ここから本文です

書庫サイクリング 100km以内

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

この日は朝方ちょっと雨が降り、濡れていた路面がそろそろ乾いてきたかな、
という頃合いの午前10時頃に出発。つーてもところどころまだ濡れていますね。
バイクが汚れるの前提と他にもとある理由から今回もTCRを使用。
気軽に使えるからか、なんだかんだで一番使用頻度が高い。

今回も浜名湖方面に向かいますが普段の湖畔一周ではなく、
峠の中のワインディングロード、奥浜名湖オレンジロードに向かいます。
以前から興味があり、先日の浜名湖サイクルツーリングでも一部を走ったんですが
一度ぜんぶのルートを走ってみたかったんですよね~。

どうせなら普段通らないルートを通ろうと、新都田ダムの脇を抜けようと
しましたが、道路が一部通行止めとなっていたため迂回。
ふと気がついたらフルーツパークの前に出ていました。

イメージ 1

そういやフルーツパークってなにげに来たの初めてだなあ。
今回は素通りしましたが、今度来た時はちょっと中に入ってみるのもいいかも。

フルーツパークを後にし、オレンジロードの北側入り口である引佐町奥山に
向かう途中のコンビニで補給休憩。しばらくは山の中を走るため、
ちょっと多めに食べ物を購入しました。しかし今日はやたらと蒸し暑いな。

そしていきなり道を間違える(笑)ここはどこ?
しかも結構な激坂でいきなり体力を消耗しました。

イメージ 2

スマホのGPSとグーグルマップで確認すると、
どうやら入り口を間違えたみたいですね。途中から未舗装道路になり
自転車を担いで歩いたりしつつもなんとかオレンジロード本線に合流しました。
しょっぱなから躓くなあ…。

イメージ 3

ここからアップダウンを繰り返しとりあえずは国民宿舎奥浜名湖を目指します。
他のロードはまったく見ませんが、ときどきバイクと走り屋っぽい車が
脇を追い越していきます。どちらかというとバイクのツーリングスポットとして
有名なところですもんね。

イメージ 4

国民宿舎前に到着。直前の坂がちょっとしんどかった。
ここでちょっと休憩して、今度は東名高速三ヶ日IC方面に向かいます。

イメージ 5

これって山桜…なのかなあ。
非常に綺麗だったので思わず写真を撮ってしまいました。
写真撮影にかこつけてあちこちで止まっては足を休めます。

イメージ 6
イメージ 7

しかしここの道、路面状況は良いのですが林に囲まれていて
いまいち眺望は良くないですね。

なんとか三ヶ日IC近くまで来るもののまた道に迷う(笑)
自分が方向音痴なのもあるけど、ほんとgoogleマップさまさまですよ。
一昔前だったら山の中で途方にくれていたことでしょう。

紆余曲折を経て三ヶ日町内へ。しばらく湖畔を走った後
今度は南側のオレンジロード入り口(?)へ。

イメージ 8

看板立ってるけどここもわかりづらいな。
そしてまたアップダウン。もともと坂が苦手なので、
この時点でけっこうふらふらしてます。

イメージ 9

そして先日浜名湖サイクルツーリングでも通ったルートに合流。
やはり一度走ったことがある場所は安心して走れますね。
しんどいけど。

イメージ 10

道はいつの間にか広域農道に変わっていました。
とりあえずオレンジロードは走破した…といっていいのかな。
疲れた~。ひたすらアップダウンが続くため良いトレーニングにはなりそうです。

さて、前述のTCRを使用したもう一つの理由ですが
実は今回、浜名湖サイクルツーリングでは結局成し遂げられなかった
輪行で帰宅しようと思っていまして、それには何回か輪行で使用した
経験のあるTCRがベストかなと思った次第です。
当初は天竜浜名湖鉄道で地元まで帰ろうと思っていたのですが、
なんだかんだで表浜名湖まで出てしまったため、
結局東海道線に乗ることにしました。
その前に腹ごしらえ。

イメージ 11

ここのラーメン屋、ラーメン自体は美味しかったのですが
店内の床が脂でつるつるしており、ビンディングシューズでは
スケートリンクなみに滑ってしまい危険極まりない(笑)

