ちゃりんこでいこう・登山・猫・電車・オカメインコ・クリスチャン

マウンテンバイク インストラクターです。元自衛官空挺隊員パラシュウト部隊です。ダイバーでもあります。

全体表示

[ リスト ]

聖木曜日を経て

ちょっと記事をお借りしてきました

伝統的教会では、復活祭の前に40日の四旬節が置かれる。ただし、この40日には日曜日を含めない。カトリックなど西方教会では、四旬節は灰の水曜日に始まり、主の晩さん(聖木曜日)の夕べのミサの前まで続く。正教会では四旬節を大斎(おおものいみ)ともいう。数え方は若干西方と異なり、日曜日および土曜日を含めず、復活祭の7週前の主日である断酪の主日(赦罪の主日)の日没後から始まり、復活祭前の水曜日(聖大水曜日)に終わる。なお聖公会でも四旬節を大斎と呼ぶが、読みは「たいさい」である。大斎節(たいさいせつ)とも言う。

復活祭前の一週間は「聖週間」「受難週」等と呼ばれ、典礼の中で非常に重要な位置を占めている。まず復活祭前の日曜日は英語でパーム・サンデー(Palm Sunday、「椰子の日曜日」の意。日本語では枝の主日、聖枝祭、復活前主日、棕櫚の主日、受難の主日など)と呼ばれ、大きな主日のひとつとされている。

正教会では受難週のそれぞれの日を、聖大月曜日、聖大火曜日、聖大水曜日、聖大木曜日、聖大金曜日、聖大スボタと呼び、毎日特別の礼拝を行い、イエスのエルサレム入城から受難を経て復活するまでのそれぞれの日を象り記憶する。また西方教会でも、受難の月曜日、受難の火曜日、受難の水曜日、この週の木曜日から土曜日までは特に、聖木曜日(洗足木曜日)、聖金曜日(英語でGood Friday、受難日、受苦日)聖土曜日と呼ばれ、特別の儀式が行われる。多くの教派では復活祭の祝いが始まるのは(ユダヤ暦が日没を一日の始まりとすることから)土曜日の夜からであり、これを復活徹夜祭という。 カトリックでは「過越しの三日間」として、人間にあがないをもたらしたキリストの受難と復活を主の過越の出来事として祝う。「過越しの三日間」は主の晩さん(聖木曜日)の夕べのミサから、復活の主日の「晩の祈り」までとし、年間を通した典礼暦の最高頂である。中でも復活徹夜祭を最も重要な祭儀としてこの日に洗礼を授けることが多い。

復活祭から始まる季節が「復活節」(カトリック教会・聖公会の用語)・「復活祭期」(正教会の用語)であり、ペンテコステ(聖霊降臨)の日まで7週間続く。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事