そとのイグニスと日記

訪問ありがとう!! 忙しくてブログに手が届きません。

ラーメン

[ リスト | 詳細 ]

青森市内のラーメン屋さんを中心に徐々にUPして行こうと思います。
たまに弘前方面に行く機会があれば そちらのラーメン店のことも書こうと思ってます。 店で食べた感想コメントなども歓迎します。
記事検索
検索
第3回あおもりらーめん博覧会
 
パート1からの続き
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんかいのスペシャル限定ラーメンは
 
味噌カレー大二郎 ラーメン
 
イメージ 3イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 青森市の人気店の二店が協力しあい今回のイベントに望みました。
 
イメージ 5
 
 
 
 
やはりイベントでは青森県内の中ではネームバリューも高いだけにこちらも徐々にではあるが列を作りはじめる。
 
看板こそは長尾中華そばであるが、ブースには かわらの店主も自ら調理に協力して作っています。
 
 
 
 
 
イメージ 6イメージ 7 
 
イメージ 1
私は通常のものに 全部乗せ(300円)のトッピング追加しての豪華盛りで挑みました。
 
トッピング内容
・チャーシュー4枚追加 (通常が1枚なので全部で5枚)
・煮玉子
・追加メンマ (これじゃなかったかも?)
 
そして無料のニンニクをやや控えめにどばっと入れて出来上がり。 
 
まあ追加したと言っても元が550円の券+300円なので850円相当。
 
イメージ 9
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
麺は普段味噌カレー牛乳ラーメンで食べている麺と違い 普段と違う食感がある意味新鮮であり美味しかったです。極太とメンマが歯ごたがあって味も深く本当に美味いメンマだった。追加の豚バラチャーシューだが流石に5枚も入って脂ぽさが凄いことにでも苦手ではない。普通に1枚の方がこのスープをもっと美味しく食すことができたかもしれない。スープも普段の味噌カレーラーメンと違いコラボしてるだけありカレーの中に柔らさを感じさせる優しい味なんだけどその中に濃さもあって面白いことになってます。
 
私はトッピングでオススメは この煮玉子です(単品は100円)
 
イメージ 8 
 
絶対これは追加してトッピングした方が良いと思いますよ。
 
 
 みてください!!
 
この見事な煮具合。
 
滅茶苦茶うまかったよ。
この煮玉子は!!
 
 
 
 
 
 
 
結局こちらもスープも全部食べてしまいました。ご馳走さま!!
 
そういえば長尾中華そばにはまだ一度も行ったことないんですよね。
 
ラーメンブロガーさんの間でも中々評判が良いみたいなので今度行ってみたいと思います。
 
私が狙うのはもちろん 焼干し中華ですけど。
 
 
さて、イベントラーメン食べ終わって思ったんだけど、これ食べてからは
中々次のラーメンに行けないと思います(良い意味で結構重いので)
 
結構ヘビー級の味なんで 2食、3食と食べる予定の人はこちらは後から食べることをオススメします。
 
もし明日行くよって言う人がいれば 私的には先に県外店を食べてその後県内店ってのが良いと思います。
 
お腹に余裕があれば、醤油、味噌 と きて 塩ラーメン(うーふーしん)行く予定でしたが
 
きつかったの断念しました。
 
うーふーしんは 先日の 東京ラーメンショーでかなり人気となっていたみたいだし気になったんですがね。
 
残念です。 うーふーしんの 味はどんな味だったんだろうと思いつつも青森産業会館を後にするのであった。
 
 
おしまい。
 
*パート1,2と長々と綴った日記に最後まで見てくれてありがとうございます。
本日 11月20日と明日の21日の二日間で行われる
 
 
第3回 あおもり らーめん覧会 気合を入れて行ってきました。
 
イメージ 1
 
 
 
場所は 青森産業会館で
 
私は事前に前売り券2枚セット(1100円)を購入していたのでこちらの引換所にて交換。
 
早くからラーメンファンが集まった。
 
 
 
 
 
