ここから本文です

書庫全体表示

粟ケ岳

15日の月曜日早朝のことなんですが、うちの母親がスクーターを運転中に
単独で事故ってしまい(コーナーで滑って転んだ)
救急車で運ばれるという事件がありました。
パッと見そんなに痛そうに見えなかったのですが、搬送された病院の
診断では鎖骨骨折の上肋骨も何本か骨折しており、さらに悪いことに
折れた肋骨が肝臓を傷つけていたことも判明。
場合によっては命にかかわることもあり得たのですが、幸い
肝臓へのダメージは浅かったようで胸をなでおろしました。
やっぱり年寄りに二輪を運転させるのは危険すぎるなあ…。
事故の状況を聞くに、自転車でも充分に起こりうるものでした。
今までもそうでしたが、これからも安全運転を心がけなくては。

さて、そんな事情から19日金曜は入院先の病院から
怪我の経過説明のために呼ばれており、時間が午後4時と中途半端だったため
仕事のほうはお休みを頂くことにして、4時までは自転車で
どこかに出かけることにしました。

イメージ 1

とりあえず行先は深く考えずにいつもの天竜川CRを南下しますが
予想外の水たまりが…。なるべく避けて走りますが、それでも
水が跳ねてしまいお尻が冷たい。
走行開始早々テンションダウンです。

イメージ 2

案の定かなり汚れてしまいました。掃除が面倒なんだよねー。
まあここまで汚れれば却って開き直れるのですが。

CRを150号線下まで南下してきました。
ここから東へ行くか西へ行くか迷うところです。この時期、遠州地方は
大抵強烈な西風が吹くために、自転車でどこかへ行く場合は
朝の風のなるべく弱いうちに西へ行き、追い風に乗って帰ってくるのが
セオリーですが、ここのところずっとそれにしたがって浜名湖方面ばかり
行っていたため、あちらのほうは若干飽きが来ていました。
そういうことで東へ進むことに。

今回は遠州地方のヒルクライムのメッカ、掛川市の粟ヶ岳を目指します。
実は4〜5年ほど前に一度チャレンジしたことがあるのですが、
あまりのきつさに途中で引き返した苦い思い出があります。
まあその頃は体重3桁あったし、15キロ以上痩せてヒルクライムも多少
慣れてきた(ような気がする)今だったらたぶん上れるだろ、たぶん…。
そんな考えは大甘だったことを後で思い知るわけですが。

イメージ 3

エコパに向かう坂の途中では桜が五分咲きになっていて目を楽しませてくれました。
花の色からすると河津桜の近縁種なのかな?

イメージ 4

交通量の多いところを走るのは苦手なので、街中は避けたかったのですが
目的の道が工事中だったり通行止めだったりで、やむを得ず何度か
国道1号線を走る羽目になりましたがやっぱ怖いな。
ここからは緩やかな上りで粟ヶ岳ふもとに向かいます。

イメージ 5

これから奥の鉄塔のところまで上っていくわけです。
粟ヶ岳をロードバイクで上るルートは工程4.2km、平均勾配8.7%。
毎週のようにタイムトライアルで賑う人気のスポットですが、
私の場合完走も危ういため、タイムは無視して完走目標です。
(どのみちタイムは後でstrava見ればいいしね)

意を決して上り始めましたが最初から結構な勾配でいきなりきついです。
サイコンでパワーメーターの数値を見るとすでに300w近く出ており
FTPが220wという雑魚クラスの私にとって明らかにオーバーペースなのですが
すでにギアを使い切っておりこれ以上落とせません。
ううっ、しんどい…。30tの乙女ギアが欲しい…!!

