全体表示

[ リスト ]

先日、妻が「子供の保育園の準備をしなければならないから、ミシンが欲しい」と言ってきました。
はあ、ミシンねえ。
そんなことをするようには見えないのに、なんか気味が悪いです。
料理をするから鍋が欲しいとかは、あまり聞かない。
でも、ダイエットしたいからダイエット器具や健康食品が欲しいとか言うのは良く聞く。
それがミシンと来たか。
                                               
ミシンなんて大体今まで使った事もないのだから、今回保育園の入園準備で使うったって、その後また
お蔵入りになるだけでしょう。
そう思いながら「いくらするの?」ととりあえず聞いてみた。
「それが安いのがあるの」と言う。
何でも新聞広告に安いミシン、いや、ミシンの安売りが載っていたらしい。
「安いったって、いくらがいくらになっているの」と聞くと、
「元がいくらか分からないけど、8000円なのよ」ええ、はっせんえん?ミシンがあ?
                                               
ミシンて言えば、その昔お袋が足で踏んで動かしていたミシンがあったなあ、何か子供の時の記憶を
呼び起こしてみると、お袋がミシンを使っている姿をよく見た気がする。
昔はみんな、ミシンを使って何かを縫うというのも主婦の大事な家事の一つだったと思うのだが、
今は何でもお店にあるし、ぞうきんだって安く売っている。
ミシンを使う人はせいぜい、手作り趣味の人くらいだろうと思うのだが、何故妻が・・・。
                                               
でも、珍しく本人がやる気になっているのであれば、気持ちは大事にせぬばなるまい。
「8000円のがいいの」と聞いてみると「安いのはそれくらいだけど、どれがいいのか分からない」
と言う。うーん、なんだかなあ。
大体ミシンて、そんなに安くていいの?モノとして使えるの?
と思ってすぐに、価格ドットコムで検索して調べてみた。
                                               
すると、確かに安いものは2000円(!)からでもある事はあるようだ。
しかし2000円のものは見るからに小さくて、怪しそうだ。使い物にならなそう。
さらに見てみると、8,000円なんて中途半端な金額はない。
次に出てくる値段は1万円台のものになる。
しかも2万円に近いものが多数だ。
そう言えば前に「こたえてちょーだい!」の中のインフォマーシャルでミシンやってたのを思い出したけど2万円か3万円だったような気がする。
通販で2万円からなのに、8000円のミシンなんて多分ダメじゃん。
買ってもすぐに壊れたら意味がない。もう少し調べてみる事にした。
                                               
そうしたら少しずつ判ってきた。
ミシンには「電動ミシン」「電子ミシン」「コンピューターミシン」と大きく分けて3種類あるらしい。
コンピューターミシンが一番いいランクで、次に電子ミシン、そして電動ミシンとなるらしい。
そしてメーカーもジャノメ、ブラザー、シンガー、ジューキ、ジャガーとあるらしい。
しかし、解せないのは値段だ。
妻が言っていたのはどうやら、ジャノメの電動ミシンのものらしいのだが、どれを見ても2万円くらい
からで、8000円なんて価格のものは無い。
「どのミシン?」と聞いたら、広告を出してきた。
おお、確かに「ジャノメミシンが7900円」と書いてある。カタチをよく見るとネットにあるものに
酷似しているが、品番が違うようだ。しかし殆んど同じように見える。
安いのはネットのはずなのに、この広告はそのおよそ3分の1の価格、はて・・ん、さては。
                                               
「これ、引っ掛けじゃない?」と私は妻に言った。妻は「?」
「だから、これで釣って、高いミシン買わせるんだよ」
「?、だってこの値段で売っているよ」
まあ、確かにこの値段で買えれば他で2万近いものが、8,000円だから安く買えたことになる
だろう。でも、そんなもん?
もうちょっと調べてみる事にした。
                                               
「ミシン」で検索してみるとウィキペディアでミシンがあったので見てみたら、最期のところで
関連サイトに「ミシンの迷信」なるサイトがあったので、見たらとんでもない事がわかった。
早い話が「うまい話にはウラがある」この広告はやっぱり悪徳商法の広告だったのだ。
                                               
