そとのイグニスと日記

訪問ありがとう!! 忙しくてブログに手が届きません。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
KAIENTAI-DOJO 第二試合はTAGマッチ。キャラの光るメンツの中若手の吉野がどこまでくいつけるかの見所マッチでした。キャラの濃い関根選手もなかなか面白いし、旭志織選手センスある試合運びと技、最後は意外にもマリーンズマスクが腕ひしぎ逆十字で厳しく攻めたのが新鮮でした。
 
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 
第二試合にありがちな笑いの試合ではなく こういう基本的な試合の方が私好みです。見る人によっては地味だって言うかもしれませんが、こちれも良いTAGマッチでした。関根ももう若手選手を面倒みるような立場になったんだなと感じた試合でした。
KAIENAT-DOJO青森大会は第一試合からメインまで隙のない試合とまた1試合、一試合がまったくかぶることのないマッチでどれも見ごたえがあって楽しかったですね。個人的には、KAIENTAI-DOJOvsみちのくの対抗戦 第一試合が良かったな。やはりプロレスの第一試合は重要だよね。

面白かった!! 
 
第一試合はやはり シングルに限る!!
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

   写真は タンク永井(KAIENTAI-DOJO)vs郡司歩(みちのく) 秋田出身
 
 
負けはしたものの郡司が気合溢れる一生懸命なファイトで会場のお客さんを温めた。KAIENTAI-DOJOの試合でのリングではあるが、断然郡司に対する声援が集中しました。みんなこういうひたむきに頑張る選手を応援したいんだよね。
私は日曜日仕事なので行けないんだけど 
青森県十和田市で行われるKAENTAIーDOJOの興行の
メンツが(○゚д゚)ャバィぞ
 
イメージ 1


鈴木みのるとか大物参戦以上に 中島半蔵とかスペルデルフィンなどの方に目が言ってしまうのは みちのくファンの性でしょうか(笑)
その他、TAJIRI、本間など盛りだくさんのランナップ!!素晴らしいね。

会場でも、えっ! 半蔵来るの?の反応が大きかったとか。

半蔵は広島の方で中島フィットネスジムを経営しながらレッスルゲートと言うプロレス団体をやってます。
 
こりゃあファンにはたまらないメンツだな!!
イメージ 1
 
ついにやってきた。TAKAみちのく率いるKAIENTAI-DOJO 初の青森大会でした。
 
試合写真もあるのですが、まずはいくつかの選手の写真でお楽しみください。
(まだきっちりと写真整理ができていないので後ほど)
 
イメージ 2
 
KAIENTAIーDOJO初の青森大会、面白かったよ。

写真は ごきげんようの あの人と(笑)

ごきげんよう!! プロレスセンスの塊 旭志織選手
昨年年末に行われた年越しプロレスでは岡林裕二を敗るなど曲者ぶりは玄人ファンにはたまりません。また、近々行われるNOAHのジュニアTAGリーグ戦にもエントリーされている選手です。私の中では彼とヒロトウナイ組が本命です。
 
イメージ 3
 
大人の色気ムンムンのバンビ選手ムチを使わせたら女子プロレス界いち!?   実は声が意外と可愛らしかったりする。
 
イメージ 4
 
無謀にも隣にいた飯田美花とのポートレート販売対決に対戦を挑む 関根龍一
だけど、その何事にも挑む姿勢は買いだ。ご覧のとおりのにっこり笑顔で今日もファンの心を鷲掴みか!? リングではなかなかいい試合を魅せてくれましたよ。積極的に他団体のリングにも上がっており実績も作って若手から脱却し中堅レベルにのし上がってきている。そんな中誰も買わない悲しいものになるかと思いきや数人買ってくれた人がいたようです。ちなみに飯田美花選手とのポートレート枚数売上で勝てるわけありませんが。なんにしても楽しいものが伝わる努力と頑張る姿勢がこの選手のいいところでもあるね。
どちらかと言えば私も好きな選手です。東北出身ですしね。
 
 
イメージ 5
イメージ 6
 
青森県出身女子プロレスラーが
KAIENTAI-DOJOに参戦、青森凱旋試合で飯田美花がバンビから3カウント奪取
!!見事な直伝・雁之助クラッチが決まりました。あれは返せないよ!!WAVEのリーグ戦もいま波に乗ってる、諦めずに(,,゚Д゚) ガンガレ! 松本浩代戦は大変だろうけど、必ず“チャンス”があるはずだ!!
 
