全体表示

[ リスト ]

神は我が身の内に宿る

イメージ 1

イメージ 1

          

 御来訪感謝申し上げます。
 昨日の記事「日本の精神の原点は“道”」を上梓させていただきましたが、引用に使用しました松木天村先生の卓話には転載した本論の根底を為す前段がありました。本来はその前段部から始めて本論に行かなければならないのですが、文字数制限の関係上、省略いたしましたが、前段部分も非常に分かり易く「日本人の本質」について語っておられますので、“週末霊性特集”(!?)のしめとして紹介させていただきます。

-------------------------------------------------------
      ----天之御中主神(あまのみなかぬし)とは----
 万物の霊長という、霊肉一如という、こういうふうに“霊”ということを言っておりますけれども、そんなものは言うだけで、あってもなくてもいいように思っております。そうじゃないのであります。霊が元なのであります。魂が元なんであります。魂があって生まれてきて、今日の肉体を形成したのであります。脳細胞も何もかも肉体的なものは胡散霧消致しましても、本当の自分である魂は天に帰るのであります。
 ところがその魂が、生前において磨かれてない、そのまま放ったらかしておいた。つまり因縁を積んで、所謂スモッグの中にうずくまっていた霊は、天に帰れません。途中でうろうろしている。それだから供養して霊を慰めるのであります。本当はそれではいけないのでありまして、我々が生きている時にこの魂の存在を承認しなければならない。承認して、それを磨くということが必要なんであります。
 魂の本質は神そのものであります。古事記では高天原に成りました神の御名は天之御中主神、次の成りました神は高御産巣日神(たかみむすび)、次に神御産巣日神(かみむすび)、その次に成りました神は宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじ)、次に天之常立神(あめのとこたち)。この五柱の神は別天(ことあま)つ神。
 次に十柱の神になりますね。それから伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)の神が生まれて、天照大御神(あまてらすおおみ)とこういう順序になっております。伊邪那岐・伊邪那美の命(みこと)から後は人間の問題であります。夫婦のありかたを教えたものであります。
 そこで高天原に成りました天之御中主神というのは神道では天津神の最高神として崇高致しておる神であります。人間は天津神、国津神、諸々の神を拝んでおりますが、そういう神々は今世紀まで、人間の為に能(はたら)いて下さったんであります。
 それはどういうわけかと申しますと、神と人間、天と人間との関係は丁度人間社会と同じであります。我々が生まれて間もない時に母の乳房にすがっておりますね。また幼稚園になったら幼稚園の先生に教わる、中学に行けば中学の先生に、大学に行けば大学の先生というように教え導かれております。
 それと同じように、人間の知性のまだ蒙昧な時代は幼稚園であります。それは国津神という低い神様によって導かれるのであります。高等学校、大学になりますと知性が相当出来てきますから、八百万の神、天津神が指導に当たります。
 しかし、今日我々は知性におきましては、大学の教授以上になりました。教えられた天津神の先生より、もっとえらくなった。大学院に入らなくてはなりません。そういう時代が来ました。そういたしますと、天津神、国津神の信仰、それを拝んでおったのでは間に合いませんのです。今日以後は我々は天に直結しなければいかんという非常に進化した時代が参ったのであります。
 しかしながら、神仏を拝まなくてもいいと言うのじゃございません、人類の未発達の時代、過去において我々人類が幼稚園の時代、中学校、高等学校、大学の時代にいろいろお世話になった神仏でありますが故に、そういう神仏には“有り難うございます”というお礼を申し上げることは当然なんでありますが、いつまでも既成宗教、あるいは新興宗教の神を拝んでおっては、どうにもこうにもならない、という時代が来ました。もっと高い時代に行かなきゃならんのであります。
 ところで、最高神の天之御中主神とは何かということであります。古事記もやっぱり漢字で書いてございます。これも日本人の本当の言葉を残したものでありますが故に、漢字に引っ掛かっては古事記の理解は出来ません。「天之」ということは形容であります。「神」ということも形容でありますよ。そうすると「中」だけ採ったらいいんです。天之御中主神の「天之」をとりまして、「神」をとりますと、まさに「御中主」となります。
 御中主とは何か。“高天原に成ります”という、そういう「原」ではございません。「高天」という敬語をつけ、なお「原」を書いてあるから分かりません。それを腹部の「腹」と書いたら分かるんであります。
 我の腹に宿ったものは、高天原のいわゆる天津神の最高神であるところの天之御中主神なんであります。