お腹もいっぱいになったところで駅に向かいます。
舞阪駅まで行こうと思いましたがめんどくさくなり
一番近い新居駅から乗ることにしました。

イメージ 12

輪行は久しぶりなんですが、どうもこの自立させるのが苦手なんですよねえ。
ここからは徒歩となるので、持参してきたシューズカバーを着用します。
格段に歩きやすくなりますね。

イメージ 13

そのまま豊田町駅まで輪行し、そこから自転車を組み立てて
12km走って帰宅しました。最寄りの駅から遠すぎてあんまり
輪行のメリットが感じられないのがネックですね。
天竜浜名湖鉄道の駅が一番近いんですが、あそこは1時間に1本しか通らないしな~。

今回80km前後しか走っていませんが、ほぼアップダウンの道ばかりで
距離の割には満足感があります。久しぶりの輪行も出来たしね。
あとはもう少し強くなってスムーズに上れればいうことないんですが。

くんま水車の里

今日の予報は雨とのことでしたが、朝起きて外を見るとそこそこ良い天気。
改めて天気予報を確認したところ「午後から雨」となっていました。
午前中いっぱいくらいならどこかへ出かけられそうです。

さて、どこへ行くか。
・昨日の疲れがまだ抜けきっていない
・浜名湖一周がハードだったので、今日はポタリングレベルで
  のんびり走りたい
・とはいえちょっとくらいは坂を上りたい
 ・桜の写真を撮り足りない
…上記の理由からとりあえず行き先は決めずに山方向へ向かうことにしました。

服装に関して。昨日の朝方は冷えたので裏起毛のインナー+長袖長ズボンの
サイクルジャージを着ていったのですが、日が昇るごとに気温がぐんぐん上昇し
最後には汗だくになってしまっていたので、今日は軽装で。
といってもいきなり半袖半ズボンではさすがに寒いと思われるので、
その下にskinsのコンプレッション上下を着込んでいくことにしました。
これでもちょっと寒いんですが、走ればちょうど良くなるんでしょうか?

今日はスピードは気にしないでのんびり走ることに決め、
フロントはインナーに入れて軽いギアでくるくる回しながら
ゆっくりと流して走ります。

イメージ 1

スピードを出していないにもかかわらず体がだるい。
昨日の疲れが思いっきり残ってますなー。
まだ20kmも走っていないうえ、これから上りもあるのに
大丈夫なんだろうか?

イメージ 2

浜北森林公園内を抜けます。ここの緩やかな坂でさえ結構しんどいぞ。

イメージ 3

反対側の通称「三段坂」を下り天竜側に抜けます。
ここの坂では反対側から上ってくるロード乗りを4組も見かけました。
暖かくなってみんな活動的になっていますね。

坂を下った後、船明ダム方面に行くか熊(くんま)の道の駅
くんま水車の里方面に行くか迷いましたが、結局熊方向に向かうことにしました。
静岡県西部地方では初心者向けのヒルクライムコースとして人気が高いところです。
タイムトライアルなども活発に行われているようです。
まあヒルクライムのTTなんてデブの私には縁がない話ではありますが(泣)
坂自体はところどころで傾斜のきついところがあるものの
全般的には緩やかで道路の状況もよく、ロード初心者の方も安心して
走れるコースです。

イメージ 4

道のそこかしこで桜が美しく咲いています。
今日見かけた桜の木はほとんど満開状態に近いものが多かったですね。
ようやく春本番なんだなと実感します。まだちょっと寒いけど。

イメージ 5

阿多古川に沿うようにのんびりと上っていきます。
いつもここを走っているとたいてい4~5人くらいに追い抜かれるのですが、
今回は上から降りてくるローディは何人か見かけたものの、
追い抜かれることはなかったですね。
予報を見て朝早く出かけたかたが多かったんですかね?
遅いのを自覚しているとはいえ、実際に追い抜かれると悔しいので
今回は気持ちよく走れました(笑)

