全体表示

[ リスト ]

天袋と地袋

今日は天袋と地袋の、天袋のお話。
 
というか、以前仕事を始めたばかりの頃に、棟梁から聞いたお話。
 
 
武家屋敷にもある天袋と地袋。
 
写真は現在工事中のお宅のもので、上のほうの小さい物入みたいなのが天袋。
 
イメージ 1
 
 
ここの寸法は、9寸2分(約28センチ)となっていて、
 
この9寸2分という長さは、武士の刀の持ち手の部分の長さと同じだそうで・・・。
 
それでまた人の頭の高さがだいたい9寸2分なんだそうです。
 
 
なんでも戦国時代には、
 
戦に勝ったとき、敵の武将の頭を
 
刀の持ち手の長さに合わせてはねて持ち帰ると、
 
天袋の中に敵の武将の頭がスッポリと入るわけで、
 
それを眺めてお酒を飲んだとか・・・
 
 
オェ〜〜〜〜
 
 
生首を眺めてお酒が飲めるなんて。
 
時代の違い、文化の違い、平和な世に生まれてよかった。
 
 
 
聞いた話ではあるんですけど、
 
天袋を見ると、いつも思い出してしまう話です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(2)

アバター

おはようございますぅ・・・・・

purehouseさん、写真に写ってますよ・・・

なんてね(^。^)

一つ知識が増えましたが、それにしても何とも恐ろしい話ですね。

2012/5/10(木) 午前 7:29 スノー

顔アイコン

スノーさん、おはようございます。
写真に…と言われて、ビックリして確認したじゃないですか(*_*;

いつもコメント、ありがとうございますぅ(^^)

2012/5/13(日) 午前 7:26 [ purehouse ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事