そとのイグニスと日記

訪問ありがとう!! 忙しくてブログに手が届きません。

インプレッサ

[ リスト | 詳細 ]

私が乗っている インプレッサスポーツワゴンWRXの紹介は勿論、インプレッサに関連があると思われる物を載せていきます。
記事検索
検索

イメージ 1

新井敏弘選手がラリージャパンでステアリングを握ったWRCインプレッサです!

開く コメント(0)

FUJITUBOインプレッサ

イメージ 1

SPECCをベースにした耐久レース仕様の 藤壺(FUJITUBO)インプレッサです。


マフラーと言えばフジツボ、フジツボと言えばマフラー そんなイメージが強い老舗メーカーですよね!


こちらの車両は徹底的に軽量化し、車両重量は1200kgとレース規則のギリギリの設定だと言う。


エンジンはSTI製で、レース時で320馬力。

耐久性を重視したスペックだそうです。

私はこの車両の エンケイ ターマック エボ のホイールが好きですね〜。

開く コメント(0)

イメージ 1

2006年 D1シリーズ総合優勝したteamORANGE(熊久保信重選手、田中一弘選手)の

FRインプレッサ (GDB)です。

なんとこの車両は4WDからFRに大改造した異色のマシンであります。

エンジンは(EJ25)2500ccでブースト1.7kg/cmをかけ500psを発生させるド迫力マシン!!


凄いの一言に尽きますね!

開く コメント(6)

イメージ 1

2007年に デビューするニューモデルの中でも特に注目するのは

やはり フルモデルチェンジされるインプレッサでしょう!


宿命のライバル  ランサーエボリューションも 来年10月デビューとのこと エボXと進化するが、

我らが 三代目 インプレッサも大きな進化を迎えることでしょう!

インプレッサのフルモデルチェンジは 2007年 6月の予定だ。


★ボディ

なんと言っても注目となるのはこの5ドアハッチバックの存在でしょう!
現行型インプレッサには(私も乗っているスポーツワゴンが廃止され)新型ではスポーティーな5ドアハッチバックが新設定されることになる。
しかも、以前話していたSTIモデルはセダン型だけとの情報だったが、めでたく
主力であるインプレッサWRX−STIモデルがこのハッチバック型にも搭載されることがこのたび新たにわかった!これはヨーロッパでの5ドアハッチバック車の人気が高くインプレッサも5ドアハッチバックでの販売拡大を目指したものと思われる。と言うことは、新型はこのハッチバックがメイン主流となる。勿論心配なく!4ドアセダン型も両方同じくWRX−STIの設定をしていくようだ!

★エンジン

エンジンは現行型【EJ20ターボ】が引き続き搭載されることになるが、ターボやECU、排気系、エンジン内部のフリクション低減など徹底的したリファインにより

最高出力は     280馬力から  → 320馬力 になる模様。
また、トルクの方も 現行の42kgm → 44kgm  に引き上げられるという。

10月に登場する ランエボX(三菱)と真っ向勝負となる。

駆動は勿論センターデフ方式のフルタイム4WDを採用するが、センターデフにはスバルオリジナルのDCCDを進化させた可変トルク配分タイプのセンターデフを採用する可能性が高い。新開発のセンターデフが、ダイナミックなバランス優位性をさらに伸ばすことになるだろう!

★価格

価格は現行型とさほど大きくかわることはないもよう。
・WRX−STIモデルで  350万円前後。
・競技モデルのスペックCで 310万円前後



★★★★★★

インプレッサのTOPモデル  
WRX−STIに 5ドアハッチバックにも投入されることとなったのが良い意味で時代の流れですね ちなみに画像はノーマルタイプのインプレッサWRXです。

開く コメント(18)

Impreza Wrx Sti 2006





WRC直系ピュアスポーツセダン Impreza Wrx Sti  の紹介 ↑

スバルは、WRCで4年連続ドライバーズチャンピョンに輝いた(元)SWRTワークスドライバーの
【トミ・マキネン】氏に進化を体感依頼した。

開く コメント(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事