イメージ 6

途中でナマズの神様にご挨拶。最近ニュースでやってましたが
ヨーロッパオオナマズだったら実際このくらいの大きさになるよね。

イメージ 7

坂を上り慣れない私は毎回この看板を見て「まだあと11kmもあるのか」
とがっかりしてしまいます。走っていればそれほど長くは感じないんですが。

イメージ 8

イメージ 9

杉林の中を進み、目的地まであと3kmのところまでやってきました。
走っているうちに体が慣れたのか、最初のだるさは多少ましになった感じ。

イメージ 10

おそらく初めて来た(坂が苦手な)人が見て萎えるであろう
ゴール直前の直線的な上り。斜度はキツくないけど長くて先が見えるんで
地味に心を削られます。

イメージ 11

ようやく目的地のくんま水車の里に到着しました~!

イメージ 12

しかしやっぱり他のローディいない…。バイカーは大勢いました。
やっぱり天気のせいかなあ?
サイクルラックへ自転車を立てかけておいて辺りを散策することにします。

イメージ 13

敷地内のドウダンツツジが見事に咲き誇っていました。
この時期桜に目を奪われがちですが、山では他にも綺麗な花がいろいろと
咲きほころんでいて目を楽しませてくれます。

あと、水車の里といえば店内の売店で売っている蕎麦と五平餅!
ちょっと小腹が空いたので蕎麦を食べていくことにしました。

イメージ 14

舞茸そば(大盛り)です。条件反射でつい大盛りを頼んでしまう癖を
なんとか矯正しなければ…。
舞茸は歯ごたえしゃっきり、蕎麦は素朴な味で美味しかったですよ。
蕎麦を食べたから、さすがに五平餅は今回はなしかな。

イメージ 15

なぬ?いつの間にそんなガリガリくんみたいな仕様になってるんだ。
これはネタ的に買って確かめたくなるじゃないか。

イメージ 16

で、買ってしまいました…。
いかん、ダイエットのために走ってるのに補給食で腹一杯になってしまった。
ちなみにハズレでした。しかし冷静に考えてみれば、ここでアタリが出た場合
もう一本食べなきゃならなくなるわけで、そうなるとさすがに食い過ぎなので
今回ははずれてよかったかな。(すでに食い過ぎな気もしますが)

イメージ 17

あとここは今年で開設20周年だそうです。そんなに長くやってたんだ。

さて、薄着なこともあってのんびりしていたらだんだんと寒くなってきました。
空模様もだんだんと怪しくなってきたし、とっとと帰ることにします。
帰りはずっと下りなので気が楽です。ダウンヒル楽しみだ!

うっひょおおお むっちゃ 寒いいい~!!!

薄着で体が冷えかけてるところに坂を下れば当然そうなりますわな。
あまりにも寒いので下ハン握ってなるべく体を屈めて
お腹がこれ以上冷えないように注意して下ってきました。
今度来るときはウィンドブレーカー持ってこよ…。

自宅直前で雨粒がぽつりぽつりと落ちてきて焦りましたが
なんとか本降りになる前に帰ってこれました。
今回は距離は短いけどいろいろな花を見れたし
当初の目的通りのんびりポタ出来たし概ね満足かな。

今日は半休を頂いたので、久しぶりに船明ダム方面へポタリングに行ってきました。
先週はトレイン組んでの高速走行しかしてなかったからね。
それはそれで一人で走っている時より追い込めるからいいんだけど、
もともと私はのんびり走るほうが好きなので、根を詰めた走りばかりしてると
疲れてしまうのです。

イメージ 1

今回はTCRで出撃しました。つい最近ステムを一番下まで下げた状態で
ローラー練習をしていたのだけれど、実際に走って違和感がないかどうか
確かめたかったのでこのチャリにしてみました。
これで問題なければ、SLRも同様にステムを下げる予定。

飛龍大橋を渡り浜北斎場脇の緩やかな坂を登り浜北森林公園内に入ります。

イメージ 2

ここは勾配が緩やかでデブに優しい。
上り切ったところで通称三段坂を下り阿多古方面に出ます。
夏場はBBQ客で賑やかなところですが、冬の阿多古川は物静かで水も澄んでおり
ずっと見ていたい欲求に駆られますね。

イメージ 3

イメージ 4

天竜川脇の細かなアップダウンをクリアしつつ船明ダムへ向かいます。
当初の予定としてはこのあたりで引き返すつもりでしたが、
思ったより体が元気だったのでもう少し奥に行くことに。

位置を変更したステムも特に違和感を覚えることなく快調です。
以前に一度変更したときにはハンドルが遠く感じられて
非常に走りづらくてすぐに戻してしまったのですが、ここ数年走って
私の体もそれなりに自転車向きに適応してきているんでしょうか?