----------------------------------------------------------
 「我の腹に宿ったもの」とは「ヘソ」に宿ったものを指しています。我々人間はヘソを通じて天とつながっているということです。
 これが松木先生のいう「ヘソ学序論」の核心であります。我々人間は胎内に居る時は「ヘソ」から親の栄養素をもらってすくすくと育ちますが、栄養素だけでなく、親・先祖からの様々な遺伝子や情報、性質すべてを受け継いでいます。
 つまり、ヘソは先祖との結びつきの総合窓口であり、ヘソを通じて代々遡って行けば、天に通じるということであります。
 武士が切腹をするということは、自分の身の不祥事を代々の因縁と捉え、自分の代でその忌々しい因縁の連鎖を断ち切るために、腹(ヘソ)を掻っ捌いたという意味があるのだということを教えられたことがあります。
 腹を割って話そう、腹の底から言っているのか、アイツの腹は見えない、腹黒いヤツだ、等々、「腹」にまつわる話はたくさんありますが、それらも極めて日本的な言い回しであることを思えば、日本人は、頭=人間の知恵ではなく、腹(ヘソ)=天からの知恵、を至高の基準として我が身を御して来たのではないでしょうか。
 靖国神社の「みたままつり」が魂の慰めなのです。英霊のおなかに宿っていた「御霊=みたま=魂」を鎮魂する行事を行うゆえんがそこにあるのです。
 「お天道様が見ているぞ」という戒めの言葉がありますが、「お天道様」が我が身(ヘソ)に存在しているのですから、常に身のうちにあるお天道様から見られている自分を意識しつつ、日本人は身を律し、天の意志に報いるべく、それぞれの立場で精進して来たことが今日の、世界からも圧倒的な支持と信頼を受ける国を築いて来られたのではないかと感じるのです。
 以前、ある先輩に「お伊勢様の御神体が何か分かるか?」と訊かれたことがあります。
 当然、無知蒙昧かつ信仰心も持たない不肖敬天愛人は知る由もありません。「伊勢神宮の御神体は鏡だ。つまり、神様のお姿は?と訊ねると『それは鏡に写ったお前自身の姿だ!』ということだ、と教えられました。
 その意味の深層をなかなか理解できず悩んだ時期がありましたが、神は自らに宿っているという日本人の絶対真理を教えられた時、ようやく合点が行きました。と同時に日本人に生まれたことの至上の徳と、だからこその(世界に比類の無い日本人しか持ち得ない)道徳心の真髄を得心した思いに駆られました。
 これがまさに「日本人のアイデンティティーであり、つまり『根っ子』である」と確信します。
 
 こんなふうに、人類の真理を自然発生的に身につけている日本人こそ、世界最高の徳をいただいているのではないでしょうか。
 
 惜しむらくは我々の日本社会は、上に行けば行くほど、和魂を失い洋才(シナ・朝鮮も含む、神を冒涜する)に冒されていることであります。


 日本人は、神は我が身に宿っているのです!!
 ※人気ブログランキング(政治部門)に参加しています。
 下記クリックのご協力をお願い申し上げます。
    https://blog.with2.net/in.php?687099 

 

 
 
 

閉じる コメント(64)

顔アイコン

ブログ主の方が昨年他界しておられるということをお教え頂き、有難うございました。
このブログのページで教わるところが多々ございました。

2012/4/26(木) 午後 4:06 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

かつて、天人・松木草垣(そうえん)女史(西暦1901〜1998年)が教え主であられ、夫君松木天村先生(西暦1892〜1975年)が旗持ちをされていた、あたらしい道(大阪府羽曳野市に所在)の基本の教えについて書かれた内容を、十数回に分けて掲載させて頂きます。


霊魂不滅とは、魂は、生まれる前にも、生きている間にも、死んでからも、永久にずっと存在するという考え方です。
では、魂は、生きている間には、人間の身体のどこにあるのでしょうか?