なんとか半分の2km地点までは頑張って上ってきたのですが、
後ろから来た車をやり過ごすのについ足を付いてしまい
そのまましばし休憩。やっぱりまだ私には足をつかずに上るのは無理のようです。

イメージ 6

それにしても平日の割に車がよく通るな。
あとで知ったんですが、粟ヶ岳は最近テレビで紹介されたらしく、
以前と比べて観光に訪れる人が増えたそうです。土日になると結構な人出だとか。
土日に来るんだったらまだ人が少ないであろう早朝のほうが良さそう。

死にそうになりながらもなんとか山頂到着。

イメージ 7

この日はちょっと霞がかっていましたが、富士山も一望でき
まずまずの景観でした。頑張って上ってきてよかった!
ほかにもロード乗りの方が1名おり、その方としばらくお話をしたあと
山頂の売店へ。

イメージ 8

ちょうどお昼時だったので、天ぷらうどんとおでん3品を頂きお昼ご飯とします。
エネルギーを使い果たした体に栄養が染みわたるー。

食事後しばらく休憩していましたが、体が冷えてきたため下山することに。
今回は上ってきた方向とは逆側の倉真温泉側に下りてみることにしました。

イメージ 9

こちらの道は勾配こそきつくないですが、道がやや荒れ気味で落石も多く、
場所によっては路面にコケも生えておりロードで下るには正直向いてないですね。
乾燥している今の時期ならいいですが、梅雨時あたりはコケで滑ってこけそうです。
ブレーキ多めに慎重に下りましたが、そのせいでまたレーゼロナイトの
お高いブレーキシューがガリガリ削れる羽目に(泣)

この後は強烈な向かい風の中、体力をじりじりと消耗しつつ帰宅の途につきました。

イメージ 10

見ないほうがいいと知りつつ、後でstravaで登坂タイムを確認したところ
120人くらい参加している中で115位くらいでした。
おおう、これは凹む…。
まじめに30tの乙女ギア導入を検討しようかなあ。
体重を落とすのが一番手っ取り早いんだろうけど、
ここ最近は85kgで安定してしまってぜんぜん下がらないんですよね。
なんにせよ、もう少し軽くなって再チャレンジしてみたいです。





  • 私も昨年の夏に前をはしる軽自動車が左にあるコンビニに突然、ウインカー無しに左折で縁石と車に挟まれて一回転で、アゴと腕と手と脚と全身打撲。
    不幸中の幸いで骨折は無しでした。
    半年たった今でも左手首が少し傷みます。
    救急車を呼ばれそうになるも二日後のしまなみ海道の事を思い、かたくなに拒みましたw
    お互い事故にと怪我には気をつけましょう。
    チャンスがありましたら、いつか御一緒したいですねw

    [ 小五郎 ]

    2016/2/20(土) 午後 8:15

  • お母様が早く回復されることをお祈りいたします。

    粟ヶ岳は静岡市の方からも良く訪れる人気スポットですね。
    コースの写真を見たことがなかったので参考になりました。
    今年は行ったことのない場所に少しづつ進出していきたく、ここも候補に入れます

    もとす

    2016/2/20(土) 午後 9:27

  • 顔アイコン

    > 小五郎さん
    事故の二日後にしまなみ海道を走られたのですか!
    怪我の影響が残ってきつかったのでは?

    コンビニやスーパー付近でいきなりウインカーなしで曲がってくる
    車はむちゃくちゃ多いですね。私も先週スーパーの前で
    巻き込まれそうになりましたよ。
    せめてウィンカーを出してくれれば対処出来るんですが…。

    サイクリングですが、目的地が合うようでしたらぜひご一緒させてくださいね。

    [ そんちょう ]

    2016/2/20(土) 午後 9:32

  • 顔アイコン

    > もとすさん
    どうもありがとうございます。
    とりあえず回復には向かっているようでほっとしています。

    粟ヶ岳ですが、なかなか走りがいのあるコースで
    健脚の方にはもってこいの場所じゃないでしょうか。
    私は息も絶え絶えに上りましたが…(笑)
    正直獲得標高1500m超えた西伊豆スカイラインのほうが
    よっぽど楽に感じました。
    どうも勾配でいうと8%が私にとって壁になるようです。

    [ そんちょう ]

    2016/2/20(土) 午後 9:36

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事