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

静岡県西部のヒルクライムのメッカ、秋葉山の登り口に到着。
以前から興味はあるのですが、どう考えても今の私の体重と脚力では
登れっこないので今回はスルー、そのまま橋を渡り帰路につきます。
いつか登れるようになるといいなあ…(遠い目)

イメージ 8

花梨の郷脇からゆめのかけはしを通り再び船明ダム湖畔へ。
このルートだと苦手なトンネル2つをショートカット出来るので便利。

イメージ 9

西鹿島駅前まで戻ってきたところで、駅近くのたいやき屋「えびすや」さんにて
たい焼きを購入。

イメージ 10

イメージ 11

しっぽまであんこが詰まって…というかはみ出してますがな(笑)
これで今どき1個100円の良心的な価格。お気に入りのたいやき屋さんです。
暖かくなってきたからそろそろたい焼きも終わりかな?

のんびり近所をぶらぶらするつもりが結構走りこんでしまいました。
(相変わらず上りは少ないですが)
最近は日が長くなって走りやすくなりましたね。
週末はどこへ行こうかな~。





友達がいな気楽に走れるので基本ソロ走行が多い私ですが、
今回はショップの走行会に参加してきましたよ。

前日走った後にやや膝に違和感があったため、薬局に行って
サポーターを買ってきました。今回はこれを装着して走ります。

イメージ 1

問題がちょっとあって、このサポーター一番大きなサイズがLLしかなかったんですよね。
サイズ合うかなあ…その前に穿けるかなあ…いろいろと不安でしたが
家で試しに装着してみたところ

ぱっつんぱっつん

でした。ま、まあせっかく買ったんだし一応穿けたんだから効果はあるでしょう!
たぶん。

今回走行会に参加するメンバーは4名。
行きは普段の私だったら絶対走らないような交通量の多い国道を
走行するので結構神経を使います。
昨日に引き続き強烈な向かい風が吹いていますが、今回は
人に引いてもらって走っているのでソロの時よりずいぶんと楽に感じますね。

信号待ち以外はノンストップ(!)で目的地まで走ったので
途中の写真はありません。やっぱりアップダウンや距離より
交通量の多さのほうが気になるかなー。

イメージ 2

気賀の関所(道の駅?)で一休み。
サーベロのS5カッコイイですなあ~。しかもコンポは恐ろしいことに
スーパーレコードですよ。総額いくらするんだろうこれ。

帰りは追い風に乗って快適に走れました。
やっぱりこの時期は帰りに追い風に乗れるように、目的地を西に設定するのが
正解ですね。

例のサポーターですが、やっぱり小さかったのか走ってる最中肌に食い込んで
結構痛かったです。効果があったのかどうかもいまいち微妙…。
でもせっかく買ったのでしばらくは使ってみたいと思います!

帰宅後甘いものが食べたくなったので、中学の時の同級生がやっている
近くのケーキ屋さんでチョコパイとコーヒーのセットを頂きます。

イメージ 3

疲れた体に甘いものがしみわたりますわ~。
こんなこと繰り返してるから痩せないんだよな。
でも美味しかったからよし!!



