そとのイグニスと日記

訪問ありがとう!! 忙しくてブログに手が届きません。

ラーメン

[ リスト | 詳細 ]

青森市内のラーメン屋さんを中心に徐々にUPして行こうと思います。
たまに弘前方面に行く機会があれば そちらのラーメン店のことも書こうと思ってます。 店で食べた感想コメントなども歓迎します。
記事検索
検索
メリークリスマス
 
こんばんは!今日は12月25日です。
 
昼間に雪が降りしきる中、青森市青葉にある情熱☆ビリーに行ってきました。
 
イメージ 1
 
ようやく知れてきたのかお客さんの入りもまずまずでいつもはすぐ近くの駐車場に駐めるのだが止めれなかったの後ろの駐車場に車をおいて来店。
 
イメージ 2
 
 
さて、今日食べてきたのはこれだ!!
 
          潮ラーメン 750円
 
イメージ 7イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この潮ラーメンだが 私は麺やゼットン時代から3度食べています。
今回はどのような感じなのか期待しつつ配膳を待つ。
 
イメージ 13
もちろんこのお店の名物であるエクスタシー唐揚げの注文は外せない!!
 
イメージ 9
 
見た目の感じは以前、麺やゼットンで限定提供されていた潮ラーメンとは変わらずのようだが、さて味のほうはどうか?いざ尋常に勝負!!
 
イメージ 10
 
今回の潮ラーメンにはトラピストバターではなくカルピスバターが使用されている。
知っている人ならわかると思いますが結構これが高いんですよね。
まず、スープを一口飲んでみることに。
 
以前よりも高級感漂う上品なあっさりした潮味更なる味の進化を感じました。
これマジ!!旨いよ。どうしよう!!
言葉では中々伝えきれない感動の味に出会えました。
今まで食べたラーメンの中で文句なしにナンバーワンだよこれ!!
キタ━━(゚∀゚)━━ヨ
 
以前よりも更に洗練された潮ラーメンの出来あがり、そして麺とスープのグッドバランスで主張しなくても両方が融合することにより味の一体感がこれまた素晴らしいし具材にもこだわりを感じますね。
 
イメージ 11イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして情熱☆ビリーに来たら必ず注文するのがこれだ!!
エクスタシー唐揚げ。もう私の中では定番のメニューです。
お客さんの人気も高いようで皆さんに好評とのこと、まだ食べてない人がいたら是非とも来店の際はラーメンと一緒に食べてみてください。
 
イメージ 3
 
ラーメンの中に唐揚げと青さ海苔を投入、更に比内鶏油を入れて味の変化を楽しんでみることに!!これがまたエクスタシーのスパイスと意外にもあって美味かったよ!最後には残ったスープにご飯を投入しおじやとして味を楽しむ。
 
 
イメージ 4
 
今日は特別に昨日クリスマスイブ女性限定で作ったと言う
あまおうのいちごシャーベットを店主の好意によりいただきました。
これがとても甘くて冷えてて最高でしたよ
昨日のスープカレーの特別メニューだけについた一品と言うことですがラーメン食べた後でもGOODでしたね。
 
どうもご馳走さまでした!!
 
いつまで潮ラーメンやるのかまだ詳しいところはわかりませんが、
名前指定で ブログ登録者の みぞきよさんさくらさんのご来店をお待ちしておりますとのことでしたので
この場を借りて声を大にして(笑)お知らせしておきます。
(二人が来るまではやり続けたいとは言ってましたが・・・)
 
二人とも以前麺やゼットンで食べたことあるのでわかる人にこそ是非とも食べて欲しいと仰ってました。
 
マジでこの潮ラーメンは最上級です!!
絶対に後悔しないその味に私は是非とも来て欲しいなと。
感動感激すること間違いなしだ。
ゼットン時代よりも確実に味のグレード上がってます!!
 
わかりやすく言えば車で言うインプレッサやランエボの進化みたいな感じですかね
 
メニューを見ると他にも限定で 超煮干し中華(550円)
(煮干しが好きな方におすすめ)
なるものもあったので聞いてみたら そとさんにはおすすめ出来ないかもって言ってたんでかなりヤバイものなのかもしれませんね(笑)
 
気分よくなった私はハシゴで同グループの麺やゼットンにも寄ってきました。
 
Σ(゚д゚lll)えっ!まだ食べるの?ってw
 
イメージ 5
 
どうしても前から食べたい衝動が抑えきれなかったハヤシライスのみを食べてきたよ。
 
ハーフサイズの大正ハヤシライス(380円)のみ。
ハーフサイズなら少ないのでこれだけならイケる。
 
ゼットンに行くと和田さんに、あっ!『そとさん久しぶり』って言われた。
こちらの客層は若いお客さん(やんちゃなお客)が沢山いて大繁盛してる感じですね。
 
情熱☆ビリーはどちらかと言えば若い客層よりも家族連れや、やや年齢層が高くお店のポップな感じに相反してサラリーマンや恋人同士など落ち着いた客層って言えばいいのかな。
 
