反町雄彦のリーガルダンク!

資格取得やスキルアップを目指す人に役立つ情報をお届け!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

18歳投票権

昨日、東京青年会議所主催の例会(シンポジウム)で
18歳投票権をテーマとしました。
若者(大学生)を集めるために、第1部では、
漫才コンビのナイツを呼んだり、
ミスキャンパスを解答者としたクイズを行ったりしました。
さらに、男性の地下アイドルを呼んで
例会前にはハグイベント、例会終了後にはミニライブ、と
色々と工夫をしました。
第2部の公開討論会(自民党、公明党、民進党、共産党の
青年局長など比較的若手の国会議員が参加)に残ってくれた大学生が
少なかったのは残念ですが、18歳選挙権となって初めての国政選挙が
・7月10日の参院選であること、
・参議院は首相を決める院ではない(=政権選択の選挙ではない)が、
 長期的課題(例えば、安全保障・平和憲法や、社会保障改革など)について
 各政党の政策をチェックする機能があること
は何となくでも伝わったのではないか、と思います。

政権選択の選挙ではないからこそ、
民進党と共産党で統一候補、というのも
やりやすかったのだと思います。

ちなみに、公開討論会では、
・被選挙権年齢も将来的に引き下げるか否か
・返済不要の、給付型奨学金を拡充するか否か
・憲法9条を改正するか否か(国防軍の明記など)
・若い世代が年金をもらえるか不安を感じることがないよう
 社会保障制度改革
の4つをテーマとしました。

1番目・2番目は、優先順位はともかく、どの政党も、
被選挙権年齢も引き下げて、奨学金を増やしていく、
という方向性なので、正直、あまり対立点は見えませんでした。

そして、4番目は、総論では、
「高齢者の中で資産・収入がある人には
給付をストップして、負担してもらって、
年齢を問わず、困窮者への給付を継続する」
という方向性で一致していますが、実行段階では
様々な問題が生じるはずで、
この手の制度改革を討論会のテーマとするのは難しいな、
とも感じました。

当然、一番盛り上がったのは、安保法制や9条2項を巡る議論でしたが、
これはこれで大学生に直結する話ではなく、
やはり参院選で関心を持って、というのは難しいなと思う今日この頃です。
18歳・19歳の投票率を高める、という意味では、
都知事選挙が7月に実施される、という方が効果が高いでしょう。
不幸中の幸い、とも言えそうです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事