ここから本文です
台町子ども会野球部のブログ
チーム非公式?少年野球以外もあります。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

前期型 1968年9月〜1970年2月 RT60
コロナ・マークII 4ドアセダン 1600 デラックス
 
7R 直列4気筒OHC 1591cc 
85ps/5500rpm 12.5kg・m/3800rpm

イメージ 5

イメージ 6

前期型 1968年9月〜1970年2月 RT62
コロナ・マークII 4ドアセダン 1900 デラックス
 
8R 直列4気筒OHC 1858cc 
100ps/5500rpm 15.0kg・m/3600rpm

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

中期型 1970年2月〜1971年2月 RT62
コロナ・マークII 4ドアセダン 1900 デラックス
 
8R 直列4気筒OHC 1858cc 
100ps/5500rpm 15.0kg・m/3600rpm

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

後期型 1971年2月〜1972年1月 RT62
コロナ・マークII 4ドアセダン 1900 デラックス
 
8R 直列4気筒OHC 1858cc 
100ps/5500rpm 15.0kg・m/3600rpm

トヨペットブランドとしては最後に新規発売された車種である。
ユーザーの上級志向化や、
クラウンとコロナの中間モデルが要望されていたため、
当初次期コロナとして開発していたT60系は、
「コロナ・マークII」とし、
コロナはマイナーチェンジに留め、
フルモデルチェンジを2年延期した。
車両型式はT60系(4ドアセダン)とT70系(2ドアハードトップ)で、
コロナの型式を踏襲する(このため、コロナはこの番号が欠番になっており、
T50系のあとはT80系に飛んでいる)。
デザインはコロナの「アローライン」を継承しながらも、
ひと回り大きくゆとりあるものとなった。
ワイドバリエーションを誇り、4ドアセダン/2ドアハードトップ/バンに加え、
ワゴン、さらにピックアップモデルまで用意されており、
日産ローレルを販売台数でリードした。
なお、ワゴンとバンではリアのデザインが大きく異なる。
エンジンは1,600ccの「7R」と1,900ccの「8R」で共に水冷直列4気筒SOHC。
それぞれにシングルキャブレター仕様とSUツインキャブレター仕様が用意された。

流石にこの車位になると私の年齢ではお目にかかったことはありません。
※画像とグレードが一致して無い場合にはご一報を。

第158弾
トヨタ自動車株式会社
コロナ・マークII 4ドアセダン 1900 デラックス 

この記事に

  • 顔アイコン

    こんばんわ♪
    実車って見たことないです(汗)
    この後のは父親が乗っていたんで♪

    [ スナフキン卿 ]

    2015/4/26(日) 午後 10:04

    返信する
  • 顔アイコン

    > スナフキンZERO様
    お世話になっております。
    2代目記事のアップ・・・・
    気長にお待ちください!

    管理人 夫

    2015/4/26(日) 午後 10:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事