ここから本文です

書庫全体表示

2016年もあと2時間


ハードオフは相変わらずで今年はオーディオ機器はほとんど入手しなかった。

確認してみたところ今年ハードオフで購入したオーディオ機器は
・カセットデッキ…1台 (昨年2台, 一昨年5台)
・CDプレーヤー…1台 (昨年1台, 一昨年1台)
・チューナー…1台

と、カセットデッキはたった1台のみで、去年も2台だけだったがそれを更に下回る結果となった。一昨年は5台入手しているので去年あたりから全体的に価格が上昇し掘り出し物が減ったと考えられる。そもそも状態のいい製品がかなり減少しており、樹脂パーツが破損していたりツマミが欠損していたりするものが一昨年以前と比べてかなり多くなった気がする。



そもそもここ最近オーディオ機器は全く弄っておらず、カセットテープへの録音も一昨年以降していない。
という感じでほとんどデッキ軍を動かしていないせいか色々と不具合が出るようになった。

イメージ 1
昼に撮影した画像がなかったので暗くて見辛いが現在のメインシステムはこのようになっている(何故かTC-FX6Cの電源が入ってない笑)。メタルラックの2段目と3段目、画像には映っていないが4段目の左半分がメインシステムで、絶不調であるにも関わらずシステム入りしていたTC-KA5ESは入換のために外した。

普段カセットテープを聴く際は2段目右列にあるVictor DD-VR77か左列最上段にあるSONY TC-WR900のどちらかを使用しているが、現在はTC-WR900しか使用できない状態になっている。

そのTC-WR900は2モーターシングルキャプスタンということもあって絶好調。

それの下にあるSONY TC-K222ESLはメカは快調だがワンウェイということもあってあまり出番はない。録音時の音割れについては今年1度も録音作業していないのでどうなっているのか不明。

一番下のTEAC V-5010はつい最近まで快調動作だったが今月に入って動かしてみたらテープを巻き込んだのでキャプスタンの回転に問題が発生した模様。そのようなこともあって現在は使用禁止状態となっているが、最下段にあって取り出せないので222ESLと同時に点検することになりそうだ。

その右にあるA&D GX-R75CXは去年使ってみたところ再生しているうちにテープスピードが徐々に遅くなる現象が発生していたので、DD-VR77をメインで使っていたこともあってほとんど活躍させていない。

問題はその上にあるVictor DD-VR77で、去年までは快調動作だったが、今年に入って急にキャプスタンが回らなくなる症状が発生し、フィルムコンを交換してみたが直らず。不思議なのがフライホイールを軽く突くと回り始めてその後は安定しているので何かに引っかかって回らなくなってしまっているようだが、引っかかるようなものもないのでモーターの部分に不具合が発生したか若しくはグリスの問題か… 更に謎なのがデッキを縦にすると問題なく回る。
そしてここ最近になって更に症状が悪化し、タクトスイッチの誤動作が酷く、巻き戻しすら出来なくなってしまった。
問題が発生しているのは「DIRECTION」,「REWIND」,「REC」,「RECMUTE」で、ダイレクションボタンを押すと巻き戻しになったりミュージックスキャンになったり稀に反転動作したり。それ以外のボタンはダイレクションボタンがしっかり動作したとき以外は無反応。恐らくタクトスイッチの接触不良と思われるので来年の春頃にでも交換してみたいと思う。TC-K222ESLもたまに停止が巻き戻しになったり巻き戻しが早送りになったりするので同時に変えたほうが良さそう。

その上のPD-7030も去年まで調子良かったのが急に不調になり、読み込みに失敗することが多くなった。再生できればその後は問題ないのでシーク用ベルトがおかしいのかピックアップレンズが汚れてるだけなのかはたまたレーザーダイオードの問題か… シーク用ベルトは去年交換したばかりなので考えにくいが。



3段目のデッキは普段使用していないので割合する。気が向いたら追記として書くかも。


ということであまりオーディオ熱は入らなかった2016年だった。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事