ここから本文です
元秘書の華麗なる生活―輝きたい貴女のために素敵な生き方教えます―
しばらく多忙につき、記事のUP、皆さまへのご訪問遅れています。すみませーん!!

書庫

主に日本国内を旅した場所について綴っています。
記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 中日新聞で、このコラム見て、なんだか嬉しくなりました。
 皆様、海外に出かけた時(主にアメリカなんでしょうが)、チップはどうされていますか?

 まず私は、両替の時、なるべく小さい紙幣を沢山入れて頂くようにします。
 両替も、日本では手数料が高いので、たいてい海外に着いたとき、空港で少し、あとは市内の両替所もしくは銀行などで両替します。もっとも額が多くなければ、その差はたいした額ではないのですが、どうもこういう細かい所にセコくなるんですね。

 と、まあ余談ながら・・・紙幣のこと言っていましたよね。
 たとえば、アメリカなら、1ドル紙幣を沢山両替します。なにしろ、ちょっとしたチップ、何か頼んだとき、荷物を持っていただいたときなど・・・必要となりますので。
 これが、ホントによく使います。

 日本では、チップという習慣がないので、スマートに使えないのですが、アメリカに駐在していた方に聞くと、紳士淑女の嗜みとして、チップは必要。
 タクシーに乗った時、レストランなど、絶対に渡すべきだそうです。
 ガイドブックなどでは、チップは、10~15%となっていますが、アメリカでは、使用人の賃金ベースが低いので、高級レストランなら、20%以上は払うのだそうです。

 さて、私はというと、コラムのとおり、タクシーに乗った時、ホントにあせります。
 料金を確認して、素早くチップを入れて支払わなくてはなりませんので・・・(汗)

 レストランでは、20%ということが頭にあるのですが、そちらのサービスと、料金を見たうえで、キリの良い額を明細に記入しています。

 ただ、レストランでは、お客さんのテーブルにサーブしたりオーダーをとるマネージャーみたいな方と、その下のサービスの方といます。私のチップは、果たしてどのような割合で配分されているのかしら・・・?

 つらつらと書き連ねてしまいました。
 チップの習慣が無くなると嬉しいですね!
 

空の上のレストラン

イメージ 1

 これ、新聞で見つけました。
 大きく表示することが、うまくできないのですみません。
 JALの国際線の機内食です。
 欧米線では、シェフとのコラボによるメニュー「BEDD」、食べる、美味しい、夢みごこち・・の意味をこめた機内食。シェフとJALの担当者の方が、綿密な打ち合わせを重ね、出来上がったものだそうです。
 中でも、半調理という方法、地上で、お肉を半分焼いて、65度の油につけて、機上に乗せ、温めてサーブするという作業。レストランでも行っていることで、飛行機でも柔らかくて、出来立てのお肉が出来上がるそうです。

 今まで、飛行機内では、それほど機内食に興味がなく(エコノミーでしたので)、あまり食べなかったのです。最近、乗る機会も増え、ビジネスクラスへの搭乗の機会も増えました。そこで驚いたのが、お料理の内容はもちろんですが、CAさんのサービスの違いです。当然のことでしょうが、エコノミーでは、10羽ひとからげの状態です。
 ファーストクラスは、さらにホスピタリイあふれるサービスだそうですが、私は、ビジネスに乗れれば良いかなと思っています。
 しかし、お料理やサービスはもとより、飛行時間が長いほど、エコノミーは辛い・・・楽に移動したくなるのは、人間の性ですわ。
 
 この記事を読んで、そういえば、先日のサンフランシスコ行、母と一緒だったので、ビジネスクラスに搭乗したのですが、珍しく、母がステーキを選び、お肉が美味しい!と喜んでいたのを思い出し、掲載してみました。

 ご参考までにお料理をご覧くださいませ。

イメージ 2
 
 これは、成田からロサンゼルスまで。
 シートはSKY SUITE777でした。
 まず、飲み物とアミューズ。

イメージ 3

 和食と洋食のチョイスができます。
 こちらは、洋食の前菜。
 パンはメゾンカイザー。

イメージ 4

 色が悪いのですが、こちらがメインのステーキ・
 手前は、マツタケらしいです。
 このお肉が、とてもジューシーで美味しかったと、母は喜んでいました。

イメージ 5

 私は、もっぱら和食です。
 これだけキレイにそろっていると、ついお酒もすすみます・・・(スミマセン)

イメージ 6

 和食の台のもの。
 日本航空さんだけに、和食を選ぶ方が多いのか、目にも優しく美味しい和食となっています。ご飯も炊きたてのコシヒカリとのことで、お酒飲んでいるので、ほとんど頂かないのですが、少し食べてみました。はい、確かに美味しいです。

イメージ 7

 お料理のあとに、デザートがありますが、私は、デザートはやめて、こちらのチーズの盛り合わせ。ついでに赤ワインをもう一杯と。

 という感じで、JALさんの戦略にぴったりとはまり、ワインとお料理も楽しめるという楽しい旅を満喫しております。
 ついでに、呑兵衛ということが、CAさんにもわかるようで、2杯目のワインの量が、いつも並々なんです・・・(笑)

 最近、散財していますが、もっと頑張って働かなくちゃ!!


