そらとはなと

ハンドメイドの記録です※ハンドメイドに関係のないコメント等は予告なく削除させていただきます

妊娠性痒疹

日記的な感じで、自分の忘備録としても
私の妊娠生活についての記録も残しておこうと思います。

まさかの妊娠が発覚したのが去年10月。
11月頭くらいからつわりが出始め、みるみる悪化。
Hanaの時も相当つらかった記憶だけど、それでもと同じかそれ以上につらかった。
上2人の時は食べられくなる、ということはなかったのに、
今回は食べられなくなり、3人目にして初めて体重が減りました(笑)
仕事に行くのもつらくて、シフトをかなり減らしてもらいました。
その辺は融通を聞かせてくれる職場で本当に感謝しています。

安定期をすぎてようやくつわりがよくなってきたころ、
若干胸やおなかのあたりのかゆみを感じ始めました。1月の初めころかな。

どんどんとかゆみの程度と範囲が広がっていき、検診の時に産科の医師に相談して
飲み薬と塗薬をもらいました。
でも、症状はひどくなるばかりで、1月下旬に皮膚科を受診。

診断はやはり妊娠によるホルモンバランスの崩れなどによるものだろうとことで
これ!といった対処法もなく。
産科でもらった塗薬はちょっと弱いからと強めのステロイドをもらいました。

自分でもネットでいろいろと調べてみたところ、
「よもぎローション」が良い、との情報があったので早速購入。
メントールが入ってるのかな、スーッとした感じが気持ちよい感触ではありましたが、
すでに掻き壊してしまっている部分があったため、沁みてしまって
数度使って以来使っていません。
もっと早めに使い始めたらよかったのかな?

また、おなじく妊娠性痒疹を経験した方のブログを拝見していたら
これにかかるのは
・経産婦
・おなかの子が男の子
・おなかの子と母親の血液型がことなる
場合に多いと書かれていました。
なので、男の子なのかな〜なんて思っていましたが、
私の場合は女の子と判明。血液型に関してはまだわかりませんね(笑)
でも、職場に一人目の時になった、という方もいらっしゃるので
上の条件も一概には言えないんだなと思います。

今までの人生、肌トラブルにあったことがなかったんですが
今回、今まで普通に着ていた綿素材の服なども、ものによって
「痛い」と感じるようになり、
下着やパジャマをすべてオーガニックコットンのものに買い替えました。
さすがオーガニックコットンだとちくちくしたりすることはないんですが
お風呂に入った後、保湿剤やらステロイドを塗って
衣類を身に着けると、オーガニックコットンですらとても痛い。
細かい針が全身に刺さっているような感覚です。
でも寒いし家族もいるし全身ぶつぶつで汚いから裸でいるわけにもいかず
この時間帯はかなりの苦痛です。

いままでどうしても寒いので湯船につかってしまっていましたが
すこし暖かくなってきたので、シャワーだけささっと浴びるようにして
あまり血行を促さないようにしたらどうだろうと試してみているところです。

このかゆみは出産後まで続くようで、あと4か月以上、
耐えられるのか心配です。
仕事のことを考えたとき、5月半ばで産休に入る予定なので、
あっという間だなあとも思うけど、
実際のところ毎日つらくていちにち一日が長くて
早く生んでしまいたい!気持ちと闘ってます。

本当に、何をしていてもあらゆる場所が痒くて、一度はあきらめた3人目の妊娠への喜びもつかの間
つわりからの痒みで、妊娠生活の厳しさをかみしめてます。
こんな経験せずに産める人もきっとたくさんいるんだろうにな〜
なんてことも思ってしまいますが、こればかりは仕方ないですよね。
これを乗り越えて出会える赤ちゃんは、それはそれは可愛いはず!!

でも、今の生活がつらすぎるおかげで(?)
産むときの陣痛だとか痛みへの恐怖は全くなく、
とにかく早く楽になりたい(笑)
もちろん、産んだらまた別の大変なことがあるのはわかってますよ。

顔の表側に出ていないのがまだ幸いですが、
手の甲や首元にもぶつぶつができていて、どうしても目に入ってしまい、
自分で見てもきれいなものではないし、
知らない人が見たら「変な病気?」と思われても仕方ないような状況なのが
切ないです。


なんだか、ぐちぐち女々しいことばかりつづってしましましたが、
どこかに吐き出さなければつぶれてしまいそうで。
また経過報告します。


開く コメント(0)

ご無沙汰しています

こんにちは(^^)

いつの間にか2019年も2月を終えようとしていますね(汗)
2018年は、自分にとってのハンドメイド人生について大いに悩んだ年であった訳ですが、
私個人のとしての人生においても大きな出来事がありました。
インスタの方でもご報告しましたが、
去年秋に妊娠が発覚し、現在6ヶ月になりました。

3人目は1度はないと思っていたものの、40歳を目前にして、やはり欲しい気持ちが再燃、もう1人産みたいね、と。
結構直ぐに出来るとなんの根拠もなく思っていたもののなかなか恵まれず、そうこうするうち40も過ぎ、もう、2人の子どもに恵まれたし、子育ても一段落して自分の時間も取れるようになったし、これでいいかと諦めた時、妊娠がわかりました。