2012/4/29(日) 午後 10:33 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

あたらしい道では、一木一草に根があるように人間にも根があるということ、
それは人間のほぼ中心のへそ(腹)の奥に、目に見えない魂(みたま)としてあること、
そして、魂の意思[=人間として生きるべき筋目(理)]に沿って生きることが人間本来の生き方であると教わっております。
※これから述べる文章の中で、へそ=肚(はら)=魂=みたま=生命の根源=本当の自分=人間の原点(中心)=天(元親)の分かれ=人間の根 と解釈して頂き、特に、魂やみたまのことを、へそと表現することもあります。目に見えるへその奥に、目に見えないへそ(すなわち魂=みたま)が宿っていると教わっているからです。

2012/4/29(日) 午後 10:34 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

ただし、魂は頭や心よりも次元が高く無意識(潜在意識)の世界であるために、自分自身を理に沿って掘り下げない限り(つまり修養や修行をしない限り)、なかなか魂の意思が分からないとのことです。
世間で「内なる声に耳を傾けよ」という言葉がありますが、「内なる声」とは「魂からの声(意思)」に他なりません。
ほとんどの人間は、自分の魂からの声を聞くことは出来ません(もちろん私も聞くことは出来ません)が、自分自身を理に沿って掘り下げることによって、言い換えれば、魂を磨くことによって、そこ(魂)から「ふと浮かばされる」という現象が現れて来ます。
つまり頭や心の次元を超えた直観・無意識(潜在意識)の世界が、へその奥にある魂から自然に湧いて出て来るわけです。
あたらしい道の教え主であられる天人・松木草垣(そうえん)女史(西暦1901〜1998年)のお言葉に「自分を掘って掘って掘りさげたら、そこ(へそ)から無限無限が湧いて出る」とあります。

2012/4/29(日) 午後 10:35 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

では、どのようにして魂を磨くのか、それは「磨く=身が苦」という通り、現象に現れて来る苦しいことや辛いことを、自分の魂を磨くために天が与えてくれた試練であると受け取り、それらを喜んで通ることよって、魂が磨かれていくのだと教えられております。
また、欲しい、惜しい、憎い、怨み、腹立ち、慾、高慢、増上慢といった気持ちになった時、自分自身のへその奥の魂に「ごめんなさい」とお詫びをさせて頂くことによって、それらの埃(ほこり)や業(ごう)を払うことが出来るそうです。
このように、常に自分の魂の汚れをお詫びによって払い、さらに自分の魂に「ありがとうございます」と感謝して、人のため世のため国のために生きることによって、いつも魂をピカピカにしておくことが大切で、このことが、とりもなおさず徳を積むことになるそうです。

2012/4/29(日) 午後 10:36 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

自然界で一粒の種が畑に落ちると地中で一番最初に根が出るのと同じように、人間も一匹の精子(種)が卵子(畑)に入ると母胎で一番最初に根に相当するへそが出来るのです。そして、へその緒によって母胎とつながります。植物が地中の養分を根から吸うように、幹枝葉花の胎児は母胎の栄養をへその緒を通して吸います。これらのことから、目に見えるへその奥に最も大切な魂が宿っていることがうなずけます。
また、古来、日本人は、「肚が大きい」「肚を作る」「肚を据える」「太っ肚」「肚黒い」というふうに、肚を精神の働きの中心(生命の根源)として考えてきたことから、人間のほぼ中心にある腹(へそ)の奥に魂が宿っていることがうなずけます。

2012/4/29(日) 午後 10:37 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

さらに、『古事記』の冒頭に「天地初めて発けし時、高天原に成れる神の名は、天之御中主神(あめつちはじめてひらけしとき、たかまがはらになれるかみのなは、あめのみなかぬしのかみ)」とありますが、「高天原(たかまがはら)」というのは、大和にあるか九州にあるかなどという論争以前に、人間の腹(はら)のことを言っているそうです。「高天(たかまが)」は接頭語です。また、「天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)→(あめのおなかぬしのかみ)」とも読め、腹の奥にある魂のことを言っているそうです。つまり『古事記』の冒頭を「天地開闢(かいびゃく)の時に、人間の腹(はら)に成った神の名は、天之御中主神(あめのおなかぬしのかみ=魂)」と解釈出来ます。

2012/4/29(日) 午後 10:38 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

過去の宗教家や哲学者が「人間とは何か?」ということをずっと探求し続けてきましたが、その答が、へそ(魂=みたま)[本当の自分=人間の原点(中心)]であったことには本当に驚かされます。
真理というものは、こんなにも身近にあったのだと痛感致しました。
だからこそ(へそのない人間はいないことから)、宗教や哲学を超えた万人の誰にでもあてはまる教えになりうるのだと思います。
もちろん、へその大切さや肚が精神の働きの中心であることを頭の次元で理論的に唱えた人は今までに沢山いましたが、へそ(魂=みたま)の存在や働きを理論ではなく身をもって自然に明かされたのは、人類史上、天人・松木草垣女史をおいて他にはいらっしゃらないと思わせて頂きました。

