いつも笑顔で!

明るい明日に向かって一歩ずつ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

京都の桜◆2013.3

こんにちは。
今日は風はあるものの春の日差しが眩しいですね〜。紫外線対策を強化しなければっ!!

全然ブログが更新できていませんが、関西の旅最終回です。

2日目は、チェックアウトギリギリの11:00までお部屋でのんびりしました。
荷物をフロントに預けて、まずは祇園白川へ。
石畳に京町屋が並ぶ通りに枝垂桜並木が美しい場所です。

イメージ 2

イメージ 1

夜もライトアップされて美しいんですよ。

その後、平安時代から「花の醍醐」と呼ばれるほどの桜の名所で、
豊臣秀吉が行った歴史上で有名な「醍醐の花見」でもしられる世界遺産の醍醐寺へ。

イメージ 8


醍醐寺の桜は、河津桜から始まり、枝垂れ、ソメイヨシノ、山桜、八重ザクラ、
三宝院の大紅しだれと金堂わきに大山桜が咲き終わるまで約3週間様々な桜が咲き誇ります。

三宝院の前には推定樹齢150年の枝垂れ桜があります。「大紅枝垂れ」と呼ばれています。


イメージ 9


幹が二本に分かれた特徴的な桜で通称「土牛の桜」とも言われているそうです。
豊臣秀吉がが贅を尽くして開いた「醍醐の花見」に集められた枝垂桜の子孫だということです。


三宝院の唐門(朝廷からの使者を迎える時だけに扉を開いたとされる門)は
平成22年7月に修復されたばかりなので、金はもちろんのこと黒光りしていました。

イメージ 10



仁王門

イメージ 11


総門前方の仁王門までの一直線の道路を「桜の馬場」と言います。
私が行ったときはまだこんな感じでしたが、桜が満開になると桜のトンネルができます。

イメージ 12



五重塔(国宝)
高さは約38メートルで屋根の上の相輪は約13メートル

イメージ 13




金堂(国宝)
金堂の中央には、薬師三尊像(薬師如来・日光菩薩・月光菩薩)が奉安されています

イメージ 14




弁天堂
ここは桜というよりも紅葉と朱塗りの弁天堂がいい感じなのです。

イメージ 3



桜の開花にまったく期待をしていなかったけど、運よく所々で桜を楽しむことができたのでよかったです。
このあと、京都から大阪に移動して大宴会〜!!となったのでした。


☆☆おまけ☆☆

地元の桜並木〜。
ここはいい雰囲気で大好きな場所なんです。

病院帰りでコンデジしか持っていなかったので、デジイチもってくればよかったなぁ・・
とちょっと後悔しました(^^;)

イメージ 4

イメージ 5



桜の花びらで川がピンク色に染まっていて美しかったです。

イメージ 7


イメージ 6


こんな感じで今年の桜は終了です。
次回から・・・パラオレポに戻ります!!

.

開く コメント(20)

こんにちは。

桜が散ってなんとなーく寂しい気分です。
そして眠い眠くてたまらない。。

さて、関西の旅の続きです。

京都に泊まることですし、せっかくですのでライトアップをみにいくことに。
今回、八坂神社のすぐそばのホテルに泊まったので、お散歩するのにちょうどいい距離だったので行く気になったのですが、いつも泊るホテルだったらきっと行かなかったことでしょう。

まずは清水寺に向いました。

夜のお散歩は行灯の灯りはなかなかいいものです。

イメージ 1



八坂の塔もライトアップされていました。
手前の桜が咲いていたら、もっといい感じだったでしょうね〜。

イメージ 2





八坂道は夜もいい感じです。


イメージ 8

イメージ 9




産寧坂の桜。

イメージ 10




このブルーのレーザービームはちょっと意味がわかりませんが、
ぼわぁ〜んと浮き上がった西門と三重塔です。

イメージ 11



この場所の桜の向こうに、京都市街の夜景を見ることができます。

イメージ 12


イメージ 13





本堂を通って、奥の院を通過して、本堂を見ます。
桜が咲いていたらそれはそれは美しかったことでしょう。


イメージ 15



イメージ 14




池の水面に写る夜桜が一番よかったかも〜。

イメージ 3



清水寺のあとは高台寺へさらにテクテク歩きます。


遺芳庵は茶室です。

イメージ 4



波心庭と呼ばれる枯山水の庭園に枝垂桜がライトアップされています。

イメージ 5


イメージ 6

イメージ 7





光の演出もいいのですが、あまりやりすぎるとどうなのかな。。
と思ってしまいました。

こんな感じで2箇所のライトアップを楽しんできました。
お散歩程度の距離といいましたが、ホテルを出て戻るまでだいたい5キロぐらいの距離です。
清水寺に行くにはずーーーっと坂を登っていくので、結構いい運動になりますよ。

.