イメージ 6
麺やゼットンでは久しぶりのハヤシライスだったけど相変わらずの高クオリティーでした。私が麺やゼットンで一番好きなのがコレですからねw
 
お店は和田さんと北田さんがやってましたが聞くところによると麺やゼットンでは中休みは廃止してフル営業に変わったとのことなのでお知らせしておきます。
 
麺やゼットン営業時間 11時〜夜9時まで(土日は夜10時まで)
 
どちらもおすすめのラーメン屋さんですが、私は情熱☆ビリーの燃え上がる熱さを応援します。
 
 
情熱☆ビリー
住所:青森市青葉1−5−3
電話:017‐729‐0299
営業時間:11:30〜15:30 17:30〜21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:10台
 
 
*私のおすすめ  エクスタシー唐揚げ

開く コメント(6)

今年の8月下旬に青森市内にオープンしたラーメン&スープカレーのお店


情熱☆ビリーに行ってきました。

なんか店の名前で 夏樹☆たいようが思い浮かんだあなたはプロレスマニアです。
ってもあんまりそんな人はいないでしょうけれど。

イメージ 1
 
こちらの店主(社長)とはプロレス繋がりで、麺やゼットン

更にさかのぼれば、青森ブッダハンサム食堂と結構自分で言うのもなんだけど意外と常連であります。


8月下旬にオープンして現在およそ3ヶ月位のお店だが、私が何回お店に行ったか数えてみたら9〜10回あたりでした(オープン前のレセプションパーティーも含んで)
 

 
イメージ 3


今回は今やってる限定メニューのサムライ煮干し(700円)を食べてきた。
 
イメージ 2
 
サムライ煮干しは 塩煮干しラーメンでかなりの煮干がどばっと入っているが煮干しの濃いのがあまり得意ではない私でもイケたから結構これは旨いと思いましたね。

私的には新感覚と言うかね経験したことのない味わいだったので気に入りました。
まあ、採算度外視でやってるだけあって“情熱”が半端じゃないね。

まあ、それでも味の好みは分かれるかも?

麺は麺やゼットンと同じく 加福製麺旭屋製麺を使っている同店だが、
サムライ煮干しは旭屋製麺で、実際この麺とスープの相性が良いのです。

旭屋製麺と言えば麺やゼットンで人気の高いデス煮干しと同じですね。
煮干しラーメンにはこっちが合うんでしょうね。

個人的には津軽中華そばとの加福製麺のグットバランスも超好きであります。

イメージ 4
 
イメージ 5
イメージ 6
 
そして、こちらのお店に行けばほとんど毎回注文するのが 
エクスタシー唐揚げ(190円)です。
本来サービス品としてメニューに載せたものみたいですがお客さんに評判がよく大人気だそうです。
個人的には情熱☆ビリーで一番のオススメは何?
って聞かれら私は間違いなく
エクスタシー唐揚げと応えるでしょう。
それ位の自身をもって言える看板的なメニューだし美味いです。
ほとんど毎回食べてます。
 
 
サムライと言えば忘れちゃいけないのが↓この人。
イメージ 7

 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(*スターダム青森プロモーション時のものです)

ちなみにこちらのお店に初めて訪れたプロレスラーが 
スターダムの安川惡斗、風香GMでした。

他にも大会の宣伝で大日本の大橋選手、NOAHの青木選手なども食べに訪れています。


あっ、一番最初はみちのくプロレスの大柳錦也選手(青森市)でした。
同じくレセプションパーティーに参加しているほどですから。


とにかく普通とは違うラーメン店に行きたい食べたい人にオススメですよ。
 
イメージ 9

気になる場所は(↑参考に)スーパードームの向かいにコンビ二デイリーの隣のホカ弁の後ろです。

ちなみに客層は家族連れ、子供連れが多いそうです。
実際私が行った時にもファミリーで来てるお客さんが多いですね。
 
 
 
そういえば、ここのところ麺やゼットンに行ってないや。
久しぶりに 大正ハヤシライスが食べたい!!
ラーメンじゃなくてそこ?(笑)

開く コメント(2)

情熱☆ビリーがOPEN!!