イメージ 1

 姪が行きたがるので、それを口実に、また出かけてしまいました、韓国。
 週末の夕刻便にて、ソウルまでひとっとび。
 今、名古屋からソウルまでは、JAL便は運行しておらず、大韓航空との提携便です。
 JALのホームページから航空券の予約はできますので、それで、一番格安のチケットを購入し、いざセントレアへ。
 私の感覚では、東京より近い韓国〜
 今年から、JMBサファイアのステイタスを取得したので、エコノミー席ですが、サクララウンジに入ることができました。
 これ、ホント嬉しいです。先日の上海行きでも、この恩恵にあずかり、ラウンジ利用に加えて、優先搭乗、バゲージも一番に出てきたし・・・。
 皆さんが、JGOになるために、修業する気持ちがよくわかりました。
 些細なことですが、こういうちょっとした特別感、庶民には嬉しいのです。

イメージ 2

 成田行きの便が、国内線になってから、セントレアから国際線に乗ることが少なくなりました。
 セントレアの国際線は、もっぱらアジア路線のみなので、国内線で、成田か羽田に出ることが多いです。
 さすがに、セントレアのサクララウンジ、この時間にJAL便はないのか、どなたもみえませんでした。お上りさん候の私たち家族のみ。

イメージ 3

 なんと貸切状態です。

イメージ 4

 軽食からサラダ、フルーツ類、名古屋らしく、COCO一番のカレーもあります。
 お腹は、それほど空いていないので、オツマミと飲み物を頂きました。

イメージ 5

 いつも、結構な人なので、入口付近にしかおらず・・・こんな奥にバーコーナーがあるとは・・・初めて知りました。

イメージ 6

 
 ややカントリーチックではありますが・・・

イメージ 7
 

 わっ!お酒もそろっています。
 搭乗までのひととき、誰もいないラウンジで、のんびり、まったりさせていただきました〜
 

 
 
イメージ 1

 サンフランシスコからの帰国便は、羽田に10時過ぎにつきます。
 よって、中部への便はなし。もちろん、新幹線もありません。

 朝8時の国内線に乗るため、この日は、都内に宿泊することとなりました。
 都内にホテルはあるものの、朝の8時に乗るわけですから、この日、まだオープンしたてのロイヤルパークホテル羽田に決定。
 なんでも、羽田の出発ロビーのすぐそばにあるという、興味深々のホテルです。

 こちらがエントランス。
 確かに、空港の一部といった感じ!

イメージ 2

 こちら出発ロビーの一番端にあります。

イメージ 3

 ロビーは、スタイリッシュ。
 空港やラウンジにいる時と同様、飛行機の搭乗時間の掲示板があったりして、空港内のホテルって感じが伝わります。
 空港からバゲージをカートごと持ってくることもOK。
 私など、サンフランシスコで購入したワインの箱まで持ち込みました。


イメージ 4
 

 廊下はいたってシンプル。

イメージ 6

 
 泊まるだけなので、白とダークな茶色を基調としたお部屋は、シンプルだけど無駄のない造り。
 ハリウッドツインで18㎡くらいです。

イメージ 5

 バスもシンクもシンプルですが、なにしろ新しいので、気持ち良いです。
 バスタブは、やや深めで狭いものの、ゆったりとできるバスでした。
 寝るだけというものの、新しいホテルで、ホント気分良く、いかにもこの狭さが日本に帰ってきた〜と落ち着く感じなのです。

イメージ 7

 そして、窓の外は、空港の駐車場。左手はターミナル。
 ああ、空港にいるんだっていう臨場感、たまらなく嬉しいです。


イメージ 1

 空港って、いつも慌ただしくチェックインし、飛行機に搭乗し、帰りは、これまた慌ただしく去ってしまいがち。
 どこの国へ行っても、落ち着いて散策しているヒマなどありません。
 サンフランシスコの帰りは、羽田に10時過ぎに到着します。
 もちろん、当日、中部への国内線はなし。新幹線にも間に合いません。
 というわけで、この日は、羽田で一泊。
 翌日の朝の便で中部へ帰ります。
 実は私、羽田は2回目。どういうわけか、名古屋便は、成田乗換が多いのです。

 
イメージ 2

 深夜の発着は少ないため、出発ロビーも人がまばら。
 でもこの風景、本当に美しい。
 海外へ旅立つ玄関として、日常の喧騒を忘れさせてくれるような澄んだ輝きがあります。
 ああ、もっとも、朝昼は、このカウンターも人が溢れて、そんな雰囲気じゃないのかしらね・・・

 羽田をよく利用されている方は、何てことのない風景なのかもしれませんが、私、とても気に入りました。


イメージ 3

 幻想的な江戸舞台。

イメージ 5

 江戸小路です。
 深夜なので、お店は閉まっていますが、お土産物屋さんや飲食店など。
 江戸情緒なお店が、軒を並べ、素敵です。

イメージ 6

 江戸小路から、日本橋という階段を上がると、お祭りの櫓があります。


イメージ 4

 
 ターミナルのブルーの木仮と江戸情緒のコントラスト、日本って素晴らしいと感じるひととき。

イメージ 7

 5階のTOKYO POP TOWNから展望デッキに出ると、冬の澄んだ空気が、Tokyo International Airportの文字を浮かび上がらせています。

イメージ 8

 出発を待つJALの飛行機。
 夜の滑走路は、静かな輝きを放ち、飛行機の姿が雄々しい!

 改めて、羽田の美しさを実感しました。
 

 しかし、翌日早朝

イメージ 9
 

 江戸小路にある「銀座 おぐ羅」で出汁茶漬けと

イメージ 10

 おでんセット。
 だって、母が食べたいというんです〜
 やはり食い気で終わりました、この旅も。(笑)
 
 
 

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事