イメージ 8
一枚は県内専用ラーメン券で
もう一枚は 県外・県内どちらでも使える券になっていました。
 
私としては最初から県内・県外のラーメン店をそれぞれ食べる予定だったのでこの件に関してはなんら文句はないものの県外ラーメンだけを食べたい人にとっては不満の残る券販売ではなかろうか??ちなみに当日券だと1杯の券が700円と割高なので目的のある人は最初から前売りを買うのがベターだったと思います。
私の券で計算すれば1杯550円あたりなりますからね。
 
 
イメージ 9
 
 
さて10時前の9時55分頃に会場に入り外の特設会場前にてスタンバッテ用意万端の私。
 
なんとこの日一番乗りである
 
ご覧の通りABAのカメラマンもカメラを持って構えたので
 
私も負けずにMYを持って構えて撮ってみました(爆)
 
当初の予定どうり私の狙いは
大勝軒なので配置を確認しつつ時間を待つ。
 
 
イメージ 10イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あおもりらーめん博覧会にて 大勝軒の店舗に 1番に並んだのがこの私
(大した自慢話にもなりませんが)
1番最初のお客さんになりました。 (たんなる自己満足でしかないんだけどね)
 
イメージ 14イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
沢山用意されたチャーシューや スープのずん胴がデカくて凄い。
なんでも聞くところによるとこの日は2500食分のスープを2日間(48時間)かけて煮込んで作ったそうな。
 
イメージ 3
 
 
 
 
東池袋・大勝軒
 
本家の味をそのままについに青森上陸!!
 
 
 
中華そば
 
 
 
 
 
イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
容器の大きさはラーメン博覧会に来たことある人ならご存知だろうがいつもどうりのカップの大きさです。
写真を見た限りでは麺の量が少なそうに見えますが下の方に結構入っていて食べ応えがありました。
青森ではあまり見かけないようなタイプの麺で中太麺のストレートタイプ。そして芯がしっかりしており歯ごたえもあり食感がかなりいい。それで麺が伸びることもなく最後まで食べることが出来るのは流石と行ったところだ。
これが最上級の美味さとは言わないが全てにおいて隙がない!!
スープも懐かしさの中にやや脂分があり現代風の中華そばを演出しているし、チャーシューは今流行りの柔らかチャーシューではなく肉厚の堅い歯ごたえのあるチャーシューです。私のこの元祖的なチャシューが好きです。基本の仕事をしっかりした上で誰にもで美味いと言わせざるおえない味を求めるとこういう結果になるんだろうなと感じさせる味なのである。
 
なるとや海苔、メンマと中華そばの基本トッピングも麺とスープに見事にマッチしているのである。
 
最後まで美味しく食べることができました。ご馳走さまでした。
 
ラーメン業界の頂点に君臨すると言うのはわかる気がします。
 
野外でのイベントでお店とは勝手が違う状況でありながらこれだけ作れると言うのはやはりスタッフの腕が確かな証拠でしょうね。
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が外の席で食べている頃には既に行列が出来始めており、一番人気は勿論、大勝軒、お隣さんの 博多・むらさき食堂が次いで列を作っていた。時間もまだ始まったばかりということで青森県内のラーメン店はまだまだ列を作るまでに至らない。
 
イメージ 16イメージ 17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーメンでの出展ではないが ノンズカフェグループの 青森ブッダ、そして大日本ホルモン酒場
がこの日は餃子の販売を行っていたので購入。
青森ブッダは私の好きなお店だしご贔屓にしているのでそして餃子を購入。
ちょうど、和田どんがいたのでご挨拶もしてきました。
 
 
 
 
イメージ 18は知らなかったのですが、以前からある餃子で
 
青森ブッタは
 
甘辛餃子ニラ番長
 
そういえば昔ニラ番長ってお店ありましたよね。
(実は一度も行ったことなかったんですけど)
 
関係ないけどプロレス界にもDJニラって言う選手いますね。
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
対する 大日本ホルモン酒場さんは
 
シロコロしょうが味噌餃子
 
餃子にしょうが味噌という一見ありそうでない発想。
 
これは良い意味でやられました。
こんなにも合うなんて!!
 
