全体表示

[ リスト ]

久々の書き込みです。

最近多忙のためなかなか更新できません。




2007-3-27


地固め2回目と3回目の間に亜ヒ酸治療を行うことになり、

2回目終了・退院から3週間間が空いての治療開始になりました。

どうも砒素の入荷の都合で3週間空いたようです。


抗がん剤は、脳髄の中までは浸透しにくいとの情報が

ネットで出てきました。

再発するときもそこからの発症のパターンもある為、

主治医に髄注(ルンバール)を聞いてみました。

主治医はちょいと調べ物をした後、やります。との事。

・・・知っていたのか?・・・・忘れてたのか?・・・・大丈夫か?

APL97に入っているかどうか知りませんが、

とりあえず砒素の前に髄注することにしました。


これが奥方曰く、史上最強に強烈だったようで

1週間の間は動けませんでした。

「効いているんだね・・・脳に・・・。」

わずかに生き残っている脳髄の中の白血病細胞が

死滅しているイメージを膨らませながら

苦しんでる奥方をよそに私はほくそ笑んでました。



髄注後はすぐ外泊で帰宅しましたが、

1週間程は家でずっと寝込んでいました。


子供は寝込んで苦しんでる奥方でも

家にいてくれるだけで嬉しそうでした。






2007-4-2

髄注の後遺症が癒えたので、砒素投与開始です。

通常は難治性の場合や再発時に砒素での再寛解が通常なので

初発時の砒素治療に関しては、保険適応外になります。

抗がん剤に比べて副作用は少なく、寛解導入を耐えた方なら

大したものではないとの事です。

但し、心臓に来るらしく、心電図モニターが欠かせないらしい。

予定は1サイクル25日投与でした。

私個人は本当は2サイクルしたかったのですが・・・。

奥方は吐き気・下痢ピーに苦しんでました。

そして、深呼吸がしにくいらしく、心臓に影響が出てるのでしょう。

「効いてるんだね・・・」



続きます。。。。。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事