過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 1

         笑顔の陰で・・・  

 御来訪感謝申し上げます。

 G20、APECと大きな会議が開かれましたが、その陰では米韓のFTA締結が頓挫してしまいました。例によって、韓国のわがままな要求に原因があるようなのですが。
 


---------------------------------------------------
   米韓FTAの決裂は朗報だ[寄稿]
2010年11月12日(金)17時53分ニューズウイーク日本版

Jim Young-Reuters
 ナポレオンは常々「運の強い将軍が好きだ」と口にしていた。だとすれば、彼はきっとバラク・オバマ米大統領が気に入ったはずだ。
 幸運なオバマは、韓国との自由貿易協定(FTA)に最終合意するという政治的な自殺行為を、韓国側の「待った」のおかげで免れることができた。FTAはアメリカの貿易赤字と失業率を、今以上に上昇させかねないものだった。
 韓国発の報道によれば交渉はほとんど終わっており、オバマと韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領は自分たちが定めた交渉期限(11日)までに調印できる見通しだった。韓国はこれまで、FTAは自国経済の繁栄と安全保障にとって欠かせないものだとし、交渉を推し進めてきた。それが突然、米国産牛肉の輸入が若干増えることと、外国車の排ガス規制をわずかに緩和することに同意できないと言い出した。
 韓国は中国と同じく、自国通貨の為替レートを操作し、無数の行政指導と非関税障壁で輸入品をがんじがらめにしている。そんな世界有数の閉鎖的市場である韓国が、輸入激増を招くはずもないアメリカ側の2つの要求になぜ応えられないのか、疑問に思う人もいるだろう。
 しかしオバマは、韓国が被害妄想に陥ってくれた幸運に心から感謝すべきだ。おかげでオバマ政権は自滅行為を回避できるのだから。
 すべてが自由貿易の方向に流れている今、自由貿易と名の付くものに反対することは完全なタブーだ。だが実際のところ、韓国との自由貿易が可能だと信じている人などいるのだろうか? なにせ韓国は外国の知的財産を侵害することを政策的に奨励し、裁判所が日常的に外国企業の特許権を剥奪しているような国だ。
 ■対韓投資よりアメリカに投資せよ
 確かにFTAは韓国の関税を大幅に減らし、外国からの投資を促進するだろう。知的財産の保護を強化する必要も出てくる。だがその保護要求を裁判所が受け入れなければ、何の意味もない。それに関税引き下げも対韓国輸出の決定的な切り札にはならない。韓国政府は関税引き下げ分を相殺するため為替を操作することができるし、すでにそうしているからだ。
 韓国への投資促進など、アメリカが本当に望むべきものなのか。今の我々に必要なのは米国内における投資だろう。しかも今回のFTAは、韓国企業のアメリカ現地法人がアメリカの法規制などついて異論があれば、世界銀行や国際刑事裁判所に訴えることも可能にするものだ。
 すごいことではないか? アメリカは国家主権を守るためにこれまで一貫して、国際刑事裁判所への加盟を拒否してきた。それなのにアメリカの主権たる法制度を、外国企業が回避できるような貿易協定を結ぼうとするなんて。FTAを後押ししてきた米共和党は、このことを理解していたのだろうか。
 ただし本当の要点は国家主権ではなく雇用だ。FTAはアメリカの雇用状況を必ず悪化させる。もちろんワシントン周辺の様々なシンクタンクが、FTAはアメリカに利益をもたらすと報告している。しかしそれらを読めば、数字は嘘をつかないが、嘘つきに都合よく操作された数字を信じてはならないことがよくわかる。
 コンピューターによるシミュレーション結果は、FTA賛成派に都合のいいものもあれば、反対派に都合のいいものもある。だからここで、私の知り合いである韓国側の交渉担当者の言葉を紹介したい。私は彼にこう聞いた。友人として正直に言って、FTAでアメリカの対韓輸出やアメリカの雇用は大幅に増加すると思うか? 彼は「ノー」と即答した。韓国でのビジネス取引を知る人なら、誰もがそう答えるだろう。
 オバマの幸運がこのまま続くことを祈ろう。少なくとも、彼が韓国から帰国するまでは。
──クライド・V・プレストウィッツ(米経済戦略研究所所長)

[米国東部時間2010年11月11日(木)17時28分更新]
-------------------------------------------------------------
 まず赤文字の部分を引用します。
 1.韓国との自由貿易協定(FTA)に最終合意するという政治的な自殺行為
 2.韓国は中国と同じく、自国通貨の為替レートを操作し、無数の行政指導と非関税障壁で輸入品をがんじがらめにしている。
 3.なにせ韓国は外国の知的財産を侵害することを政策的に奨励し、裁判所が日常的に外国企業の特許権を剥奪しているような国だ。
 4.韓国政府は関税引き下げ分を相殺するため為替を操作することができるし、すでにそうしているからだ。
 5.今回のFTAは、韓国企業のアメリカ現地法人がアメリカの法規制などついて異論があれば、世界銀行や国際刑事裁判所に訴えることも可能にするものだ。
 