 
 
どちらの餃子も美味しかったです。
 
イメージ 20
 
 
 
しかし個人的好みで言えば甘辛餃子ニラ番長の勝ち!!
パリッとした食感に程よい甘辛の醤油ダレ味がなんともいえない心地よさを演出しているし噛む味の魅力って言うのかな私はこういの好きなんですよね。
初めて食べたのですが。
 
 
 
 
和田『えっ!これは前からありますよ』 
そと『青森ブッタのメニューにも前からありましたっけ?』
和田『はい、メニューにあります』
 
んー知らなかった。 ノンズカフェグループ恐るべし。
 
さすが、青森の居酒屋の革命店だけありますね。
 
出来れば来年は 準備もした上で万全の体制でラーメンの出展をやって欲しいですね。
麺やゼットンはきっと動くに違いない。
 
プロレスファンならご存知だと思いますが、何度も青森ブッダでは青森サスケ会などでもお世話になってるんですが、こちらの居酒屋のメニューの美味さはどれもこれも一級品ばかり。まだ行ったことがない人がいれば是非とも行って欲しいです。とくに大正ハヤシライス!!これは絶対外せません。
 
ってらーめん博覧会記事からはかなり脱線してしまいましたが・・・
 
話は戻りまして。
 
イメージ 22
 
ちなみにお店の並び順はこんな感じです。
 
食べたばかりなのでイベントの状況やお店の雰囲気をで撮ってみた。
 
イメージ 21
 
正面から向かって県外店が5店ならんだ出展になっており
 
真ん中が大勝軒、そして左右にむらさき食堂と 仙台のうーふーしんとなっている。
 
県外店でも 神奈川の玉と秋田の末廣ラーメンはお客さんにかなり苦戦してまだお客が全然ついてない状況。
まあ、まだまだ昼にもなってないしこれからお客さんが来るんだと思います。
 
仙台と言えば杜の都と言うイメージが強いんですが、またまた話脱線しまして。
 
里村明衣子が率いる仙台女子プロレス(センダイガールズプロレスリング) みちのくエンターテイメント
から 先日、杜野都と言う選手がデビューしたのはご存知でしょうか??
 
みちのくプロレスの新崎人生さんも仙台で今ラーメン屋さんやってるんですよね。
徳島らーめん人生ってお店を。
 
そんな話はどうでもいいですか??
 
 イメージ 23
実際食べたわけではないが
県内店で気になったのはこちら
 
東道村
 
しおさいラーメン。
 
昨年は私 大間のすみよし食堂の まぐろラーメンを食べているだけにこういうイベントならではの村をあげての地方ラーメンも結構応援したい感じもあるんすよね。先日も佐井村までみちのくプロレスを観にいきましたし。
 
 
他食べてませんが写真を撮ったいくつかのお店(ブース)を紹介
 
 
イメージ 24イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
          じょっぱり食堂さん                           やだらさん
            (つがる市)                                (八戸)
イメージ 26
イメージ 27
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           ためのぶさん                              大陸飯店さん
             (弘前)                                  (八戸)
イメージ 28
イメージ 29
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           おてもやんさん                             煉瓦亭さん
            (黒石)                                  (尾上町)
 
 
とこんな感じ。
 
そういえば やだら って 絶対 E・YAZAWAを意識したネーミングですよね??
なんとなくそうじゃないかなと。
 
イメージ 30
 
県外店の2店舗
 
この写真を撮ったときには並んでいないが むらさき食堂がなかなか好評で大勝軒の次に人気になっていた。
玉さんはいまいちインパクトが弱いと言うかもっと呼び込みでも声を上げて宣伝した方が良かったのでは??
 
全然並んでいなかった仙台のうーふーしんだが苦戦と思われたが スタッフが懸命の宣伝、大声を上げてのアピールにより徐々にお客さんも並んできた。こうなればしめたもので人の心理は並んでいるお店に並びたくなるもで うーふーしんも列を作り始めた。
 
群集心理ですかね。
 
 
イメージ 31
 
県外店は 大勝軒を筆頭に むらさき食堂、 うーふーしん も上々に客足が伸び続ける。
 
私は昼に帰ってきたのでその後どういった風になったのかはわからないがとりあえず大勝軒は列が途切れることは一度もなかかった。自分も含めてそうだが近くで食べている人も大勝軒の中華そばが美味いと多くの人が評価していました。イベントでのラーメンってのはいくら味が美味くてもまずくても客を掴んだ方が勝ちであり、結果こそが全てなんですがそれは普段食べることのできないラーメン店だからこそって言う付加価値があるからなんですよね。でも、そうでありながら本物の味を提供するから美味いわけでその美味さがやっぱりここを選んで良かったと思わせたら完全にお店の勝利ですよね。
 
