全体表示

[ リスト ]

“THE ARTIST”
イメージ 1

いやいやどんだけ休憩してんだか・・・

後半戦行っちゃうよ!

まあ、オチは本編で確認してもらうとしてぇ〜。

この映画、設定上“サイレント”から→“トーキー”へ・・・って流れで、
なんとなく『雨に唄えば』って映画を思い出しました!
(まぁ、こちらは“ミュージカル映画”なので、思いっきり音は出てますが・・・)

でゎでゎ、俳優編〜♪

これから書くことは私の勝手な偏見なんで、どぉかご了承ください〜m(__)m

こぉいう昔の映画って・・・
“青春映画”なんかを除いて、“男女の恋愛”を書いたような設定・・・

なんとなぁ〜く、“男性は熟年紳士で女性はうら若き乙女”ってイメージが強いんだよね・・・!?
(ただの勝手な先入観なんだけど・・・)

例えば先に挙げた『雨に唄えば』は1952年の作品だけど、
実際演じている俳優ジーン・ケリーさんはこの時40歳、それに対して女優でビー・レイノルズさんは20歳。

そんな中、こちらの映画の主人公ジョージ役ジャン・デュジャルダンさんは40歳。
そしてペピー役ベレニス・ベジョさんは36歳と、年齢差は4歳!?

ですが、女優が若々しいので年齢差がかなり開いてるように見えます。

髪型といい、雰囲気といい、そのまんま昔の映画みたいなんですな〜!?

現在ならではの演出シーンを除いて普通に“昔の映画”と言っても違和感ないと思います♪

特にジョージ役の彼が時折はにかんだような照れ笑いの表情を浮かべるんだよね。

これが、
最近の若手俳優さんたちの“さわやか笑顔〜”とはまた違うタイプなんだけど・・・

でも今回のこの表情もまたとっても観てて胸キュンキュン♪ってなりましたよ〜(*^。^*)

最後に、この子にも触れておかないと・・・

それは、“カンヌ国際映画祭パルムドッグ賞”を受賞した“アギー”を演じた名犬ワンコ♪

“犬”ってさぁ・・・
目的に応じていろいろ訓練されてるやない〜!?
(例えば“盲導犬“”警察犬”“介護犬”などなど・・・)

今回のこのワンコは、まさしく芸達者な“俳優犬”!!!

“アギー”は主人公ジョージの飼い犬なんだけど、ジョージが劇中劇のシーンで
その飼い犬アギーと一緒に演じるって設定になってるんだよね〜。

そのシーンでは見事な芸達者ぶりを見せてくれます!

そして途中危険な事を知らせるために道を駆け出して人に助けを呼ぶ〜ってシーンがあるんだけど、そのシーンで以前見たドキュメンタリー番組を思い出しちゃいました・・・。
(そこでは飼い主が持病で倒れ、飼い犬が家を飛び出し、外にいた通行人に助けを求めるといった話)

そのシーンは、それまでの愛くるしい仕草やいかにも仕込んだ芸を披露してくれる“俳優犬”っていうよりも、とってもリアルな感じがするんだよね〜。

ぶっちゃけ、この主人公とは全く関係ない、動物指導専門の元、使いたい演技を引き出しているだけなんだろうけど、
「本当はこの俳優の飼い犬?」って錯覚を起こさせるほど、なんだかこの主人公と飼い犬の間に“絆”が見えるような気がします。

サイレントということで、たまぁ〜にセリフが字幕となって現される部分もあるんだけどそれが全部ではない・・・

なので、“この人めっちゃなんかまくし立てて怒ってるけど、何言ってるんだろう・・・?”

ちょっと一字一句話してる内容(セリフ)が知りたいなぁ〜ってシーンもありましたが・・・。

でも、久しぶりに字幕読んで画面見て〜といったせわしなく視点を動かさずに
役者の表情とかじぃ〜っくり見れたような気がします♪


今現在、なかなかこぉいう作風の映画を観る機会がないので、ぜひ、現在が作った昔の映画を楽しんでみてください〜♪

(追伸)
そぉいや、ロド・タラ監督コンビが作った“グラインドハウス”だって、昔の時代を再現してるって言えるのかな!?

