そとのイグニスと日記

訪問ありがとう!! 忙しくてブログに手が届きません。

ラーメン

[ リスト | 詳細 ]

青森市内のラーメン屋さんを中心に徐々にUPして行こうと思います。
たまに弘前方面に行く機会があれば そちらのラーメン店のことも書こうと思ってます。 店で食べた感想コメントなども歓迎します。
記事検索
検索
イメージ 1
 
 
先日久しぶりに麺やゼットンで つけ麺を食べました。
 
 
どうしても同店に行くとラーメンの方ばかりになりがちでつけ麺を選択することが中々ないけど食べたい気分だったのでチョイス。これと言って限定メニューなどもなかったので迷わずモーレツエビ辛つけ麺に。
 
この日は和田さんがつけ麺にたまごをサービスしてくれました。
 
これは私が以前食べて大絶賛している品だけに美味しさがわかっているだけに注文する前から期待感と安心感が重なるところです。この日は私は夕方にお店に向い夜ご飯として食べに行ったのだが結構夜でも人気があるようで次々お客さんが入ってくる。
 
いつものようにお客さんが何を注文しているのか観察してみると・・・
定番のバラそば人気のデス煮干しつけ麺特盛り お子様ラーメンなんて頼んでいる人も!!
みんな好みが違って面白い。
夜は若いお客さんを中心に、家族連れのお客さんもチラホラ。こうやって見ると年齢問わず老若男女に支持されているんだなと。そして以外にも女性客も多いんですよね。
 
お客さんの中には『バラそば麺大盛り 麺硬めで』って慣れた感じに注文しているお客さんも。
常連客が多いと思うんですが、私は行く度にお客さんは新しい感じのお客さんばかりみかけますがそれだけ人気のある証拠でしょうか?
  
イメージ 2
 
       調理海老辛脂と海老たっぷりで豪快な麺が食欲を脇立てる。
 
イメージ 3
 
                シャア専用 ザグ切り玉ねぎを入れ準備OKだ。
 
イメージ 4
 
            海老を絡ませてプリップリのもちもち麺をつけ汁に投入!!
 
イメージ 5
 
いやーマジで旨い!!海老の旨みと絡みと麺の食感が私の脳を刺激します。 まあ、個人差があるかもしれませんが私は麺やゼットンでは1,2を争うほど好きかもしれません。
 
普通のつけ麺よりも私は断然こちらをオススメしますよ。
価格が850円なので中々手が出にくいかもしれませんが、それ相当の味はありますよ。本当この麺好きだなぁ。
最後は小ライスを注文し残り汁を少々かけ角切りチャーシューをまぶしながらいただきました。
 
ごちそうさまでした。
 

開く コメント(0)

雪も積もり青森もいよいよ本格的に冬に入りましたね。
 
 
寒い最中私は本日 麺やゼットン向かうのであった。
 
イメージ 1
 
先日発表があった 限定ラーメンの 黒サスケ を今回はターゲットに。
 
イメージ 2
 
いつものように和田氏の元気な声が響いている。
 
いらっしゃいませ〜。
 
和田『今日は何にしますか? サスケですか?』
そとサスケでお願いします。』
 
私は比較的混まない時間帯を狙って午後2時〜3時頃の間にいつもお店に行くのだが、この日は寒いこともあってか誰もお客さんはいなかった。のんびりと食べれそうだ。
と思ったら私が注文してから次々へお客さんが来店(爆)
ま、そんな余談はさておき。
 
イメージ 3
 
もう私のブログによく来ている人ならご存知かと思いますがみちのくプロレスのサスケさんからネーミングを文字っているのがバレバレですね。全然わからない人には黒サスケって何って思うでしょうね。遊び心満載のネーミングだが果たして味の方はいかなるものか??
 
イメージ 4
 
先週末にはじまった限定ラーメン 黒サスケ!!がやってきた。
 
マー油と背油で熱めのスープに豚骨ベースの醤油味ラーメンだ!!
 