ちょっとトラブル

前回出かけた時はポカポカして良い自転車日和だったんですが、
ここ数日はまたずいぶんと冷え込みますねえ。
朝からむちゃくちゃ寒い上に、風も強く吹いているため
特に行き先も決めず近所を一回りするつもりで出かけました。

今回自転車はスーパーシックスではなくSLR。
以前にも書きましたがトップチューブが薄くて何かの弾みで
割っちゃいそうで、なにかと神経を使うので今のところは
あんまり気楽に乗れてないですね。
そのうち慣れるでしょうけど。

とりあえずいつもの天竜川CR(正確には天竜川左岸歩行者・自転車専用道路)
に向かいます。私が特に目的地も決めず走る場合、とりあえずここを
ぼーっと走りながら行き先を決めることが多いです(笑)
自宅を出てしばらくは天竜川の堤防沿いを走ります。

イメージ 1

上流側(豊岡側)からはロードでは堤防道路から直接エントリー出来ないので、
この階段をロードを担いで下まで降りていきます。
ちなみに下流側(竜洋側)は堤防から舗装路を通って直接侵入できます。
ビンディングシューズで階段を降りるのはちょっと怖いので、
こちら側もなんとかしてほしいものです。

イメージ 2

いつも人が少なめで走りやすいサイクリングロードですが、
強風と寒さのためかいつにもまして人がいません。
まあここ風の影響もろに受けるしね…。

イメージ 3

サイクリングロードの終点(竜洋側の出口)はこんな感じ。
直進方向はすぐ行き止まりになります。
ここから再び堤防道路に上り、国道150号線バイパスを東進。
追い風を背に受ける形になるためぐんぐんスピードが上がります。
今日どれだけ風吹いてんだか。

イメージ 4

坊僧川水門に到着しました。10年ほど前はシーバスを狙いに
この辺りに足繁く通ったものです。懐かしいなあ。
頻繁に通っていた割にあまり魚が釣れた記憶がないのがアレですが。

さてここからどうしよう?
出発前はそのまま東へ向かい静岡空港辺りまで行こうかと考えていたのですが、
この強烈な西風では帰りがきつすぎる。
とりあえずそのまま北上してアクティ森を目指すことにしました。

と、その前にちょっと休憩。寒いからね。

イメージ 5

おしるこって高炭水化物・低脂肪でなにげに補給食としては優秀ですよね。
何より寒い時に飲むと体が温まります。
体が冷えてしまいそうなので、休憩もそこそこに出発しましたが
冷えるせいか、飲むものを飲んだらトイレに行きたくなってきました。

イメージ 6

トンボの生息地で有名な桶ヶ谷沼…のすぐ北側にある鶴ヶ池。
ここは公衆トイレがあるので、トイレ休憩に立ち寄ることも多いです。

イメージ 7

すぐ近くでこんな張り紙を見つけました。
注意といっても注意しようがないような気もしますが。

幸いイノシシは現れなかったので、そのまま北に向かい
もうすぐ中遠広域農道に差し掛かるかというところで、
違和感を覚えました。なんかサドルが下がっているような…
気のせいかな?

イメージ 8

気のせいじゃありませんでした。ふと気がつけばほぼ落差が0になってます。
先ほどの鶴ヶ池前の道路は舗装状態があまり良くなくて、
ロードで走るとけっこうガタガタするんですが、その時の衝撃でずれたんでしょうか?
とにかく元通りにしないことにはサイクリングどころではありません。
自宅で自分で締めなおしてもいいのですが、うちにあるトルクレンチは
安物で精度がいまいちのため、もしものことを考えると怖くて出来ません。
幸い購入した自転車店がこの場所から8kmくらいのところにあるため
そのまま向かうことにします。

立ち漕ぎで。

この状態で下手にシッティングで漕いでいると、シートピラーごと
車体を破損しかねませんからねー。
普段あまり立ち漕ぎをしないので、ひたすら立ち漕ぎのみというのは
なかなかに新鮮です。自転車店に着いたころにはへろへろになってたけど(笑)

自転車屋さんで見てもらいましたが、この自転車の組み立て時、
シートピラーにカーボングリップを塗った上で規定トルクで締め込んだそうです。
だから普通なら下がってこないはずなのですが。
これはあれか?やっぱり私の体重が重いのが悪いのか?
結局今回は規定値よりちょっとだけ強いトルクで締めてもらいました。
これでどうなるかしばらくは様子見ですね。

この件でちょっと疲れてしまったため、森には向かわずにそのまま帰宅しました。
今回もほぼ平地ばかり走ってるなあーそろそろ坂も走らないとね。



全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事