2012/4/29(日) 午後 10:39 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

天人と呼ばれている通り、松木草垣女史は、へその奥に天そのもの(=天なる元親)の魂(みたま)を持ってお生まれになり、数々のいばら苦労の人生の末、昭和27年(数え52歳の時)に女史ご自身の魂(みたま)が磨き切られて自然に働き出し、魂(みたま)から声(指図)が自然に聞こえて来るようになられ、魂(みたま)通りになられた(つまり人間完成された)人類史上初めてのお方なのです。しかも望んで成られたのではなく、自然に成らされてしまわれたのだそうです。
このことは、過去の聖人である釈迦やキリストや天理教祖も誰も成し得なかったことであります。

2012/4/29(日) 午後 10:39 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

では、どうして天人・松木草垣女史が人類の歴史始まって以来、初めて、天(元親)の分かれで人間の根であるへそ(魂=みたま)の存在や働きを明かされる必要があったのか、
それは遠からず、まず日本で、越すに越せん、行くに行けん、通るに通れんどん底(世直り・国替え)の時が来て、各人のへその奥にある魂が目を覚まして働き出し、その際に、各人が自分自身の魂から筋目(理)通りに審判(つまり自己審判)されるからです。もう本当に他人事ではありません。もちろん私自ら言い聞かせなければならないことです。
本当の自分である魂が上側(うわかわ)の自分に、いやおうなしに審判を下しますので、誰にも文句を言うことは出来ません。
「肉体はみたまの容れ物」という女史のお言葉がありますが、本当の自分であるみたま(魂)が「こんな強欲な汚れた肉体にいるのはご免だ」と嫌がって、容れ物の肉体から出て行ったら、肉体は脱け殻になり、すなわち、それは死ぬことを意味します。

2012/4/29(日) 午後 10:40 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

根は、地味で、人の見えない所にあり、ほめられもせずに、地下のじめじめとした暗い所で、じっと幹枝葉を支えています。
春になると大勢の人が、桜の花見に行って、花の美しさのみに浮かれて、どうして花が咲くのか、その根元(ねもと)を掘り下げる人はほとんどいません。根があればこそ、幹枝葉が育ち花が咲くのです。
現代人は概して、根を養うという最も大切なことをしないで、花を咲かせることばかり考えています。生け花は、その時は美しくても、いずれ必ず枯れてしまい、二度と花を咲かせることはありません。それは根がないからです。どんなに財産(富)や名声(名誉)や地位がある人でも、根が枯れたら駄目になってしまいます。
逆に、たとえ花が枯れても、根がある限り、翌年には花を咲かせます。人間も肉体(花)はいずれなくなりますが、魂(根)がある限り、また別の新しい肉体(花)として生まれ変わる場合があります(輪廻転生)。こうして魂は前生(ぜんしょう)→今生(こんじょう)→後生(ごしょう)へと引き継がれていきます。(輪廻転生を説明するために、ここでは肉体を花に例えて述べました。)

2012/4/29(日) 午後 10:41 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

・天の価値観[=人生の本当の目的]⇒自分の前生の借りを返すため(つまり前生の業を果たすため)、この世において、天(元親)の分かれで人間の根であるへそ(魂=みたま)を磨いてピカピカにして徳を積むこと→自分の内側のもの
・現世の人間一般の価値観⇒この世において、財産(富)、名声(名誉)、地位などの花を咲かせること→自分の外側のものに過ぎません
そして、死んでから持って行けるのは、ピカピカに磨かれたへそ(=徳)だけであり、財産(富)、名声(名誉)、地位などは生きている間だけのものであること------このように思わせて頂きました。

2012/4/29(日) 午後 10:53 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

繰り返しになりますが、
各人のへそ(魂=みたま)には、人間として生きるべき筋目(理)があり、その意思に沿って筋目(理)通りに、つまり、へそ(魂=みたま)通りに生きることが人間本来の生き方であるということを、いつも意識して毎日を歩まれることを切望致しております。

