ここから本文です

書庫自転車本体・パーツ

記事検索
検索

全1ページ

[1]

KONA ROVE ST 2018

どうもお久しぶりです。

ずっとブログの更新をさぼってましたが、このたび新しい自転車を購入したので
久し振りに記事をアップしたいと思います。
今回新規導入した自転車はこちら!

イメージ 1

カナダのMTBブランド、KONAのグラベルロード ROVE ST 2018モデル。
もとすさんの愛車と被ってしまった…。というより、購入にあたり
もとすさんのブログをかなり参考にさせていただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。

今回新車を購入したもともとのきっかけとしては、スピードをあまり気にせず
のんびり走る自転車が欲しくなったことにあります。
カーボンロードだと、知らず知らずのうちにどうしてもスピードを出しがち
ですからねえ。
最初はサーリーのクロスチェックかストラグラーあたりをフレーム買いして
パーツを組むつもりでしたが、予算の都合でコスパの良いROVEに決定しました。

さて、このROVE、STとついている通り、フレームの素材はクロモリで
各部のパーツもごついため、普段使用しているカーボンロードに比べると
非常に重く感じます。もっとも、悪路走行を考慮するとこのくらいごついほうが
安心感はありますね。

イメージ 2

最初の写真は購入直後のもので、それからライトやバッグなどの装備品を装着し
サドルの高さを下げ(泣)、現在はこうなっております。
新車購入時のままほとんどいじっていませんが、ハンドルのみ
シムワークスのマウンテンドロップハンドル、to smile barに変更しました。
正面から見て極端な末広がりの形状が特徴のこのハンドルですが、
予想以上にブラケットの角度が凄いな…。
悪路走行時に下ハンを持つことで走行が安定するそうです。
握った感じそこまで違和感はなくなかなか良い感じ。

フロントバッグは以前クロスバイクに装着しようとして出来ず
デッドストックとなっていたモンベルのバッグを付けてみました。
容量はそれほどでもないですが、財布やスマホ等の小物を気軽に入れられて
すぐ取り出せるのは便利でいいですね。

イメージ 8

ペダルはショップの店員さんに薦められたKCNCのクリップレスプラットフォームを
選択しました。片面フラット・片面SPDの軽量ペダルですが以前使っていた
○○○の同様のペダルと違ってフラット面の掴みも良くかなりの好印象。
SPDのほうは予算の関係でシューズをまだ買っていないので試せていません…。

イメージ 4

サドルバッグはワールドサイクルのPBブランド、R250シリーズの
防水サドルバッグ(スモール)を装着しています。
将来的にバイクパッキングがやりたくなったときは、もっと容量の大きい
サドルバッグが欲しくなるでしょうが、普段使いならこれで十分でしょう。

せっかくのグラベルロードなんだし、舗装路をひたすら走るのもなんだかなー
ということで、試しに天竜川の河川敷を走ってみました。

イメージ 3

いつも走っているサイクリングロード脇のダートをひたすら南下します。
おおー、見飽きた景色だけど走行感が新鮮で楽しいぞ!
700×36の太いタイヤのおかげで悪路走行も抜群の安定感があります。
ただ空気圧がちょっと高すぎて、路面からの反発をかなり食らって
疲れてしまったため、次回ダートを走るときはもう少しタイヤの空気圧を落として
臨みたいと思います。

イメージ 5

ロードでは走れない場所にも入っていけるのは気持ちいいですね。

イメージ 6

サドルバッグの収納力をテストするために、コンビニで晩酌のお酒とつまみを
購入して運搬してみる(笑)

イメージ 7

入ることは入ったがどうにも不安定。収納方法を工夫する必要がありそうですね。
そのうちこれにクッカーとインスタントラーメンを入れてサイクリング先で
食ってやろうと目論んでます。
先日クロスバイクのタイヤ交換用にシュワルベのマラソンを
購入したのですが、今履いてるタイヤを限界まで使おうという
みみっちく考えたことと、タイヤ交換作業が億劫という2つの理由から
購入したまま押し入れの中で放置しておりました。

そして先日、所要があって浜松までクロスバイクで出かけたのですが…。
やってしまいましたよ、パンク。というかバースト。
国道1号線の交差点で信号待ちをしていたところ、突然
パーン!!という乾いた銃声のような音が響き、
リヤのタイヤが終了しました。
まあこんな状態でしたからね~。