今年でおあもりらーめん博覧会も第3回になるわけですが、長尾さん、そして つがる市のじょっぱり食堂は
3回連続の出展であり皆勤賞なんですよね。まあ、長尾さんは青森市内だし当たり前と言えばそうなんですが、
 
参加することに意義があり青森県内に広く名前をひろげたいって言う意味もあるかもしれませんが
じょっぱり食堂には 私はある意味リスペクトしています
 
一度食べたことありますが、それほど美味しいってわけでもない・・・でもそれほど悪くもない。
あおもりらーめん博覧会は第一回から徐々にイベントの規模も縮小していってる現在の状況でも
けして出展を辞めることなく参加しているその魂(スピリット)は 
まさに つがるのじょっぱりですよね!!
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
野外の食べるスーペースはこんな感じ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 33 
 
 
 
青森産業会館の中は昨年よりも縮小し全面ではなく反面を利用したスーペースで半分は壁でさえぎった感じに。
 
まあ、出展ラーメン店の数も少なくなったし時期的にも今回は遅すぎた感じもあり仕方ないのかなってのもあるけど。
写真では少ないですが
私が帰る頃には椅子席もかなり混み始めてきます。
 
 
 
イメージ 34
 
 
 
 
 
今年流行った商品の中で
 
ラー油ってありますが、
 
私は正直この手のタイプの
 
ラー油商品まだ一度も食しておりません。イベントではコスモ食品と言う会社がブースで販売しておりました。
 
 
 
 
イメージ 35
 
今回も サークルK/サンクスのプレゼンツと言うこともありまして コンビニのフランクフルトや肉まん、おにぎり、ペットボトルのお茶と言ったものを販売。アナウンサーが店舗紹介で訪れ肉まんを食べて紹介していました。 
 
 
 
さてさて、時間をつぶした所で
 
第二の券(県内専門券)を使うべく当初の予定どうり 長尾中華そば・かわらのコラボラーメンを求め再び
 
場外スペースへ!!
 
イメージ 36
 
5000文字容量を超えるので パート2へ 続く。
今年で第3回を迎えるABAフェスタ
 
第3回 あおもりラーメン博覧会
 
今年はいつもよりも遅い時期の 今週 11月20(土)21(日)の二日間で行われる。
 
いつもよりも話題になってないみたいだが実際会場に行けばそれなりに混んでるのがこういうイベントなんですよね。
 
どんだけ青森県民はラーメン好きなんだよって話ですが。
 
今回は昨年よりも更に少ない 全15店舗。
 
県内ラーメン店は10店舗。
県外ラーメン店が5店舗のようです。
 
正直ラーメンの味を楽しむと言うよりも普段食べれないラーメンを食すってのがやはり楽しみでしょうか。
 
前売り券だと2枚つづりで1100円なのですが、
当日券だとこれが1200円になり、1枚の単券だと700円だそうです。
 
前にも食べてますが簡易容器のカップ麺のような器に入れられる訳ですからなるべくなら安く食べたいって言うのが頭にあるんで行くことを前提に前売り券を購入してきました。
(ただし引き換え券ですが)
イメージ 1
 
私が狙っているのは やはりこういうイベントならではの
 
東池袋 大勝軒
 
何がなんでも並んででも食べたいラーメン店でしょう。早くから並んで必ずGETします。
 
もう一つは県内ラーメン店の券になってるんですが、
 
やはりここはベターなところで
 
長尾とかわらの 青森最強TAGのコラボラーメンとやらを食べたいと思います。
 
 
長尾は先日の東京ラーメンショーにも出展していたようで最近青森におけるラーメン店のネームでは結構大きくなってきてますよね。と言っても実は私は長尾のラーメンは一度も食べたことないんだよね。
今回、あの味噌カレー牛乳ラーメンで有名な かわらさんとコラボで作るラーメンというのだから注目しないわけにはいかない。
 