 
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
麺をすくいあげてみると結構量が多い。若干麺が柔らかめで個人的好みで言えばもう少し固めの方がいいと思います。具は相変わらず巧い極太メンマ十和田産の『ぼけしらず』のネギが非常に美味い。
 
特に目新しさは感じられないもののこれ以上トッピングしなくても十分なパフォーマンス力はもってます。
一つひとつの具材が高ので味もGOODだ。
 
さて、スープですが背油がたっぷりでコッテリめのラーメンです。私の印象では今まで食べてきた背油系ラーメンの多くには案外あっさり系が多かったんですが、こういうニュアンスのコッテリも実は好みだったりします。
マー油と背油でスープが結構熱くなってて冷めにくいのも高ポイントですね。
なんて言うか、今までの限定ラーメンの中で言えば私の中ではけしてTOPとは言えません。
しかしながら、雪の降る寒い今だからこその味わい!!
 
これが重要なんですよね!!!
 
この時期に冷やし中華とか季節外れなものを食べたいとか言う人はそう滅多にいないことでしょう(いるかもしれませんが)
 
もし、これを春とか夏場に出しても全然売れないと思います。
 
そうなんですよ!!需要と供給ってやつですか?
 
正直言えば、私がかつて食べた 麺や沁皇時代に食べた 豚骨マー油ラーメンに比べると劣る感じはあるものの寒い体を温めてくれる、人間が欲する要求に応えてくれる熱さに溢れたラーメンこそが
 
 
この黒サスケだと思います。
 
プロレスラー、ザ・グレート・サスケをリスペクトしたネーミングからもわかる通り何かを訴えかけたい思いが伝わるそんなラーメンです。
 
この日もライスを注文した私ですがご飯は欲しくなるそんな味のするコッテリラーメンで美味いです。
 
 
ご馳走様でした!!
 
イメージ 7
 
こちらのお店は若いお客さんから家族連れ、カップル、年配のお客さんまで幅広いお客さんに支持されていて面白いお店です。
 
 
注文するメニューもそれぞれ違うから観察していると非常に面白い。
 
私は黒サスケでしたが
他のお客さんが注文しているのをみてみると バラそば、 つけ麺 豚骨煮干、 バラバター
デス煮干 それぞれ違うんですよね。
 
そんな沢山のお客さんの好みに応じて日夜ラーメン作りに励んでいるラーメン屋さんを私は今日も応援したいと思います。
 
麺やゼットンの進化は終わらない。
 
 
おそらく日本全国探しても サスケと言う名前のラーメン商品ははないんじゃないかな?
 
イメージ 8
 
画像は先日の みちのくプロレス青森大会での写真。

大柳選手に WARスペシャルをきめるサスケ選手です。

後ろでセコンドの剣舞選手が真剣に試合を見つめているのも印象的(笑)

開く コメント(1)

本日、青森市のラーメン屋さん
 
イメージ 13
 
麺やゼットンに行ってきました。
 
と、言うのも みちのくプロレス 青森はまなす会館の興行が近づいていて
 
チケットを購入するためって言う目的もあったのだ。
 
とくに何を食べると決めていったわけでないので何もなければ レギュラーメニューの中華そばを頼む予定でした。
 
午後1時半頃に訪れると駐車場は一杯だったが一台分あいたのでそこにいれてお店に突入!!
 
いつものように扉をあけると
 
和田氏の 元気な声が聞こえてきた。
 
和田さん『いらっしゃいませー!! あ、そとさん。今日は何にしますか?もしよかったら ゼットンのカレーをいれたバラカレーってのを賄いメニューでやったんですが、食べますか?』
 
そと『じゃあ、それでお願いします。』とオーダー。
 
ちなみにメニュー表にはないラーメンなので隠れメニューです。
 
イメージ 1
 
店内を見渡すとハロウィンのかわいい飾りものを置かれてありました。こういう遊び心が私は結構好きです。
 
イメージ 2
 
POPをみるとなにやら最近はバラバターなるラーメンが中々の人気を誇っているようです。
 
私は食べるのそれにカレーが入る裏メニューとなる。
 
いったいどんなラーメンなのか?楽しみであります。
 
イメージ 3
 
これが バラカレーバターラーメンだ!!
 
一瞬名前だけ聞くと味の札幌系って思ってしまうかもしれませんが、ちがいます!!
 
なぜならば味噌がベースではなく、醤油ラーメンにカレーがミックスされてあるのだ。
 
そんなんで美味しいのか?って思うかもしれませんが スープを一口いただくと。
 
これがまた 美味い!! 
 