イメージ 7
 
そして普段はこういうのは買わないんだけど、青森県出身レスラーと言うことで応援購入させていただきました。売店で購入しようとしたら、 あれ?そとさんですか?と言われましたよ。 以前みちのくプロレスの交流会でもご一緒して話もしていたから覚えててくれたんですね。ファンにとって覚えててくれることって何げに嬉しいことですよね。 飯田選手の売店は結構賑わっておりかなりの枚数のポートレートが売れてました。やはり地元ですからね〜。
 
イメージ 8
 
千葉の重鎮・ リッキーフジ選手です。なんでもこの日がプロレスデビューした日だったようで。デビュー26周年を迎えるとのこと。年老いても渋さは相変わらずだったよ。隣に半分写ってるのは選手。この選手も試合前に踊ってくれる面白い人で見てるお客さんを幸せにしてくれますね。
 
イメージ 9
 
いまや日本のプロレス界で強烈なチョップを放つ選手のTOP選手の代表格。
復帰後体もデカくなり更にチョップの威力が増したように感じました。
生で見て実際に凄いチョップでした。 火野のチョップに並べる選手はそうそう何人もいないね!!
彼のチョップの凄さは先日の小橋興行を見たファンならば十分に理解したと思います。あの田中将斗でさえ彼のチョップは凄いと言うのだからほんと只者じゃないですよね。
 
イメージ 10
 
千葉で鍛えたその体バッキバキだなー。K-dojoでしっかり実績を作っているのがよくわかるよ。佐藤悠己選手です。みちのくでも活躍してほしいね。俺は期待してるぜ。みちのくプロレスのマスクマン、ルチャができるサスケの後継者は君しかいない!! みちのくでの剣舞のほう(マスクマン)とはやはり視野の広さが違うのか動きが更に鋭さを増していたように感じました。
 
イメージ 11
 
みちのくプロレスハヤトも KAIENTAI-DOJOでの試合を楽しんだ。青森はまなす会館はみちのくの彼にとってはホームグラウンドのようなもの。今日もイキイキとバチバチと試合をファンに見せつけた!! 6人TAGの試合後にはTAKAみちのくに一騎打ちを申込みました。
 
イメージ 12
 
やはりなんだかんだ言っても団体の長であるTAKAみちのくが主役だった。
長年積み重ねてきたキャリア、そしてインディからメジャーまで幅広いリングを経験してきたその技は他の選手にはないものがあったね。普段新日本でもヘビー級の選手と対戦する機会が多いだけに抜群の耐久力を誇り、そして試合を畳かけるときの素早さは天才的なものを兼ね備えていましたね。やはり世界を渡ってきたその力は本物です。 巧いレスラーですよ!!
    
イメージ 13
 
もういっちょ! バンビ選手の試合後の私服姿をもう一枚パチリ!! 
                     ( ・∀・) イイネ!!
 