イメージ 1
※注 補修後です

普通のパンクならチューブを交換すれば済むことですが、こんな風に
タイヤが裂けちゃうとチューブを交換しても再びパンクする可能性が高い。
ロードのツール缶にはこういう時のためにタイヤビードを常備しているのですが、
あいにくとこの日には持ちあわせておらず…。
ただラッキーだったことに、パンクしたのが某大手文房具屋の真ん前だったため
店内で布製のガムテープを購入しそれをちぎってタイヤの裏から
ペタペタと貼り付けて応急修理しました。
あくまでも応急処置なので、家に帰るまで再びパンクしないかドキドキでしたよ。
安全に直結するパーツなだけにケチケチしてちゃいけませんね。

イメージ 2

そういうわけで早速タイヤ交換します。おそらく3年は経過しているであろう
古いタイヤをタイヤレバーでひっぺがし、チューブを取り外して
新しいタイヤと入れ替え!
とこう書くと簡単ですが、とにかく新しいタイヤはビードが硬くて
リムにはめるのに毎回苦労するんですよね~。
でも最初はマラソンのいかにも固そうなワイヤービードにびびってましたが、
実際作業してみたら思ったより簡単にはまりました。
タイヤサイズが28Cなのも関係しているのかしら。

イメージ 3

ということで作業終了!前のカラータイヤに比べると見た目が地味に
なってしまいましたが、この自転車はこのくらいの地味な色合いのほうが
質実剛健な感じが出てていいかも。
試しに近所を走ってみました!

イメージ 4

前のタイヤに比べてちょっと乗り味が硬いかな?という気もしますが
許容範囲内でしょう。なにより耐パンク性能に定評があるタイヤの
新品ということで、しばらくは(空気圧さえ注意していれば)
あまりパンクの心配をしなくていいのは大きいですね。
早く交換しておけばよかったです。

実を言うとチェーンとワイヤー類も交換しなければいけないような
気もしますが、予算の関係でそれはまた次の機会に…(笑)




クロスバイクのタイヤ

私はロード以外はMTB(スペシャライズド スタンプジャンパー)と
クロスバイク(同じくスペシャライズド シラスエリート)を所有していますが、
そのうちクロスバイクのシラスに履かせているタイヤのサイドにいくつか
クラックが見られそろそろ限界っぽいので、通販で新しいタイヤを購入する
ことにしました。

普段私は通販で物を買う場合、amazonを利用することが多いのですが、
楽天ポイントが4000ポイントほど溜まっていたことも有り、
今回は楽天市場で購入してみました。

私がクロスバイク用のタイヤを選ぶポイントとしては以下の2つ。

1.高い耐久性
週末ロングライドや練習に使うロードバイクと違い、普段の足としての
利用が多いクロスバイクはタイヤを長い間履かせっぱなしにすること
が多いと思われるため、なるべく長持ちするタイヤが欲しい。

2.視認性の良さ
私は数年前の自転車通勤中に車に跳ねられたことがあり、
(何を隠そうクロスとMTBはその時の保険金で購入)
街中を走行する機会が多いクロスバイクは、なるべく車から
発見されやすく派手なデザインのほうが良いのでは思うようになりました。
とか言いながら買ったシラスのカラーはマットブラック…
夜間はライトを点けるとはいえ、基本夜間は視認しづらいカラーなので
せめてタイヤ位は見やすくしたい。

ということでネットで色々下調べした結果、今回購入したのは
シュワルベ・マラソン!
…定番中の定番ですね。リフレクター付きで夜も安心です。
パナのツーキニストと最後まで迷いました。

ポチってから約三日後、ブツが届きました。 

イメージ 1

…凄いなあ、こういう状態で来るんだ…。
そういえばロードのタイヤは買ったことがあっても、クロスのタイヤを
通販で買うのは初めてかも。自転車屋でもクロス用の700×28cのタイヤは
こういう状態でぶら下がってることが多いですもんね。

さて、買ったのはいいけどいつタイヤ交換しようか。
出来れば昼間やりたいけど、今週末の土曜日は御前崎で釣りだし
日曜日は浜名湖サイクルツーリングだしでなかなか交換できそうにありません。
まあ今は自転車通勤もしていないためそう急ぐわけでもないし、
ぼちぼち暇をみて替えようと思います。


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事