簡単に言えば安いミシンの広告で釣って、高いミシンを売りつけるという住宅リフォーム屋も真っ青の
仰天手口なのだ。
安いミシンというのは、やはりあまり使い物にならないらしい。使い勝手と耐久性に欠けるのだそうだ。
ミシンといえば、丈夫で長持ちという印象だったのだがそれでは買い替え需要がないから、100円
ショップと同じ考え、「それなり、値段なり」の商品を作って通販に乗せて販売したらしい。
それを悪徳業者が高いミシンを正当化して売るためのダシにしているようなのだ。
                                               
しかも「ミシン」「商法」でもう一度検索してみたら、出るわ出るわ。
あきれるような手口だが、騙されて被害にあっている人が多い事。
30万円もの金額のミシンを売りつけるのが目的らしい。
よく見たらすでに「関西ミシン(日本ミシン)センター」「ソーイングハウス」という悪徳会社は
摘発されて行政処分を受けて店を閉じているらしいが、これは考えてみたら今までの被害者から
逃げているだけでしょう。
悪徳商法だから何年経っても被害を訴えて、商品を返品できるはずです。
それを店じまいしてトンズラしているとは、さすが悪徳商法。
ちなみに妻が見た広告は「ミシン卸売りセンター」と書いてありました。
ここも高いのは38万くらいのモノを売りつけるらしいです。
                                               
メーカーのサイトを見て調べる限り、家庭用ミシンで30万と言うのは見当たらない。
せいぜい15万円くらいのものだ。
それでも15万円の中にメーカーの取り分(出荷価格)と販売店の利益が入っているのだから、30万と
いうのはさらに15万を単純に乗っけた価格と言う事だ。
中身的にはコンピューターミシンだから、悪くはないと思うのだが、価格ドットコムでコンピューター
ミシンを見ると、ジャノメなら「JP500」が4万前後とかブラザーで文字まで縫える「BC-8000」が6万くらいとかで、購入できてしまうのだ。
しかも、通販用に造られた「元祖安モノ」と違って、最初からコンピューターミシンのほうが初心者にも
使いやすく丈夫に出来ているから、かえって安い買い物になるではないか。
                                               
どうやらミシンには「糸調子」という事があって、これが初心者ならず、女性には難しいらしい。
しかも悪徳業者は、この8,000円の「釣りミシン」では糸調子が出来ず、使えないよと言う事を
しつこく言って(人が選んだものにケチつけてるように聞こえるが)、高いミシンじゃないと使えない
事を説くらしい。
しかも、これも世の常だが、「いい人」や「とっつき易い人」を装うのがうまい人ほど騙すのがうまい
営業で、お客さんには騙されたと思っていない人も多いらしい。幸せな人だ。
でも、後で騙されたと思ったらいつでも返品してお金を取り返せるようですよ。特定商取引に違反して
いますから。消費者が保護されるのです。
モノには値段があるのは当然だが「適正価格」があるものです。
これはメーカーもモラルが問われると思います。
悪徳営業のうまい口車に常識が負けてしまうのでしょうか。
                                               
ともあれ、我が家はこんな感じでミシン屋のカラクリが分かってしまい、妻も少しミシンへの熱が
冷めたようです。多分アタマの中で、カッコ良くミシンを使って何か縫っている自分を思い描いたの
でしょう。
ちょっと悪い事したかなと、思う私ですが、同時にこんなところにも悪徳商法のワナが潜んでいるの
だとは思いもしませんでした。
                                               
ちなみにブラザーは「おとり商法」用のミシンは無いようです。
ジャノメ、ジューキ、シンガー、トヨタが悪徳商法の片棒を担いでいるようです。
しかしこれらのメーカーでも「適正価格」のミシンもある事は事実です。
要はこれらのメーカーは悪徳用と普通のミシンを作り分けている(値段のつけ方)のです。
                                               
結論は、ミシンは本当に様々な機種があって、どれを選んだらいいのか迷いますが、メーカーが
造っているのは事実です。なので一つのメーカーでいいですから、そのラインナップを値段ごとに
見比べてみるのはどうでしょうか。
クルマと違ってモーターのパワーの表示はありませんので、本体の重さと大きさ、糸調子などの
難しいところが自動か、などポイントが見えてくるはずです。
よく「ミシンの上手な選び方」などを見ると結局抽象的な言い方に終始して「自分に合ったミシンを
選びましょう」などとバカな事を書いています。それが分からないから苦労しているのに!
こういう書き方をしているミシン屋も怪しいかも知れません。
                                               
