベルロード ROVE ST 2018モデル。
もとすさんの愛車と被ってしまった…。というより、購入にあたり
もとすさんのブログをかなり参考にさせていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

今回新車を購入したもともとのきっかけとしては、スピードをあまり気にせず
のんびり走る自転車が欲しくなったことにあります。
カーボンロードだと、知らず知らずのうちにどうしてもスピードを出しがち
ですからねえ。
最初はサーリーのクロスチェックかストラグラーあたりをフレーム買いして
パーツを組むつもりでしたが、予算の都合でコスパの良いROVEに決定しました。

さて、このROVE、STとついている通り、フレームの素材はクロモリで
各部のパーツもごついため、普段使用しているカーボンロードに比べると
非常に重く感じます。もっとも、悪路走行を考慮するとこのくらいごついほうが
安心感はありますね。

イメージ 2

最初の写真は購入直後のもので、それからライトやバッグなどの装備品を装着し
サドルの高さを下げ(泣)、現在はこうなっております。
新車購入時のままほとんどいじっていませんが、ハンドルのみ
シムワークスのマウンテンドロップハンドル、to smile barに変更しました。
正面から見て極端な末広がりの形状が特徴のこのハンドルですが、
予想以上にブラケットの角度が凄いな…。
悪路走行時に下ハンを持つことで走行が安定するそうです。
握った感じそこまで違和感はなくなかなか良い感じ。

フロントバッグは以前クロスバイクに装着しようとして出来ず
デッドストックとなっていたモンベルのバッグを付けてみました。
容量はそれほどでもないですが、財布やスマホ等の小物を気軽に入れられて
すぐ取り出せるのは便利でいいですね。

イメージ 8

ペダルはショップの店員さんに薦められたKCNCのクリップレスプラットフォームを
選択しました。片面フラット・片面SPDの軽量ペダルですが以前使っていた
○○○の同様のペダルと違ってフラット面の掴みも良くかなりの好印象。
SPDのほうは予算の関係でシューズをまだ買っていないので試せていません…。

イメージ 4

サドルバッグはワールドサイクルのPBブランド、R250シリーズの
防水サドルバッグ(スモール)を装着しています。
将来的にバイクパッキングがやりたくなったときは、もっと容量の大きい
サドルバッグが欲しくなるでしょうが、普段使いならこれで十分でしょう。

せっかくのグラベルロードなんだし、舗装路をひたすら走るのもなんだかなー
ということで、試しに天竜川の河川敷を走ってみました。

イメージ 3

いつも走っているサイクリングロード脇のダートをひたすら南下します。
おおー、見飽きた景色だけど走行感が新鮮で楽しいぞ!
700×36の太いタイヤのおかげで悪路走行も抜群の安定感があります。
ただ空気圧がちょっと高すぎて、路面からの反発をかなり食らって
疲れてしまったため、次回ダートを走るときはもう少しタイヤの空気圧を落として
臨みたいと思います。

イメージ 5

ロードでは走れない場所にも入っていけるのは気持ちいいですね。

イメージ 6

サドルバッグの収納力をテストするために、コンビニで晩酌のお酒とつまみを
購入して運搬してみる(笑)

イメージ 7

入ることは入ったがどうにも不安定。収納方法を工夫する必要がありそうですね。
そのうちこれにクッカーとインスタントラーメンを入れてサイクリング先で
食ってやろうと目論んでます。
先週熊水車の里に行ったときに見つけたこの張り紙

イメージ 1

『しし鍋・そばちゃんこ無料サービス』とあっては、
自他ともに認める食いしん坊の私が見逃せるわけはありません。
というわけでいざ、再び水車の里へ!!
ところで、そばちゃんこってなに??

イメージ 3

事前にネットでイベントの概要を調べたところ、汁を入れる容器と
お箸は自前で用意する必要があると判明したため、
今回はロードはやめて久し振りのクロスバイク、
スペシャライズド シラスで出かけることにしました。
この自転車ならキャリアとバッグを装備しているため、もし会場で
なにか買い物をすることになっても運搬可能です。

イベント開始時間のAM10:00に合わせていつもより遅めに家を出たのですが、
漕ぎ始めからそれはもう凄まじいまでの向かい風で一向に前に進みません。
速度はサイコン表示で15〜17km/hあたりをうろうろ。
強烈な向かい風に加え、28Cの太いタイヤとアップライトなポジションも
速度が出ない原因になっているようです。
まあ、そもそもクロスバイクに乗っておいて速度を気にする
必要はあまりないので気にしないことにします。

イメージ 4

とは言っても単純にしんどい。
山に入れば風も多少はましになるかと思いましたが、少しでも開けた場所に出ると
たちまち強風に行く手を遮られます。
おかしい、私はのんびりポタリングをするつもりで来たのに
なんでこんなに必死になってペダルを漕がなきゃいけないんだ…。

それにしても今日は車が多い。私を追い抜いていく車の数が
いつもの3倍ではきかないような気がする。
皆さんイベントの情報を聞きつけて水車の里へ向かっているんでしょうか。
あと天気が良いからか、ローディの方も多く見かけました。

イメージ 5

ひいこら言いながら水車の里に到着。はー、疲れた。
予想よりもかなり時間がかかってしまいました。
会場はすでにそこそこ賑わっていて、地元の方が出店されている
お店も何点か出ているようです。

とりあえず腹ごしらえ。

イメージ 6

芋串 美味し

イメージ 7

体が冷え切っていたので、汁ものが欲しくて学生の方が販売していた
そばがき入りすいとんを食す。暖かくて美味しい。

イメージ 8

周りを散策していたら揚げピザなるものを発見したのでこれも注文。
味は3種類から選べますが、ここはやっぱり鹿肉のドライカレーでしょう。
実際一番人気だそうです。コーヒー付き250円なり。

イメージ 9

ちょっと味が薄いかな?とも思いましたがなかなか美味しい。

イメージ 10

さらにこんにゃくを追加。うまい。

なんか食ってばっかだなあ(笑)
お目当てのしし鍋は無料ということもあり、かなりの人の列が出来ていたため
あきらめて帰ろうかと思いましたが、その隣のそばちゃんこの列は
あまり人がいなくてあまり待たなくて良さそうだったのでそっちに並ぶ。

イメージ 11

列のそばを家康くんが通過していきました。
遭遇率高いな、このゆるキャラ。おばさま方には人気のようです。
そばちゃんこですが、最初に食べたそばがき入りすいとんとほぼ同じものでした。
すいとん食べずにこっちだけ食べればよかったかなあ。
結局完食したけど(笑)ごちそうさまでした!

お腹一杯になり、体も再び冷えてきたのでとっとと帰ることにします。
帰りは下り基調に加え終始追い風であっという間に自宅に到着しました。

イメージ 2

今回は走行距離の割にえらく疲れたな…。
シラスのサイコンはGPS付きではないため、今回はスマホのstravaアプリで
ログを取りましたが、これは獲得標高がまともに表示されないのが
欠点ですねー。1400mも絶対ないって。

来週は新東名ICも開通したことだし、新城方面にでも行ってみようかなと
考えてます。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事