以上、あたらしい道の基本の教えを書かせて頂きましたが、どうかご参考にして頂ければ、有難く思います。

2012/4/29(日) 午後 10:55 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

以下は、補足です。


・親には、へそ(魂=みたま)の親(=天なる元親)と、肉体の親の二通りあります。そして、肉体の親親親・・・つまり先祖の中に自分の前生(魂)があり、その前生前生前生・・・をさかのぼると、究極は、へそ(魂=みたま)の親(=天なる元親)につながります。言い換えれば、天(元親)の分かれが、各人のへそ(魂=みたま)となるのです。

2012/4/29(日) 午後 10:57 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

・肉体=三次元・目に見える・意識(顕在意識)の世界=結果の世界=有限・相対の世界=仮(上側)の自分=自己中心的、我欲=業=幹枝葉花
・頭・心=四次元・目に見えない・意識(顕在意識)の世界=結果の世界=有限・相対の世界=宗教・哲学の世界=対立・闘争の世界=仮(上側)の自分=自己中心的、我欲=業=幹枝葉花
・へそ(魂=みたま)=最高次元・目に見えない・無意識(潜在意識)の世界=原因の世界=無限・絶対の世界=宗教・哲学以前の世界=和の世界=本当の自分=義(人のため世のため)・大義(国のため)、無欲無私、誠、人間本来性=徳=根
次元が高くなればなるほど、人間には意識出来なくなりますが、魂を磨くことによって、無意識の世界が意識出来るようになります。

2012/4/30(月) 午前 1:00 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

・父親は種であり、母親は畑であります。桜の種からは桜の木しか生じない(言い換えると桜の種からは梅の木は生じない)ように、人間の場合もそのお父さんの種からはそのお父さんの木(子供)しか生じません。詳しく言えば、桜の種は畑を借りて桜の木を生じるように、人間の場合もそのお父さんの種はお母さんの畑を借りてそのお父さんの木(子供)を生じます。植物も人間もすべて種(父)通りになるのです。そして、これが自然の摂理です。特に、現代の母親は、自分の子供であるという意識が強いため、父親(主人)を立てずにいるケースが数多く見受けられますが、実は、今述べたように、子供はお母さんのお腹(畑)を借りてお父さん(種)に授かるのです。だから母親は子供を育てる時には、自分の子供という意識をなくして、お父さんの子供として育てさせて頂くという気持ちが大切です。この筋道を間違えると、子供は健全には成長しません。

2012/4/30(月) 午前 1:02 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

・過日、あたらしい道の話をさせて頂いた際に、ある友人から「結局はどの宗教も根本は同じだ」と言われましたが、例えば「親孝行をする」「先祖を敬う」「善い行いをする」などの幹枝葉が同じなのであって、根本=根はあたらしい道をおいて他にはありません。なぜなら、あたらしい道は一言で言うと、へそ(=根)の教えであるからです。つまり、あたらしい道の教え主であられる天人・松木草垣女史が人類の歴史始まって以来、初めて、天(元親)の分かれで人間の根であるへそ(魂=みたま)の存在や働きを身をもって自然に明かされたからです。だから「親孝行をする」「先祖を敬う」「善い行いをする」などの理(教え)も、すべて、へその奥にある魂(みたま)=根に、万々の理[=人間として生きるべき筋目]の中の一つ一つとして刻み込まれていて、自分を理に沿って掘って掘って掘りさげたら、そこ(へそ)=根から無限無限の理(教え)が自然に湧いて出て来るわけです。つまり自分自身を理に沿って掘り下げることによって、数限りない幹枝葉の理(教え)も、すべて、自分のへそ(=根)から自然に発するものであるということです。

2012/4/30(月) 午前 1:03 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

かつて、あたらしい道の旗持ちをされていた松木天村先生(西暦1892〜1975年)の詩を、次に引用させて頂きます。

古くして 古きものは亡ぶ
新しくして 新しきものもまた亡びる
最も古くして
常に新しきものは 弥栄える
朝の太陽は
最も古くして
最も新鮮な 久遠の存在である
あたらしい道は
最も古い 日本民族の道統を
現代に 新しく復元する
世界の和平と繁栄に通ずる
朝の太陽の道だ!

2012/4/30(月) 午後 1:32 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

転載させて頂きました。
傑作

2012/5/5(土) 午後 2:51 [ daisinshoten ] 返信する

顔アイコン

ナイス!、ランクリです。

2012/10/3(水) 午前 7:49 [ daisinshoten ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事