イメージ 14
 
             おまけ、関根龍一選手の案内旗
 
       試合写真はもうしばらくお待ちください。次へ続く!!
だいぶ遅くなりましたが、GW中に青森で行われた
 
DDT青森はまなす大会の感想や観戦写真などを載せて書きたいと思います。
 
Road to Ryogoku in AOMORI〜ドラマティック・ドリーム・津軽三味線〜
 
イメージ 1
 
 いつものようにDDTは MISIAの   INTO THE LIGHT♪ 
にのって開幕。
 
リングには 鶴見亜門GMが本日の対戦カードと見所を丁寧に説明。
こういうのは見たことのない地方のファンなどには嬉しいところですよね。そういう小さなことからの積み重ねがこの団体が評価されているところのように感じます。
サムライTV 速報☆バトルメンをご覧になってる人ならばよくご存知のことでしょう。
 
イメージ 2
 
      第一試合は 高尾蒼馬vsアントーニオ本多 のシングルマッチだ!!
 
なにげに私はプロレスでは第一試合を重視する傾向が強いでDDTのお手並みを拝見といったところ。 話はそれますが、アントーニオ本多選手は毎年青森で行われる青森ロックフェス夏の魔物の総合司会でもあるため言わば青森はホームグラウンドのようなもの。 今年もその夏の魔物が青森県平内町夜越山で行われます。 ま、その話は置いておいて試合にいきましょう。
 
 
イメージ 3
 
                  がっちりと組み合う両者。
 
イメージ 4
               試合の主導権は渡さない本多
 
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
 
勢いだけの若手選手には負けられないとばかりに本多が高尾を圧倒していきます。
 
イメージ 8
 
プロレス界全体の中ではコミカルなレスラーな部類なのだろうが、本人は至って真面目で、この日はアントン(←アントニーオ本多の通称)の第一試合とはどういうものか?って言う姿勢が見れました。
 
イメージ 9
 
とは言ってもアントンも魅せるところは忘れない。得意のムーブでお客さんを沸かせて会場熱を温めていきます。
 
イメージ 10
イメージ 11
 
高尾も負けてはいられないと反撃していきますが、うまくいかない。
 
イメージ 12
 
アントンは高尾の攻撃をいなして裏DDTに!!
この技使う人も少なくなりましたよね。
最も有名なのはエル・サムライ選手ですが。
 
イメージ 13
 
チームドリフのメンバーである試合を バルコニーから熱視線で観戦する
入江茂弘です。先日、石井慧介とともに 全日本プロレスでアジアTAGを奪取した選手のひとりです。 (秋山&金丸組を撃破)
 
チームドリフとは= チーム・ドリーム・フューチャーズ の略称です。
(入江茂弘、石井慧介、高尾蒼馬の3人のユニット)
 
イメージ 14
イメージ 15
 
そんな視線を感じとったのかどうかはわからないが、高尾も彼らの活躍に負けられないとアントンに激しいエルボーで応戦していく。
 
イメージ 16
 
が、しかしアントンの牙城は崩れず。逆に腕ひしぎ逆十字で高尾はピンチに。
 
イメージ 17
 
             ◯アントーニオ本多 vs 高尾蒼馬●
              (10分32秒 オクラホマロール)
 
結局アントンの優位は崩れず第一試合らしい試合で青森での第一試合を見事勝利で飾った。私はプロレスはシングルマッチがかなり好きでもありこの試合はかなり私好みの試合でもありました。シリアスなアントンの試合の姿勢がなによりもよかったです。やはりどの団体もそうですがプロレスは第一試合が本当に重要なんですよね。まず、この試合を見て私はこのあとの試合もイイものが見れると確信しましたよ。
 
イメージ 18
 
第二試合は 3WAYマッチ!!  はじめに入場してきたのは大石真翔
 入場時に見栄をきってポーズを魅せる大石
 
イメージ 19
イメージ 20イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
紙テープを浴び自ら回転しまわり更に回収しさっと片付ける見事な技術w 
やるな!!  
初めてその技をみましたが見事!!業界で一番早いテープ回収技術(笑)
 