もしよかったら凸っとな♪(合わせて“傑作凸”もよろしくですぅ〜)
↓ ↓

閉じる コメント(12)

顔アイコン

この映画は評判がいいみたいですね♪ 僕も観たいです(#^.^#)
サイレント映画なんて。。どせなら、活動弁士もつけちゃったらよかったのにね(笑)

2012/5/8(火) 午後 9:44 関口 返信する

顔アイコン

関口さん!早速のコメントありがとぉ〜m(__)m

“活動弁士”・・・これまたあまり馴染みがないから、なんだか斬新な感じがします♪

2012/5/8(火) 午後 9:49 ちゃーちゃん♪ 返信する

顔アイコン

この作品はシンプルな事を伝えるのに用いた手法がサイレントという部分が粋な感じでナイスでした。
犬が良い仕事をしてましたね。☆

2012/5/8(火) 午後 10:36 [ ゾンビマン ] 返信する

アバター

ゾンビマンさん♪コメントありがとう

古い手法に“現在”のスパイスを投入することによって、とっても斬新な感じに仕上がりますね!?

内容もシンプルでわかりやすいので、人間の感情部分がストレートに伝わってきました♪
(“わんこ”も良いスパイス材料でした)

2012/5/9(水) 午前 9:40 ちゃーちゃん♪ 返信する

「男性は熟年紳士で女性はうら若き乙女」、なんかそれわかる気がします!(笑)

・・・というか、まさか俳優犬が出ているとは!
犬好きな自分としては、観たさUPの情報です♪

2012/5/10(木) 午後 6:54 the_brave_of_legend 返信する

アバター

T_b_o_lさん♪

続きも覗きに来てくれてありがとう

俳優さんは…

もしかしたら年代的に若くても、見た目の雰囲気で
落ち着いていて熟年紳士に見えるのかも知れません!

(追伸)
“アギー”役のワンコは本当に名演技を披露してくれました♪

2012/5/10(木) 午後 9:43 ちゃーちゃん♪ 返信する

ちゃーちゃん Hola〜♪

私もジーン・ケリーを思い出しました。ジョージの噴気が似てますよね?
見事なタップダンスもケリーへのオマージュかと。

アギーは、ジャック・ラッセルという人気の高い犬種なんですね。
(コメントで教えていただいたんですが)
昔は、子役と動物には食われるから共演を敬遠する俳優がいたって
聞いたことありますよ。

TB&W凸いたします♪

2012/5/14(月) 午後 5:19 風森湛 返信する

顔アイコン

しずかさん!Hola〜♪
コメ・・・さらに、TB&W凸ありがとぉ〜m(__)m

“子役”と“動物”ネタ・・・
ナルホド。わかる気がします。
この子役と動物が出演する映画は監督がすごく大変な思いをする!って話なら聞いたことあります(爆)

(追伸)
タップシーン。サイレントなんだけど、音が聞こえてきそうです・・・
(ってか、私の心の中では聞こえてました♪)

2012/5/15(火) 午前 9:11 ちゃーちゃん♪ 返信する

アバター

こんな記事でごめんね〜〜(^_^;)
こちらもTBさせてください凸

2012/11/1(木) 午後 0:15 休止 返信する

顔アイコン

りかちゃん!
こちらもWTBありがとぉ〜(*^。^*)

2012/11/4(日) 午後 1:25 ちゃーちゃん♪ 返信する

顔アイコン

アギーが可愛くて愛しくてでしたね。昔のサイレント作品を地元のシネコンでやるそうなんですが、果たしてどうなのか?日程が合えば見たいですけど、ちょっと辛いかもしれませんね。
TBお願いします。

2014/5/30(金) 午後 3:17 atts1964 返信する

アバター

attsさん!こちらにもコメ、それにTBありがとうm(._.)m

昔のサイレント作品ですか•••

今作のような演出で〜のパターンではないのでどぉでしょうか•••⁉︎

その時代、その時代に反映されてる部分もあるでしょうし•••。

ちなみに以前、サイレント作品ではないですが、『元禄忠臣蔵』っていう昔の邦画を観た時、かなり観るのに苦しんだというか疲れたというか•••

何度早送りボタンに指を置いたことか。(^_^;)

あまり時代が違いすぎると理解出来ないものなんだなって改めて思っちゃった!

2014/5/30(金) 午後 8:58 ちゃーちゃん♪ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事