非常に味わいの深いラーメンですよ。
 
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
醤油のラーメンにただカレーをかけだけのみかけカレーラーメンではなく、スープにもカレーの味が染み込んでいるから本格的。本来ならカレーの味にまけてしまい、醤油の味が消されてしまうのではないかと頭の中で予想していたのだが、カレーの風味もいかしつつ鶏のダシの旨みがキッチリと味わえる一品なのだ。
 
私がよく紹介する上でラーメンはバランスが重要だと言いますけど、こちらの醤油の味とカレーの割合が見事な配合と言っても過言ではないんですよ。そこにバターを絡めると濃厚でありながら洗練された新しい味が口の中で広がっていくんですよね。
 
私はまだ食べてませんでしたが、おそらくバラバターにカレーをミックスしたものかと思われます。
正直言って醤油カレーってアリなんじゃない!?
 
ほんと、ゼットンさんはまたたま腕をあげたなと私は思います。
 
ちなみに私が普通にこちらのお店で好きなのは 何度も言ってますが 中華そば です。
 
社長とも話したんですが、来るお客さん皆味の好みも違うし頼むメニューも様々とのことです。
本当につけ麺しか食べないお客さんとか来るたびに 煮ぼ煮ぼだけ食べていくお客さんとかいろいろだそうです。
 
イメージ 6
 
麺やゼットンでの先月の人気ランキングはこちらだそうです。
やはり、ゼットンの看板メニューでもあるy バラそば の需要が多いようですね。
しかしながら その座脅かすデス煮干しのファンが非常に多いようでそのネーミングの面白さもさることながらリピーターが多いとのこと。最近ではゼットンは煮干し好きのファンが多くお客さんにもついてきたようですが、その反面一般的なラーメンファンも多いようで多くの客さんのニーズに合わせて作っているのが素晴らしいと感じるところ。
 
この日は偶然にもラーメンウォーカーさんのカメラ取材が入っており、私もその一部始終を見学させていただきました。
 
取材されたラーメン は バラそば  デス煮干し
 
私自身はデス煮干し自体を食べたことないんですが、丁度あったので写真だけ撮らせてもらいましたよ。
 
ゼットンの人気メニュー デス煮干しです
 
イメージ 7
 
私はゼットンでは デス煮干しが一番煮干しが強いんだろうなと思って聞いてみたら、一番強いのが煮ボ煮ボ と説明してくれました。デス煮干ってのは豚骨スープが強く入ってるようで、そのスープが多くのお客さんの心をつかんでいるようだ。 一方の煮ぼ煮ぼは煮干しを全にしたものと言うことだ。
 
このデス煮干の麺は若干細めのストレート麺だったので、これは加福製麺とは別のですか?って聞いたら旭屋製麺とのことでした。この麺はけして加福では作ることができないし、かと言ってバラそばの加福の麺は旭屋では作り出せない麺とのこと。製麺所がそのスープの為に何十回も試行錯誤でつくりあげた麺とのことなんで美味いわけですな。まだ、私はこちらの煮干系には挑戦するつもりはないがラーメンの話を聞いていると本当に面白い。
 
ゼットンで使っている煮干しがこちら↓↓
 
イメージ 8
 
なーんて話が脱線してしまいましたが。
 
イメージ 9
私が食べた バラカレーバター(仮) (価格は800円) 
 
は私の他に みちのくプロレスの大柳錦也選手(青森市出身)が大絶賛したとのこと。
 
と言うことでここからはみちのくプロレスの話。
 
ってか一般の人からすれば 大柳錦也(おおやなぎきんや)って誰??って話ですよね。
 
イメージ 10
このポスターの真ん中にいる人が大柳選手(サイン入り)です。 
青森市出身のプロレスラーであり、ミラノコレクションATと同期の選手でもあります。
 
社長に頼んでこちらのポスターをいただきました。
いつもありがとうございます。これで部屋に貼るみちのくプロレスコレクションがまた増えましたよ(喜)
 
プロレスファンもそうでない人も 11月6日は 青森はまなす会館に集合だ!!
 
