ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

KONA ROVE ST 2018

どうもお久しぶりです。

ずっとブログの更新をさぼってましたが、このたび新しい自転車を購入したので
久し振りに記事をアップしたいと思います。
今回新規導入した自転車はこちら!

イメージ 1

カナダのMTBブランド、KONAのグラベルロード ROVE ST 2018モデル。
もとすさんの愛車と被ってしまった…。というより、購入にあたり
もとすさんのブログをかなり参考にさせていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

今回新車を購入したもともとのきっかけとしては、スピードをあまり気にせず
のんびり走る自転車が欲しくなったことにあります。
カーボンロードだと、知らず知らずのうちにどうしてもスピードを出しがち
ですからねえ。
最初はサーリーのクロスチェックかストラグラーあたりをフレーム買いして
パーツを組むつもりでしたが、予算の都合でコスパの良いROVEに決定しました。

さて、このROVE、STとついている通り、フレームの素材はクロモリで
各部のパーツもごついため、普段使用しているカーボンロードに比べると
非常に重く感じます。もっとも、悪路走行を考慮するとこのくらいごついほうが
安心感はありますね。

イメージ 2

最初の写真は購入直後のもので、それからライトやバッグなどの装備品を装着し
サドルの高さを下げ(泣)、現在はこうなっております。
新車購入時のままほとんどいじっていませんが、ハンドルのみ
シムワークスのマウンテンドロップハンドル、to smile barに変更しました。
正面から見て極端な末広がりの形状が特徴のこのハンドルですが、
予想以上にブラケットの角度が凄いな…。
悪路走行時に下ハンを持つことで走行が安定するそうです。
握った感じそこまで違和感はなくなかなか良い感じ。

フロントバッグは以前クロスバイクに装着しようとして出来ず
デッドストックとなっていたモンベルのバッグを付けてみました。
容量はそれほどでもないですが、財布やスマホ等の小物を気軽に入れられて
すぐ取り出せるのは便利でいいですね。

イメージ 8

ペダルはショップの店員さんに薦められたKCNCのクリップレスプラットフォームを
選択しました。片面フラット・片面SPDの軽量ペダルですが以前使っていた
○○○の同様のペダルと違ってフラット面の掴みも良くかなりの好印象。
SPDのほうは予算の関係でシューズをまだ買っていないので試せていません…。

イメージ 4

サドルバッグはワールドサイクルのPBブランド、R250シリーズの
防水サドルバッグ(スモール)を装着しています。
将来的にバイクパッキングがやりたくなったときは、もっと容量の大きい
サドルバッグが欲しくなるでしょうが、普段使いならこれで十分でしょう。

せっかくのグラベルロードなんだし、舗装路をひたすら走るのもなんだかなー
ということで、試しに天竜川の河川敷を走ってみました。

イメージ 3

いつも走っているサイクリングロード脇のダートをひたすら南下します。
おおー、見飽きた景色だけど走行感が新鮮で楽しいぞ!
700×36の太いタイヤのおかげで悪路走行も抜群の安定感があります。
ただ空気圧がちょっと高すぎて、路面からの反発をかなり食らって
疲れてしまったため、次回ダートを走るときはもう少しタイヤの空気圧を落として
臨みたいと思います。

イメージ 5

ロードでは走れない場所にも入っていけるのは気持ちいいですね。

イメージ 6

サドルバッグの収納力をテストするために、コンビニで晩酌のお酒とつまみを
購入して運搬してみる(笑)

イメージ 7

入ることは入ったがどうにも不安定。収納方法を工夫する必要がありそうですね。
そのうちこれにクッカーとインスタントラーメンを入れてサイクリング先で
食ってやろうと目論んでます。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事