イメージ 22
 
      大石真翔 vs MIKAMI vs マイケル中澤の 3WAY戦です。
 
イメージ 23
 マイケル中澤『青森の皆さん、こんにちは! そういえば青森には最近新幹線が出来たんだっね。』 (いつの話だよ)と会場ファンからも突っ込みがw

中澤『今日もたくさんの子供たちが来てくれていますね。では、私が謎かけを一つ。 元気な少年のとかけて新幹線と解く』
大石『その心は??、 そのこころは??』

中澤『 その心は・・・どちらも“〇キ”を飛ばす』
(下ネタ全開でお客さんのヒンシュクを買うw)
子供などもきている前で親子できているプロレスファンは気まずいだろうが。

私的には面白かったですけどね。
そのマイクで大石、MIKAMIともに中澤に襲いかかると言うスタート。
最高だね(笑)

流石、DDTの最終兵器(危険人物)だけあるな。
 
イメージ 24
 
      こんな変態は二人でやってしまおうと大石とMIKAMIが結託。
 
イメージ 25
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
 
哀れなり・・・ マイケル中澤。 しかし、こういうキャラが彼の宿命なのでしょう。
 
イメージ 29
 
               早々に3カウントを狙うMIKAMI
 
イメージ 30
 
      しかし、それをよしとしない大石がMIKAMIとやり合うことに。
 
イメージ 31
 
相手にされていない中澤が二人に突っかかると再びMIKAMIと大石は中澤に襲いかかる!!
 
イメージ 32
イメージ 33
 
     両側のコーナーに振ると大石&MIKAMIの攻撃がとまらない。
 
          中澤のやられっぷりが非常に絵になります。
 
イメージ 34
イメージ 35
 
大石がMIKAMIにインディアンデスロックになったところで背後から中澤が攻撃
しかし・・・
 
イメージ 36
 
テクニシャンの大石は3WAY戦を見事にコントロールする 
大石選手は流石だね!! 魅せ方が凄く巧いし華がある!!
元々は、KAIENTAI-DOJO出身だけど現在はDDT所属。
元KAIENTAI-DOJO出身者って皆揃って巧いよね。
女子選手でも中川ともか も昔KAIENATI-DOJO出身でしたからね。
 
イメージ 37
 
こういう相手を翻弄するあたりはメンズ・テイオー直伝のものを感じさせます。
大石が勝ち誇る。
 
イメージ 38
 
この大石の活躍ぶりに黙ってられないのがマイケル中澤だ!!
熱くなってきたぜぇーーー と おもむろに膝のサポーターを下まで下ろすとさらにパンツにも手をかけて いつものムーブに・・・。
 
イメージ 39
 ギリギリきわどい画像ですが、まだパンツはもう一枚履いてます。
これはまるで やばい人みたい!!まあ、ヤバイ人ではあるけど(爆)
中澤『熱くなってきたぜぇ〜♪』 
そんな、今日(5.5)は割と寒いほうだったよね。
春とは言え、まだ青森は暑くない。(マジ)
 
イメージ 40
 
         さらにアンダータイツに手をあててアレの用意を!!
 
イメージ 41
 
   アルティメット・ベノムアーム!!
 
イメージ 42
 
        これはくらいたくない!! どちらも必死に抵抗!!
 
イメージ 43
 
大石がサポートして抑えていたがMIKAMIが暴れまくる、結局大石にターゲット変更マイケル中澤最大の奥義が大石に炸裂した!!
 
イメージ 44
 
戦意喪失となった大石をみてすかさず、MIKAMIが中澤に襲いかかる。
最後はMIKAMIがコーナーにのぼり450°スプラッシュで見事3カウント
 
◯MIKAMI vs 中澤マイケル● vs 大石真翔
5分36秒 片エビ固め
※450°スプラッシュ
 
 
試合時間こそ5分弱と短かったものの非常に濃い試合内容でお客さんを驚かせた。
 
イメージ 45
 
勝者こそはMIKAMIに譲った形にはなったものの大石真翔の試合巧者ぶりが目立ったプロレスであり流石だなと感じました。
 
DDT面白いですね!!!
 
第三試合に続く・・・。 写真が多いので次にまた書きます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事