そとのイグニスと日記

訪問ありがとう!! 忙しくてブログに手が届きません。

青森 ねぶた

[ リスト | 詳細 ]

青森の夏と言えばやっぱり ねぶた! ねぶたのことを紹介します。
記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

ねぶたの写真

個人的に気にいった一台のねぶたを ピックアップ!

その一台とは、これだ!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

他のたくさんのねぶたも素晴らしい作品は沢山あったけど個人的にこのねぶたの眼力にやられました。他のねぶたでこれだけ目がキラリと光るねぶたはありませんでした。人それぞれねぶたの楽しみ方や好みなどは違うだろうけれど。このねぶたに私は魅了されました。

実際のねぶたの賞にはなにも入らなかったけど

このねぶた、風神雷神が素晴らしいと私は感じました。

イメージ 5

愛好会の金魚ねぶたもカワイかったね。

開く コメント(1)

スター魚ーズ!?

こっちが本当のスターウォーズねぶたなんじゃないかと思ったのは私だけだろうか?

           金魚ねぶたスタイルの これが本当の!

         スター魚ーズねぶた

イメージ 1

ライトセイバーを持つその姿はまさに・・・。

開く コメント(2)

今更だけど、
前夜祭に見た スターウォーズねぶた!
スターウォーズ好きなの?って聞かれたら・・・
実はこのシリーズの映画一度も見たことありません(汗

なので12月18日〜にやる映画で初めて見る予定です。((o(´∀`)o))ワクワク

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

開く コメント(4)

久しぶりに今年は 青森ねぶた祭り を見にいってきました
 
ねぶたに個人的な一言コメントもつけながら紹介したいと思います。
 
夜5時半に家から出て少し早いかなと思ったけどそうでもなくて車を駐車場に停めて新町方面へ歩いて行き中間らへんでそこそこいい場所を見つけたので椅子を置き場所確保。
 
イメージ 1
 
 こちらはねぶたは号砲と共に一斉スタートとなる為に各ねぶたが所定の位置に移動中の所であります。
 
 
イメージ 2
 
徐々に暗闇につつまれつつスタートの時間が近づいてきた。
 
スタート前の試運転とばかりに囃子(はやし)の人たちが鐘や笛をならし準備万端!!
 
今日は若干時間が遅れ7時10分スタート。
 
私が座った所では県庁のねぶたからスタートでした。
 
イメージ 4
 
            これがねぶたに火(灯り)が入る前の状況です
 
        そして暗くなると当然ねぶたに火が入るわけです。
 
             ↓ するとこうなります!!↓
 
イメージ 5
 
     県庁ねぶた     美髯公関羽と老黄中  大白我鴻 作
 
 ・割とまとまった作りでわかりやすいコンセプトが〇だと思います個人的には好きなねぶたかな
 
イメージ 6
 
JRねぶた実行プロジェクト   韋駄天(いだてん)  竹浪比呂央 作
 
   ・ねぶた自体のバランスはいいもののやや配色が偏りすぎているような気もしないでもない。
 
イメージ 7
 
ねぶたは ねぶただけじゃ始まりません。やっぱり 跳人(ハネト)がいて囃子がいて太鼓の豪快な音があってあの素晴らしい迫力の一体感があると思います。これが本来のハネトの正装であります。最近では花笠を付ける人もあまりみかけませんが、実際花笠って衣装の一部だけど浴衣を買うよりも高かったりします。
 
イメージ 8
 
青森菱友会   田村麿と妙見宮の鬼面  竹浪比呂央 作
 
・こちらも同じく竹波さんの作ではあるけれど、色使いが鮮やかでねぶたの魅力が詰まった作品ではないでしょうか?鬼の面が良い味を出しているように思います。私はこの作品がなんかの賞に入るような気がしますがはたして??
 
