反町雄彦のリーガルダンク!

資格取得やスキルアップを目指す人に役立つ情報をお届け!

全体表示

[ リスト ]

風度と書いて「ふうど」と読みます。
漢字変換で出てこない位、マイナーな言葉ですが、
童門冬二氏が5月28日付けの週刊東洋経済での連載で
紹介していました。
古い歴史文書に散見される言葉で、
武将について、「あの人”なら”ついていこう」とか
「あの人”らしい”振る舞いだ」といったキャラを指す
と説明されています。
人格、と言ってもよいですが、この風度は、
年齢を重ねるごとに変わっていくものだし、
立場・職位が上がれば全く違ってくるものなので、
キャラ、と言った方がイメージが沸きやすいと思います。

童門氏は、論語の中の
「民はこれに由らしむべし、これを知らしむべからず」
という言葉を紹介した上で、風度について書いています。

「民はこれに由らしむべし、これを知らしむべからず」
の解釈として、多くの人は、
「人民は法律や君主の命令に従わせるだけで十分で、
その趣旨・理由を説明する必要はない」
と理解していると思いますが、この解釈だと、
民主主義の前提となる情報公開を否定したものとして
前近代的、と批判される考え方になってしまいます。

しかし、漢語で「べし(可し)」というのは
〜すべき、という意味のときもあれば、
〜はできる、という意味もあります。
論語の専門家は、
「人民を法律・命令に従わせることはできても(容易だが)、
その法律・命令の趣旨を理解させることは難しい」
と説いている人が多いそうです。
そして、趣旨を理解してもらうには、
為政者や教師が、「この人の言うことなら間違いない」と
周囲に思わせるような風度を身に付けるべき、
というのが孔子の意図だった、とされます。

5月下旬は、舛添知事のスキャンダルが噴出し始めていた時期で、
童門氏が、そのタイミングで、この風度の話を書いたのは
舛添氏の辞職が決まった今から振り返って見ても、示唆的であったな、
と思う今日この頃です。

童門氏曰く、本当の生涯学習というのは、
「あの人の言うことなら信頼できる・協力しよう」
と周囲に思わせるオーラを発散できる風度の鍛錬
を目的とする、とのことです。
私の理解では、人生の主目的は風度の鍛錬、と言えます。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

http://httptanaka-takeshicom.blogspot.jp/2016/04/sekai-no-owari_飛行機方あのお逮捕状安藤尚広告飛行機型14人乗りベンチ?のりべんちとか羽田空港跡地問題存在し無いで来た.html音広告社員平田

2016/6/18(土) 午後 2:23 [ jiyuuminnsyutou ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事