2年前にも1度妊娠して流産しているので、不安で、つわりも酷くて寝込む毎日で、
やっと安定期に入ってつわりも落ち着いてきたと思ったら、今度は妊娠性痒疹に。

これは私も初めての経験で、
『痒み』ってこんなに辛いんだと実家しています。
最初はお腹の辺りだけだった痒みが、全身に広がり今や体中がブツブツに。
目に入る度、気分が滅入ります。

妊娠中なので強い薬も飲めず、
ただひたすら耐える日々。
これが出産まで続くのかと、本当に気落ちします。
猛烈な痒みに耐えられずにかいてしまい、
服や下着に血が着くのも悲しい。

その中でも1番辛いのはやはり夜眠れないことかな。
かれこれ1ヶ月、慢性的に寝不足だし
色々気力が奪われている気がします。

年明けにミシンを2台ともメンテしてあるのに、ほとんど使えないまま。
でも今日、なんとか気持ちを奮い立たせて少し縫ってみました。
やっぱりミシンは楽しい。

お腹の子は女の子とわかっているので、
小さいお洋服、産まれる前に少し縫いたいな。

ちなみに上の子とは丸13年差です。
まさかのマタニティ卒業式&入学式です(笑)

開く コメント(0)

2017年から2018年へ

ああ、もうすぐ2017年が終わります。
というか、日が変わる前に書き終わらないな、きっと^^;

2017年は、私にとって、とても大きな変化を迎えた年でした。

息子が産まれ、一枚の布が洋服になる魔法のような大きな魅力に
心を奪われてから、
本当に本当にわき目もふらずにハンドメイド一色の人生でした。

布を見ても何を作ろうか何も思い浮かばないことがあったりもしました。
でも、基本的にお洋服を作ることに対する興味がなくなったわけではなくて、
そんな時にでも
いつも頭の中はお洋服のことでいっぱい。
アンテナは張り巡らせていました。

それなのに。

あんなに長い期間、縫えなくなる日が来るだなんて、
1ミリも予想してませんでした。

あの2か月は、本当に廃人のような生活だった。
ミシンができなくなって、
何をする気力もなくなって、
ミシンがなくなったら私には何が残るの?
何も残らない・・・

そんな事実に愕然として。

エブリスタに出会って、いろんな小説を読んで
Twitterでまたいろんな出会いをして。

ある程度縫えるようにはなったけど
以前のような熱量はない。


趣味なんだから、それでも何にも問題ない。

そんなことわかってる。

でも、もどかしい。

一番どうしようもないのが、
いま自分が
どうしたいのかどうなりたいのか
ハンドメイドとどう向き合いたいのかが
分からないこと。

何をしている時が楽しいんだろう。

それが、自分でわからない。

でも、それって、考えることじゃないよね?
楽しいって、
感じること。

それがいま見えなくて苦しい。

2018年の始まりは
まずどう進んでいきたいのか、
自分の心と向き合うことから始まりそうです。


最近いつも同じような内容になってしまってごめんなさい。

2017年の記録です。

子供服167
大人服 17
その他 180

2018年はどうなることか・・・。

こんな私ですが、2018年もどうぞよろしくお願いします。



開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

嬉しいご縁

先日、嬉しいことがありました。

tetoteに出したお洋服を久しぶりに購入していただいたんですが、
それが以前にも購入してくださったことのある方で、
懐かしくて、
私のことをまだ覚えていてくれたんだと
とても嬉しかったんです。

イメージ 1
そしてそして、
さらに嬉しいことに、
以前に購入してくださったお洋服を、今度は妹ちゃんが着てくれていて。
気に入って大事にしてくれていたんだなあと、本当に感激です。
着画まで送ってくださって(私が作ったのはボトム)。
これを作ったことも、購入してくださったことも私自身も覚えていたので
当時のことを思い出して感慨深いです。


いまもまだ、
小さい子供服を作りたい欲求と、
我が子に自分の服を着せたい欲求と
ジレンマを抱えてます。
両立できないことでもないんだろうけれど、やはり一番は小さな子供服を我が子に着せたい
ってとこでね。


実は、
もう一人欲しいな、なんて思って
夫とも話し合って
できればいいね、なんて思っていたんだけど、
やはり年齢の壁は高く、現実は厳しくて。。。

そろそろ本当にあきらめなくちゃ、
なんておもっているところです。
万一今妊娠したら上のこと1周りも離れちゃうしね。


我が子用の大きいサイズのお洋服も、
小さいサイズのお洋服も、
自分の大人用のお洋服も、

楽しんで作っていけたらそれが一番だよね。

お洋服が運んでくれた素敵な縁がたくさんある。
それに感謝しながら、
いつまで続くかわからないけど、
ハンドメイドを楽しんでいきたいなと思います。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

玉ねぎタートルフード

インスタでお友達が使っていて、ずっとほしかった玉ねぎちゃん。

やっと手に入れることができました〜!

イメージ 1
パターン:hibi+ タートルフード 90


結構しっかり目の裏毛です。
冬の定番タートルフードにしました〜。

サイズ90。
やっぱりこのサイズのお洋服が一番可愛いと思う。

小さいサイズなので、付属はアランで。生成りです。

フード裏は大好きティミエール。
イメージ 2

ティミは肌触りがすべすべだから気持ちいいよ〜。


玉ねぎ、気球みたい♪

イメージ 3
この後ろ姿も好きだなあ〜。

タートルフードは我が子は着てくれなかったという切ない思い出のパターン。
可愛いのにね。

どなたかのお気に入りになりますように・・・
tetoteに出品します。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事