イメージ 3
 
若さ爆発!!ねぶたのハネトの大半は大抵が若い10代だったりします。8月と言えば学生は夏休み中なだけに
この暑い時期に一気にパワー爆発させ狂喜乱舞するのであります。まあ、20代の社会人であっても好きな人は参加してる人もいるでしょうけど、働くようになると中々難しいですよ。
 
イメージ 9
 
 青森自衛隊ねぶた      不動と孔雀王  有賀義弘 作
 
・ちょっと周りの背景が物足りないかなって感じも。色使いは評価できるがねぶた自体の迫力に欠ける
 
 
イメージ 10
 
ねぶたには欠かせない 囃子!!笛と鐘(シャガリギ)の音のハーモニーが太鼓の音を一層引き立たてくれるわけです。この音って同じ音の繰り返しなんだけどなんか飽きない不思議な魅力があります。
 
イメージ 11
 
 ねぶた愛好会      桃太郎鬼退治    諏訪 慎 作
 
赤い鬼の迫力が素晴らしいだけに勿体ない感じも。もっと桃太郎に勇ましさが欲しい。けして悪くはないんだけど桃太郎自体をもう少し改良できてたらもっと良い作品になってたかも。
 
イメージ 12
 
ねぶたは正面だけじゃなく横、そして送り絵なるものもあったりします。最近は送り絵を使わず立体的なねぶたで後ろ部分を表現するねぶたも多いです。このねぶたの後ろには 桃太郎ってこともあり、猿やきじ、犬などが作られてありましたよ。画像は猿のみになってしまいアシカラズ。
 
イメージ 13
イメージ 14
 
太鼓もねぶたにおいて重要なポジションなわけですが、若い子供の頃からこういう経験を積ませている団体もあったりします。中々のバチさばきであります。
 
 
イメージ 15
 
青森市民ねぶた  四面楚歌 覇王項羽の馬投 京野和鴻 作
 
・他にはない独創的なねぶたで面白いと思います。ただ馬を投げようとしているよりも持ち上げている
アルゼンチンバックブリーカー)にしか見えないのは私がプロレスファンだからでしょうか?(爆)
 
イメージ 16
こういう送り絵(ねぶたも)いいですね。
 
イメージ 17
 
    市民ねぶたのメインスポンサー?の DyDoの太鼓がにくい演出。なんか黒文字が映えてカッコイイ。
 
イメージ 18
 
 日本通運          火天 水天     柳谷優浩 作
 
・おそらくこれも何かの賞に入るんじゃないかな?ねぶたの迫力、色使い、そして配置バランスどれをとっても、まさにねぶたって印象が伝わってきます。
海上運行にピッタリな明るい色のだし方は見事である。
 
そのまんま海上運行賞とかに選ばれそうな気も!?もしこれが大賞でも自分は文句は言いません。 鮮やかに色が出ているのが二重丸ですね!!
 
イメージ 19
 
私たちのねぶた   太公望と周の文王 相馬寿郎と私たち一同 作
 
・コンセプトが非常に良いですね。やや色が赤に偏っているけどねぶたの迫力であったり伝えたいものはわかる感じがします。もう少し波しぶきとか青の色をもっと上手く使いこなせればもっと上にいける作品だと思います。あまり聞いたことのない作者だけにおそらく若い ねぶた師さんだと思います。それと同時にみんなで作りあげたって言う思いがなんとなくですがねぶたにも出てますね。書く言う私もその昔、小学生時代はよく 私たちのねぶた に参加していただけに懐かしさを感じるものがあります。
 
イメージ 20イメージ 21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小学生低学年の頃↑こういうのを引っ張りました。        こんな子供ねぶたもあります(笑)
 
イメージ 22
 
毎年パフォーマンスでクルクル回ってくれるおかしなねぶた? 化け人?でもいいましょうか。

開く コメント(15)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

2009年の 夜のねぶた最終日にして初めて今年は観にいきました。

正直テンションはあまり高くなかった私ですがいざ会場に行くとやはり血が騒ぎます。


ねぶたには 跳ね人で参加して燃える人、 ねぶた自体を鑑賞し写真を撮って燃える人。

観光客で初めて観に来る人、囃子方でねぶた祭りを盛り上げてくれる人いろんな人がいます。

最近では多くの外国人のお客さんもきています。そんな青森の熱いお祭り

ねぶた祭りも本日が夜運行の最終日でした。
(明日は花火大会で各賞を取ったねぶたが海上運航などもありますが明日の昼の運行を除けば今日がラストの運航日です)

そんな中『ねぶた大賞』や『知事賞』などを取ったねぶたを紹介いたしましょう!!

昼見ても凄いと思ったんだけどやっぱり夜になって火(灯り)が入るとまた格別の良さがありますね。

やはり観るなら夜に限りますよ。

日立のねぶたで『水滸伝・樊瑞、公孫勝に挑む』北村蓮明さん作!!