最後に私が特にオススメする 大正ハヤシライスの話。
 
イメージ 12
 
このハヤシライスですが真っ黒なんです。その正体は『イカスミ』にあり!!
他では中々食べれない本格的で濃厚な味わいです。
途中に添えられているマスタードを混ぜながら食べるとこれまた旨さに拍車がかかります。
ゼットンはラーメンだけじゃなく様々なアイデアを実現しお客さんを楽しませるラーメン屋さん。
 
いや、ラーメンを使ったエンターテイメントと考えてもおかしくはありません。もしも、まだこの大正ハヤシライスを食べたことがなければ是非ともオススメします。
 
イメージ 11
 
超旨いのなんのって。
えっ!?ここってラーメン屋だよねって驚くに違いない!!
 
その味は各自その舌で確かめてみてください。
 
これ食べなきゃゼットンに来た意味ないかも?
 
知ってる人は知ってるし知らない人は知らない実は凄い商品です!!

開く コメント(6)

 
さて、久しぶりにプロレス以外の日記更新(苦笑)
 
 
もう2週も前に食べたラーメンの話ですが。
 
麺やゼットンの 限定メニュー その名も ニラバンチョウ
 
 
イメージ 1
 
 
 
ニラバンチョウって言っても    DJニラじゃありませんよ!!
 
このふりで、お前!またプロレスネタかよ って気がついたあなたも間違いなくプロレスファン(笑)
 
 
ニラ番長(ニラバンチョウ)とは かつてこちらのノンズカフェグループが営業していた中三デパートの斜め向い側にあった居酒屋の名前あるね。
 
ちなみに私は古くから知っているわけではないのでニラ番長さんには入ったことありません。自分がこちらのお店のグループに縁があったのはハンサム食堂です(現在はこちらもやってません)
 
そんなわけでニラバンチョウのネーミングでピンときたあなたはかなりのノンズカフェグループマニアですよ
 
さて、ニラバンチョウとはいかなるものか??
 
イメージ 2
 
やってきたのがこちらです。        ニラバンチョウ  700円
 
主な具材は
ニラ、ネギ、ニンジン、白菜、きくらげ、豚バラ肉、ひき肉、生姜、そしてラー油がワンポイントでかけられてありあます。
 
 
味わい的にはマーボ風、と言っても全面にマーボを押し出しているわけではなくあくまでも風な感じとろみをきかせた中華風なラーメンと言えばいいだろうか。見た目よりはそれほど辛味もないので食べやすい。
そしてスープの温度は比較的熱めではなかった。猫舌の俺には丁度いい。
(けしてぬるいって意味じゃありません)
ほどよい温度でした。食べ終わるまであまりスープの温度も変わらずこれはこれで良いんじゃないかな。
これと言ってスープが強烈な主張をしているわけではなく野菜(具材)を楽しむラーメンだなと私には感じとれた。
スープと麺の一体感ではなくスープと具材を美味しく食べれる感じで麺がおまけみたく感じた。
 
普通は逆ですが、こういうのもアリだと思うね。
辛味のスープを活かす為のニラや他沢山の野菜たちが良い仕事しています。
 
さて、麺はどうだったのか?
個人的に感じたのは柔らかめ。
 
イメージ 3
 
普段食べている麺に比べると柔らかい。しかしこの柔らかさこそ正解だと思う。
このスープに固めの麺だと合わないとは言わないが こちらのニュアンスの方が沢山の野菜たちとの絡みもよいと思います。
 
普段は私は好んで野菜を食べません(むしろ嫌いです
けれど本当に美味いものって食べてしまうもんなんですよ。スープも残さずこの日は食しました!!
たっぷりのメンマもネギも、きくらげも本当に旨かった!!
 
今回のように麺が脇役になって具材が主役になってしまうこともあるんですね。
 
麺やゼットンは ただのラーメン店ではないと思います。
もちろん限定メニューのお店って思ってるラーメンファンも少なくないはず。
 
その実態は、ラーメン屋なのは間違いないのだが
ラーメンを使ったエンターテイメントと考えていいだろう。
 
プロレスラーがプロレスを観てる人を楽しませて元気を与えるように、
 
麺やゼットンも 味、アイデア、雰囲気で お客さんを楽しませてラーメン好きに元気を与えてるんじゃないかなと私は思いますね。
 
オーナーのセンスだけではないラーメンに対する が感じられますね。
 
今回の限定メニューもレベルたかし!!
 
