ここから本文です
外部記憶ver.3.2
主にアニメ、映画の感想と書いています。ロボアニメ、特撮が大好きです。

書庫全体表示

最近劇場アニメが面白い(テレビアニメが面白くないとは言っていない)


初代ガンダム(以下初代)制作者の一人である安彦良和氏による再解釈(=オリジン)漫画のアニメ化

冒頭からCGによる迫力のあるルウム戦役が描かれる。カメラワークとMSのスピードに既視感があるな〜と思ってたらエンドロールに「板野一郎」の名前が・・・。
もちろん大迫力でクオリティの高い映像なので満足ではあるが、ガンダムまでマクロス並みの速度で動かれるのは複雑な思い

物語は一年戦争から遡り宇宙世紀0068、時折挿入される初代BGMのアレンジがこれがガンダムと地続きの物語だと実感させる。シャアやセイラ、ザビ家、そして最近ではビルドファイターズの印象の方が強いラルさんの若い頃が見られるのは嬉しい。原作ファンとしては、安彦絵がまんま動いてるのを見られて、初めて漫画をガンダムAで読んだときにタイムスリップしたかのような感動を覚えた。

陸上自衛隊も協力したという、ガンタンクの描写は圧巻。特に、人間からの視点だと車高の高いガンタンクがこんなに威圧感があったとは・・・。新たな発見だった。

原作小説を再編集してどうにか尺に合わせていたUCとは違い、原作漫画に非常に忠実なアニメ化で満足。まあUCの超大ヒットがなければオリジンのアニメ化など企画段階でポシャってただろうからUCへの感謝は変わらないのだが。

ガンダムが好きって人→今すぐ見に行け
ロボアニメ、メカアニメが好きって人→見に行って損はない
アニメ好きを自称する人→これを見ずしてアニメは語れない

結論→劇場へGO!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事