 今回、オバマと李の間で最終合意が成されなかった理由は、韓国の報道などを見ても、韓国へのアメリカ産牛肉の無制限輸入と自動車に関する規制がネックとなったようであります。
 牛肉についてはまだ記憶に新しい韓国内で起きた「ローソクデモ」で分かるように、国民の間で狂牛病に対するアレルギーが根強いことも影響しているようです。
 問題は自動車なのですが、韓国の現代自動車・起亜グループもアメリカで現地法人を立ち上げ、北米向けの製品は現地生産しているのですが、アメリカ国内の燃費規制が非常に厳しくなっていることが、今回の米韓FTA決裂の原因になっています。
 アメリカは現在、乗用車の燃費を1Lあたり11km以上を基準としています。この数値を年々5%ずつUPさせていき、2016年までには1Lあたり15km以上までに基準を上げることが決定されています。
 この基準を下回る燃費のクルマは販売できないということです。韓国車の場合、なぜかメインの車種は中大型セダンに集中しています。現在の基準は何とかぎりぎりクリアしているようなのですが、’16年の15km以上に燃費を向上させる技術開発の目途が立っていないようなのです。このまま行くと、’16年には韓国車は何とか基準をクリアできそうな排出量800ccとか1000ccクラスの大衆車レベルのクルマしか、アメリカでは販売できなくなってしまうおそれがあるのです。最近、ウリジナルハイブリット車も開発したのですが、日本でいえばトヨタのカムリクラスのこの中型セダンのHV車でも、今のところ16km/L程度のレベルなのですから、韓国車の燃費水準は推して知るべしということです。
 そこで、今回のFTAを交渉するにあたって、米国からの輸入車を無関税にする代わりに米国での韓国車の燃費基準を特例扱いしてくれないか?と要求したらしいのです。
 当然、米国側は国内での韓国メーカー現地法人ですから、国内法を破るわけにはいかない、と突っぱねました。すると、韓国側はそれなら、こっちも輸入車にだけ厳しい排ガス規制を緩和することはできないと応酬したようなのです。
 そのような交渉経過があって、韓国は米国での現地生産車への米国法適用に対する異論を国際機関に訴える権利を要求したのが、5番目の話なのです。
 現状では燃費向上の技術を持たない韓国にしてみれば必死なのですが、そんな虫のイイ話は国際間では通用しません。
 韓国としては日本のメーカーに技術協力を求めてはいるらしいのですが、今のクルマは電子化が高度に進み、エンジン本体よりもプログラミングが性能を決定付ける仕様になっているようで、ブラックボックス化した技術のため、No!!を突きつけられたそうです。
 これから、ヒュンダイはどうするのかが見ものですが、過去に散々日本メーカーを裏切って来た韓国のことですから、免疫が出来ている日本メーカーは愚かな家電業界の二の舞は踏むまいとしていますから、所詮、日本の技術におんぶに抱っこの韓国メーカーでは、どうにも出来ないでしょう。
 実はこういう裏事情が今回の米韓FTA決裂の陰にはあるのです。
 他の4項目を指摘していることでも、このアメリカの民間シンクタンク所長はすでに韓国をシナと同等の非法治国家と見なしていることが良く分かると思います。
 シナ同様に韓国も建国以来、いびつな矛盾を抱えたままで現在に至っています。
 それは、共に歴史を捏造歪曲し、それを基に日本を恫喝し日本に物心ともにたかり続けて国を運営して来たにもかかわらず、自分たちの力だけで今日の地位を築いて来たと国際社会で虚勢を張っている事です。いつまでも虚勢が通用する筈もありません。
 日本人もこのいびつな矛盾に気づき始めました。日本人が気づく前に世界はすでに気づいています。
 先日、ウオールストリートジャーナル紙が社説で「韓国の奇跡的な経済成長は終焉を迎える」という記事を書いて、韓国人をびっくりさせましたが、案外、この辺の事情を暗に指しているのではないかと思ったりしました。
 不肖敬天愛人がなぜこの記事を転載したのかというと、韓国に都合の悪い事は自主規制する日本のマスコミは決して報道しない韓国の実態を、分かり易く暴露しているからです。
 この引用記事を見てもお解りのように、旧宗主国と属国の体質はやはり同じなのです。
 原発輸出でも日本が官民一体となって攻勢に転じましたので、今まではほぼ野放しだった韓国産業界も、これからは今までのようには行きません。
 G20の議長国としての韓国も、本当の実績は米韓FTA締結だったのですが、それは水の泡と化しました。韓国は国際舞台の主役としても大いに成果を上げたが、日本は何の成果も上げられなかったと韓国内ではホルホル報道をしています。日本の部分については認めますが、これが漢江の奇跡(??)で始まる韓国経済成長による国際的地位のピークの終わりだったのではないか、と思えてならないのです。

 如何せん、いつまでも他人のふんどしで相撲は取れません。
 


  特亜のわがままがいつまでも通用すると思うな!!
 ※人気ブログランキング(政治部門)に参加しています。
 下記クリックのご協力をお願い申し上げます。
    https://blog.with2.net/in.php?687099 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事