 
青森市青葉に2012年8月22日(水)にひっそりとオープンしたラーメン店
 
イメージ 1
 
その名も・・・ 
ラーメン&スープカレー  情熱ビリー 
 
に行ってきました。
 
イメージ 4
 
現在オープン記念として サスケ(豚骨醤油ラーメン) 通常700円500円で提供されています。
 
基本はゼットンでやっていた限定メニューがこのお店の基本メニューとなっているようだ。
大体のメニューは 麺やゼットン で食べたことがあるのですが、まだ私が食べてないメニューを選択することにした。
 
まずは、お店の名前にもなっている情熱☆ビリーを食べてみることにした。
 
イメージ 5
 
背油煮干ラーメンの情熱☆ビリーは配膳とともにバーナーで焦がしをいれてくれます
 
イメージ 6
イメージ 7
なかなか美味しそうなルックス。バーナーで焦がしを入れることで風味が増す!!
相変わらず良い味のメンマは健在。
 
味も全体的にまとまっておりバランスが良い!!ゼットンからの移籍組みだが十分にお店の看板的なメニューとして存在感あり。
 
私個人としてはつけ麺の方が好みです。
この日はまだ調整中だった為ゼットンの限定時代に食べることができなかった
ツケラハメンは食べることが出来なかった。
(↑実はこれを食べに行ったんですけどね。)
 
と言うことで他の気になるものも注文してみた。
 
イメージ 8
 
エクスタシーから揚げ も食べてみた!!これが実に旨い!!
 
とりあえず、から揚げは私の一押しです。
 
もしこのブログを見て情熱☆ビリーに行こうと思った人には絶対食べて欲しい逸品です。はっきり言ってコンビニにあるようなから揚げとはあきらかに違いますね。
 
プロレスで例えるなら オカダカズチカのようなもの です。
 
外道風に言うとレベルが違うんだよ、こいつは!!』
 
3個ですが食べ応え十分。ラーメンと共に頼んで欲しいですね。
ちなみに私はいつもご飯が食べたくなるので半ライスもチョイス。
たくさんのスパイスがきいていてとても旨い。
 
イメージ 9
       せっかくなので食後にデザートもいただきました。
 
コーヒーのブランマンジェ 何気に私は甘いものも好きなので気に入りました。
 
イメージ 10
イメージ 11
 
前回の記事でも紹介していますが、圧迫感がまったくなく開放的な広い空間で楽しめるお店ですよ。店内はアメリカンな音楽が流れています。
 
イメージ 2
 
器もいかにもラーメン店ですって感じのものではなく、店内の雰囲気にあった明るくポップな感じのどんぶりで武装!!
 
夜はお酒も提供しているとのこと。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
青森にこんなオシャレなラーメン店があるとは驚いた!!
 
わかりやすい場所の説明。
中央大橋の近くにあるスーパードーム(パチンコ屋さん)をの向かいに
 
ほか弁とデイリーストアがあります。その店の間の道に入る。
 
単純に言えば、そのほか弁(目印)の後ろです。
 
お店情報
住所     青森市青葉1−5−3
電話     017-729-0299
営業時間  11:00〜15:00、18:00〜22:00 
駐車場   あり。(ただし、店の前は3台位)
定休日    月曜日

開く コメント(4)

麺やゼットンが起動に乗ったこともあり
 
青森市内に第二号店のラーメン新店を出すことになった
 
ノンズカフェグループ。
 
今度のお店の名前もよくわからない!?
 
イメージ 1
 
その名も  情熱☆ビリー
 
正式オープンは8月22日(明日から)なんだが
 
招待状が届いたので行ってきました。
 
ラーメン食えるのかなと思ったんだけど全然そなことはなく飲み食いで前夜祭みたいなもんでした。
 
まあ、どんなお店なのか店内撮ってきておりますので一部紹介したいと思います。
 
イメージ 2
 
 
店内はとてもラーメン屋さんとは思えないかなりポップな感じで女性が気軽に入れそうなイメージです。店内の内装は社長がこだわったと言うアメリカンテイストに溢れています。
 
カウンター席が5席
 
テーブル席4x4
テーブル席2x2席
 
で店内はかなり広めにスペースをとっています。
 
圧迫感もまったくなくゆったりと出来る空間作りは○ですね。
なんでも聞くところによるとここは以前は喫茶店だったようです。
それを改造しつくりあげたようだ。
イメージ 3
 
             店内画像その2
 
椅子もカラフルで遊び心が溢れている。
 
イメージ 4
 
                         店内画像その3
 
夜はお酒の提供もありカクテルなども用意されています。
 
イメージ 5
 
気になるメニューは!? 麺やゼットンでの限定メニューだったもの がこちらのメインメニューとなるようです。
 
そういや、ゼットンのタイカレーツケヌードル美味かったんだよな。あれがレギュラーメニューに載るのか!!基本のトッピングなどはゼットンと価格が同じようです。
 
イメージ 6
オープン前に招待された 加福製麺さんや、その他の関係者やゼットンの常連さん達。
 
イメージ 7
 
調理に励む和田氏。
 
車でお店に行ったのでこの日アルコール類を飲むことができませんでした。
他の人はガンガン飲んでいて少しうらやましかったw
 
イメージ 11イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おつまみ、特製オリジナルドレッシング&サラダ
 
イメージ 13
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
イメージ 16
かわいらしい内装とアメリカテイスト満載です。
 
イメージ 17
イメージ 8
 
イメージ 9
 
イメージ 10
 
 
イメージ 18
 
みちのくプロレスから
 
ザ・グレート・サスケ
気仙・沼ジローラモ
大柳錦也
 
さんから花が上がってました!! 
 