開く コメント(23)

京都の桜 2013.3

こんにちは。

都内は朝から雨と激しい風が吹いておりまして、
窓から見える桜が激しく散っています(;ω;)

期末の処理が終わ、ようやく落ち着きました。
リコメ&訪問がほとんどできてなくてすみません

さて、関西の旅(3月22日〜24日)の続きです。

この時期、東京の桜は満開でしたが関西の桜はほとんど咲いていない状態。
東京の桜が異常だっただけなんですけどね。。

今回の旅の目的は桜じゃなかったので、最初から期待はしていませんでしたが、
所々枝垂桜が咲いているようだったので、お散歩に出かけました。

まずは京都御苑から

イメージ 1




出水の小川の糸桜
糸のように細い枝に小ぶりの花がついていて、風に揺られて美しかったです。

イメージ 8



桜だけではなくて桃園も見頃を迎えていました。

イメージ 9



桃色をバックに白い桃の花

イメージ 10



京都御苑は梅園もあり、春は梅→桃→桜へと移り変わりを楽しむことができます。さすがに梅は見頃を過ぎていたので、写真は撮らなかったのですが、3種類の春の木を見ることが出来てらキーでした



園内の他の場所でも枝垂桜がたくさん咲いていました。

イメージ 11


イメージ 13



バスに乗って向かった場所は千本釈迦堂です。正式名称は【大報恩寺】です。
12月の大根炊きで有名な場所です。

イメージ 12



私はここの大根炊きは食べたことがないのですが、大原で一度頂いたことがあります。
寒いときに食べるのでよけい美味しく感じますよ〜。

本堂は応仁文明の乱などの度重なる災害にも焼けることなく残り、
京都市内では最古の仏堂建築物だそうです。



《阿亀桜(おかめざくら)》と名前がついた枝垂桜
千本釈迦堂建立時の棟梁・長井飛騨守高次の妻「阿亀」をしのびその名がつけられたそうです。

イメージ 14


偶然、この日は千本釈迦念仏の法要が行われていていました。

イメージ 15


1年に1度だけ公開される涅槃図(ねはんず)もみることが出来きました。

イメージ 2


近くに北野天満宮があるので寄ってみました。
まだ梅が咲いていました。

イメージ 3

イメージ 4


イメージ 5



そして、天満宮の近くにある平野神社まで足を延ばしてみました。
平野神社に行くの目的だったのか・・・
《クリケット》のゼリーが食べたかっただけだったのかは定かではありませんが。。


平野神社には50種類の桜が400本があり、桜で有名な神社です。
神門前の魁桜(さきがけざくら)が満開でした。

イメージ 6

イメージ 7


参道の桜は咲き始めていましたので、翌週ぐらいに見頃を向かえそうでした。
参道には着々と花見茶屋の準備がすすんでいました。


昼間のお花見はこれにて終了。
一度ホテルに戻って、ゴロゴロしてから夜の部に繰り出すのでしたぁ

.

開く コメント(20)

関西グルメ紀行

こんにちは。

都心の桜は満開を過ぎ、散り始めていますね。花の命は短し。。
フロア移動して、ただいま3Fで仕事をしているのですが、
窓から見える桜並木はちょうどいい高さなので、お花見しながら仕事をしています。


週末は友達のチャゲさんのご自宅にご馳走されに行ってきました。

金曜日の朝、飛行機で伊丹に到着後京都へ移動。母に頼まれていたものがあったので、この日は京都に宿泊。
桜の時期には少し早いので期待はしていなかったのですが、枝垂れ桜が咲き始めた場所もあるということで、
少しラッキーだったかもしれません。

イメージ 1



京都到着後、11:00のお部屋にチェックインできました。
今回のホテルは祇園のど真ん中で、八坂神社のすぐそばという立地は最高のホテル。

築40年は経っているふるーいホテルですが、3/20にリニューアルオープンしたばかりで、
内装は新しくきれいになっていました。

イメージ 2

イメージ 8


各場所の桜は次回アップしますね〜。

まずは関西グルメ〜。ちょうどお昼の時間帯だったので、
京都に行ったら必ずいく【壱銭洋食】へ。ホテルからもあるいて5分かからなので便利です。

イメージ 9


ちなみに…壹錢洋食とは大正から昭和の初めころ、駄菓子屋のおばさんたちがおダシ入の水で溶いた小麦粉を鉄板で焼いた上に、刻んだおネギなどを乗せてさらに焼き上げ、ソースをかけて、主には近所の子どもたちのおやつとして一銭で販売されていたものです。

