反町雄彦のリーガルダンク!

資格取得やスキルアップを目指す人に役立つ情報をお届け!

司法試験

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今週は、経済ニュースも多かったですが、
まずは、11日に文部科学省から発表された
法科大学院関連のニュースを2つ、紹介します。

1つは、法科大学院の志願者が、
2016年度入試(4月入学を選抜するための試験なので、
実際には2015年に実施されたものを指す)で、
(延べ)志願者が初の1万人割れ、8274人となった
というニュース。
そもそも、適性試験受験生はずっと前に1万人割れしており、
実受験者数は3621人(2015年の適性試験受験者数)です。
延べ志願者は、1人が複数の法科大学院を受験するか否か
で決まる数字です。
学部生の場合、自分の大学への持ちあがりで合格が決まれば
他を受験することは少ないでしょうし、
社会人受験生が減少すれば、延べ志願者が減ることは当然ではありますが、
8000人台、というのは受験業界としてもショックなすうじです。

入学者の総数も昨年より344人減って、1857人。
定員に占める割合=充足率も7割を下回り、68%。
充足率が100%以上だったのは、一橋大と甲南大の2校のみ、という状況でした。

そして、法科大学院関連で、もう1つ、11日付けで発表がありました。
これも、読売が先行して報道して、SNSではだいぶ話題になっていましたが、
適性試験の利用を法科大学院が任意に選べるようにするべき、
との報告書が、文部科学省内の委員会に提出されたそうです。

早ければ2018年度から、とのことなので、
来年秋からの適性試験対策が不要になってしまう人が出てきます。
大学院側で、適性試験を使うか否かを早めに発表してもらう必要があります。
2019年春入学の募集要項が出るのは、普通は2018年春以降
となりますが、適性試験を使うか否か、だけはその半年前には
明らかにしてもらう必要があります。

ブランド大学(社会人受験生にも人気がある大学)が
適性試験の利用を任意にする、と早めに発表してしまえば、
他の大学院も一気に追随することが見込まれます。

明日の講演会告知

最近忙しく、ブログ更新できていませんでした。
世の中では、新年度で新しい法律
(例えば、障害者差別解消法)が施行され、
新入社員が入ってきて、
セブン・イレブンの鈴木敏文会長(83歳)が
創業者・伊藤雅俊氏(92歳)から支持が得られなかったこと等
を理由に、急きょ辞任、という超高齢社会を象徴するような
事件もあり、そして、
14日以降に起きた熊本地震では
多くの家屋、熊本城をはじめとする文化財が倒壊し、
多くの人が避難生活を送る状況となっています。

そういった中で告知をするのは少し気がひけますが、
明日の17時から、渋谷駅前本校にて
公務員弁護士をテーマとした講演会を行います。
最近出版された「公務員弁護士のすべて」に登場している、
中央官庁での任期付公務員を経験した弁護士が
合計5人も登場して、お話いただきます。
今回は中継は行わないので、東京近辺に住む方だけ
となりますが、貴重な機会となりますので、ぜひご参加ください。
当日は、本の即売会も行います。
⇒詳しくはこちら

この週末は時間がありそうなので、
昔の日付で、ブログ更新をしていこうと思っています。
とりあえずは、ポール・クルーグマンが1996年に
100年後の世界を予想して書いたコラム記事
(英語の原文はこちら)についての感想を
昨日の日付(22日付)で書こうと思います。

有罪ボケ、検察官司法

日本の刑事裁判では
検察が起訴すると99.9%有罪となってしまいます。
これは、起訴・不起訴を検察段階で
厳格にチェックすることで、無罪の人が裁判で
時間を取られたり、評判を失墜したり、といったことが
少ない、というプラスに受け取ることもできます。

しかし、実際には無罪の人が起訴されると
裁判官や弁護人のチェックが進まず(有罪推定が働く)、
冤罪が生まれるという弊害もあります。

産経新聞のこちらの記事でも報じられているように
周辺事情で、強い動機や複雑な人間関係があって、
被害者や目撃者の強い証言があると
それを覆すことは非常に難しくなります。

