反町雄彦のリーガルダンク!

資格取得やスキルアップを目指す人に役立つ情報をお届け!

全体表示

[ リスト ]

EU離脱を巡る国民投票

今日23日は日本では71年前、沖縄戦の
アメリカからの総攻撃が終わった日として
慰霊の式典が行われ、
改めて平和を願う機会となっています。

国際的には、イギリスがEUから離脱するか否か
の国民投票が行われる日として注目されています。
為替や株式への影響に戦々恐々としている人だったり、
イギリスにのみ本社を置いている日本企業であったり、
日本にも少なからず影響が予想されます。

今月号の文藝春秋を読むと、
EU離脱の問題は、移民に雇用を奪われるという経済問題や、
ブリュッセルの官僚機構による規制を受けたくない
という自由主義・主権の問題というよりも、
大陸諸国とは一線を画して、巨大な国が現れないよう
パワーバランスを図ってきた大英帝国のアイデンティティ、
国民のプライドの問題であると分析されています。

エスタブリッシュから見れば、残留に決まっているし、
多様性や共生という現代的価値から見ても
当然にEUとの協調路線になるべきところ、
国民投票をせざるを得ない状況に保守党が追い込まれ、
直近の調査とブックメイカーの賭け率では
残留派が優勢とはいえ、
大阪都構想の住民投票のようなもので、
離脱派=現状を変えたい側からすれば、
圧倒的に負けない限り、仮に残留派が勝っても
蒸し返しをいつでも出来る政治的資本を持つ形になります。

その意味で、残留派としては圧勝する他なく、
その可能性はかなり低いと言えます。
為替市場ではすでに円高基調、
ユーロ・ポンド安になっているのも、
こういう見立てを反映したものです。

アメリカ大統領選のトランプ氏躍進と同じ、
既成の政治勢力への不信感が
ここでも登場しています。
明日の記事では、投票結果を踏まえて
感想を書きます。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

<iframe width="854" height="480" src="https://www.youtube.com/embed/fEtz2lhoBME" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>参議院告示今外出悪い天気西郷六間堀「騒音すずしい騒音無い東横幅決まって無いあったかい近い風呂まゆ湯舟」党横幅決まってるあったかい風呂まゆ湯舟近い菅かくせいざ広告まかない?覚せい剤逮捕状安藤尚広告く騒音無いあったかいはつあのお広告

2016/6/23(木) 午後 7:13 [ jiyuuminnsyutou ]

アバター

最近ちっとも更新しないのですね。

2017/9/11(月) 午後 10:40 [ アシモモ〜 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事