他の地域でも【一銭洋食】という名前のお店は存在しますが、姉妹店とかではありません。
京都眦膕阿伴賀にあるアウトレットは同じお店だそうですよ。

壹錢洋食は京野菜の九条ネギ・卵2個、天カス、紅ショウガ、こんにゃく、ちくわ、牛肉などなど、
具がたくさん入っているので大好きなんです。

メニューはこの一品しかないんです!あとは飲み物数種類。


・・・なんか20円ほど値上がりしたような。。。調べてみたらやっぱり値上がりしていました。
現在はは650円になっていました。


桜を見て、結構あるいたのでビタミン補給!
ということで、【クリケット】へ。目指してた神社はすぐそばだったのでちょうどよかったです。

イメージ 10


ここのグレープフルーツゼリーは美味しいので、近くにいかれた際は是非食べてみてください。
あっ、通販もしているので、興味のある方は是非どうぞ〜


夕食は京都駅に到着したときに伊勢丹で買っておいた京都の老舗料亭【下鴨茶寮】
花見行楽弁当。

イメージ 11


筍ご飯・出し巻き玉子、山菜あえ、海老煮、筍、生麩などなど、30種類近いおかずが入っていて、
春らしい華やかなお弁当でした。味も間違いないですしね。

隠れていますが、桜餅も入っていましたよ。


さて、翌日はまた桜を見てから、夕方チャゲさん邸にお邪魔しました。
チャゲさんのご自宅の近くにホテルをとっているので、飲みすぎても安心(≧m≦)

誰よりも先に到着したので、本来ならお手伝いなのですが・・・
図々しく美味しいワインをお先に頂いてしまいました。。。

イメージ 13


チャゲ亭オープン☆

お料理はメインのおでん!!

イメージ 12



本格的なおでん鍋があるのは知っていましたけど・・・ようやく実物を見ましたっ。
関東のおでんには入っていない牛スジもはいっていて嬉しくなります!


そのほかにも・・・

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 3


ゲストの一人が持って来てくれたカニ〜。
新鮮なので生で!!・・・甲殻類アレルギーな私なのでこれだけしか食べれなかった(;ω;)

イメージ 4


写真以外にも甘めのタレがかかったから揚げや野菜スティックなどありましたが、
おしゃべりと飲みで忙しかったので撮れませんでした凹○コテッ


そして私がリクエストしておいたスーチカー

イメージ 5


念願かなってようやくチャゲさんのスーチカー食べれました。
外はカリッカリ、中はジューシー。今まで食べたスーチカーの中で一番美味しかった。


最後の締めは鯛めしに山菜をまぜたおにぎり。
チャゲさんが握る姿を見てたんですが、プロですプロ。すべて同じ大きさ!そして早い!!

イメージ 6


こんな感じで大人13名、子供2名、赤ちゃん1名のかなり大人数名ホームパーティは
盛り上がったのでした。お酒の消費量も半端なかったです(笑)

そして、私は近くにホテルをとっているのをいいことに夜中の1時過ぎまで
美味しいワインをご馳走になったのでした。。


チャゲさん&マキ様、美味しいお料理とワインご馳走様でした。
また図々しく遊びにいきます!!


翌日は飛行機の時間を早めて、お昼すぎに伊丹空港をでたのでありました。
で、関西最後は伊丹空港のたこ焼き屋さんのたこ焼き〜。

イメージ 7


最後まで食べることに抜かりのない私なのでありました(≧m≦)
調子がよければもっと食べていたかも〜


.

開く コメント(24)

2012⇒2013パラオ

こんにちは

春ですね〜。ところによっては夏!ですかね〜。
まだ衣替えしてないので、着る物がなくて困るぅ。。
アイロンかけないと面倒だからお洋服買っちゃおうかな

休日は母とお出かけして、1ヶ月ぐらい前にお取り置きしてもらっていたバッグを母に買ってもらいました

イメージ 1



昨日は、午後からお休みをもらい病院へ。3週連続月曜日に半休取ってる。。。
4時間ちかく病院にいましたよ。。総合病院はやっぱり時間がかかりますね。
次回からは予約を入れているので、待ち時間は少ないと思うのですが・・・。
待ち時間が多いと、病院にいるだけで気分が悪くなります(ーー;)



さて、今日もパラオレポ〜。


12月30日、この日の3本目はジャーマンチャネル。
レイトダイブに行われる宴の前の偵察に


待つことなくステーションにマンタ!マンタ!!マンタ!!!!

向かってきます!

イメージ 4



「きゃぁ〜近すぎる

イメージ 3

イメージ 6



マンタと目があっちゃったり(≧▽≦)こっちみてる!!!

イメージ 5



ここで排泄されたら困るぅぅぅ。。

イメージ 7



「ぶつかるのであまり近づかないで〜!!」とニヤニヤしながら叫んじゃったり

イメージ 8



最後は太陽の光も入れて、ワイドに!


イメージ 2



と1本ずーっと貸切でマンタを堪能。
なんて幸せなんでしょ〜。



一度島に戻って、このあとレイトダイブへ出発!

.

開く コメント(26)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事