骨クライマー日記

福岡原産クライマー。細い腕で頑張ってます。

総括_2017年

今年登ったボルダーとルートの課題一覧。ボルダーは初段以上、ルートは12a以上とした。

イメージ 1

イメージ 2

〜ボルダー〜
計87本
最高グレード:V12(更新)
OSグレード:V5(更新ならず)
FLグレード:V7(更新)

〜ルート〜
計80本
最高グレード:5.14b(更新)
OSグレード:5.12b(更新)
FLグレード:5.12b(更新)

ちなみに2017年の目標は
計100本以上
ボルダー:三段を五本、四段を二本
ルート:5.13c以上を5本

今年はルートは飛躍の年となり、5.14を登ることができました。一方、ボルダーは福岡時代の成果ばかりで彦根に越してからは大した成果は挙げれませんでした。

また、モチベーションの低下にも悩まされ、クライミングをやめようと思ったこともしばしば。もしかしたら5.14と四段を登れたことで自分の中で一段落してしまったのかもしれません。学生時代にはこんな気持ちにはなったことが無かったし、クライミングをやめるなんてありえないと思ってましたが、今となっては案外簡単にやめれそうです。まぁ今後もアップダウンダウンしつつ、クライミングを楽しめればいいなと思います。

2018年の目標は
計100本以上
ボルダー:四段を2本
ルート:5.14cをRP
としよう。

来年も自分の可能性を信じて頑張ろう。

この記事に

開く コメント(0)

Yangshuo Climbing Tour #4

最終日は”River Side”へ。もう満身創痍で全身バッキバッキのパリッパリ。

イメージ 4
朝食はがっつりチャーハン。量多すぎた( ̄∀ ̄) 15元なり。

イメージ 5
"River Side" 道路沿いにあるので、ノーアプローチ

イメージ 6

イメージ 7
岩の向かいには美しい風景が広がる

まずはオススメルートの「Flaming Hornets/12c」をOS。OSグレードを更新できました!まぁガバガバの遠いだけのルートだったんで、なんとかなりました。

そしてその延長の「Stinger/5.13b_8a」を三便でゲット。上部がかなり悪かったんで不安になりましたが、うまいこと別ムーブを発見し、1Day8aをこの日も達成できた。

イメージ 8
「Stinger」

イメージ 1
Sonoeにもらったお菓子。日本のわらび餅的な?

この日も締めに13aを二便でゲットして有終の美。ギリギリでしたが、執念のクライミングができました。ヒラヒラさんも12aを最終便でゲットし、スッキリ。二人とも本ツアーを気持ちよく終えることができました。

この日はDanielとSonoeと最後の晩御飯。このツアーではタクシーの手配してもらったり、岩場を紹介してもらったり、晩御飯に連れて行ってもらったり、本当にお世話になりました。二人ともびっくりするくらい親切で良い人でした。

翌日は日本への帰国日。上海空港でヒラヒラさんとお別れ。このツアーでは準備段階からヒラヒラさんには1から100まで全てやってもらい、本当にお世話になりました。本当に感謝しかないです。おかげで最高のツアー、最高の思い出になりました。

いやはや本ツアーでは僕はみんなに助けられっぱなしで、木偶の坊でした。もっと英語が喋れないといけないなとしみじみ感じました。

イメージ 2
上海空港でビールで乾杯。今ツアーではずっと飲んどったな(^_^)

最後の最後で関空行きの飛行機の出発が遅れ、終電ギリギリになるというハプニングもありつつ今ツアーは終了。彦根はなんと雪でした。これだから彦根はあんまり好きになれない。

初海外ツアーでしたが、今後行ける機会があれば、また海外の岩場に行きたいですね。

イメージ 3

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

Yangshuo Climbing Tour #3

四日目と五日目はLei Piへ。

イメージ 6
ホテル近くのパン屋さん。行動食はここで購入しました。日本よりほんの少しやすいくらいの価格帯です。朝早くからやってるから便利です。

僕は初日に触った「Lightning」にトライ。細カチデッド核心で良い左足のスタンスを発見し、長さにも慣れてきて、RP体制になったんですが、なかなか繋がらん。最終便では核心を超えるも力尽きてフォールしてしまい、情けない姿を晒していまいました。

そんな中、ヒラヒラさんは12aをOS。この日のLei Piのハイライト。えらい盛り上がりました。

イメージ 1
「Lightning」登れず、落ち込んどるねとSonoeにからかわれましたw 実際はクライマーが結び変え中だったので、休んでるだけです。

四日目は今ツアー初坊主で終了。がっかり大晦日でした。

イメージ 2
大晦日の西街は中国人観光客で大にぎわい。Yangshuoは国内観光客に人気のスポットらしいです。

イメージ 3
トトロ?