犯罪をしていないこと、を証明せよ
という「悪魔の証明」になってしまう危険性が高いです。

最近、再審が認められるケースも増えています。
もうすぐ、司法修習が始まりますが、
修習中に、冤罪事件・再審事案を複数、しっかりと
読み返す時間を合格者の皆さまには取って欲しいです。

23日のイベント告知

シルバーウィークの中、
ラグビー日本代表がW杯で世界ランク3位の
南アフリカに勝った、という嬉しいニュースがありました。

南アフリカでラグビーと聞くと
映画「インビクタス」を思い出します。
ラグビーが黒人と白人との和解・団結の象徴
となることを、マンデラ大統領が強く訴えた結果
チームが快進撃を続け、1995年のW杯は南アフリカで開催、
南アフリカは初出場で初優勝、という快挙を果たしました。

それから20年後、W杯では1勝しかしていなかった
日本チームが、最後、引き分け狙いにもできたところを
果敢にトライを決めて勝利した、というのは
映画のような感じです。

さて、23日、LEC各本校でイベントがあります。
渋谷駅前本校では、私も登壇しますが、
M&A(合併)の各プロセスについて
法律、会計、商標、商業登記、人事制度
という5つの分野の専門家(士業)が実務について語る、
という「リアル実務体験」を行います。
私のパートは13時から、ですが、
途中からでも参加可能ですので、ぜひ、どうぞ。
⇒詳しくはこちら

また、新宿エルタワー本校では、
森山講師の出版記念の講演会をはじめ、
司法書士の人気講師2人によるジョイントガイダンスも
実施しますので、こちらもどうぞ。
⇒詳しくはこちら
ヴィクトル・ユーゴーの名言です。
漏洩の背後に金銭授受はなく、
恋愛感情はあったらしい、という報道を聞いて
真っ先に思い浮かんだ言葉です。

今回の事件は、青柳教授が一番悪いのは当然ですが、
合格発表の前日にマスコミにリークする法務省にも
悪意を感じます。

守秘義務違反という刑事罰があり得、
東京地検特捜部が動いていた、という事情があるにせよ、
発表から少し時間が経ってからのリークでも
良かったのではないか、と思います。

明治大の修了生はもちろん、
1850人の合格者全員が、喜びに水が差された結果となりました。

マスコミ報道でも
「以前から漏洩の噂はあった」
「試験作成の制度自体の見直しが必要」
といった受験生の声が紹介されていますが、
合格者を減らしていく中で、
司法試験合格率を目安として法科大学院の淘汰を
促していく文科省の方針があり、
その上で、問題作成に関わる教授が法科大学院で
教えていれば、今回のような事件が起きるのはほぼ必然です。

法務省がこのタイミングでリークしたことは
法科大学院制度の構造的問題をより鮮明
かつ世間に広く知らしめる効果を狙ったとしか思えません。


旧司法試験時代にも、
有名教授が問題作成を行なっていましたが、
その当時は、大学ごとの司法試験合格者数・率に対して
教授がプレッシャーを感じることはなく、
良い意味で、大学と予備校との役割分担が出来ていた、と言えます。

構造的に起きてしまう問題について
誘惑に負けた教授と、
出題情報を教えてもらって答案指導まで受けた学生の
2人にだけ、その責めを一生背負わせてよいのか、
とも思ったりします。

受験生であれば、司法試験の論文は
2人の採点官が見るのであって、
あまりにも出来が良い答案を書けば、
仮に採点官のうち1名が幸運にも青柳教授に当たったとしても、
もう一人の方から疑義が出されて、
漏洩&答案指導がばれてしまう、ということは
すぐに分かるはずです。
青柳教授としても、試験の現場では少し論点落としなり
記述を減らすなりしてくれ、という指示はしていたと思いますが、
本試験の現場ではそういう遠慮は吹っ飛んでしまって
完璧な答案を書き上げて合格したい、という気持ちが出てしまう、
本試験の怖さを改めて感じます。

経営者は女性で失敗する、と言われますが
法学者も美人ロー生で失敗する時代が来てしまいました。

ちなみに、中村真画伯もこのネタでブログを書いていますが、
「漏らす」繋がりで、ネット民の発想に合わせた内容となっており、
いつものシュールさが欠けているのが少し残念です。
⇒リンク先はこちら

全65ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事