まあ、ラーメンブロガーさんなどはもっと美味しいラーメン屋きゃ沢山あるじゃよ!!って言う声も聞こえてきそうですが、イベントのラーメンはイベントでしか食べれないものの価値っていうかそういうものが求められると思うんですよね。好きなラーメン屋があるなら普通にそこに行って丼で食べればいいわけであって。
 
でもこうやって年に1回行われるらーめん博覧会はラーメンファンとしては見逃すわけに行かない。
 
ラーメン博覧会のHPです →   http://www.aba-net.com/ramenhaku/index.html
 
ちなみに私の第一回記事、第2回記事を良かったらまたみてください。
 
第1回(県営スケート場で行われました) → http://blogs.yahoo.co.jp/soto05sky/36639140.html
 
第2回(今回と同じく青森産業会館)    → http://blogs.yahoo.co.jp/soto05sky/45244833.html
 
 
ラーメンファンの方、今回のイベントには行きますか??
 
若干寒すぎる時期のような気もしますが。
 
 
ちなみに 私がご贔屓にしている ノンズカフェグループが ラーメンではありませんが
 
餃子で限定販売(出品するようです)
 
大日本ホルモン酒場は「シロコロしょうが味噌餃子」!

青森ブッダは「甘辛餃子ニラ番長」だそうです。
 
久しぶりのラーメン記事です。
 
 イメージ 7
 
先日、大日本プロレス(BJW)を観に行った際会場付近をみていたら
 
はまなす会館と隣接しているレストランはまなす と言うお店を発見!!
 
イメージ 1
 
      誰もこういうところは記事にしていないような気がしたので入ってみることにした。
 
時間も12時近辺だったこともあり問屋町付近の会社員やOLのお客さんがほとんど、平日だったこともあり私のような一般客はほとんどいません。
 
イメージ 2
 
メニューはいろいろあるんですがこの時はラーメンが食べたかったので迷わず注文。本当の所は飯モノが好きな私なんですが普段来ることがないだろうからブログ用にも使えるなと思い頼んでみた。
 
ちなみに価格は見えにくいですが 中華そばで(500円) 大盛りなら(600円)です。
 
イメージ 3
 
これがレストランはまなすの 中華そば です。
私はラーメンって言うネーミングよりもどちらかと言えば中華そばのネーミングの方が個人的には好きなんだよね。
 
出てきたルックスもまさに中華そば的で申し分ない!!
自家製麺と自家製手作りチャーシューなのだがこれがどうして、中々のレベルの高さで驚いた。
正直唸るほどのものではないかもしれないが水準以上の出来であることは確かだ!!
 
イメージ 5
 
適度な歯ごたえとスープとマッチした味わい深いのチャーシューには美味しくて拍手モノだ。
最近はとろけるチャーシューなども流行りではあるがこういった基本のチャーシューのお手本とも言える作りは素晴らしい。
 
イメージ 4
 
そして中華そばの具で忘れてはならないのは これ!!
 
そう ナルト です。この辺も中華そばファンには嬉しい具の一つですよね。
 
 
 
ラーメンにはあまり見かけませんが中華そばの具としてはナルトは絶対に入れて欲しい具の一つですからね。
 
イメージ 6
 
さて自家製麺はどうか??
やや平打ちのチヂれ麺でこれまた美味い。やっぱりバランスいいんですよ、スープ、麺、具どれをとっても
味を殺して折らず皆が協力しあった三位一体の味、いやぁ〜他の人が食べたら普通じゃんって思うかもしれないが私個人には 美味いと思いました。
 
麺やスープもお店によって様々な味や工夫があったりしますが
 
こちらの中華そばは極上とは言わないかもしれませんが普通の中の最上級かもしれません。
 
なんだ、普通なのかって思うあなた!私にとってこれは中々の褒め言葉ですw
 
気になった人は食べにいってみてください。
 
あ、ただしお店の人にも聞きましたが営業時間が 11時30〜14時までの(昼休み時間のみ)と限られていますので普通のラーメンファンの人には難しい時間帯かも??
 
私はオススメしますよ。
調理は全て女性スタッフがやっております。
今回は基本のメニューを頼みましたが個人的には今度野菜たっぷり味噌ラーメンを食べてみたい!!
 
