ロマンシングサガMS 真サルーインOD禁止単独撃破への挑戦

真サルーインよ!!エロールの子の英知を結集し、すべての攻撃に耐え、お前を倒す!!!遂に連携解禁の真サルーイン単独撃破を達成!

全体表示

[ リスト ]

装備&戦術の詳細解説

今回撃破を達成した装備&戦術の詳細を紹介します。


幻体リヴァイヴァについて


「幻体リヴァイヴァ」とは
リヴァイヴァ状態で幻体戦士術を使用すると幻体リヴァイヴァ状態となります。
名前のままですが、本体をリヴァイヴァで保護した状態で戦闘をすることができます。


その特徴は以下の通りです。


1.幻体状態で使用した術(アーマーブレスやセルフバーニングなど)は幻体が消滅した場合、
その効果は本体には引き継がれない(状態異常も同様)


2.幻体リヴァイヴァ状態でダークネピュラなどの魔法盾解除を受けても
本体のリヴァイヴァは解除されない。


また、オプションとして
幻体リヴァイヴァ状態でのセルフバーニングやイージスの盾の使用も有効です。
この方法を使うと本体と幻体とで別々の魔法盾を展開可能になります。


動画の序盤では氷幻術のマヒを防ぐ狙いでセルフバーニングを使用しています。
イージスの盾は低確率ですが、ダークネピュラ、心の闇、デルタペトラ、剣の雨なども回避します。
今回は回避確率が高くないので使用していません。


次に、
幻体がHP0になった時の処理が多少複雑で具体的には以下の通りです。


1.幻体リヴァイヴァ状態

↓(HP0で幻体解除)←この時点で本体のリヴァイヴァが誤作動している模様

2.本体リヴァイヴァ状態

↓(HP0でリヴァイヴァ復活)

3.本体(同一ターンなら、さらにリヴァイヴァ復活可能)

↓(次ターン)

4.本体のみ


となります。


要するに

幻体解除 → 本体リヴァイヴァ発動

となります。




以上のことから、
幻体リヴァイヴァ状態でダークネピュラなどの魔法盾解除を受けても
本体のリヴァイヴァは解除されず、またターン経過はカウントされず10ターン以上維持出来ます。
幻体リヴァイヴァ状態では本体とは別に魔法盾を展開できるという強みもあります。
この幻体リヴァイヴァ計画の柱となります。


そして
幻体戦士術の特性である
幻体時で消費したEPやLPは本体には引き継がれません。

なので、
幻体発動&消滅を繰り返すことによってEPやLPの消費を気にする事なく、
使い放題となります。
その結果こちらの攻撃力が従来比1.3倍ほどになり、早期の撃破が可能となります。

戦闘時間短縮によりゴットハンドを使用される回数が減る訳ですから、
その結果こちらの勝利の可能性も上がることになります。


装備は以下の通り


クラス・ローザリア重装兵L5
配置・前列
体術・A&Dモード

流星刀(Aモード・状態防御+30・器用さ+3・素早さ+3・強度0・EP30・性能45)
流星刀
ブリムスラーブス+3(Tモード・精神+5・補強材:怪魚の石鱗・強度+1・性能20)
青の剣+5(Aモード・状態防御+20・補強材:蒼鉛・強度+2・EP60・性能38)

竜鱗の盾(耐火・耐冷・耐電+10)
スマートヘルム(ガーラル補強)
フィールドアーマー(ガーラル補強)
ドミナントクラブ(ガーラル補強)
レッグメイル(ガーラル補強)
お守り(気絶・即死に耐性)
ガーディアンリング(状態防御+10)

となります。


体術は第一形態ではDモードでカウンター狙いです。
第二形態では威力を重視してAモードで三龍旋を使用します。
回復はDモードで錬気となります。


ブリムスラーブスは幻体戦士術とアーマーブレスを併用するための装備となります。
有難いことに改造可能なので「怪魚の石鱗」で補強しておきます。
精神+5も状態異常の発生&解除確率を下げる(上げる)という意味で重要かと思います。
(狂戦士の状態異常に一度もかかっていないのはこの影響が大きいと思います)


そして、ミンサガ版ロトの剣ともいえる「青の剣」については
状態異常防御+20もさることながら、
第一形態に対しては「不動剣」、第二形態に対しては「アッパースマッシュ」
を連発して使えることが魅力的でした。


「青の剣」は当初、EP消費が激しいことから使用を諦めていたのですが、
幻体リヴァイヴァを採用してから、伝家の宝刀へと変貌しました。


蒼鉛で補強することで強度+2・EP60となり、
不動剣&アッパースマッシュの消費EPがそれぞれ「3」の消費となりますから、
合計20発使用できる計算となります。
なので、
第一形態に対しては不動剣を10発まで使用し、
残りの10発分は幻体リヴァイヴァと併用し、
使用回数をループさせることでEP消費の問題をクリアしています。
この効果は撃破動画を見て頂ければ理解して頂けると思います。


補足として、
第二形態では攻撃missによる不発を防ぐ為に多段ヒットする技を使用しています。
(アッパースマッシュ、三龍旋、光の腕)
これにより無駄なく攻撃する事ができます。


しかし、この装備をそろえるのは非常に困難かと思います。
そういった意味では渡り鳥さんの装備&戦術が一番現実的かつ、
有効なのは間違いないと思います。


ですから自分の撃破パターンはかなり限定的かと思います。
皆さんは危険ですから真似しないでくださいね(笑)


次に恩寵値限界突破について、


「5大神、神の恩寵大祭り」と称して
100万金を投資しましたがその効果は微妙なところでしたね。
エロール、ニーサ、アムト、ウコム、ミルザに対応する神殿で術を購入し、
以下の恩寵値を追加して真サル戦に挑みましたが、

エロール(光神の恩寵) 1128(実際は1500程)

ニーサ(地母神の慈愛) 840

アムト(月光の癒し)  1092

ウコム(海神の怒り)  1248

ミルザ(戦神の激励)  600


撃破動画で発動したのはエロール、アムト、ウコムのみ。
特にウコムは常に発動条件を満たしていますから、合計9回も発動しています。
それとは逆にニーサは発動条件が限定されてますから、
本攻略中で一度も発動を確認できませんでした。(これは想定していましたが)

ミルザも動画では発動しませんでしたが、
それ以外のバトルでは1〜2回は発動していましたし、
アムトに関しても、まあ、ギリギリ納得がいく感じだったと思います。


結果的に投資する価値がある神はエロール、ウコムを軸に、
保険としてアムトを購入するのがベストのようですね。


特にウコムは、メルビルと南エスタミルで術が購入できますから、
今回の動画のように相当猛威を振るいそうですね。


恩寵値操作の詳細は下記の記事を参照して下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://blogs.yahoo.co.jp/sorayobu/312519.html


http://blogs.yahoo.co.jp/sorayobu/244035.html


金で信仰値が買えるなんて便利な世の中になったものですね(笑)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事