そして日立のねぶたはねぶただけじゃなく団体そのものが素晴らしかったと思います。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_2?1249564265
ねぶた自体には正面とは別に送り絵と言う部分があり最近では送り絵の部分も本格的なねぶたで骨組みするのもあります。
そんな日立のねぶたの送り部分は 黒旋風・李逵が二丁斧姿で勇壮に作られていました。
こちらの迫力も抜群です!!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_3?1249564398

・ねぶた大賞を筆頭に
・最優秀製作賞(北村蓮明作)
・運行賞
・跳ね人賞
・囃子賞

5冠達成の快挙です!!!


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_4?1249564265
囃子方も笛とシャガリギで一糸乱れぬ素晴らしいパフォーマンスを魅せておりました。


続いて 知事賞のねぶた。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_5?1249564852

こちらは残念ながら灯りが入る前に撮ってるんでこんな感じなんですがねぶた自体は中々のものでした。

県板金工業組合のねぶたで『楠木正行 四条畷の合戦』

なんと!こちらも北村蓮明さんの作で 1,2フィニッシュを決めました!!

やはりねぶた師としての勢いや粋を感じますよ。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_6?1249565530

市長賞のねぶたは灯りが明るいことで有名な北村蓮明さんのの兄こと 北村隆さんの作でした。
青森山田学園の『朝比奈地獄破り』です。


そして今回賞には入賞することが出来ませんでしたが忘れてならないのは千葉作龍さんが作るねぶた。
彼が作るねぶたにはねぶたの色気があるんですよね。全体のバランスと言う意味では物足りなさが確かにあるんですがねぶたでは顔の表情って大事だと思うんですよ。そんな顔の表情を作るのが巧いねぶた師の一人です。やや作りの古さを感じるものの昔ながらの風流のある作りで玄人は好きなのではないでしょうか??
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_7?1249566100

消防第二分団ねぶた会・アサヒビール のねぶたで 『三国志・赤壁』です。
ご存知三国志の世界からですね!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_8?1249566232
送り絵には蜀の軍師こと 諸葛亮孔明が作り描かれております。


引き続き 千葉作龍さんが作ったねぶたで


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_9?1249566686
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_10?1249566686

サンロード青森のねぶた『義と愛 「直江兼続」』です。
作龍さんはねぶたではよく赤の色を好むことで有名で私の中では「赤色の魔術師」と勝手に呼んでいます。送り絵の部分の赤い色を正面で持ってこれるような題材であれば入賞できたかもしれません。
まあ製作者側の意図もあり大河ドラマなどの流行を求められて作ったのかもしれませんよね。
古くさい手法ですが千葉さんの作るねぶたも好きですよ。千葉さんはよく日本の歴史とくに戦国時代を好んで作ってくれるので私的にも昔から好きなんですよね。



歴史が好きな私が当然目にとまったのはこちらのねぶた!!
竹浪 比呂央さん製作の

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_11?1249567618
マルハニチロ侫武多会のねぶたで 『関羽』 です。

賞とかぬきにしてシンプルですがシンプルがゆえに楽しめるねぶたですよね。
近年は馬をうまく使えるねぶた師が少なくなってきたように感じます。
そういえば馬が出てるねぶたはこれ一台だけだったかも。昔は馬投げとか流行ったんですけどね。

関羽の乗る馬はご存知、名馬赤兎馬です!!歴史ファンならみなさんご存知のことでしょう。
青龍偃月刀も大きく表現されているところは非常に良いと思います。


ねぶた祭りには ねぶたの他に 笛、太鼓、シャガラギ、跳ね人、子供ねぶたなのあります。
ここら辺は皆さんご存知だと思うんですけど。

その他に更におかしな仮装をした『化け人』と呼ばれる人たちがねぶた祭りに面白さを加えてくれます。




https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_12?1249568359
そんな 化け人の中に あの 超ビックスターを 発見しました!!!

そう、あの人です。完全になりきってますね(笑)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_13?1249568585

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_14?1249568647
ねぶた愛好会の 子供ねぶたの 金魚ねぶたです。
なんとも愛嬌があってかわいらしいね。

記事のラストは

ミスねぶたで!!

あ、今年も写真を巧く撮り損ねた・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/fa/1f/soto05sky/folder/1417459/img_1417459_49135765_15?1249568647

これがほんとの(写真)ミスねぶた


ミス(失敗)の意味をかけあわせていますw

お後がよろしいようで(笑)


この記事や写真などが気にいった人がいましたらコメント及び傑作ボタンのポチ大歓迎ですので宜しくお願いします。

開く コメント(21)

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事