場所     はまなす会館内(隣接しています)
営業時間  11時30〜14時
住所    青森県青森市問屋町1丁目10-10
電話     017-738-8855


 
イメージ 1
 
       先日、味の札幌列系の 札幌ラーメン蔵 に初めて行ってきました。
 
 
言わずと知れた味噌カレー牛乳ラーメン普及会の5店のうちの一店である。
 
今回はあえて味噌カレー牛乳ラーメンは選択せず
 
味噌カレーラーメンを選んでみた。
 
イメージ 2
 
こちらが蔵の 味噌カレーラーメンです。 他の店舗と大きく違う点は全ての味噌系に白ごまが入っているところ。これは好みもあると思いますが個人的にはOKですね。他店舗と違うとこもまたこれまた良い。
 
イメージ 3
 
チャーシューはさほど大きくないものの 大西とか札幌館などのくらべるとやや丁寧な感じがします。
逆に私は大西とかのあの大雑把な感じの堅いチャーシューが好きだったりしますが(←かわりものですかね?)
 
イメージ 4
 
もやしの寄り写真。
他店舗よりも もやしの量は少なめ。
大西みたくドバっと大量に入ってるのが苦手な人にはコレくらいの量の方がいいかもしれません。
 
イメージ 5
 
メンマはそれほど主張した感じもありません、ワカメは乾燥わかめを使っておらずコチラもそれほど量は多くない。 好き好きは個人差があると思うんですが私は乾燥ワカメの方が好きです。
 
 
イメージ 6
 
そしての麺。 残念なのがこちらのお店の方針なのか 太い麺ではありませんでした。
(細麺ってわけではありませんが、普通の麺でした)
 
個人的には味の札幌列系=太麺  って図式で考えていたので スカされた気分です。
 
とは言え麺の固さはそれほど柔くなく 普通の堅さだったのでまあまあです。
 
そしてスープの味わいですが、久しぶりに食べたってのもあるかもしれませんが、こちらのお店の味は他に比べると薄いと言うかカレーのドロドロ感があまり濃くありません。確かに、味噌、カレーのニュアンスはあるんですが
あれ?? 味噌カレーラーメンってこうだったかなって言うような疑問が。
けして美味しくないってわけじゃないんだけど、他店よりも優しい味噌カレーラーメンです。
まあ、白ごまの風味を強く主張させるにはこれくらいの味の方がいいのかもしれませんがもう少し濃さを出しても良いんじゃないかなと個人的には感じます。
 
 
悪くはないんですけどね。
 
やっぱり麺が太くないのは私的にはマイナスポイントです
 
味噌カレーラーメン (650円)
 
味噌カレーラーメンに関しては昔あった 味の札幌・松竹店が最強でした。
 
今はなき松竹店の味噌カレーはとにかくカレーが濃くてそこに味噌がのってる感じの味でありスープの色自体ももっと濃いんですよね。
 
味の札幌・大西になってからは味噌カレーラーメンは食べていないので今度確認してみたいと思う。
 
同じ列系であっても味のニュアンスが違うって面白いですね。
 
これであと食べたことのない店舗は かわら のみとなりました。
(閉店した平和公園そばの味の札幌も食べたことあります、勿論古川にかつてあった本店も経験しています)
 
 
ご存知の方も多いと思いますがこちらの店主は札幌館で修行をし独立しオープンしました。
ちなみに私が店主に聞いてみたんですけどこちらの 蔵さんは 15年前からやっているそうです。
(札幌館自体が 昭和から 平成元年あたりにオープンしているのでそれを考え推測すると今が平成22年なので逆算すれば7年くらい修行したんでしょうかね?)
 
他とは違う白ごまを使っているの 大いにアリだと思います。やはり自分のお店だけに自身の特徴を出したいんでしょうね。ちなみにお店に来ているお客さんの多くが 味噌ラーメンを注文しているとこも他店舗と違うなぁと思った感じ。 今回食べた味噌カレーラーメンはバランスが全体的に優し過ぎる感じが。
 
私的オススメ度  ☆☆☆ (麺が太麺だったらもっと・・・)
 
お店データ
 
店名   札幌ラーメン 蔵
住所   青森市羽白字沢田796−1          
電話   017-787-3080
駐車場  店の左側奥の方に有り
 
油川方面にある 生協はまなす館(羽白)の住宅街の近くです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事