ここから本文です
外部記憶ver.3.2
主にアニメ、映画の感想と書いています。ロボアニメ、特撮が大好きです。

書庫全体表示

春アニメの総評するにあたって,アニメ調査室(仮)さんにお誘いいただいたのでアンケートに参加させてもらいました.

2014夏調査(2014/4-6月期、終了アニメ、35+5作品)

01,ニセコイ,x
02,蟲師 続章,x
03,弱虫ペダル,x
04,神々の悪戯,x
05,監督不行届,x

06,悪魔のリドル,x
07,星刻の竜騎士,x
08,棺姫のチャイカ,x
09,シドニアの騎士,A
10,一週間フレンズ。,B

11,ラブライブ! 第2期,x
12,ブラック・ブレット,x
13,犬神さんと猫山さん,C
14,僕らはみんな河合荘,x
15,龍ヶ嬢七々々の埋蔵金,x

16,それでも世界は美しい,x
17,極黒のブリュンヒルデ,x
18,ブレイドアンドソウル,x
19,ノブナガ・ザ・フール,x
20,デート・ア・ライブII,x

21,ソウルイーターノット!,A
22,健全ロボ ダイミダラー,C
23,ご注文はうさぎですか?,A
24,金色のコルダ Blue Sky,x
25,ノーゲーム・ノーライフ,x

26,メカクシティアクターズ,x
27,風雲維新ダイショーグン,x
28,ピンポン THE ANIMATION,S
29,彼女がフラグをおられたら,D
30,selector infected WIXOSS,x

31,おしりかじり虫 第2シリーズ,x
32,マンガ家さんとアシスタントさんと,x
33,ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター,x
34,召ませロードス島戦記 それっておいしいの?,x
35,エスカ&ロジーのアトリエ 黄昏の空の錬金術士,x

36,史上最強の弟子ケンイチ 闇の襲撃 (TV初放送),x
37,となりの関くん (ネット配信分14-21話),x
38,霧くまs (蒼き鋼のアルペジオ),x
39,ブレイクブレイド (再構成版),x
40,GJ部@ (特番),x



{作品ごとの総評} 
シドニアの騎士,A
作画:メカニックのCG表現はあえて語る必要も無いほど素晴らしいのに加え,キャラ表現まで手書きを高いレベルで再現している本作は,新しい時代を予感させた.ポリゴンピクチュアズのCGはサンジゲンともまた違った感じで,良い意味でCG臭さが残ってるものだと思う.
戦闘シーンのダイナミックなカメラアングルが,後述する効果音と相まって,臨場感溢れる作品になったと思う.
音響:劇伴は「このシーンといったらコレ」といった感じで,特に戦闘の盛り上がりを支えていた.あと特筆すべきなのは効果音で,深夜なのに大音量で視聴してしまうほど,丁寧で複雑なものだった.本作に限らず,アクション系の作品は大画面で見たい欲求が高まるが,シドニアの騎士は本当に劇場公開して欲しいと強く願う.
シナリオ:展開としては奇をてらわず,ある意味王道.本作の唯一の欠点と言えるところは,1クール12話という放送枠の制約と原作の盛り上がる箇所の不一致だと思う.(一週間フレンズにも当てはまる)最初から最後までやや早足でストーリーが進んだため,もっと主要メンバー以外の日常や,シドニア内での生活について描写が欲しいと感じた面もある.

→新時代の王道SF.作画,音響がSで,シナリオ面でB,間をとってAの評価



一週間フレンズ。,B
作画:終始崩れも無く,原作の絵を忠実に再現していた.背景美術が綺麗で,特に心情とともに空の様子が変化していく描写などが,感動を演出するするのに一役買っていた感じ.
音響:昆夏美さんの歌うOP,名曲「奏」のカバーであるEDと,主題歌が作品とマッチして非常に記憶に残った.劇伴も,それぞれシーンに合ったもので,これまた,感動の演出を支えていた.個人的に,夏アニメに引っ張りだこの雨宮天さんの声が,原作でイメージしてた藤宮さんの声にピッタリだった.
シナリオ:原作と時系列を入れ替えるなどしてアニメ用に再編したりしたのは,アニメとして見やすくなってた.だが九条が登場するあたりからのアニメオリジナルは,アニメとして最終回を締めるための展開が否めなかったのも事実.最終回の雨宮さんの名演も,もっと感動できたかもしれないと思うと,釈然としなくは無い.