いや、言い方を変えると現代のミシン事情は昔と違うと言う事に尽きると思います。
昔の黒いミシンは当時の所得から見たらかなり高価だったと思います。
その分、需要も汎用性も耐久性もあったと思いますが、今はミシンを使うシチュエーションが少なく
なって、その上何十年も長持ちしたらメーカーは大変でしょう。
(昔はミシンを作っていたメーカーがたくさんあったらしいです。)
それでメーカーも考えた末、安くてそれなりのミシンを造らざるを得なくなってきたと言うのが
ストーリーではないかと推察されます。
                                               
それでも、売り方が悪いのは問題です。
1台の高額ミシンを売りつけたら、営業マン(最近は女性も多い)の取り分は5万から10万です。
売る人は月に10台から20台売るらしいです。
どう思いますか?
                                               
最後に、私もここ最近妻のお陰でかなりミシンを勉強しましたので、ミシンについて何かありましたら
聞いて下さい。ははは。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

こんにちは!ブログ、参考になりました!

私のミシンも壊れ、修理しようか迷っていたところでした。
5年くらい前に、わりと安い値段でジューキ製のものを買いました。
ミシンって選ぶのが難しいんですよね、ホントに。。。

奥さま思いですね、いろいろ調べてあげるなんて(^^)

2008/6/20(金) 午前 11:43 [ ほっしぃ ]

顔アイコン

ミシン迷っています。ネットで買うべきか?値段もお安いものから高額なものまで・・見れば見るほど迷います。高度なことは望まないのですが..今からは、子供も使うのであまり古いのも・・ちなみに今は足踏みです。いろいろ参考になりました。ありがとうございました。

2009/11/18(水) 午後 7:40 [ アリ ]

顔アイコン

足踏みミシン使っていらっしゃるんですか。
黒いミシンですよね。 すごいですね。
でも、この黒いミシンが一番上部でしっかり縫えるんですよね。

2009/11/25(水) 午前 11:02 [ そうぎやオヤジ ]

顔アイコン

まさに1万円以下のミシンを買って辟易した者です。
おっしゃる通り、販売員が家におしかけて、最初の30分はその安物ミシンの説明を丁寧にしてくれます。
が、一通り説明が終わると、実は安いだけあってここが不便だ、手入れしないとすぐに壊れる、などと欠点を並べ立てます。
それから手持ちのカタログ表を広げ、20万円台のミシンの写真を見せながら「このランクだと一生使えますよ」と本命のセールスが始まります。
そこからまた30分ぐらい、のらりくらりと断り続けると、やっとあきらめて帰ってくれました。
すごーく後味悪かったです。

2011/8/18(木) 午前 10:45 [ ham*g*ri*o ]

顔アイコン

コメントありがとうございます。

私もいろいろ調べましたが、これ、そもそもメーカーが壊れやすい安物を作るのも一因ですし、20万、30万のミシンを売ると販売員には5〜10万円の手数料が入るらしいです。

30万の高いミシンって言っても販売会社の仕入れ値は10万以下ですから(5,6万とも)売値との差は全て販売員と販売会社の儲けって事になりますよね。

実際に使えるクラスは売値で3〜5万の電子ミシンで充分だと思います。
あとは高いミシンには「押さえ金」という部品が多種あります。縫い方によってはあった方が便利ですので、これを手に入れる事をお薦めします。

2011/8/18(木) 午後 0:01 [ そうぎやオヤジ ]

顔アイコン

ミシンが、有れば良い訳ではありません。買ったミシンを、どれだけ上手に使えるかが大切です。売る業者が、ユーザーにきちんと指導できるが、ポイントです。いろいろを含めたアフターケアですね。

2014/10/27(月) 午後 9:20 [ ミシンマニア ]

顔アイコン

ミシンマニアさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

ミシンもピンキリですよね。
結局良いものは良いので、安いものを使うにはそこを理解して上手に、そして割り切って使うしかありませんよね。
軽トラックで10tの荷物は運べませんから。

2014/10/28(火) 午後 1:17 [ そうぎやオヤジ ]

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事