FREEDOMSのレスラーは佐々木貴(ささきたかし) ↓↓
イメージ 5
 
 
 
えっ!?そんなこと聞いてないって?
 
 
 
ばきゅーーん な人。
 
 
写真は 大日本ホルモン酒場にて!!
 (ノンズカフェグループ)
 
 
 三人とも デスマッチで活躍しているプロレスラーですよ。
左(宮本裕向) 真ん中(アブドーラ小林) 右(佐々木貴)
 
その小林さんは 3月に麺やゼットン、大日本ホルモン酒場と共に修行しました。
 
イメージ 4
 
お店にはこちらのお店のラーメン義兄弟である 五丈軒さん と 康家さんの Tシャツが飾られてありました。
 
来店日(9月5日)
 
麺やゼットン  そのノスタルジックな雰囲気と音楽。良いお店です!!
 
ご馳走さまでした。

開く コメント(2)

何度も足を運んでいる
 
麺やゼットン が 1周年を迎えました。
 
おめでとうございます!!
 
イメージ 1
 
1周年記念で バラそばが500円(通常は750円)で食べれるので久しぶりにバラそばを食べに行ってきました。
 
ちなみにバラそば500円デーは 7月16日(土曜日)まで。
(*お得デーは16日が終わるまでは一時休止とのこと)
 
お店につくと和田さんには限定(1日20食)のエビ中華をオススメされましたが・・・
 
初めから バラそばを目的としていったので迷わず バラそばをオーダー!!
 
 
出てきたのがこちら!!
 
イメージ 2
 
かなり久しく食べてないのでどんな味になったかも興味深かったんですよ。
 
私はバラそばは今回を含めて3回目ですが過去よりも進化してると感じました。
 
前回(2回目)がかなり革新されたなと思いましたが今回のは前回のバラそばより更に微調整な感じで旨さがレベルUPしているように感じました。
 
スープの口当たりは一見こってりしてるようであっても濃くはなくあっさりしている。まあ、純なあっさり感ではないんだけど様々なものを加えつつも難しい味にはなってないと言う繊細さが素晴らしい。
 
イメージ 3
 
そして相変わらずだがスープと麺の一体感が素晴らしい。
更にバランスの取れた味になったような気がする。
 
バランスが非常に素晴らしいバラそばだけに!!
(おやじギャグかよw)
 
この加福の麺はこのスープの為に試行錯誤で作られた麺と聞いてますからね。
 
でもまあ、正直個人的好みから言えば このバラそば よりも 実は普通の中華そばの方が好みだったりする私ですけど。
 
メニュー表にもありますが 
煮干し度は☆☆ 星二つだそうです。
 
それに対して 中華そば☆☆☆ は煮干度が星みっつだったりする。
 
他にもレギュラーメニューに
 
☆4つの煮干し与太郎
 
☆5つの煮ボ煮ボなどもあるが
 
自分に合ってるのは中間の☆3つの中華そばだなと思っています。
 
イメージ 4
 
ちなみに一回しか食べてないんだけど私が同店で一番好きなメニュー
 
モーレツエビ辛つけ麺だったりする。
 
どうしてもゼットンに来るラーメンファンって限定メニュー目当てで来るお客さんも多いけど、原点回帰でレギュラーメニューを再び食べてみるのも価値があると思います。同じメニューでも美味しくなってるとなんか得した気分になれますね。
 
この日バラそばを頼んだ私でしたが、周りのお客さんが何を注文しているかをウオッチングしてみたところ ほとんどのお客さんが つけ麺(もしくはエビ辛つけ麺)を 頼むという 以上なほどの つけ麺フィーバーでした。
 
昼間に行ったんだけど 会社員ばっかりでした。
時間帯や客層の違い、そしてどんなお客さんが何を注文するのか見てると面白いです。先日は夕方に行ったんだけどあの時はデス煮干やとんこつ煮干が出てたりしたんだよなぁ。
 
女性や一見さんには バラそばが人気あったりする傾向が強いかな。
 
ちなみに私が好きな 中華そばを注文している人はあんまりいないです。
 
この日も私は 大正ハヤシライスを食べました。
 
麺やゼットンマニアの私は ハヤシライスを強くオススメします。
 
 ごちそうさまでした。

開く コメント(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事