気になる場所ですが、スーパードーム(パチンコ屋)の向かい側にあるほか弁の後ろです。デイリーストアとほか弁の間の道路を入って行ったところにあります。
 
8月22日(水曜日)OPEN!!

開く コメント(3)

こんばんは!
 
最近どんどん暑くなってきてますね。昨日の雨と雷には驚きました。
 
イメージ 1
 
本日、麺やゼットンさんに行ってきました。
 
いつもは昼過ぎの時間帯に行くのだが、今日は夕方の時間帯に行ってみた。
結構お客さんが入っていて食べていたのはデス煮干しが多かった。相変わらず人気高いですね。
サスケ&黒サスケも評判が良いようです
 
ちなみに私の一番のオススメは みちのくプロレスのザ・グレート・サスケです。
 
えっ?そんなのメニューに書いてないって???
 
はい、それはみちのくプロレスを会場に見にいってくださいってことなのでアシカラズ(笑)
 
みちのくプロレスの 大柳錦也さんや ケッセン・ヌーマ・ジローラモさん(旧・気仙 沼二郎)さんもたまに訪れるお店であります。
 
イメージ 3
 
いろいろメニューも増えて 背脂煮干雷珠 が気になったんだんだが
 
今回は つけバカ を選びました!!
 
ここ最近はつけ麺にハマってる私デス!!
 
イメージ 2
 
イメージ 4
 
海老辛つけ麺とは違う大きめの器に載せられてスープが先にやってきた。
イメージ 5
 
イメージ 6
 
中々のルックスです。
具材は 
・炙りチャーシュー
・たまねぎ
・ねぎ
・半熟煮玉子
・極太メンマ
・海苔
 
使ってるものこそ他のメニューの流用ではあるがなんと言っても今回の目玉はこの厚切りの炙りチャーシューでしょう。これが実に旨い!!話を聞いたところこのチャーシューはバラそばのチャーシューだそうで、それを厚く切ったものを炙ったものだそうです。1cm以上の厚さのバラチャーシューが豪華に2枚も入っているんです。
 
価格的には880円って聞くと高いって思う人がいるかもしれませんが、バラそばの750円と比較してみたら全然こっちの方が食べごたえ感があると思います。チャーシューも柔らかでこれは飯が欲しくなります。
あくまでも私的にバラチャーシューのお得感での計算でしかありませんが・・・。
同じバラチャーシューでも厚さや炙り焼きによってこうも味わいが変わるんだなと驚きもありました。
正直バラそばで食べるチャーシューってあんまり好みでもなかったんだけど
このチャーシューはボリュームもあり柔らかくて本当に美味しい感じたんだよね。
 
ま、具の話はおいておいて スープはどうなのか?見た目的には海老辛つけ麺のつけスープよりも薄目にみえる感じの印象で実際も海老辛に比べればそんなに濃厚ではない。かと言って薄っぺらいって言う意味ではありません。なんと言っても  特製のグレープフルーツ酢 ↓ をお好みで注いで食べるのが面白いです。
 
イメージ 7
 
POPにも書いてありますが、これ↑↑を入れることによりスッキリとしてさっぱりした味わいに変わるから食べていても楽しいです。スープは熱めだけどこれこそ 夏に似合うつけ麺と言った感じです。
こういう変化をつけるのは麺やゼットンの得意とするところですよね。
 
イメージ 8
 
麺は特中の平うち麺で 通常のつけ麺(東京から取り寄せ)などに使われている麺とは異なる。
 
今までともまた違った新しい食感でこのスープにもよく似合う。
ちなみにこの麺は加福製麺さんが担当とのこと。今回もいい仕事してます!!
 
 
私は限定メニューは今まで2回って食べてはないんだけど、この つけバカ はもう一度また食べてみたいと思いましたよ。
 
いつまでやるのかはわからないんだけど、これはオススメだなーー。
 
同じバカなら食わなきゃ損そんってね!! 
エライこっちゃx2
 
良い 良い 良い 良い!!
 
バカで連想したんですが、頭に浮かんできたのは バカ兄弟(バラモン兄弟)でした。
 
この麺と具とスープは良い連携がとれていると思います。

開く コメント(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事