→藤宮さんという天使に出会えたアニメ.作画と音響はA,シナリオがB〜Cで総合B


ソウルイーターノット!,A
作画:正直もっと頑張って欲しかった,特に後半.そもそも制作のボンズが,春アニメを多く手がけすぎなのと,キャプアスのしわ寄せをもろに食らってる気がする.とはいえ,大きく崩れてない時の各キャラの表情は非常に可愛らしく(特に3人がアップで笑ってるシーン),この作品の評価を押し上げる一因になっている.綺麗なマカも見られたしw
音響:加藤達也氏の手がける劇伴が心に残った.特に11〜12話でつぐみ達が奮闘してるところの熱いBGMはシーンを盛り上げるのに大きく貢献していた.
シナリオ:原作が全5巻のようで,1クールにするために色々削ってはいるものの,つぐみの成長物語として非常に上手く纏まってた.原作を追い越しても無理なく終われたのは,ソウルイーター無印のときも途中からオリジナルだったので,その辺の連携に原作者が慣れていたからだと推測.最終回のラスト,未来へと繋がっていく描写が,もっと見ていたいと思わせてくれた.

→原作含め終わらないで欲しい作品.もっと見たい.作画以外は大好きなA


健全ロボ ダイミダラー,C
作画:ロボとエロ,二つの要素に努力を惜しみなく投入した意気やよし.
音響:熱いOP,ヒロイックなスーパーロボット風な劇伴,三博士がかしましいED.うん,良かった.
シナリオ:最初は勢いだけかと思ったが,随所にただエロだけじゃないんだなという脚本家の意図を感じ,最終回の長官のメッセージに爆笑しながらなるほどなと納得.エロいことを描くことに全リソースを集中した作品に乾杯

→元気の出たアニメ(意味深)でも高い評価を上げたくないのは何故だろうw


ご注文はうさぎですか?,A
作画:ただ女の子が可愛い.こういうと安っぽいかもしれないが,1クールの間一度も作画のせいで萌えられないことが無いのは凄いことだ.というかWHITE FOXてヨルムンガンドのところじゃないか,道理でクオリティ高いわけだ.
音響:心がぴょんぴょんするOPと,ヨーロッパ風の劇伴が印象に強い.キャラの可愛さを引き立たせるだけじゃない,世界観の構築にも劇伴が役立っていたという,ちょっとした工夫も感じたり.
→ブヒりたい人には最高級のクオリティ.


ピンポン THE ANIMATION,S
作画:圧倒された.原作の絵がただ動くだけじゃない,動き方が卓球のそれで,まるで本当に人が打ってるかのように感じたのは初めてだった.動画サイトなどで検証されてる通り,リアルな卓球を表現するために現実のトッププレイヤーの試合を緻密に再現した作画にも制作陣の強いこだわりを感じる.コマ割のような画面分割の演出がよくあったが,無理なく状況を把握できて,全11話という短い時間を有効活用できていた.
音響:ノイタミナラジオで劇伴を手がける牛尾憲輔氏のお話を聴いて,改めて本作の音楽の凄さに気付いた.監督がどこまで計算しているのかは分からないが,個人的にこの作品における劇伴とは,BGMだけでなく,球の打球音,キャラの息遣い,音にならない無音のシーンまで全てだと思っている.最終回のペコVSスマイルでかかったメインテーマには酔いしれたものだ.
シナリオ:素晴らしい.ペコ以外の人物の心情まで深く描写して,まさに群像劇めいた作品にもかかわず,たったの11話で纏まっている.まさに誰もが主人公だった.才能とどう向き合うのかという,全ての人に響くテーマを,卓球というスポーツを通して投げかけてくれた作品.

→お勧めのアニメを聞かれたら絶対に推す作品.納得のS



春アニメ総評:作品としての完成度としては,ピンポンが頭一つ抜けて,次点にシドニアが来る感じ.ノットは個人的に特別賞を上げたい.春は原作ものに当たりが多かったイメージかな.作品数も多かっただけに,まだ見ぬ良作が眠っているのかもしれない.あと各作品の総評については夏以降また変えるかも.見にくいし.


  • 顔アイコン

    了解しました、もう少しかかりますが記事は書くつもりです。

    [ sou_mk26 ]

    2014/10/17(金) 午前 0:22

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事