五日目の2018年初岩場は「LIghtning」を登りたい僕のわがままを聞いてもらい、お馴染みのLei Piへ。

連日のクライミングで疲れ切ってたが、最後の力を振り絞り、この日一便目で渾身のRPを決めれました。Happy New Year!!でした。

イメージ 4
「Lightning」核心

その後は左端の13aをRPして終了。良い元日になりました。

イメージ 5
元日の晩飯はインド料理屋。ここもウマイ!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Yangshuo Climbing Tour #2

二日目の朝食はホテル近くのビーフン屋さんでヌードルを食す。今回のツアー中の朝食はほぼこれでした。毎日食べても飽きない程度にまぁまぁ美味いです。価格帯は10〜15元くらい。このお店は観光客用のお店だったようで、地元民が行くような店にはいれば、この半額で食べれるそうです。

イメージ 1
桂林米粉

そんで二日目と三日目はYnagshuo最大のエリアである白山(White mountain)へ。

イメージ 2
白山側面

イメージ 3
白山正面。 The 海外の岩場って感じ。

イメージ 6
さすが人気エリアとだけあって、香港人、韓国人、西洋人で賑わう。Chiris Sharma初登の5.14も数本あり。

僕は1Day8a目指して、まずは「Gin Tonic/5.13b」。3便で撃破。

イメージ 4
「Gin Tonic/5.13b」

その後はSonoeにのせられ、「China Climb/5.14b」。終了点直下まであまり難しくなかったので、意外といけるかもと思ったが、終了点直下で初段くらいのムーブと遭遇。Tiny crimp to tiiny crimpで激悪。どうやら欠けて更に悪くなっているらしい。なんとか翌日バラせはしたが、本ツアーでの完登は無理だと判断し、諦めることにした。今度の海外ツアーではもっと強くなって、8c(5.14b)を狙ってみたいもんです。

イメージ 5
「China Climb」下部

ヒラヒラさんは「The phoenix/5.12ax」をRP。今回のツアーでわかりましたが、おそらく今まで僕が一緒に登った女性ルートクライマーで一番強いです。そらステロイド登るわと思いました。

「China Climb」を諦めて、お次は「Beast Baster/5.13b」。サクッと終わるだろうと思いきや核心がメチャクチャ悪くて、大苦戦。足キレッキレになりつつ、3便で撃破。

三日目の晩飯はDaniel &Sonoeオススメのお魚のしゃぶしゃぶ。美味い!魚の種類は謎だったが、多分鯉だったのか?

イメージ 7

イメージ 8
人生初遭遇のピータン。アヒルの卵らしいです。トリッキーな味で少し苦手でした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

Yangshuo Climbing Tour #1

新年明けましておめでとうございます。今年も本ブログをよろしくお願いします!

新年一発目は、年末年始の12月27日〜1月3日に中国のYangshuoへクライミングトリップしてきたので、その報告をしたいと思います。
 
12月27日の午後に彦根を出発し、関空へ。

イメージ 1
年末ということもあり関空はまぁまぁ混雑

しかし、ここで関空で合流予定だったメンバーからパスポートが見つからないとの一報が!?結局、その方はパスポートを見つけることができず.......。もう一人の参加予定者も諸事情で参加できなくなったので、当初4人で行く予定だったこの旅は関東クライマーのヒラヒラさんと僕の二人っきりの旅になっていしまいました。寂しい( ;∀;)

とまぁ土壇場のハプニングもありつつ、上海経由で12月28日の昼前に桂林着。今年の桂林は例年より暖かいみたいで日本の秋くらいの気温。

イメージ 2
桂林空港のトイレのミラーは気温が表示されるディスプレイ付き。中国の片田舎かと思っていたが、意外とハイテク。

桂林空港から宿泊先のオーナーが手配してくれたタクシーで陽朔(Yangshuo)の西街(West Street)へ。タクシー一台280元ナリ。

宿泊先のホテルは一泊60元の安宿。日本でいう民宿みたいなところでした。

イメージ 3

イメージ 4

部屋はこんな感じ。タオルは1日一回変えてくれないし、エアコンも効かない。トイレットペーパーもないし、シーツも引かれてなかった。まぁ、トイレットペーパーはフロントに頼めばもらえたし、シーツは廊下に置いてあるやつを拝借しました。日本と同じ感覚で言ったらアカンですね。

ホテルに到着したのは昼過ぎだったので、腹ごしらえを済ませて、"Lei Pi Shan"に行きました。Lei Piではヒラヒラさんのお知り合いの香港人、DanielとSonoeが先に登ってました。今回の旅ではこの二人に本当にお世話になりました。

イメージ 5
"Lei Pi Shan" 道路沿いなんで、アプローチはほぼゼロ。40mのビッグスケール。

イメージ 6
Lightning/5.13d_8b

今回の遠征では8a(5.13b)を4本登ることが目標だったので、僕は早速エリアの看板ルートの「Single Life/5.13b_8a」にトライ。トップアウトすれば5.13bだったと思ってたんですが、トップまで行くと「Lightning/5.13d_8b」となることが判明。意外と出来そうだったんで、「Lightning」をトライしてみることに。

ニ便目で下部の「Single life」は突破し、RP。その勢いで「Lightning」に突入するも全く繋がらず。ホールドがずっと悪いし、少し被ってるので、見た目より悪く感じる。しかも、核心は薄サイドカチ握って、細カチにデッドなので、パンプした腕にはかなりしんどい。この日はRPできずに敗退となった。

イメージ 7

夜はDanielとSonoeに中華屋さんへ連れて行ってもらいました。美味でした(^ ^) 特にチンゲン菜?のニンニク炒め?みたいなのが美味かった。 一人頭50〜60元くらいでした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事